義史のB型ワールド

2011年6月29日

またまた『与多呂』へ行って今回は定番の”特上にぎり”を食べた!やっぱ”大とろ”はこうで無くっちゃあねえ・・・。

Filed under: — 代理人 @ 10:46 PM
 
代理人記録
 
この日はちょっとした用事もあり、またまた叔母達を連れて食事に出掛ける事となった。何時もなら何処でもエエと言う叔母が、この日は”与多呂の穴子の箱寿司”が食べたい!と言う事でまたまた『与多呂』に行く事となった。
 
与多呂
こちらがまたまた行って来た鮨の『与多呂』。最近『与多呂』に行っても仕切っているのは息子さんだけの場合が多かったのだが、この日のカウンター内には久々に大将の姿があった。まだ健在?だったのね(おっと、失礼!)。それは兎も角、何時もの様にお鮨を注文!!!
 
与多呂上箱穴子
まず最初に運ばれて来たのは、叔母が最近『与多呂』へ行くとずっと食べている”上箱穴子”。例に寄って私も2個ほど味見をしたけど、何時も通りの味で、こちらも中々美味しかった
 
与多呂特上にぎり
で、先に運ばれて来た”穴子の箱寿司”をつまんでいると、間も無くして運ばれて来たのがこの日、私が食べたこちらの”特上にぎり”。約1ヶ月前に来た時は、毎回同じ鮨ではブログのネタに成らん?って事で、初めて”特上ちらし”を食べたのだが、”特上ちらし”も中々美味しかった物の、やっぱり”大とろ”が無いのはちょっと寂しかったので、今回は定番の”特上にぎり”をオーダーしたのだった。
 
与多呂特上にぎり
てな事で、こちらがこの日食べた”特上にぎり”の鮨ネタで、この日は貝系のネタが無い物の、大体定番通りのネタで何時も通りに美味しいお鮨だ。
 
与多呂特上にぎりと上箱穴子
と、此処までの記事では何時もとほどんと変わらないので、偶にはテーブルの上全体の様子をご覧あれ・・・。私が食べた”特上にぎり”とそれに付いて来た”お吸い物”、それに先に紹介した”穴子上箱寿司”が処狭しと並んでいる姿が良く判る・・・。って、偶にはカウンター席に座って、一貫ずつ握って貰って食べたい?様な気もするのだが、果たして何時実現するやら・・・。
 
与多呂特上にぎりの大とろ
それは兎も角、何時もの様に私の一番のお楽しみ?がこちらの”大とろ”。鮨ネタってその日の運・不運があるのだがこの日の”大とろ”は見た目的には中々エエ感じ・・・。早速、口の中に入れてみると、”大とろ”の脂が口の中でじゅわーっと広がってまるで溶けて行くかの様・・・。やっぱ”大とろ”は最高ですねえ・・・。”スシローの100円の大とろ”や”くら寿司の200円のネタ”とは比べ物にはなりはしませんねえ・・・。
 

与多呂特上にぎりのお吸物

ちなみにこちらは平日は無料サービスで付いている”お吸物”ので、魚の切身やエノキがたっぷりと入ったあっさり味で、こちらも何時もの通り、中々美味しい一品だった。
 
与多呂サービスのスイカ
てな感じで間も無くこの日食べた”特上にぎり”をそろそろ完食?と言う時、大将が手に”スイカ”を持ってやって来た。過去にビールのあてに”鰆の白子”をサービスして貰った事は何度かあったが”スイカ”が出て来たのは初めてだった。値段的には大した額では無いが、何かこう言ったサービスがあるとやっぱり嬉しい!味的には極々普通の”スイカ”ではあったが、気分的には物凄く美味しかった様な気がする。やっぱ鮨を食べるなら『与多呂』ですねえ・・・、と最後に付け加えて置こう・・・。

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。