義史のB型ワールド

2011年6月11日

折角、”近畿・中国・四国 B-1グランプリin姫路”に来たって事で、まずは”須崎鍋焼きラーメン”!!!

Filed under: ラーメン,正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 11:14 PM
 
代理人記録
 
先に書いた通り遥々と?近畿・中国・四国 B-1グランプリ in 姫路』の会場にやって来たのだが私が食べたかった”厚木シロコロホルモン”とか”富士宮やきそば”は200分待ち!って事で列に加わる事すら出来ない状態。って事で速攻でB-1殿堂入りのお店は諦め、再びメイン会場に戻って来たのだが、こちらも中々結構大勢のお客さんで賑わっている。
 
そんな事もあり、一瞬このまま帰ろうかとも思ったのだが、それでは折角買った1000円のチケットが無駄になる。ま、このチケットはB-1グルメの会場以外でも、姫路駅周辺の協賛店でも使えると言う事だったのでそれはそれでも良かったのだけど、やっぱ折角来たので何かひとつは”中国・四国”辺りのB級グルメを食べて置かないと気が済まない・・・
 
で、今回のB-1グランプリは殿堂入り店を覗くと”近畿・中国・四国”から14店が出店していて、その中には”姫路おでん”や”あかし玉子焼”等、別にこの日で無くても食べれそうなお店も数多くあった(しかもどちらも並んでいたし)のだが、そんな中、私が目を付けたのは以前から一度は食べたい?と言うのか食べに行ってみたいとさえ思っていた、ラーメンマニアならご存じの”須崎鍋焼きラーメン”!こちらの待ち時間は約60分となっていたのだが、何か比較的、列の進み具合も速そうだったので、こちらに並んでみる事にした。
 
須崎鍋焼きラーメンの待ち行列
こちらが私が列に加わった”須崎鍋焼きラーメン”の行列の姿。目指すお店は真正面、遥か遠くに見える黄色い色した店舗。列に加わった時は、このままお店までたどり着けば”須崎鍋焼きラーメン”にありつけると思っていたのだが、何の何の、この列は蛇行していて、お店の前で、一度Uターンして再び、この場所まで戻って来て、それからもう一度、お店の方へ向かうのだった。って事で、上の写真にこちら側を向いて並んでいる人達は、最初はとなりの”ひるぜん焼そば”に並んでいるお客さんだと思っていたのだが、この人達も”須崎鍋焼きラーメン”を求めて並んでいる人々だった・・・。それを知った時・・・、再び、列から抜けたろかいな・・・とも思ったけど・・・
 

須崎鍋焼きラーメン

で、並ぶ事約40分して漸く”須崎鍋焼きラーメン”の屋台の前に到着!!!上の写真は後で別に撮った物だが、仮設テント内には20人近いスタッフが居て、しかも何度もあちこちの大会に参加しているからか、みなさん手慣れた感じの分担流れ作業で手際良く”鍋焼きラーメン”を調理している。そんな事もあってか、待ち行列は事前の告知より若干短くなった様だ。
 
須崎鍋焼きラーメン
てな事でいよいよ私の順番が廻って来た。ご覧の様に、熱々に熱した土鍋にスープや麺、それに生玉子等の具材を入れて一度沸騰したらそれで完成?みたいな感じで、次から次へと出来上がって行ってる。って事で目の前に来てからは30秒も待つ事無く漸く”須崎鍋焼きラーメン”を手にする事が出来た。しかし、実際に料理を手にしてからも大変で、辺りは人だらけで、しかも食べる場所って物がそもそも用意されて無い。偶々、空いた通路の石をテーブル代わりに何とか食べる体制が整った。
 
須崎鍋焼きラーメン須崎鍋焼きラーメン七つの定義
こちらが実際に手にした”須崎鍋焼きラーメン”で、こう云ったイベントでは珍しく、本物の土鍋が使われている。土鍋が付いて500円なら結構安いやん!と思われるかも知れないが、流石に土鍋は付いて無くて、食べた後で必ず返却してね!とスタッフのお兄さん方が何度も何度も繰り返して声掛けをしていた。果たしてこの土鍋の返却率はいかほどの物だったのだろうか・・・。姫路市民の品位が問われる結果で無ければ良いけど・・・。ちなみに私はしっかりと土鍋をお返ししたので、ご心配無く・・・。
 
ちなみに上の写真の右側のある”七つの定義”をクリックすると”須崎鍋焼きラーメン”の説明を詳しく読む事が出来るので、ご参照あれ。それにしても、こう云ったイベント会場で、本物の土鍋を使って料理を提供するのは、中々大胆だよねえ・・・。
 
須崎鍋焼きラーメン
で、早速土鍋の蓋を取ると、中から現れた”須崎鍋焼きラーメン”の様子はこんな感じ。流石に土鍋の効果もあって、未だグツグツの煮えている様な熱々状態。早速、スープを一口飲んでみると・・・、何と無くではあるが、土鍋で作ったチキンラーメンみたいな味・・・。
 
ん?”土鍋で作ったチキンラーメン”???と言えば・・・、ひと昔前、私が大阪に住んでいた頃、会社の近くにあった居酒屋さんのメニューの中に”チキンラーメン”ってのがあり、それがまさしくこんな感じの土鍋で炊いた本物の日清のチキンラーメンを使ったラーメンだった。当然、生玉子も入っていたし、後はネギと大根おろし、それに隠し味でブランデーっぽい物を入れてた様な・・・。あの味が忘れられ無くて、一度、30番さんの家でも土鍋でチキンラーメンを作って貰った事があったっけ・・・。何かそんな懐かしの土鍋で煮込んだチキンラーメンを思い出させる味で、中々美味しい・・・
 
須崎鍋焼きラーメン
麺はこんな感じで、後からも土鍋パワーで煮込まれて来るからか、あるいはイベント会場で短時間に茹でた為か、若干、硬めな感じではあるが、何と無く玉子麺っぽい食感もあるし、鶏がらスープとの相性も良く、中々美味しい
 
須崎鍋焼きラーメン
で、食べ進んで行くと、最初はその存在が見えなかったのだが具の中には結構な量の鶏肉も入っていて、こちらもちょっとコリっとした感じだったけど、中々美味しかった。鶏がらスープに生玉子に鶏肉と、まさに鶏づくしのチキンラーメン!って感じで、これはこれで楽しかったかな・・・。こうなって来ると、実際に高知まで行って食べてみたいと言う気がする。ETC休日1000円サービスのある間に一度、食べに行ってみるか???
 
須崎鍋焼きラーメン投票
てな事で”須崎鍋焼きラーメン”を食べ終え、土鍋をお店に返すと、お箸は投票所にある箱の中に入れて欲しい?との事。って事で、やった来たのが、こちらのB-1グランプリの投票場。投票と言っても、どの料理が美味しかったのかを選んで投票するのでは無く、要は自分が食べた料理に投票するだけ・・・。って事は旨いかどうかの味の判断では無く、どれだけの数が売れたかどうかの勝負って事になる。しかし私みたいに、待ち時間の短そうなお店を選んで食べている客も多くいるし、焼きそばみたいに一度に大量に作れてどんどんと数が売れる料理の方が有利って事なんじゃあ無いのかなあ・・・。前々からこのB-1グランプリの投票スタイル、投票結果には疑問を感じていたのだが、今回、初めて自分で投票してみてあらためてそう感じたのであった。ま、私が食べた”須崎鍋焼きラーメン”は普通に美味しかったので、投票する事には不満は無いのだけど、他の料理を全然食べて無いのに”須崎鍋焼きラーメン”だけに投票するのは何か変だよなあ・・・。
 
それは兎も角、この後もB-1グルメの会場廻りはまだまだ続くのであった・・・。
広告

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。