義史のB型ワールド

2011年5月23日

”対馬名物とんちゃん焼”と一緒にこちらは長崎B級グルメ?の”大村あま辛黒カレー”てのも買っていた。

Filed under: カレー — 代理人 @ 11:46 PM
 
代理人記録
 
GW期間の間に食べに行ったラーメンのお話六甲ビール飲み放題のお話をチンタラチンタラと書き綴っていたので、このままだと没ネタになってしまいそうなのだが、折角写真も撮って用意していたので、簡単にご紹介・・・。先日のバーベキュー大会の日に持参した”対馬名物とんちゃん焼き”を買ったヤマトヤシキ加古川の長崎物産展で、何やらちょっと怪しげな”B級ご当地グルメまちおこしカレー”なる物を売っていたので、B級グルメを売りにしている?当ブログの代理人としては、これを食べずしてB級グルメは語れ無い?って事で買ってみた。
 
大村あま辛黒カレー
こちらが、その時に買った”大村あま辛黒カレー”で、お値段は525円也。で、そもそも”大村あま辛黒カレー”とは何ぞや?と言うと”大村市はカレーの素となるスパイスを日本に始めて持ち込んだ地域、すなわち「カレー発祥の地」”との事らしい。
 
大村あま辛黒カレー
そしてこちらは”大村あま辛黒カレー”を買った時に一緒に袋に入れてくれたチラシで、それを読むと大村市特有の黒土を黒いカレールーに見立て「長崎街道=シュガー(砂糖)ロード→甘い」と「天正遣欧使節四少年=スパイス→から辛い」をキーワードとして開発された、大村の地(黒土)で育つ野菜やフルーツをふんだんに使用したまちおこしご当地カレー”が、この”大村あま辛黒カレー”なんだとか。
 
更に、ここで紹介されている写真を見ると、カレーの上に黒田五寸人参とゆでピーナッツがトッピングされているのだが、これも”大村あま辛黒カレー”の特徴の一つなのかな?個人的には、人参やピーナッツよりも牛肉の塊をドテっと乗せてくれた方が嬉しいのだけど・・・。
 

大村あま辛黒カレー

てな事で早速、調理に取り掛かろうと?袋を開けて中身を取り出したのが、こちら。冷凍されたカレールーの他に、同じく冷凍された人参は入っていたがピーナッツの姿は何処にも見当たらない・・・。てか、ピーナッツを殻ごと冷凍したら、一体どうなるんだろう・・・。何かそれを見てみたかった気がするのだけど・・・。
 
大村あま辛黒カレー
そして熱湯で約10分ほどボイルして完成したのが、こちらの”大村あま辛黒カレー”。黒カレーと言いながらもパッと見た感じ、それほど黒く無い様な印象・・・、てか、大阪にあるちょっとした有名カレー店『船場カリー』のカレーとか、あるいは数年前に食べた”CoCo壱の特選黒カレー”の方がよっぽど黒いと言う印象!!!。それはさて置き、早速カレーの味を見てみると・・・、某大村あま辛カレーうまか隊の説明に寄ると”口に入れた瞬間!フルーティーな甘さが広がり、あとから追いかけて来るように、スパイシーな辛さが交わり、口の中で「フルーティーな甘さ」「スパイシーな辛さ」を繰り返す、一度口にするとクセになる絶妙な味をかもし出します。黒色のカレールは、いかスミ等のアレルギーの心配されるものは使用せず、体内のデトックス効果等が期待される、体にやさしい竹炭粉を使って、地元特有の「黒土」をイメージした”との事。確かに一口目は甘目で食べていると辛さが出て来る辺りは、私の大好きな”梨花食堂のカレー”とか”インディアンのカレー”と同じ様な感じ・・・。だが、”梨花食堂のカレー”とか”インディアンのカレー”は最初の方はフルーティーな甘さなのだが、途中からじわじわと辛さが出て来て、最後の方は結構刺激的な辛さが残る味なのだが、今回食べた”大村あま辛黒カレー”は最初から最後まで甘さと辛さが同居している様な感じで、何かちょっと中途半端な味だったかな。やっぱ黒さの中にイカスミを使って無い分、味に差が出た?んだろうか・・・。
 
てな事で何か楽しそうだったので思わず買ってしまった”大村あま辛黒カレー”であるが、流石に冷凍カレーって事でレトルトのカレーに比べると遥かに美味しかったのだけど、味全体で言うと今一歩だったかな。この味のままでは全国的にメジャーになるのはちょっと厳しいかも・・・。てか、先に紹介した『長崎カリー蜂の家』のカレーの方が美味しい様な気もするし・・・。
広告

”対馬名物とんちゃん焼”と一緒に”長崎カリー蜂の家の骨付きチキンカレー”てのも買っていた。

Filed under: カレー — 代理人 @ 8:30 PM
 
代理人記録
 
GW期間の間に食べに行ったラーメンのお話六甲ビール飲み放題のお話をチンタラチンタラと書き綴っていたので、このままだと没ネタになってしまいそうなのだが、折角写真も撮って用意していたので、簡単にご紹介・・・。先日のバーベキュー大会の日に持参した”対馬名物とんちゃん焼き”を買ったヤマトヤシキ加古川の長崎物産展で、その他に数年前に一度、買って帰って食べたら結構美味しかった『長崎カリー・蜂の家』の”骨付きチキンカレー”をまたまた買って帰ったのだった。
 
長崎カリー蜂の家出店
まずはこちらがヤマトヤシキ加古川の長崎物産展売場にあった『長崎カリー・蜂の家』の様子で、以前に当ブログで書いた記事に寄ると”港町・佐世保で創業して早50年”のお店らしい。とは言え、きっと佐世保まで食べに行く事は一生無いとは思うが・・・。
 
長崎カリー蜂の家カレーパン
ちなみに『蜂の家』の売り場にはこの様な”カレーパン”が売っていた。この日の前後にT郎家で高砂にあるカレーが有名な喫茶店『じょっぴんやカレーパンを貰って食べたのが結構美味しかったので、この『蜂の家』の”カレーパン”も気になったのだが”カレーパン”は日持ちしないので、直ぐに食べないと駄目だと思い、今回は残念したのであった・・・。
 
長崎カリー蜂の家骨付きチキンカレー見本
で、こちらが私が同じ、ヤマトヤシキ加古川の長崎物産展の会場で3年前に買って食べた”骨付きチキンカレー”の見本。最近、あちこちで食べている私の大好きな骨付きチキンなのだが、その時もこのジャンボな骨付きチキンに釣られて思わず買って食べたら骨付きチキンもさる事ながら、カレー自体も美味しかったので、今回もまた買ってみる気になったのだった。
 
長崎カリー蜂の家紹介記事長崎カリー蜂の家カレー売場

ちなみにこの『長崎カリーの蜂の家』では”骨付きチキンカレー”の他にも定番のビーフカリーとか野菜カリー、更にはハヤシソース等も売っていたので、味見がてらに取り敢えずビーフカリーも併せて買ってみた
 
長崎カリー蜂の家骨付きチキンカレー商品
で、こちらがこの日買って帰り、後日冷蔵庫から取り出した”長崎カリー蜂の家の骨付きチキンカレー”の冷凍パッケージで、お値段はライス無で680円也。高いと言えば高いのだが、結構大き目の”骨付きチキン”が入っている事を思うとそれほど高く無い様な気はする。何より、この手のジャンボ骨付きチキンが入ったカレーライスが食べれる様なお店ってのが、そもそもこの近辺には無いからねえ・・・。
 
長崎カリー蜂の家骨付きチキンカレー
そして熱湯でボイルする事、約20分、漸く完成したのがこちらの”長崎カリー蜂の家の骨付きチキンカレー”で、物産展の会場で陳列したいたのとほぼ同じ大きさの骨付きチキンがどかーんと入っている。で、この骨付きチキンはスプーンだけで骨から身が簡単に解れる程に柔らかくて、カレーの味も浸み込んでいて、前回食べた時と同じく普通に美味しい。カレーの味自体も甘さの後に辛さがジワーっと来る感じで、こちらも美味しかった。やっぱ私は”長崎カリー蜂の家のカレー”は結構好きかも・・・。
 
長崎カリー蜂の家ビーフかリー長崎カリー蜂の家ビーフかリー
そしてこちらは”骨付きチキンカレー”と一緒に買った『長崎カリー蜂の家』の定番の商品とも言える”蜂の家が50余年にわたりカレーだけにこだわり積み上げた匠の技、豊富なスパイスの知識を使ったビーフかリー”で、こちらも冷凍パックになっている。商品の説明に寄ると”玉葱の深いコクと、イタリア産トマトの爽やかな酸味が絶妙に絡み合って豊かな風味を創り出している”との事で、パッケージに”一口目は甘く、二口目に辛く、三口目には旨さが広がる”と書いてある様に、私の好きな大阪の超有名カレー”インディアン”とか、あるいは”梨花食堂”のカレーの様で、こちらも普通に美味しかった。
 
きっとまた長崎物産展で、この『蜂の家』の看板を見つけたらまた買ってしまいそうな気がする・・・。
 
——————————————————————————-
 
佐世保バーガーログキット出店
ちなみに、この日は先にランチを食べてしまった後だったので、食べなかったが、長崎物産展ではお馴染みの『佐世保バーガー・ログキット』も出店していた。当ブログでも何度か紹介した事がある、超有名な佐世保バーガーなのだが、今の処、我が人生で食べたハンバーガーの中では一番美味しいハンバーガーだと思う。ま、それなりに値段も高いけど・・・。次回、長崎物産展で『ログキット』が出店していたら、久々に食べてみようと思うのでった。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.