義史のB型ワールド

2011年5月21日

久々の駅弁シリーズ、今回はちょっと前に食べたジンギスカンの駅弁!!!ま、味は至って普通だが・・・。

Filed under: 駅弁 — 代理人 @ 9:04 PM
 
代理人記録
 
話は前後するが、GWが始まって直ぐに、またまたスーパートーホーで駅弁空弁大会が開催されていたので、何か変った駅弁とか今まで食べた事が無い様な駅弁は無いかと見に行ってみた
 
スーパートーホー荒井店駅弁空弁大会
こちらがこの日のスーパートーホー荒井店駅弁空弁大会の売り場。GWで、みなさんお出掛けしているのか駅弁売場・・・、と言うかトーホーの店内自体に客が少ない。そんな事もあり駅弁は未だ全然手つかずな状態に見える・・・。
 
スーパートーホー荒井店駅弁空弁大会
それは兎も角、こちらが今回の駅弁空弁大会で売られていた駅弁のメニューの一部で、駅弁定番の”富山のますのすし”を筆頭に、当ブログでも紹介した事がある”鹿児島/極・黒豚めし”とか”明石ひっぱりだこ飯”等、相変わらず変わり映えしない?駅弁が並んでいる・・・。
 
新千歳空港あづまジンギスカン弁当
そんな中、ちょっと目を引いたのがこちらの”新千歳空港/あづまジンギスカン弁当”。ちょっと前にJA君と播磨町にある小樽食堂で”ジンギスカン鍋”を食べた事もあり、何と無くこちらのお弁当に興味を持ったのだった。
 
新千歳空港あづまジンギスカン弁当
ちなみにこちらは”新千歳空港/あづまジンギスカン弁当”の商品説明で、それを読むと”北海道の郷土料理であり、北海道遺産にも選定されている北海道厚真町市原精肉店オリジナル「あづま成吉思汁」を使用”との事。”あづま成吉思汁”と言われても全然知らないのだけど・・・。
 
新千歳空港あづまジンギスカン弁当新千歳空港あづまジンギスカン弁当

で、こちらが実際に買って来た”新千歳空港/あづまジンギスカン弁当”のパッケージでそこには”北海道ジンギスカンの歴史”とやらが書かれている。そう言えば学生の頃に管理人さんや30番さんらと北海道一周旅行へ行った際、何も考えずに札幌ビール園へ行ってジンギスカンを食べるのが当たり前になっていたよなあ・・・。てか、あの頃はジンギスカン鍋って北海道でしか食べれ無い料理だった様な気がする・・・
 
新千歳空港あづまジンギスカン弁当
てな事でパッケージから取り出したのが、こちらの”新千歳空港/あづまジンギスカン弁当”で、お値段は950円也。駅弁の広告文を読むと”秘伝のたれでつけ込んだ「あづま成吉思汗」を御飯の上に盛り付けた空弁”との事。ただしお肉はご飯の上全面に載っている訳では無く2/3程度の割合で、後はジャガイモやカボチャ等の野菜が乗っている。意外とこの皮付きのジャガイモが美味しかった様な気がしたが・・・。
 
で、このお弁当の容器は電子レンジでは使えない?って事で、このままの冷めた状態で食べる事に・・・。実際の旅先で食べる場合は致し方ないとは思うが、お持ち帰り前提の駅弁大会で売っている駅弁なので、やはりレンジでチン出来る容器を使って欲しかったよなあ・・・。
 
新千歳空港あづまジンギスカン弁当
そしてこちらが”あづまジンギスカン弁当”の要とも言える”ジンギスカンのお肉”で、以前にも書いたが昔、札幌ビール園で食べたハム状の丸い形状をした羊肉(最近はあの肉をトラディショナルジンギスカンと呼ぶらしい)では無く、今では一般的となった生ラムタイプの肉を焼いた物だ。で、そのお味であるが、羊と聞けば何か癖が有りそうなイメージがあるが、そんな癖は一切無くお店自慢の秘伝のたれが浸み込んでいる為か、普通に美味しい。と言うか、冷めていても普通に美味しい・・・。これが焼立て・・・、あるいはせめてレンジでチン出来たら・・・、とは思い長柄も今回は結構満足出来た駅弁なのであった。
 
てな事で、今回は今まで食べた事がなかった”新千歳空港/あづまジンギスカン弁当”を食べたのだが、他に未だ食べた事が無い駅弁で気になるのが九州新幹線型の容器に入った九州新幹線さくら弁当”で、この日も前回の駅弁大会の日にも売っていたのだが、雰囲気的にお子様弁当?っぽいので、何か躊躇ってしまうのだが、ブログネタ的には一度は食べてみないとダメかな?と思ったりもしているのであった・・・。
広告

今、姫路。何か物凄い人の数

Filed under: 未分類 — 代理人 @ 12:22 PM

今、姫路のB級グルメ会場。何か物凄い人の数。詳しくはまた後程。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.