義史のB型ワールド

2011年5月20日

六甲ビール飲み放題ツアーの最後はJR高架下の怪しげな沖縄居酒屋。お値段はまたまた生ビール190円、料理は390円とリーズナブル!!!

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 11:50 PM
 
代理人記録
 
神戸元町へ六甲ビール飲み放題に来たお話もいよいよ終盤・・・、神戸南京町から三宮LOFTの店内散策と結構、歩きづくめだったので、足も疲れて来たし喉も乾いて来た?そんなおり、JR高架下を歩いていたら、またまた生ビール一杯190円の看板を発見!!!このお値段なら軽く一杯やっても損は無い?何より、喫茶店で茶を飲むよりは安い?し・・・。てな事で早速入店する事に決定!!!
 
沖縄市場食堂琉金
こちらが今回行ったちょっと怪しいお店『沖縄市場食堂/琉金』で、JR神戸線の高架下の商店街のとある一角の細い通路の奥の階段を上がった処にお店がある。何かこんな雰囲気の日?と言うか、ちょっと酔っ払った時で無いと、中々行き成りでは入り難い様なお店?の様な気がする・・・。
 
沖縄市場食堂琉金
で、こちらがその沖縄市場食堂/琉金』の店内で入店前にイメージしていたよりも結構広い様な感じ。写真奥に見えているのは壁に向かったカウンター席で、この写真の右手正面には6人掛けのテーブルもあり、午後4時半過ぎと言う、宴会をするにはちょっと早い時間ではあったが、既にとあるグループが盛り上がっている風だった。で、お店の説明に寄ると”怪しげな店内は、ディープな沖縄の空気が満ちている”との事。また”昔懐かしい沖縄を再現しています!少しタイムスリップした気持ちになれるかも!!”とも書かれてあった。確かに何と無くではあるが、店内には沖縄独特の雰囲気が漂っていた(店内に流れる音楽もそんな感じだったかな???)。
 
沖縄市場食堂琉金
それは兎も角として、このお店でも入店早々に乾杯!って事で、まずは190円の生ビール!!!。このお店に入ったのはこの値段に釣られたからで、仮に10杯飲んでも1900円なので、昼間行った六甲ビール飲み放題1980円がお得だったのか何だかちょっと微妙な気がしないでも無い。とは言え、このお店は沖縄市場食堂と謳いながらも、この生ビールはオリオンビールでは無く普通のサントリー?の生ビール(もしかすると発泡酒かも?)らしいので、最初に行ったお店の六甲ビールはそれなりの価値はあると思うが・・・。
 

沖縄市場食堂琉金メニュー

で、こちらが『沖縄市場食堂/琉金』のメニューでこのメニューのトップには全品390円(以下)の文字が・・・。とは言え、未だそれほどお腹は空いては無かったので、取り敢えず何品か注文してみる事に・・・。ちなみにこのメニューの中には個人的にはちょっと気になった”一子相伝の極旨の沖縄黒カリー”とやらがあり、それを見てちょっと思い出したのだが、何年か前に三宮近辺で美味しいカレーが食べれるお店は無いかいな?と検索した時に、ヒットして一回行ってみたいと思っていたお店でもあった。仮に今回来て無かったら、今後もちょっと入店するのを躊躇いそうなお店ではあったが、今回来た事で、お店の雰囲気が掴めたので、またチャンスがあれば、その”沖縄黒カリー”とやらを食べに来たいと思うのであった・・・。
 
沖縄市場食堂琉金ソース焼きそば
てな事で、ちょっと話が脱線したが、まず最初に運ばれて来たのがこちらの”ソース焼きそば”で、最初メニューを見て注文する際に、ちょっとふくよかでチャイニーズっぽい感じのお姉ちゃんに”ソース焼きそば”と”塩焼きそば”のどっちがオススメ?って聞くと即答で”ソース焼きそば”との事だったのでこちの”ソース焼きそば”を選んだのだった。で、メニューに書いてある説明に寄ると”濃厚なソースが後を引く美味しさ”との事。ご覧の様に、沖縄そばの麺を使った焼きそばで、これを見ると思い出すのが、数年前に管理人さんと寂しい忘年会をした際、最後に飲みに行った宝殿にある”朝日村の熊さんで食べた焼きそば”を思い出す。あのお店では私が”沖縄そば”を注文したのに、あの店主のおっさんは”焼きそばの方が旨い!”って無理やり”焼きそば”にされてしまったのだった・・・。ま、そんな話はどうでもエエが、この”沖縄そばの麺を使ったソース焼きそば”は普通に美味しかったかな・・・。
 
沖縄市場食堂琉金軟骨ソーキそば
続いて運ばれて来たのはN美ちゃんが食べたい!と頼んだ、沖縄のB級グルメの王道とも言える”軟骨ソーキそば”。写真ではちょっと判り辛いが、丼鉢自体がちょっと小さ目?と言うのか、ハーフサイズっぽい量でお値段が390円なのが納得!!!。で、これまたメニューの説明を読むと”トロトロに煮たソーキとコシのあるそばがベストマッチ!”との事。またまた個人的な話を書くと、彼是今から20年程前、仕事で一週間ほど沖縄に行った事があるのだが、沖縄に着いた次の日から仕事の合間等に色んなお店で”沖縄そば”(ソーキそばも含む)を食べて以来、私は結構”沖縄そば”好き!が、以前、曽根にあったお店で”沖縄そば”を食べたら麺が本物では無く、普通の中華麺だったり、あるいは二見に出来た沖縄料理のお店で”ソーキそば”を食べたりしたものだが、何かどれも今一つだった様な気がする・・・。が、今回食べたこのお店の”ソーキそば”は麺が本格的な沖縄そばの麺だし、お出汁も鰹出汁の濃い、和風な感じで中々美味しかった。
 
沖縄市場食堂琉金島らっきょ
その次に運ばれて来たのは、如何にもお酒好きな管理人さん夫婦が頼みそうな、まさにお酒のつまみ?とも言える”島らっきょ”で、これまたメニューの説明に寄ると”本土のらっきょより小ぶりで、ネギの様な辛みをもった沖縄在来種のらっきょ”との事。確かに辛い様な、そうでも無い様な微妙な感じ。個人的にはやはり普通の”らっきょ”の方が好きかも・・・。
 
沖縄市場食堂琉金あぐー黒豚の揚げ餃子
そしてこちらは私が”あぐー豚”と言うブランド名に釣られて頼んだ”あぐー黒豚の揚げ餃子”。が、もっと美味しい揚げ餃子かと思いきや、何か極々普通でこれと言ったインパクトは無かった気がする・・・。てか、この辺りから結構酔っ払って来たし、お腹も満腹になって来たので、味がどうのこうのと言えるような状態では無かった?かも・・・。
 
沖縄市場食堂琉金串カツ
そしてこの日の最後となったのが、こちらの”串カツ”で、この2本は串を見れば判るのだが、それぞれ中身の具は違う”串カツ”になっている。で、私は手前の黒豚?の”串カツ”を管理人さんと半分分けして食べたのだがこちらも先ほど食べた”あぐー黒豚の揚げ餃子”に、どうって事の無い一品だったかな?ちなみにこのお店ではメニューの写真を細かく撮るのを忘れていた為、この”串カツ”の商品名が何だったのか・・・、あるいはもう一本の”串カツ”の中身が何のネタだったのか、判らんままなんだけど・・・、奥さん、中身は一体何でした???
 
てな事で、お腹も満腹でもう食べれ無い状態になって来たし、ビールもそれなりに飲んで酔っ払って来た・・・、と言うか何か体全体がちょっと疲れて来たので、名残惜しいのだけど家に帰る事となった。この沖縄料理のお店を出たのが午後6時過ぎ・・・。この後、JR組の管理人さん一家と三宮駅で別れて一人寂しく家路に着いたのであった。こうして真昼間からの六甲ビール飲み放題ツアーは無事に終了したのであった!!!完。

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。