義史のB型ワールド

2011年5月15日

GW期間中に新しく出来たラーメン屋さんに行ってみようシリーズ第二弾!!!続いては姫路に出来た”風雲丸”!!!

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 10:01 PM
 
代理人記録
 
GW期間中に比較的新しくオープンしたラーメン屋さんを巡るシリーズ第二弾!今回は『幸楽苑/姫路御国野店』跡地に出来た”濃厚つけ麺と濃厚ラーメン”のお店へ行ったお話・・・。
 
中華そばの幸楽苑』と言えば、2005年の初夏に行き成り姫路に3店舗同時オープンした、当初は中華そばが一杯390円で、そして直ぐに290円に値下げした格安ラーメンチェーン店だった。私はオープン前に偶々『幸楽苑/姫路御国野店』の前を通った時、あれ?こんな処に新しいラーメン屋さんが出来てる・・・、と思い駐車場に車を入れてお店を観に行ったら、未だプレオープン期間中で招待客しか入れ無いと言う日で、その代わりに100円の割引券が付いたチラシを貰った事がある。そんな事もあり、その後何度か行った事があるのだが、その数か月後には加古川にもお店がオープンしたのでそれ以来、姫路にある幸楽苑には行く事が無くなったのだった。
 
そんな感じで一時は結構勢いがあった中華そばの『幸楽苑』ではあったが、格安路線が災いしたのか、客が値段より質を求める様になったのか、営業的にやや苦戦をしているとか言う噂もチラホラ。そんな事もあってか、昨年の秋頃に?『幸楽苑/姫路御国野店』は閉店してしまった(『幸楽苑』の店舗は姫路市内に未だ残ってるし、加古川店もまだ存在しているので、あくまで『幸楽苑/姫路御国野店』のお話)のだが、その跡地に、新しいラーメン屋さんがオープンしたと耳にしたので、この日様子見も兼ねて食べに行ってみた。
 
濃厚ラーメン・つけ麺風雲丸/姫路御国野店
こちらが『幸楽苑/姫路御国野店』の跡地に新しくオープンした『濃厚ラーメン・つけ麺 風雲丸/姫路御国野店』。お店の看板とか垂れ幕の、ちょっと派手目の色使いを見て、何か以前にもこのカラーを見た事がある様な気がして、後で家に帰ってから調べてみると、どうやら『新・和歌山らーめん ばり馬』と同じ会社がチェーン展開しているお店らしい・・・。『新・和歌山らーめん ばり馬』と言えば今から4年程前、もうちょっと東に行った処にあるスーパーオートバックスの駐車場の敷地内にあったお店なのだが、数年前に撤退してしまった・・・。が、昨年辺り、姫路大塩に再び進出して来た、広島かその辺りが本拠地の”新・和歌山らーめん”のお店で、当ブログでも両店とも紹介した事がある(ただ、姫路大塩店は激マズの白ご飯を出されたので物凄く印象が悪いのだが・・・)。
 
濃厚ラーメン・つけ麺風雲丸/姫路御国野店店内
それは兎も角として店内に入ってみると、もう6年前の事なので、確かな記憶では無いのだが店内は以前あった『幸楽苑/姫路御国野店』のまんまな気がする。が、お店の中心部分には”漬物屋台”と題した無料漬物コーナーがあり、この辺りはどちらかと言うと『新・和歌山らーめん ばり馬』と同じ様な印象。ちなみにどんな種類の”漬物”があるのかな?と後で漬物を取りに行ったのだが、私の好きな”キムチ”や”白菜漬け”、それに『新・和歌山らーめん ばり馬』で結構美味しかった”ニンニクの芽を漬けた様な物”等は無く、何か安っぽい感じの沢庵とか高菜、それに紅ショウガみたいな物ばかりだった。『ばり馬』を同じ会社がやっているのなら、あの”ばり辛漬け”ぐらいは置いて欲しかったかな・・・。(これまた後で気づいたのだが、人気の”白菜の漬物”は品切れになったまま、補充がされて無かった様だ・・・。無くなったら補充するぐらいのサービスがあっても良さそうな気はするのだが・・・)。
 
濃厚ラーメン・つけ麺風雲丸メニュー
で、こちらが『濃厚ラーメン・つけ麺風雲丸/姫路御国野店』のメインメニューで、看板に書いてある”豚骨魚介ラーメン”や”豚骨魚介つけ麺”の他にもそれぞれのラーメンやつけ麺を辛くしたり、あっさりにした様々なバリエーションのメニューがあり中々悩ましい・・・。
 
風雲丸極味濃厚豚骨魚介つけ麺メニュー
そんな中、この日は初訪問って事もあり、基本に忠実に?表の看板に大きく書かれていた”極味濃厚豚骨魚介つけ麺”とやらを食べてみる事に。メニューの説明を読む限り、今時の魚介と豚骨のWスープなつけだれの様で、最近良く行っている”大盛軒のつけ麺”とか”姫路の駅前近くにある麺屋六三六のつけ麺”と同じ様な感じなので、食べ比べするにも持って来い?と言う気もしたし・・・。
 
麺風雲丸超濃厚豚骨魚介ラーメンメニュー
ちなみにこちらは『風雲丸』の2大看板である”超濃厚豚骨魚介ラーメン”のメニューで、こちらも私の大好きな煮干し系魚介と豚骨のWスープのラーメンの様なので、きっとまた食べに来るであろう・・・(と言うか、実際、この数日後に食べに行ってしまったのだが・・・)。
 
風雲丸お得なセットメニュー
その他、この様な”お得なセットメニュー”もあって唐揚げとか焼餃子も食べてみたい気もしたのだが、今回は”つけ麺”を中盛で頼んだ事と、お店に来る前にWebクーポンを印刷して持って来たので”半熟煮玉子”をトッピングしたって事もあり、この日はセットでは無く単品で我慢した?のであった。
 
風雲丸/姫路御国野店
で、このお店がちょっと変わっているのが”つけ麺を食べた後の最後にスープ割り”をする為の”特製割りスープ”が最初からテーブルの上に用意されている事。これまでに数多くの”つけ麺”を食べて来たが、この様に最初からテーブルの上に用意されているのは初めてだ。ただ、姫路の繁華街魚町にあるラーメン屋では、スープ割りを頼んだら、同じ様にスープが入った器を持って来て、自分で好きなだけ入れなはれ・・・、みたいな感じだったけど・・・。
 
が、反対にこの様に最初から”特製割りスープ”が用意されているって事は・・・、”博多一風堂の博多つけ麺”や”大盛軒のつけ麺”みたいに”スープ割り”をした時に刻んだ玉ねぎの追加とか、そう言ったちょっと変わった趣向が無いって事なのね。それはそれで、ちょっと楽しみが無いって事でもあるのだけど・・・。
 
それは兎も角、この後て”漬物屋台”へ行って取り敢えず沢庵と高菜だけを小皿に入れて来て、それをつまみながら”つけ麺”が運ばれて来るのを待っていると、何かえらい厨房の中が騒がしい・・・。何を騒いでるのかいな?と聞き耳を立てると・・・、麺が茹で上がる度に”もりつけます!”と馬鹿デカイ声で叫び、それに合わせて厨房やホールに居るスタッフ全員が”そいやそいや!!!”と相槌を打っている・・・。最初は元気がエエお店や!と思ったのだが、これが毎度毎度繰り返されるので、滅茶うるさいし、耳障り。ちょっと前に問題になったAGのCMみたいな・・・。てか、何度も聞いてる間に、こちらも釣られて思わず”そいやそいや!!!”と叫んでしまいそうになって来て、何か洗脳されつつある感じ。まるで変な宗教団体?みたい???。
 
風雲丸濃厚豚骨魚介つけ麺(あつ盛)
そんなこんなしつつ待っていると、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”濃厚豚骨魚介つけ麺”で、お値段は750円。見た目的には極々オーソドックスな”つけ麺”の様だ。ちなみに、つけだれの中に”半熟煮玉子”も入っているが、こちらはWebにあった無料サービスクーポン券を持参したので入っていた物で、普通に頼むと入って無いので要注意。
 
風雲丸濃厚豚骨魚介つけ麺
そしてこちらが”濃厚豚骨魚介つけ麺”のつけだれで、お店の謳う文句通り、濃厚こってり系のスープで豚骨と魚介風味もたっぷりで更に海苔に乗った魚粉も大量に入っている。ただスープ全体が、ちょっと甘ったるい感じで、何と言うのかイマイチコクが足りない様な感じ。てか、魚粉を溶かしだすと、この削り節の味がかなり全面に出て来て、それがちょっと目障り?と言うのか口障りだった様な・・・。ま、”もんどのつけ麺播磨”の様な酸味はあまり無かったので、ある意味食べやすいスープ?と言う気はしないでも無いが・・・。
 
風雲丸濃厚豚骨魚介つけ麺

で、こちらが”濃厚豚骨魚介つけ麺”の麺で、麺はつけ麺注文時に”ひや盛”か”あつ盛”が選べ、なおかつ麺の量も並盛300gと中盛400gが同一料金と言うお話だったので、何時も”つけ麺”は”ひや盛”で食べてるし(”もんどのつけ麺播磨”は”ひや盛”のみだけ?)、この日はセット物も頼んで無いので、中盛程度なら・・・、って事で”あつ盛かつ中盛サイズ”で注文したのだが、400gと言う割にはそんなに多くは無さそうな印象。実際に食べてみても苦しくなる様な程の量は無かったしなあ・・・。以前、金獅子とかで大盛り(と言っても麺300g)のつけ麺を食べたら、味が不味かったせいもあって、拷問の様にお腹が苦しくなった様なもんだが、この日の麺は割とさらっと食べ尽くす事が出来たし・・・。
 
風雲丸濃厚豚骨魚介つけ麺
それは兎も角、早速、麺をつけだれに浸けて食べてみると・・・、まずお箸で麺をつまむと、何かちょっとネチャネチャ?した様な感じで麺がくっつく感じ。これって”あつ盛”にしたせいなのかなあ・・・。やっぱ水で一回〆た方が麺のくっつき感は無くなるのだろうか・・・。で、一応極太麺ではあるのだが、”もんどのつけ麺播磨”、”六輪舎のつけ麺”、”大盛軒の極太麺”等にすっかり染まってしまった私には、それほど極太とは思えない程度の太さで麺の味自体も何処と無く安っぽく感じる。ここまで食べた印象では、本格的なつけ麺のお店と言うよりは、どちらかと言うと、つけ麺ブームに乗っかってつけ麺のお店やり始めました・・・、的な内容かな?ま、『ばり馬』と母体が一緒・・・、と言う点で、ちょっと先入観も持ってしまうのだけど・・・。
 
風雲丸濃厚豚骨魚介つけ麺
ちなみに”濃厚豚骨魚介つけ麺”のつけだれの中には、ラーメン用の普通のチャーシューでは無く、この様な”つけ麺のつけだれの具”としては定番?のブツ切りチャーシューが入っていた。個人的にもつけ麺の具としては、この手のブツ切りチャーシューの方が好きではあるが、味的には極々普通のチャーシューだったかな?
 
雲丸濃厚豚骨魚介つけ麺
そしてこちらは追加トッピングの”半熟煮玉子”で通常価格100円の処、今回はWebクーポン券持参で無料。半熟って事もあり2つにはカットはされておらず、玉子丸々の形のまんまなので、このままかぶりつくと、口の中に半熟トロトロの黄身が溢れ出して中々楽しい。都会へ行くと?こんな感じの、まるかじり出来る半熟煮玉子”を出すお店は多いのだが、加古川・姫路近辺では意外と珍しい様な気がするが、個人的にはこの”半熟煮玉子”は結構好きかも・・・。
 
風雲丸濃厚豚骨魚介つけ麺
てな感じでなんだかんだしながら”つけ麺”を完食!、最後はやっぱり”スープ割り!”って事で、先に紹介したテーブル上に用意されていた”特製割りスープ”を追加してみた。ちなみに、先に”特製割りスープ”だけをレンゲの中に注いで味見をしたのだが、こってり濃厚スープを飲んだ後だからか、何か普通にお湯を飲んでいる様だった・・・。で、スープ割りをした感想だが・・・、ま、普通にスープが薄まって飲み易くなっただけ?で、特に美味しくなったとかそう言ったお楽しみは無かったかな・・・。そう言う意味では”大盛軒のつけ麺”や”博多一風堂の博多つけ麺”のスープ割りは結構楽しいかったかも・・・。
 
濃厚ラーメン・つけ麺の風雲丸/姫路御国野店チラシ
てな事で、この日は4月の中旬に姫路に新しくオープンした『濃厚ラーメン・つけ麺の風雲丸/姫路御国野店』に行って来たのだが、レジで会計をして帰ろうとするとこの様なチラシをくれた。内容的にはこのお店がオープンした前後に、新聞の折込チラシに入っていた様な感じのチラシだが、その下にはクーポン券が6枚ほど付いている。その内容は半分はラーメン・つけ麺の100円引き券だが、残りの3枚は餃子無料券と唐揚げ無料券なので、こちらはちょっとお得。そんな事や、もう一つの看板メニューである”超濃厚豚骨魚介ラーメン”も気になるのできっとまた近い内に食べに行く事になるだろう・・・。
広告

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。