義史のB型ワールド

2011年5月14日

GW期間中に新しく出来たラーメン屋さんに行ってみようシリーズ第一弾!!!まずは姫路に出来た”飛龍”!!!

Filed under: カレー,ラーメン — 代理人 @ 9:30 PM
 
代理人記録
 
いよいよGWがスタートした初日の夜、ちょっとした事情で姫路まで行った。最近、姫路に来るとちょっと気になるのがJR姫路駅周辺。ご存じの様にJR姫路駅周辺は未だ改装中で、行く度行く度何等かの変化がみられる。てな事でJR姫路駅周辺は久々だったので、今年の3月辺りに新装オープンしたと言う”プリエごちそう館”と”プリエおみやげ館”辺りを散策してみる事にした・・・、と言っても私が主にみたいのは、飲食店なのだが・・・。
 
で、”プリエごちそう館”と”プリエおみやげ館”を見て廻ったのだが”おみやげ館”は文字通り、姫路のお土産を売ってるコーナーで、”ごちそう館”も惣菜屋やパン屋等、何か主婦が買物して帰る様なお店ばかりで何かつまらん・・・。とそのまま東の出口を突き抜けると、そこにはレストラン街?っぽい感じの場所があり、マクドやケンタッキー、更に餃子の王将等のお馴染みのお店が並んでいる。
 
つるまる饂飩姫路プリエ店
そんな中、私がちょっと気になったのはこちらの『つるまる饂飩/プリエごちそう館店』。『つるまる饂飩』と言えば知る人ぞ知る『まいどおおきに食堂』が展開するセルフうどんのお店で、姫路駅前にもお店があり当ブログでも一度紹介した事がある。とは言え、トリドール系の丸亀製麺に比べると、段ちでレベルが低いのでそれほど行きたくなるお店では無いと思っているのだが・・・。ちなみに、後で知った事だが姫路駅前小溝筋にあった『つるまる饂飩』のお店は閉店して違うお店(小溝筋のかっぱ)になっていた。どうやら移店して来た?と言う感じなのかな?
 
都きしめん姫路店
そしてその『つるまる饂飩』の向い側には明石周辺ではお馴染みの都きしめん/姫路店』がオープンしていた。以前はJR東加古川駅前にもあったのだが、JR東加古川駅の改装と共に閉店した?ので、久々に近くに出来た『都きしめん』と言う事になる。ま、個人的には時々、JR明石ステーションデパートにも時々立ち寄るので、姫路店に行って食べる事は無いと思うけど・・・。ちなみに、このお店がある東側の一角はプリエ姫路では無く、正確にはビエラ姫路と言うらしい・・・。
 
ラーメン飛龍
で、その『都きしめん』の並びに『ラーメン飛龍』と言うお店を発見!!!あれまこんな処に新しいラーメン屋がひっそりとオープンしたのかな???、と一瞬思ったのだが、何かこの『飛龍』と言う店名に覚えがある。以前から私が姫路へ来た時は、JR姫路駅南側にある料金の安い駐車場に車を停めて、姫路の大手前方面へ出る事が多く、その時に必ず通っていたJR姫路駅の東側にあった連絡通路の入口にあった中華料理のお店が、この『飛龍』では無いか。
 
そんな事もあり『中華料理の飛龍』のお店の前は何十回、何百回と通った事があり、その度にお店の前に飾られている料理の見本を見ては入ってみようかな?と思った事もあったのだが、その頃のお店はどう見ても町中の大衆中華料理屋さん風で、かつちょっと年季の入った店構えだったので、一度も入った事は無かったのだった。
 
ラーメン飛龍カレー定食の陳列
てな事で、ちょっとお店に近づいて見ると、以前と同じ様に定食や料理の見本がお店の前に飾られてある。で、ふとその中の”カレー定食”とやらが目に留まる・・・。確かこの”カレー定食”ってのも以前のお店にもあった様な・・・。しかもお値段はカレーとラーメンのセットで680円と物凄くリーズナブルなお値段!!!以前の古いお店の時から気になっていたお店でもあるし、今回は一応、ラーメン屋と言う看板も揚がってるし・・・、って事でお店調査がてら?に入ってみる事にした。
 
ラーメン飛龍店内
で、こちらが『ラーメン飛龍』の店内の様子で、以前のお店とはガラッと雰囲気が違う?明るい綺麗な店舗(新装オープンしたばかりなので当たり前か?)で、奥にはファミリー向けの御座敷席まであった。入り易さと言う点では以前とは比べ物にならないぐらい、グレードアップした様にも見える・・・。ただ雰囲気は・・・、昔長柄の中華料理屋さん風な店内?と言う風にも思えなくは無いが・・・。
 
ラーメン飛龍メニュー
そしてこちらが定食とラーメン等のメニューで、お店の表に陳列してあった定食の見本の他にも沢山の定食があり、またラーメン系のメニューも多数あるのだが、その中でも赤丸で囲まれた当店自慢の”揖保の糸のバチヌードル”ってのが、何やら怪しげなネーミングで、なおかつB級グルメっぽい香りも漂っていて、何か妙に気にはなったのだが、この日は初訪問でもあるし、そう言った冒険はせずに素直に先ほど陳列を見て決めた”カレー定食”を注文!!!
 
ラーメン飛龍メニュー
ちなみに裏面にはこの様な一品物のメニューが多数揃っていて、ある意味、このお店の以前からのお得意料理とも言える中華料理のメニューが数多く揃っている。とは言え、お店の看板をラーメンに絞った事もあってか、こちらのメニューは夕方5時からメニューの様だし、以前あった中華の定食の様なメニューは無い様だ。でも何と無くではあるが・・・、やがてその内、以前と同じ中華料理屋さん風に戻って行く様な気がするのだけど・・・。
 

ラーメン飛龍カレー定食

それは兎も角として、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”カレー定食”で、ラーメンもカレーもミニサイズでは無く普通のサイズな上、更にサラダも付いてお値段は680円也。この歳になると、ボリューム的にはちょっと多過ぎる気がするのだが、学生さんやガテン系のお兄さん達には結構お得なセットでは無いだろうか。何より誰もが大好きなラーメンとカレーが一度に味わえる事だし・・・。
 
ラーメン飛龍カレー定食のカレー
で、こちらが”カレー定食”のメインとも言える”カレーライス”で、単品では490円也。が、このカレーのルーはお店で手作りした様では無く、何と無く業務用のカレーを温めただけの様な雰囲気がする。そのせいもあってか、カレー自体も熱々では無いし、ご飯もそれほど温かくも無い。カレーもご飯も熱々だとそれだけで物凄く美味しい印象を与えるのだけどなあ・・・。それ以前に折角お店で食べるのだから、家庭風であってもエエので手作り感のあるカレーが食べたかったのだが・・・。
 
ラーメン飛龍カレー定食のラーメン
そしてこちらが”カレー定食”のセットの中華そば?あるいは飛龍ラーメン??メニューを見ただけではどちらかなのか判断が出来ない・・・。で、元々が中華料理屋さんなので、鶏ガラベースの透明感のある醤油スープのラーメンが出て来るのかな?と思っていたのだが、ご覧の通り、豚骨も使っている風の若干濁りのあるスープで、やや甘目な感じのスープは播州ラーメンに近い気もする。ただ何か今一つ、何かが物足りない。懐かしさを感じる風でも無いし、今風の豚骨醤油系とも違うし、ちょっとインパクトの無いお味だったかな・・・。
 
ラーメン飛龍カレー定食のラーメンの麺
ちなみに麺はヤワヤワな上にちょっと”だま”になっていた。私がお店に入った時、お座敷席に子連れのヤンママグループの先客が居たのと、私とほぼ同時に男性客が二人ほど入った事もあり、一度に数人分の注文が通ったせいもあって、ちょっと麺を解すのがおろそかになったのかも・・・。そう考えると、ちょっと温かさに欠けるカレーも調理を焦ったせいで、早目に湯煎から上げてしまったのかも・・・。あくまで私個人の想像ではあるが、そう考えると合点が行く様な・・・。
 
ラーメン飛龍カレー定食のサラダ
最後に・・・、どうでもエエけど”カレー定食”にはこの様な”サラダ”も付いていた。ま、内容的にも味的にも見たマンマの、それこそうどうでもエエ様な”サラダ”ではあったけど・・・。
 
てな事で、この日は”プリエごちそう館”見学がてらと、ラーメンと言う看板、それにそのお店が以前から気になっていた中華料理のお店って事や、カレーとラーメンのセットが680円と言う格安価格にも釣られて、このお店に入ってみたのだが、ま、大体イメージ通りの昔長柄の町中の中華料理屋さん?と言うような味だった。このお店が近くにあるのならいざ知らず、私が姫路まで折角行って、わざわざ食べに入るお店では無い事は確かだ・・・。てな事で2度目の訪問は無いと思うが、もしかすると”揖保の糸のバチヌードル”とやらに釣られて、もう一回ぐらい行ってしまうかも知れない・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.