義史のB型ワールド

2011年5月8日

荒井駅周辺でランチを食べる?シリーズ?まずは和食のお店から。

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 8:50 PM
 
代理人記録
 
山電荒井駅前には色々と楽しそうなお店が並んでいる。前々から気にはなっていたのだが、場所的な問題もあって今まではあまり行く事は無かった。が、少し前にT郎君と一杯飲みに行ったお店が料理の内容や雰囲気が良かった事もあり、その他のお店にもちょっと興味が沸いて来た。と言っても夜にお酒を飲みに行く・・・のでは無く、お手軽にランチを食べに行ってみる事にした
 
わふう菜館こんぺいとう概観
こちらがこの日、試しに行ってみた『わふう菜館こんぺいとう』で、山電荒井駅から出ている?北条街道を数十m程北へ行った処にある居酒屋さん風のお店だ。が、このお店は昼にランチを提供していて、噂ではお姉さま方に結構人気のあるランチで何時もそれなりにお客さんが入ってそうな感じで、このお店も以前からちょっと気になっていたお店なのだった。
 

わふう菜館こんぺいとうランチメニュー

そしてこちらが『わふう菜館こんぺいとう』のお店の前に置いてある”ランチメニュー”のボード。これには”日替り小鉢御膳850円”と書いてあり、その下に”お肉かお魚か選べます・・・”とは書いてあるものの、その内容は店内に入ってみないと判らない・・・。ま、肉系ならば豚でも鶏でも何でも食べれるので、肉料理が選べるだけで安心感はある。ちなみにランチメニューはこれだけかと思いきや、もう一品”かつめし”もあるのだが、どうやら”豚カツのかつめし”みたいだし、今回は初訪問って事で様子見も兼ねてお店の看板メニューとも言える”日替り小鉢御膳”を食べてみる事にした。
 
わふう菜館こんぺいとう日替わりランチ内容
で、店内に入って直ぐ目の前のカウンター席に鎮座すると、目の前にはこの様な”日替り小鉢御膳のメニュー内容の一例”を書いたメニューが置いてある。これを見てもこの日のメイン料理の内容は判らないので、注文を取りに来たお姉ちゃんに尋ねると、この日は鶏肉を焼いた?料理?との事。ま、鶏肉なんで特に問題無い!って事で、素直に”日替り小鉢御膳”を注文!!!
 
わふう菜館こんぺいとう日替わり小鉢御膳
暫くすると目の前に運ばれて来たのが、こちらの”日替わり小鉢御膳”で、メイン料理の他に色んな小鉢、それにご飯と味噌汁が付いて850円也。小鉢の内容はと言えば”出汁巻き卵”や”ポテトサラダ”、それに”高野豆腐の卵とじ”、”小松菜の胡麻和え”に”白和え”等の家庭的な料理が処狭しと御膳の中に並んでいる。見た目は中々爽快だが、味的には見た目通りの家庭的な素朴な味の物ばかり。で、品数が多い割にご飯が少な目だったので、途中でご飯が足りなくなって来たのだが、お替り自由なのかどうかは最初に説明が無かったし、食べてる途中にも特に声を掛けてくれる事も無かったので、お替り出来るのかどうか不安だったので、気の弱い?私は少ないご飯に合わせて、おかずを食べる事にしたのだった・・・。
 
わふう菜館こんぺいとう日替わり小鉢御膳のメイン
そしてこちらがこの日の肉料理のメインである鶏肉の料理。御膳が出て来る前は、一枚ものの大きな鶏肉を焼いた物かな?と思っていたのだが、小鉢等の品数が多い分、メインの鶏肉は小さ目にカットされた感じで、味付けは物凄く家庭的な甘辛味。こちらも家庭的な味で可も無く不可も無く・・・。とは言え、最近はこの手の家庭料理を食べる機会が減った事もあり、ま、普通に美味しかったかな・・・。
 
てな事で割と早食いな私なので”日替り小鉢御膳”を食べ終え席を立とうとすると、先客のお姉さんが先に席を立ちレジに向かうのか?と思いきや、カウンターの奥への方へと向かって行った・・・。ん?何でかいな?と思ってふと思い出したのが、表の看板に”コーヒーの無料サービス”と言う文字が書いてあった事を思い出した。が、しかし、店内に入ってからは一度も”コーヒー無料”の話も聞いて無いので、どう言うシステムか良く判らんかったのだが、どうやらセルフサービスの様だ。
 
わふう菜館こんぺいとう無料のコーヒー
てな事で、折角なのでセルフで入れて来たのがこちらの無料サービスのコーヒー。味的には至って普通・・・。それにしてもご飯のお替り自由の説明も無いし、無料サービスのコーヒーの説明も無いし、一見客には中々ハードルが高い?お店?と言うのか接客・・・。もうちょっと説明があってもエエよなあ・・・、と思いつつコーヒーを飲み終えレジで精算しようとすると、レジをしに出て来たお兄さんが”コーヒーのサービスが・・・”と言ってくれたのだが、言うのが遅いって・・・。
 
とは言え、このお兄さんは雰囲気も愛想も良かったから、まあ後味的には悪くは無かったかな。そんな事もあり、次回はこのお店の”かつめし”を食べに行ってみようと思うのであった!!!

邪道な気がしたが、気になったので虎と龍で醤油中華そば食べた!!!中々楽しいのだが、スープがちょっと甘い!!!

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 12:08 AM
 
代理人記録
 
2月末にオープンした『ロックシティ姫路』のレストラン街の中にあるラーメン屋さん『虎と龍』は姫路まで行かなくても、播磨町にもお店があるし、何より『虎と龍/ロックシティ姫路店』よりも『虎と龍/飾磨店』に行った方が定食等のメニューも安いしラーメン自体の味も美味しい様な気がする。そんな事もあり『虎と龍/ロックシティ姫路店』にわざわざ行く事はもう無いかな?と思っていたのだが、やはり気になるのが”他の虎と龍の店舗”には無い”醤油中華そば”のメニュー。しかも但し書きに”昔懐かしの播州醤油中華そば”と書いてあれば、やはり食べずには居られない!って事で、またまた姫路に行った際に食べに寄ってしまった・・・。
 
ラーメン飯店・虎と龍/ロックシティ姫路店ラーメン飯店・虎と龍/ロックシティ姫路店店内

こちらがまたまた行ってしまった『ラーメン飯店・虎と龍/ロックシティ姫路店』。訪問時間はランチタイムにはちょっと早目の時間帯って事もあり、未だそれほど多くの客は入って居なかった。
 
虎と龍醤油中華そばメニュー
そしてこちらがこの日の目的でもある”虎と龍の醤油中華そば”のメニューで、その中には”ふつう”と”こいくち”の2種類の中華そばがあり”こいくち”の方にだけ”昔懐かしの播州醤油中華そば”と書いてある。って事で、当然の如く?”こいくち”の方を食べる事に決めたのだが、”こいくち”と一口に言ってもお店に寄って”脂分が多目のこってり”の場合とか”単に醤油が濃い”場合とか色々あるので、一応、スタッフのお姉ちゃんに確認すると”ふつうのより、ちょっとこってりしてます”との事。ま、ここら辺は大体想像通り・・・かな?
 
虎と龍醤油中華そばこいくち
そうこうしていると、間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”醤油中華そばのこいくち”で、お値段は680円也。スープの表面には大量の背脂が浮いているが、スープの色は最近流行りのブラックほどでは無い物の、結構黒い色をしている。が、見た目と裏腹に、このスープがかなり甘い。巷の甘口の播州ラーメンよりも遥かに甘い気がする。甘いスープが結構好きな私が、ちょっと甘過ぎるんじゃあ無いの?と言うぐらいに甘かった。直ぐ近くの”京都の老舗中華そば新福菜館の中華そば”のスープと足して二で割ればエエ具合の辛さ加減になって、美味しいスープになるかも?と言う気もするが・・・。
 
虎と龍醤油中華そばこいくちの麺
そしてこの”醤油中華そば”の麺はこんな感じのストレートな細麺なのだが、以前このお店で食べた”とんこつラーメン”の麺とも微妙に違う様な気もするが、麺的には可も無く不可も無く・・・、みたいな感じだったかな。
 
虎と龍醤油中華そばこいくちのチャーシュー虎と龍醤油中華そばこいくちのチャーシュー

で、今回食べた”醤油中華そばのこいくち”のもう一つの特徴とも言えるのが、こちらのチャーシューで、ご覧の通りチャーシューと言うよりも脂身その物な感じ。滝野にある播州ラーメンの超有名店『大橋』で平日限定?の濃口や、あるいは別府にあるラーメン屋『まいど』で濃口を頼むと、こう言った脂身のチャーシューが入っている場合が多く、このお店も”播州ラーメン”と言う事で、そこら辺を意識したのかも知れない・・・。
 
虎と龍醤油中華そばこいくちのチャーシュー虎と龍醤油中華そばこいくちのチャーシュー

てな事で、別の角度、あるいは別の脂身チャーシューの写真もご覧あれ。個人的には”大とろ”大好き人間でもあるので、こう言った”脂身チャーシュー”は嫌いでは無いが、全部が全部、脂の塊で普通のチャーシューが一枚も入って無いのはちょっと寂しい・・・。出来る事ならば、普通のチャーシューと脂身を半分半分にしてくれるとか、あるいは注文時に選べる方が嬉しいのだけど・・・。ちなみに注文時に、”ふつうバージョンの中華そば”と”こってりバージョンの中華そば”の違いを尋ねた時には、チャーシューに関しては何の説明も無かったけどなあ・・・。
 
虎と龍醤油中華そばと餃子
てな感じでブログ用の写真を撮りつつ”醤油中華そば”をほおばっていると、ちょっと遅れて”焼餃子”が運ばれて来た。
 
虎と龍名物パリパリ餃子半額告知
話はお店に入る前へと戻るが、お店の前にはこの様なボードが置いてあって、この日は”がんばろう日本”の応援キャンペーンの一環で『虎と龍/ロックシティ姫路店』では”名物パリパリ餃子”とやらが通常価格280円の処、半額の140円で提供!!!と書いてあったので、普段は王将以外では、滅多にお金を払って餃子を食べる事が無い?私なのだが、半額に釣られて”焼餃子”を頼んでいたのであった。
 
虎と龍名物パリパリ餃子一人前
そしてこちらがその”名物パリパリ餃子”で、上で書いた様に通常価格280円が半額の140円也。1人前で7個入っていて何と無くお得な感じ。で、この餃子は全体的に肉厚の無い、ちょっと薄めな感じもしたが、焼立てジューシーで中々美味しい。ラーメン屋さんの餃子としては上位クラスに入るんでは無かろうか・・・。
 
虎と龍名物パリパリ餃子の食べ方虎と龍名物パリパリ餃子
で、このお店には通常の餃子のたれの他に味噌だれも普通に用意されていて、好きな様に食べる事が出来る。
 
虎と龍名物パリパリ餃子味噌ダレ
てな事で、味噌だれを直接、餃子に漬けて食べた様子がこちら。この味噌だれも普通に美味しい。この時は一人前140円だったし、中華そばが結構甘かった事もあり、どちらかと言うと印象が良かったのは、この”名物パリパリ餃子”の方だったかも知れない・・・。
 
と言う訳で、またまた”ロックシティ姫路”の中にオープンした新しいお店『ラーメン飯店・虎と龍/ロックシティ姫路店』に行って来たのだが、個人的には先に食べた”とんこつラーメン(あっさり)”や”特製虎龍チャンポン”よりも、この日食べた”醤油中華そばのこいくち”の方が美味しかった様な気がする。きっとメイン看板である”とんこつラーメン”を食べに行く事はもう無いと思うが、未食の”醤油中華そばのふつう”の方は食べてみたい気がする。後は・・・、ランチタイムにお得なセットメニューが出来る事を望むだけかな???

WordPress.com Blog.