義史のB型ワールド

2011年5月4日

直島で町家カフェみたいなお店でティータイム。後から知ったけど、結構由緒のある建物だったらしい・・・。

Filed under: 観光 — 代理人 @ 9:41 PM
 
代理人記録
 
まだまだ続くJA君に付いて行った直島”家プロジェクト”観光の続き・・・。”家プロジェクト”の各施設は全て徒歩で見て廻ったので、結構疲れて来た。それに加え、ランチを食べてからこの時まで、一切飲食をしなかったので喉もちょっと乾いて来た。って事で、何処ぞでティータイムにしよう!と話をしていたら、目の前に蔵を改造したかの様な町家カフェ風のお店が出て来たので、そこで茶をしばく事にした。
 
茶寮おおみやけ
こちらが今回、お茶を飲みに立ち寄った町家カフェ風のお店でその名も『茶寮おおみやけ』。この時は”家プロジェクト”に便乗して、古民家を利用したカフェかな?と思ったのだが、この場所は”文化庁登録有形文化財宿泊施設”で”三宅家第21代の兵右衛門が初代の庄屋に任命されて以来、明治初年まで倉敷代官に仕える村の役所”だった建物を”門番が寝起きする供部屋を備えた長屋門と主家の2件が文化庁登録文化財となり、立派な梁を活かしてカフェ&レストランに改装”した物らしい・・・。
 
茶寮おおみやけの庭
で、入口の門をくぐって中に入ると、この様な日本庭園があり正面奥にある母屋が宿になっているらしい。
 
茶寮おおみやけの店内
そしてこちらが蔵を利用したカフェ&レストラン棟の店内の様子。
 
茶寮おおみやけメニュー
そしてこちらが『茶寮おおみやけ』のメニューで、我々はカフェメニュー目的だったのだが、一応食事メニューもある。しかし食事メニューは”リ・アラソース”と呼ばれるカレーライス風の料理と”マスタードハンバーグライス”とか”ピザ”がある程度で、それほど多くのメニューがある訳では無い
 
茶寮おおみやけクリームあんみつ
そんな中、JA君はちょっと小腹が空いたと言って頼んだのが、こちらの”クリームあんみつ”で、お値段は700円也。
 
茶寮おおみやけマンゴージュース
そして私はと言えば、お昼に食べた”フライドポテト”でお腹が満ち満ちていたので、普通に”マンゴージュース”のみで、お茶菓子が付いてお値段は500円。ま、普通に”マンゴージュース”だった。
 
この後、しばしウダウダ喋りながら時を過ごしていたのだが、午後4時を廻った頃に客が入って来たと思ったら、もう閉店時間なので・・・、と断られていたのでそれを見て、我々もこの店を出たので、ゆっくりと日本庭園とか母屋を見学する間も無く、お店を後にしたのであった・・・・。そしてこの後、車に乗って再び直島のフェリー乗り場に向かうのであった。
広告

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.