義史のB型ワールド

2011年4月12日

あれま”こってりもんど”って今でも頼む事が出来たのね?って事で、メニューから消える前に食べて来た!!!

Filed under: もんど,ラーメン — 代理人 @ 11:00 PM
 
代理人記録
 
未だ、新メニューになる前の『もんど』のお話・・・。何せ記事更新がスローペースなもので・・・。
 
少し前に紹介した通り、メニュー一新で看板メニューの”もんどラーメン”が消える!って事で、食べれ無くなる前にもう一度食べて置こうと出掛けて行った『新在家ラーメンもんど』なのだが、その後に届いた案内メールの中に”こってりもんど”の文字を発見!!!”こってりもんど”と言えば8年前に『もんど』が誕生した頃に、メニューの中にあったラーメンの一つでは無いか・・・。私はその当時、月に1回ぐらい『もんど』に行っていたので、当然”こってりもんど”も食べたのだが、当時は写真も撮って無いので、どんなラーメンだったか、はっきりとした記憶が無い!!!
 
が、この”こってりもんど”は表メニュー?には載って無いが、今でも裏メニュー(時々登場する限定メニューでは無く、まさに本物の裏メニュー?)として頼む事が出来たらしい・・・。が、その”こってりもんど”も”もんどラーメン”が無くなると同時に、今後も裏メニューで復活する事無く封印?されると言う話・・・。って事で、これはやっぱり最後にもう一度?食べておかねば・・・、と言うわけで、またまた『もんど』に行って来た(ちなみにこの記事を紹介している時点で既に”もんどラーメン”の提供は終わっているのであ悪しからず・・・)。
 
新在家ラーメンもんど
今更わざわざ当ブログで紹介する事も無いが、こちらが”加古川で初めての本格Wスープ専門店!新在家ラーメンもんど”。で、この日は平日のランチタイムでしかも午後12時半頃だった事もあり、流石に行列は無い。でもお店入口に置いてある待ち客リストには何組かの名前が書いてあったので、もしかすると正午前後には多少の行列が出来ていたのかも知れないが・・・。
 
新在家ラーメンもんどもんどラーメンメニュー
そしてこちらがもう直ぐ消えて無くなる?このお店の看板メニューでもあった”もんどラーメン”のメニュー。で、今回訪問のお目当てである”こってりもんど”はメニュー表の中には載って無くて、まさに正真正銘の裏メニューでもある。とは言えネーミングから想像が着く様に、ベースは”もんどラーメン”で、その特徴である”濃厚こってりとあっさり魚介のWスープ”に更に背脂を加えた、こってり好きには堪らない???まさに”こってりしたもんどラーメン”なのである。
 
ちなみに”Wスープとは、豚骨鶏ガラだしの肉系とかつお・いりこなど魚系ダシの合わせだしのこと。  フォンの神髄を極めた料理人が、魚介特有の臭みを消し、後からじわっと効いてくるより深い味わいと香り豊かな新タイプスープをつくりあげました”とのお話。今でこそ、播州近辺にも”Wスープ”を謳うラーメン屋さんが増えて来たが、8年前に『もんど』が出来た時は、ある意味非常に珍しい?スープのラーメンなのであった。
 
新在家ラーメンもんどこってりもんど
てな事で、この日はここ数年の間では最短の待ち時間?とも言える約5分ほど待っただけで運ばれて来たのがこちらの”こってりもんど”で、お値段は680円也。私が”こってりもんど”を食べるのは『新在家ラーメンもんど』が誕生した当初、月に1度の割合で来ていた時以来なので、約8年ぶりだ。当時の”こってりもんど”が、どんなだったか全く持って記憶から消えてしまったので、何とも言えないが、素朴に思うのは”白菜なんて入っていたっけなあ?”って事。
 
で、その”こってりもんど”のスープのお味であるが、ベースは”もんどラーメン”と同じく”濃厚こってりとあっさり魚介のWスープ”なのだが、その上に背脂を加えたこってりスープで、背脂好きな私?って事もあり、中々旨い!!!以前の記事でも書いた様に、私が結構な回数『もんど』に来ている割に”もんどラーメン”をあまり食べて無かったのは、”もんどラーメン”のスープにちょっと物足りなさを感じていたから・・・。だが、この背脂が加わった”こってりもんど”は魚介風味と背脂の合わせ技?って感じがして、はっきり言って”もんどラーメン”よりこちらの”こってりもんど”の方が私好みの味かも。ま、基本的には背脂たっぷりな、こってり系が好き?って事なんだけど・・・。
 
新在家ラーメンもんどこってりもんどの麺
そして”こってりもんど”の麺も”もんどラーメンと同じ平打ち不均等麺”。お店の説明に寄ると”麺は国内産小麦使用で中太ストレートの卵麺で、モチモチとした歯ごたえ、独特のつるみと のどごし は、スープと相まって、類をみない味を演出します”との事なのだが、”もんどラーメン”がメニューから消えるって事は、この”平打ち不均等麺”も食べれ無くなってしまうのかな?ま、『もんど』と言えば、”限定ラーメン毎に色んな変わった麺”を出してくれるのが、楽しみの一つになっているので、この”平打ち不均等麺”もまた何時かきっと食べれる日もやって来る事だろう・・・。
 
新在家ラーメンもんどこってりもんどの白菜
ちなみにこちらが上でも紹介した”こってりもんど”の具の中に入っていた白菜。8年前にお店が誕生した頃に食べた”こってりもんど”の中に、この様な白菜が入っていたかどうかの記憶が定かでは無いのだが、最近は他のお店でも結構、白菜を具に使ったラーメンを出すお店が増えた事もあり、今となってはそれほど驚く事も無い。でも白菜入りのラーメンのスープってあっさり系が多いのだけど・・・、もしかすると背脂のこってりを和らげる為に入れてあるのかも知れない・・・。
 
てな感じで、”もんどラーメン”そして”こってりもんど”がメニューから消えて無くなる!って事で、これまた最期にもう一度!って事で、今回は”こってりもんど”を食べて来たのだが、やはり気になるのは、まさに今紹介したばかりの白菜が具に入っているあっさり系スープの”あっさり和風醤油麺”。こちらもメニューから消えるって事だし、私も3年程前に食べた切なので、最期にもう一度食べに来ようと思うのであった!!!
広告

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。