義史のB型ワールド

2011年3月13日

姫路に出来た焼きそば専門店・・・。”焼きそば”は個性的だが、お兄ちゃんに元気が無い?

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 11:11 PM
 
代理人記録
 
この日は今年の初め頃に食べに来たラーメン屋『博多一風堂/姫路店』で貰った”餃子が100円で食べれる券”を使いに、またまた姫路へやって来たのだが『博多一風堂/姫路店』へ行ってみると、流石に休日の夜って事もあってか、駐車場の空き待ちの車は無かった物のお店の前に行列が出来ている・・・。並んでまでして食べる事も無いや・・・、って事で素直に諦め久々に”とんかつのふなこし”にでも行ってみようか・・・、と言う事になりそのまま2国を東方面へと進めていたら、何やら明るい看板を発見!!!
 
そう言えば、確か前回『博多一風堂/姫路店』に来た時も、そこに真新しい看板を付けたお店があったなあ・・・、でも昨年の秋に来た頃にはこんな処にこんな店無かったしなあ・・・、って事で看板を観てみると”焼きそば専門のお店”との事。しかも”おでん”の提灯もぶら下がっているし、これも何かのご縁?って事で、この日はこのお店に入ってみる事にした。
 
焼きそば今里店舗
こちらが今回訪問した『焼きそば今里』で後から調べてみたら”大阪の有名店からのれん分け”したお店との事。場所は、私が育てた?今や姫路を代表するラーメン屋に成長した『ずんどう屋本店』から東へ50mほど?行った辺り。但し駐車場は2国東向き車線を挟んだ南側にあるので、ちょこっと辺りを一回りして駐車場に置いた後、信号を渡ってお店に行く事になる。
 
で、お店の前に来ても、何か店内に人の気配が感じられ無い。客が全く居ないのは未だ理解が出来るとして、お店の人の姿も見えない・・・。本当に入って良いの?てな感じで、お店の扉を開けると・・・、カウンターの中に座り込んでTVを見ていた、店主のお兄ちゃんがお出迎え・・・。でも何か、兄ちゃんちょっと無愛想な・・・。
 
てな事で、取り敢えず入って直ぐの角っ子になるカウンター席に鎮座。店内は昭和の香り漂うレトロな感じで、昔懐かしい映画のポスターや、ブリキの看板?等が飾ってある。とは言え、この手のレトロな雰囲気のお店と言えば『うまいもん横丁』を初めとして、最近はあちこちにあるので、然程珍しくは無くなってしまったかも・・・。
 
焼きそば今里セルフのおでんコーナー
で、カウンター席に座ったまま、後ろを振り返ると、そこには”おでん”のセルフコーナーがある。此処でも兄ちゃんから特に説明は無く、こちらから”自分で取ってエエのん?”と尋ねた後、自分で好きなネタをお皿に盛って、再びカウンター席へ戻る・・・。ま、”おでん”が置いてあるラーメン屋さんとか、うどん屋さんでは良くある光景とも言えるのだが・・・。
 
焼きそば今里セルフのおでん
そしてこちらが、この日、私が選んだ”おでん”のネタ3品で、割と何時もの如く?”玉子、大根、厚揚げ”の3品。お皿に盛った時に、何も考えず、お出汁もちょこっとかけたのだが、このお店の”おでん”は”姫路おでん”って事で、生姜醤油を漬けて食べる事を想定しているのか、物凄く薄味。かと言って、今更”生姜醤油”をかけても出汁が邪魔するし・・・、って事で、そのまま最後まで食べたのだった。私は大阪の生活が長かった事もあり、大阪風のお出汁で食べるおでんに慣れ親しんでしまった?事もあってか、生姜醤油で食べる”おでん”より、お出汁で食べる濃い目の味の”おでん”の方が良かったかも・・・。ちなみに、”玉子”を見て貰うと判る様に・・・、かなり長時間煮込まれた感満載。この点はどう判断するか・・・、ちょっと微妙な感じ?がする・・・。
 
焼きそば今里お品書き
で、こちらが『焼きそば今里』の”お品書き”。その下に一品メニューもあったが、基本的には”焼きそば専門店”で、その”焼きそば”もトッピングに”ニラと卵”があるぐらいでメニューの種類としてはちょっと少ないかも。で、同行者と相談して一人一人前ずつ頼むより”特大”を頼んで二人で食べる方がお得?と思い、そうしようか?と思ったら”特大”を頼もうとしたら、店主のお兄ちゃんが”それは出来ません・・・”との事。何かケチ臭いが、店主がダメって言うのだから仕方が無い・・・。って事でそれぞれ”焼きそばの並”を注文!!!
 
焼きそば今里焼きそばの召し上がり方
で、”焼きそば”はカウンター内で店主が焼くのだが、ポジションが目の前の席だったのと、ちょっとカウンターが高い?事もあり焼いている姿は良く見えなかったのだが、メニューの下に書いてある”焼きそばの召し上がり方”を読むと、最初はソースがかかっておらず、”だしをかけてカリッと焼き上げた麺に後から特製ソースをかけて食べる”との事。
 
エエーっ!!!、”焼きそば”って、焼いてる途中にソースを掛けると、それが鉄板の上でジューっと音を立て、芳ばしい香りとその音が食欲を誘う?食べ物じゃ無かったっけ???。とは、言え、これがこのお店の流儀なので今更何を言っても始まらない?みたいな・・・。
 
焼きそば今里焼きそば並
てな事で、暫くして焼き上がったのが、こちらの”焼きそば今里の焼きそば並盛”で、お値段は470円也。某新聞の記事に”麺は「うどん?」と思わせるような極太麺で、具は、牛肉とタマネギの2種類のみ”と書いてある通りの内容・・・。が、此処でも店主の兄ちゃんから、食べ方に関しての説明は一切無い・・・。我々はちゃんと説明書きを読んでいたからエエ様な物の?、気が着かない客ならそのまま食べてしまうで・・・。で、特製ソースも別途用意されているのかな?と思いきや、カウンター席に置いてある極々普通に見えるウスターソースを掛けて食べるとの事。
 
と言う訳で、早速、ウスターソースをかけると・・・、やっぱ”焼きそば”冷めてまうやんけえ!!!ソースをかけた時のジュワーっと言う音もしなければ、芳ばしい香りも無いし・・・。具にキャベツやモヤシが入って無いのは、ちょっと変わって楽しい食感ではあるが、何かボリューム感が無い様な気もする。唯一、私が気に行ったのは”うどんの様な極太麺”。小さい頃、近所にあった”二見製麺”の太麺で育った事もあってか、私は昔から”太麺の焼きそば”が大好きなのだ。最近では『鶴橋風月』や『長田本庄軒』等でも自家製太麺を使うお店が増えて来たのだが、このお店の”極太麺”はそれらと比べても、未だ一回りぐらい太い様な印象。ちょっと前に食べた”もんどのもんジロウ”か、あるいは”大盛軒の夜限定の極太麺”ぐらいの太さ?あるいはそれ以上だったかな?って事で、この麺だけは、旨かった!!!
 
てな事で、表の看板に釣られて思わず入ってしまった”焼きそば専門店”なのだけど”焼きそば”はこのお店のそれなりのスタイルがあるので、何とも言えないが、気になるのは店主の兄ちゃんの覇気の無さ・・・。客商売をやっているのだから、もうちょっと声を出して、”焼きそば、このソース使ってね”とか”おでんもセルフでお願いします”とかの一声が欲しいよねえ。全てに関して、こちから尋ねてからで無いと、何も言ってくれないんじゃあ客としても、ちょっと迷っちゃうのよねえ。”焼きそば”の味うんぬんの前に、まずは店主の兄ちゃん、何処かで営業研修受けるとか接客を学んで来た方がエエんとちゃうかなあ・・・

私に取っては超昔懐かしい?大阪の金龍ラーメンの各店舗をご紹介!!!長い間食べて無いけど・・・。

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 7:03 PM
 
代理人記録
 
個人的に超懐かしかった『ラーメン神座/道頓堀店』を紹介した序でに、もう一つ、これまた大阪では超有名なラーメン屋『金龍』をご紹介・・・、とは言っても、先ほど紹介した『神座』に”ラーメン一杯無料券”を使いに行った際に、その道の途中にあった『金龍ラーメン』の各店舗の写真を撮っただけで、実際には今回は”金龍ラーメン”は全く食べて無いので、店舗だけの紹介なので、悪しからず・・・。
 
金龍ラーメン御堂筋店
まず最初にご紹介するのは『金龍ラーメン』と言えば何を差し置いても、ゐの一番にご紹介すべきなのが、こちらの『御堂筋店』。今から遡る事、約30年近く前、私が社会人なり立ての頃、最初に出会った『金龍ラーメン』・・・、と言うよりか、当時は未だこの『御堂筋店』しか無かった頃のお話・・・。先日、20数年ぶりに再会した元同期入社の友人と、夜な夜な大阪ミナミに繰り出してお酒を飲みに行ってた頃から既に『金龍ラーメン』は超人気ラーメン店で、何時もお店の周辺には大勢の人だかりが出来ていた。細かい話をすると、当時は今ほど、大阪ミナミにラーメン屋さんが無かったので、ちょっとでも美味しいと評判のお店には客が集まる?と言う構図が出来ていた様な気もする・・・。
 
そんな事もあり、当時から大阪のラーメンマニアの間でも誰でも知っているラーメン屋さんで、新しいラーメン屋が出来た時”金龍ラーメンと、どっちが美味しい?”と必ず聞く位、大阪のラーメン屋の味の基準?とも言えるお店でもあった。
 
で、我々も世間一般の御多分に漏れず、毎夜毎夜、ミナミの繁華街に来ては『金龍ラーメン』を食べた後、寮に帰って行った物だった・・・。そんな事もあり、お酒を飲んだ後の午後11時前後?を中心として、このお店は24時間営業?だったはず?で、オールナイトで映画を観た、夜明けの時間帯にも食べに来た事があるし、営業マンにくっついて外へ出てた時のランチタイムにも食べに来たりと、当時では・・・、と言うか、我が人生の中で一つの店舗としては、一番数多く食べに行ったラーメン屋さんだと思う・・・。
 
ちなみに、我々が一番良く食べに行ってた頃?と言うのか、その当時は、この『御堂筋店』にも丸椅子があったのだが、その数年後、丸椅子は無くなり立ち食いスタイルになった。噂に寄ると、丸椅子が歩道上に出ていた為、継続して丸椅子を使う為には申請が必要だったのを、し忘れた?とか言う噂を耳にした事があったが、真偽の程は定かでは無い。が、この立ち食いスタイルになってから、それはそれでちょっと珍しい?って事で、逆に有名になった様な気がしないでも無い・・・。
 
何はともあれこの『御堂筋店』が無ければ今の『金龍ラーメン』は存在しない?と言っても過言では無い・・・。
 
金龍ラーメン道頓堀店
続いて紹介するのは、道頓堀の中ほどにある『金龍ラーメン/道頓堀店』で、先に紹介した『おいしいラーメン神座/道頓堀店』のある路地の入口にある。このお店の奥には、手前にある様な座敷&ミニテーブル型の客席があるのだが、このお店が誕生した頃は上の写真にある、手前の座敷&ミニテーブルの席は無く、手前側は立ち食いスタイルのお店になっていた。そんな事もあり、今でも、座敷?床机(しょうぎ)に腰を据えずに、カウンターの上にラーメン鉢を置いたまま、立ち食いするお客さんも多い・・・
 
金龍ラーメン本店ビル
そしてこちらが現在の『金龍ラーメン』の総本山とも言える、ビル全体が金龍ラーメン?の『金龍ラーメン本店ビル』。ただし、店舗があるのは、写真に写っている一階部分のみで二階より上は・・・、何があるのか良く知らない。で、一階の奥には、海の家の座敷みたいな畳を敷いた客席がある。とは言え、この本店ビルも私がこの地でブイブイいわしてた頃は、こんな大きな店舗では無くて、細長い、座席のあるカウンター席が10席ほどあるだけの店舗だった。その頃、既に『御堂筋店』は立ち食いスタイルになっていたので、女子を連れて食べに行く時は、座席のあるこちらのお店に来たのだった・・・。
 
この他『金龍ラーメンは”なんばグランド花月(NGK)”の横と、もう一店、以前、映画館”千日前国際劇場”のあった近くにもあったと思うのだが、今回は道頓堀周辺を散策しただけなので、未確認。次回、大阪ミナミに来た時は残りの『金龍ラーメン』の店舗の写真を撮り、久々に”金龍ラーメン”を食べてみようと思うのであった・・・。今は『神座(かむくら)』の方が有名になってしまったよ様な気がしないでも無いが、大阪のラーメンを語る上で絶対に欠かせ無い存在が、この『金龍ラーメン』なのであった!!!
 
 
——————————————————————–
2011年5月21日加筆
先日、大阪ミナミに行ったので、その足で金龍ラーメンの残りの2店舗の様子を見に行ってみた。
 
金龍ラーメン戎橋店
こちらは難波ビッグカメラの直ぐ近くにある『金龍ラーメン/戎橋店』。このお店も出来た当初は立ち食いスタイルのお店だったはずだが、今では他店同様の座敷席?がある。何か、私が知ってる頃とちょっと雰囲気も変わっている様な気もするが・・・。
 
金龍ラーメン難波千日前店
そしてこちらは『なんばグランド花月(NGK)』の直ぐそばにある『金龍ラーメン/難波千日前店』。このお店だけは私が未だ食べた事が無い?唯一の”金龍ラーメンの店舗”である。ま、この界隈まで来るとどうしても他のお店に行きたくなる?そんな場所とも言えるのだが・・・。ちなみにこの地では『金龍ラーメン』よりもお隣の”たこ焼きのお店わかな”の方が大人気で何時も行列が出来ている・・・。
——————————————————————– 
 
ここからは『金龍ラーメン』とは全然関係無い話だが・・・、『金龍ラーメン/道頓堀店』の直ぐ近く?と言うのか、先に紹介した『神座/千日前店』の真向かいに、”懐かしの黄そば”と言うお店を発見したのでご紹介!!!
 
道頓堀黄鬼
こちらがその『道頓堀黄鬼』と言うお店。店名の”黄鬼”と聞いて、勘の良い方は直ぐに頭に浮かぶと思うが、このお店の隣は、道頓堀で超有名な”たこ焼き屋の赤鬼”があり、この”黄鬼”も”赤鬼”が経営しているお店の様だ。そして看板メニューの”黄そば”とは、誰が見ても?聞いても?真っ先に浮かぶのが”姫路名物の駅そば”!!!ま、我が母校の高校の学食でも、あるいは家で作っていた天そばも、中華そばを使った、所謂”黄そば”だったので、大阪の高校の学食でも”黄そば”を出していたお店が多かった?のかも知れない・・・。
 
とは言え、当ブログで何度も”姫路名物の駅そば”を紹介して来た事もあり、一度はこの『道頓堀黄鬼』の”黄そば”ってのを食べてみたい気もするのだが、大阪に来た時はもっと他に食べたいお店が山の様にあるので、実際に”黄そば”を食べる日が何時になる事やら・・・、それまでこのお店、持つかな???

WordPress.com Blog.