義史のB型ワールド

2011年3月9日

今夜のTV番組で紹介されていた”煮干らーめん玉五郎”!!!、私が目を付けた店は流行る!の法則???

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 10:52 PM
 
代理人記録
 
今夜放送されていたTV番組『魔法のレストラン』の中で煮干しらーめん玉五郎』が紹介されていた。煮干しらーめん玉五郎』と言えば、2007年3月にまるまる一か月に渡って和歌山に出張する前に、その準備で大阪天満に行ってた頃に、天満の路地裏に出来た、当時は大阪でもちょっと珍しい”魚介と豚骨のWスープ”のラーメン屋で、私はその煮干しらーめん玉五郎』のラーメンを食べて以来”煮干しらーめん”を好むようになり、今でもあちこちで”煮干しらーめん”を頼んで食べる様になったのだった。(ただし、当時既に、大阪天満の近く天五に、魚介系スープを使って人気を集めていた『洛二神』と言うラーメン屋もあったのだけど・・・。)
 
煮干しらーめん玉五郎
こちらが2006年の秋頃に、大阪天満の路地裏にオープンした『煮干しらーめん玉五郎』の一号店。私が最初にこのお店に行ったのは2007年の2月になっての事だったが、メインの通りから入った裏の通りにあると言う事もあり、未だ行列が出来る事も無く(昼間の様子は良く知らないが)、一部のラーメンファンのみが知る、隠れた名店?だった。ちょうど、私がこのブログを始めたぐらいの時でもあり、軽く紹介しただけだし、その後、和歌山へ一か月行ったりして、暫くの間、天満にも行かなくなってしまったので、あまり『煮干しらーめん玉五郎』に行く事は無くなったのだが、私が目をつけた通り?今では、天満界隈だけでは無く、大阪でも有名なラーメン屋さんになったのだった。
 
煮干しらーめん
で、こちらがその『玉五郎』の”煮干しらーめん”で、名前の如く”煮干し、昆布の魚介系と、九州系のトンコツを併せたスープ”のラーメンだ。昨年の10月に大阪新歌舞伎座で行われた中島みゆきコンサートを観に行く前に、梅田の地下にある「煮干しらーめん玉五郎三代目」に寄って、久々に食べたのが『玉五郎』に行った一番直近の事。この『玉五郎三代目』も、一度行ったら、行列が出来ていたのでその時は入らずに違うお店に行ったのだが、大阪梅田でも人気のあるラーメン屋さんになっている。
 
煮干しらーめん七代目玉五郎北新地店
そして今夜のTVの中の話では、大阪キタの屈指の繁華街である北新地に『煮干しらーめん玉五郎七代目北新地店』が出来ると言うお話・・・。時々、紹介している『おいしいラーメン/どうとんぼり神座』、姫路の『ずんどう屋』、東加古川の『新在家ラーメンもんど』と並んで、私が目を付けたラーメン屋は、絶対に流行る?と言う自身が持てるお店の一つでもある・・・。ま、このラーメン屋さんは、2007年当時、誰にも紹介した事は無かったので、他の3店と比べると、ちょっと違うかも知れないが・・・。ちなみに、今、私が目を付けているお店は・・・、無い・・・

久々に”もんどの加古川ブラック”!!!やっぱ垂水ブラックとは次元が違う???

Filed under: もんど,ラーメン — 代理人 @ 8:15 PM
 
代理人記録
 
確か2月1日の映画の日に『もんど』から限定ラーメンで”黒極みとんこつ”をやる!と言う案内が届いたのだが、その日は時間の都合が合わずに行けず仕舞い。案内メールには”前回のもんジロウで使用した巻きバラ肉の【厚みチャーシュー】”って事で、ラーメン自体より、チャーシューを食べたかった?と言う思いはあったのだが・・・。ちなみにその時の案内メールに”もんジロウのテーマソングを作ってしまいました”と書いてあったのだが・・・。何か、最近、やりたい放題状態???みたいな・・・。
 
で、その週の週末の土曜日に、久々に”加古川ブラック”をやる!と言う案内メールが届いた。個人的には、長い間食べて無い”もんどラーメン”よりも、そちらの”加古川ブラック”の方が断然好きだし、何より”加古川ブラック”を食べるのは昨年の夏以来?って事で、この日はメールが届いた時から行く気満々!!!
 
新在家ラーメンもんど
こちらがこの日、私が到着した時の『新在家ラーメンもんど』の様子。何時ものことながら、どれだけの行列が出来ていて、どれだけの時間待たされるのか、行ってみないと判らないので、いっその事、早目の時間に行ってみよう・・・、って事でこの日は午後11時45分頃に行ってみたのだった。で、この時点での待ち客の列は20人程度だったのだが、この時間帯はお店の開店前から並んでいる客が一斉に席に着いて注文してラーメンを食べてから、初めて空席が出来る?と言う、いわば、最悪の時間帯なので、中々列が進まない。結局、お店の外で待つ事25分経ってから漸く入店する事が出来たのだが・・・、当然”加古川ブラック”を注文してからが、また長い・・・。
 
新在家ラーメンもんど加古川ブラック
で、結局、席に着いてラーメンを注文してから待つ事20分少々・・・、漸く運ばれて来たのがこちらの”加古川ブラック”で、お値段は800円也。マスターからの案内メールに寄ると”豚がら&鶏がらのブレンドスープに真っ黒な醤油ダレにて旨みとコクの黒スープ。麺は中加水の中太麺。トッピングは加古川牛のすじ肉と豚バラ肉の煮込み”との事。醤油のエエ香りが漂っております・・・。
 
新在家ラーメンもんど加古川ブラック
そしてこちらが”加古川ブラック”の麺とスープで、見た目は醤油辛そうな色をしているが、これが意外とさっぱりして、また、すじ肉を煮こんだ汁の甘味?もあって、これが中々旨い!!!麺も極太麺ほどの存在感は無いが、もちもちつるつるで麺も美味しい!!!やっぱ私は『もんどの限定ラーメン』の中では”加古川ブラック”が一番好きかも
 
新在家ラーメンもんど加古川ブラック
そしても一つ、ぜひ紹介して置きたいのがこちらの”トッピングの加古川牛のすじ肉と豚バラ肉の煮込み”。どちらも甘辛く煮込まれていて、ラーメンのトッピングとしてはもちろんの事、このお肉をおつまみに一杯やりたい気分。その他、濃い目のスープの味のアクセントになっているのか、モヤシもネギも美味しかった
 
新在家ラーメンもんど加古川ブラック
てな事で昨年の夏に食べて以来、久々の”加古川ブラック”を完食!!!この写真では未だチョロっとスープが残っているが、この写真を撮った後、最期の一滴まで全て飲み干したのだった。これが意外と痛風の要因?なのかも・・・。何れにしても、また”加古川ブラック”が限定ラーメンで登場したら、また食べに行ってしまいそうな気がする・・・。

WordPress.com Blog.