義史のB型ワールド

2011年3月5日

荒井周辺のお店に行ったらぜーんぶ、定休日!!!って事で、高砂文化会館でランチを食べたのだが・・・、最悪!!!

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 11:42 PM
 
代理人記録
 
この日は久々にチャリンコに乗ってランチを食べに出掛けた。向かうは先日、ランチを食べに行った『炭火焼肉みきや』。その時に食べた”とんかつ定食”が揚げ立て熱々って事もあってか、そこそこ美味しかったので、他のメニューも食べてみたくなって再訪問しに行ったのだった。
 
炭火焼肉みきや定休日
が、『炭火焼肉みきや』に着いてみると、何とお店が定休日!!!確かに、このお店の定休日が何曜日なんかって事は、一度も気にした事が無かった?し、確か前回来た時に観たメニューの中にも定休日の事は一切書かれて無かったので、休みの日があるとは夢にも思っていなかった・・・。
 
喫茶魔笛定休日
しかた無いので、『炭火焼肉みきや』の直ぐ近く・・・、と言うのか『喜両由』の裏手にある『喫茶/魔笛』に十数年ぶり?あるいは数十年ぶり?に行ってみようかな?と思って行ってみると、こちらも定休日。何じゃそりゃ・・・。目の前の『喜両由』は開いてしたし、ココへ来るまでに前を通った『焼きそばと定食のお店』も開いていたのだが、『喜両由』はちょっと前に来たばかりだし、『焼きそばと定食のお店』は以前、何度か来た時の印象がイマイチで、未だその時の呪縛から解き放されて無いので行きたく無い・・・。
 
モッキンバード定休日
って事で次に向かったのは『ハンバーグとステーキのお店モッキンバード』・・・、が、こちらも、またまた定休日!!!何か、数年前の、小野~滝野~西脇の播州ラーメン巡りで、訪問したお店がことごとく休んでいた時と似た様な状態になって来た・・・。それにしてもなあ、ご近所さんで一緒に遊びに行ってる訳じゃあ、あるまいに、何で、近くにあるお店と同じ日を定休日にするのかなあ・・・。他のお店が休んでいる時こそ、商売のチャンスだと思うのだけどなあ・・・。そんな事もあって『喜両由』とか『京風ラーメンめんくい亭』が大流行りしているのかな???
 
が、こうなって来ると、行くお店が無い。諦めてコンビニ弁当でも買って帰るか・・・、と思った時、ふとちょっと前に読んだ情報誌に、高砂市文化会館の2Fのレストランが昨年の秋頃にリニューアルして、メニューが新しくなって、何か自慢の料理も出来た?とか書いてあった事を思い出し、高砂市文化会館なら帰り道にも近いし・・・、って事で、そちらに行ってみる事にした。
 
高砂市文化会館
こちらが、この日の”高砂市文化会館”。この日は何の催し物も無い為か、駐車場はガラガラ。一回ぐらい、中島みゆきとか、長渕剛とか、”高砂市文化会館”に呼んでコンサートを開いて貰えないかなあ・・・。何か、折角近くにこう言ったホールがあるのに、利用する機会が全く無いのよね・・・。そう言えば、昔はこの駐車場で盆踊り大会をやってた時代もあったっけ?何か、懐かしい・・・。
 
高砂文化会館レストラン花車
それは兎も角として、目指すは”高砂市文化会館”の2Fにある『レストラン花車』。あまりにも久々過ぎて、以前がどんなだったか、全く持って記憶に残って無いのだが、情報に寄ると、昨年の秋か冬頃に、一応、お店が入れ替わっている?はず・・・。
 
高砂文化会館レストラン花車日替りランチメニュー
ちなみにこちらは『レストラン花車』の入口に置いてあった”本日の日替りランチ”の内容を書いたボードで、それを見るとこの日の日替りランチは”豚の焼肉風”との事・・・。”牛肉の焼肉風”とか、あるいは”豚の生姜焼き”なら良くある料理だが”豚の焼肉風”ってのはあまり耳にした事が無い。この時点では未だ情報誌に載っていた名物料理(確かビーフシチューだった様な・・・)の方に関心があったのだが、値段の都合で、日替りランチでもエエかな?ってな思いで入店!!!
 
高砂文化会館レストラン花車店内
こちらが”高砂市文化会館”2Fにある『レストラン花車』の店内の様子。もう何年前の事か、すっかり記憶から消えつつあるが、管理人さんや30番さん達と落語会を観に来た後に、お茶を飲みに入った事がある?か、無いか?そんな時に来て以来の訪問だ。で、この時、入口近くのテーブルに10~20人ぐらいの団体客が居たのだが、時間が既に午後12時45分頃だったので、もうとっくに食事が済んだグループだと思っていたら、何とそのグループは私よりちょっと前に入ったばかりのお客さんらしい。って事で、まずは、その人達の料理を作ってから、私の分を作る?って事でここからが長い・・・。料理を注文する前に気が付いていたら、直ぐにお店を出て行ったんだけどなあ・・・。
 
高砂文化会館レストラン花車メニュー
そしてこちらが『レストラン花車』のメニュー。ランチは日替りランチの他に、定番のハンバーグ定食とか、あるいは豚しょうが焼き定食等があったのだが、私が関心を持っていた”ビーフシチュー”はフードメニューの処にあって、お値段も1200円と中々高価。初めて訪問のお店で、しかも高砂市文化会館の2Fにあるレストラン・・・、って事で場所柄を考えると行き成り”ビーフシチュー”を頼むのはちょっと冒険過ぎる?って事で、素直に日替りランチを注文・・・。
 
で・・・・・・、ここからが後悔の時?を過ごす事になる・・・。この時は未だ私は気付いて無かったのだが、上で書いた様に、入口近辺に陣取っていた10人~20人の団体さん達も、未だ食事前で、しかも料理を注文したばかりの様子。てな事で、まずはその団体さんの料理が出来るまで私の分が来る訳が無い?。しかも私の直ぐ近くのオバタリアンのグループは、これまたKYで、食後のコーヒーを頼んだりする物だから、ますますホール担当のおばちゃんがパニッって来た。てか、これだけの大勢の客でホール担当がおばちゃん一人ってのは少な過ぎじゃあ無いの?と奥の厨房を覗くと、厨房も、おばちゃん二人でパニッくってる感じ・・・。嫌ぁ、この様子を見て、何度私は帰ろうかと思った事か・・・。てか、実際、帰った方が良かったのかも・・・。
 
てな事で、マダマダ書きたい事が山ほどあったのだが、気を取り直して・・・ひたすら待つ事に。そしていよいよ?料理を注文してから約25分そろそろ我慢の限界に使づいて来た頃に漸く私が頼んだ日替りランチが運ばれて来た。
 
高砂文化会館レストラン花車日替りランチ
こちらがその時の、『レストラン花車』のこの日の日替りランチで、メイン料理の他にご飯と味噌汁、それにお漬物が付いて650円也。パッと見た感じ、メイン料理の”豚の焼肉風”とやらは作り立てで湯気が立っているのだが、ご飯はと言うと冷め冷め状態。きっと先客の団体さんに用意した時と同じぐらいのタイミングでお茶碗にご飯をよそおい、そのまま長時間の間、ほっておかれたのでは?と勘繰りたくなる様な、何処かにレンジがあったら、チンしたくなる様な冷飯だった・・・。
 
高砂文化会館レストラン花車日替りランチ
そしてこちらがメイン料理の”豚の焼肉風”。焼肉風と言う事で、焼肉のタレを使って豚肉を炒めた様な物?と言うイメージを持っていたのだが、実際に食べてみると酢豚のタレっぽい味がする・・・、って事で何と無く、酢豚の出来そこないみたいな料理だ。まあ、風変わりな一品ではある物の、味自体は酢豚を食べてる?と思えば悪くは無い。が、このおかずを食べた後に、白いご飯に箸を付けると、冷めたご飯にまたまたがっかり・・・。幾らおかずが温かでもご飯が冷めてるとねえ・・・。何か味以前の問題だよねえ・・・。
 
高砂文化会館レストラン花車日替りランチの味噌汁
そしてこちらは”日替りランチ”に付いていた味噌汁だが、こちらも何と無くではあるが、やや煮詰まった感がある?あるいはちょっとドロっとした?少し粘り気のある、しかも濃い目の味の味噌汁だった。具の大根?とかが溶けた様な状態なのかな?どっちにしても、食べた感じはイマイチだった事だけは間違い無い・・・。
 
てな事で、長時間待たされたのは、入ったタイミングが悪かった・・・、と言う事もあり多少多目に見るとしても、冷めたご飯に、煮詰まった感のある味噌汁はどうもいただけない・・・。この日の日替りランチの味の印象に寄っては、雑誌で紹介されていた”ビーフシチュー”も後で食べに来ようかな?と思っていたのだが、この内容では到底そんな気が起きる事は無い・・・。と言うか、このお店、個人的には最初で最後の訪問かも・・・。そもそも、こんな場所にあるお店に味を期待する事自体が間違っているのかも知れないのだが・・・。

今年初めて観た映画は・・・『グリーン・ホーネット3D』!でもブルース・リーとは次元が違う???

Filed under: 趣味 — 代理人 @ 8:01 PM
 
代理人記録
 
私は結構、映画が好きなので普段であれば月に1回ぐらいは映画を観に出掛けるのだが、昨年末の11月~12月は何かと忙しく、年が明けてからも何やかんやで時間が取れず、結局、1月は映画を一本も観る事無く終わってしまった・・・。ま、最大の要因?は、今年のお正月映画にはイマイチ観たい映画が無かった?って事もあったのだが・・・。
 
そんな中、1月下旬から公開されたお正月映画第二弾の中に、昔懐かしいTVドラマ・・・、と言うよりもブルース・リーが映画『燃えよドラゴン』で大ブレークする前に出演していた事でも有名な『グリーン・ホーネット』のリメイク版があったので、ちょっと興味津々。当然、ブルース・リーは出て無いのだが、どんな風にリメイクされたのかと、これまた私の大好きな3D映画って事もあり、今年初めて観る映画はこの映画に決定!!!
 
が、しかし!!!私が良く利用しているワーナーマイカル加古川ではリメイク版『グリーン・ホーネット』は2D版の上映しか行っていない。確かに3D版は別途300円が必要だけど、私に取っては金額の問題では無い!飛び出る映像があるなら、そっちでみたい!!!って事で、また神戸大阪まで足を運ばないと3D版が観れないのか・・・、と調べたら『グリーン・ホーネット』の3D版は姫路でも上映しているとの事・・・。って事で、久々に姫路の映画館へ行って来たのであった・・・。
 
姫路シネパレス山陽座
こちらが今回グリーン・ホーネット in 3D』を観に行って来た『姫路シネパレス山陽座』。ここの映画館は姫路に比較的古くからある映画館だが、何度か改装を繰り返し、今ではご覧の通りの今時のシネマコンプレックス型の映画館になっている。私がここで映画を観るのは、ワーナーマイカル加古川が出来る前に『必殺三味線屋・勇次』を観に来た時以来の事・・・。ただ、前売り券に付いている”おまけグッズ”に釣られて、全国共通鑑賞券を買いに来た事が、何度かあるので、そう言った意味では割と馴染の映画館でもある・・・。
 
姫路シネパレス山陽座
そしてこちらがグリーン・ホーネット in 3D』が上映されていた『姫路シネパレス山陽座』のCinema-1のスクリーン。4スクリーンある中で、キャパが252席ある一応姫路シネパレス山陽座』の中では一番広いスクリーンだ。がしかし!!!、ご覧の様に、客席のど真ん中に通路がある・・・、って事で映画を観る・・・、特に3D映画を観る場合には重要なポジショニングとなるセンターに、席が無い!!!何処のどいつが、こういった席の配置を設計するのかねえ・・・。通路が真ん中に無いと行けないと言う理由は無いと思うのだけど・・・。それよりも、映画館的にセンターの席は必須だと思うのだけどねえ・・・。とは言え、通路に座って観る訳にも行かず・・・(ん?何か、子供の頃って映画館が満席だったら通路に座って観てた事があった様な記憶が・・・)、とりあえず真ん中に近い通路側の席に陣取る事に・・・。
 
姫路シネパレス山陽座ドルビー3Dデジタルシネマ
そしてこちらが劇場入口で手渡された3D映画観賞用のメガネ。私は8ビットパソコンの時代から3D映像と接して来た事もあり、結構、色んなタイプの3Dメガネを見て来たのだが、何と無くこのメガネは初めてだ。例えば『ワーナーマイカル』へ3D映画を観に行った時は、お馴染みの”RealD”(左右の映像を毎秒144回切り換え、それに同調した左右の円偏光フィルターをかけて上映する。フィルター眼鏡が安価で使い捨て可能だが、通常のホワイトスクリーンから偏光専用のシルバースクリーンに張り替える必要があり導入コストが大きい)方式の3Dメガネ出し、ワーナーマイカル加古川が3Dシステムを導入するより以前に、偶に大阪や神戸へ3D映画を観に行った時に出くわすのは”XpanD”(液晶シャッター方式。通常のホワイトスクリーンで上映可能なため導入コストが小さく、日本国内で最も普及が進んでいる方式だが、眼鏡が重く光量も不足しがち)方式だが、今回のはどちらとも違う・・・。上の写真では光の加減でレンズが緑系と赤紫系の色に見える・・・。まさか、昔長柄の赤青セルロイド系のメガネ?な訳は無いし・・・。
 
姫路シネパレス山陽座ドルビー3Dデジタルシネマ姫路シネパレス山陽座ドルビー3Dデジタルシネマ

と、メガネ横の文字を見ると”ドルビー3DデジタルシネマDolby 3D Digital Cinema)”と書かれている。どうやらこの劇場の3D上映システムは、音響効果でお馴染みのドルビー社が開発?した3Dシステム様だ。ちなみに『ドルビー・ジャパン』の説明に寄ると”着席位置に関わらず優れた3D効果を実現できるほか、優れたディティール描写や色再現、電池不要なパッシブ型の3Dメガネ、通常のマットスクリーンで利用できること、などが特徴”との事。ま、何処の3Dシステムの会社も自分の処が一番!!!と言いたい物なので、単純に鵜呑みには出来ないのだが、ドルビー曰くは3D映画を観るには一番、優れた方式!!!と言いたい様だ。唯一の欠点?は、3Dメガネが高価な為、お持ち帰りが出来ない?ので、上映終了後、回収して洗浄して使い回す?事ぐらいみたい。それと、割と後から出て来た3Dシステムなので、”RealD”とか”XpanD”に遅れを取り、採用されている映画館・劇場が少ないのが欠点?と言えば欠点の様だ。
 
色んな3Dメガネで映画を観て来た私としては”XpanD”方式の様なゴツゴツした、ゴーグル風の3Dメガネよりは軽くて良かったかな?ただ”RealD”方式だと、ワーナーマイカルへ良く行ってた事もあり、マイ3Dメガネが手元に2個もあるので、そっちの方がエエ様な・・・、そうでも無い様な。どちらにしてもワーナーマイカルは既に大金を掛けて”RealD”方式対応のスクリーンに張り替えたので、今更”ドルビー3Dデジタルシネマ”に変わることは無いと思うだ・・・。
 
 
グリーン・ホーネット3D
と、前置きが長くなったが、漸く映画『グリーン・ホーネット in 3D』のお話・・・。見所は?飛び出る映像?と言うよりも、その昔、ブルース・リーが演じたカトーがどんな風になっているか?と言う点?が、この映画、主役のおっさんを見ても、カトー役の役者を見ても、どちらも全然知らん顔。主役を演じている人は、アメリカでは人気のコメディアンらしいのだが、私には全然馴染が無い・・・。で、主演がコメディアン?って事で、この映画自体がコメディ映画風になっている・・・。何か昔の『グリーン・ホーネット』の雰囲気と全然違うぞお・・・。とは言え『グリーン・ホーネット』の印象と言えばブルース・リーぐらいしか無くて、はっきりとした記憶は無いのだが・・・。
 
そして、その私が一番注目したホーネットの相棒のカトーと言えば・・・、ブルース・リーの様な真の?あるいは生の?格闘映像では無く、所謂、マトリックス系のワイヤーアクション?と言うのか、ストップモーション風の空手で、何かブルース・リーと比べる以前の問題・・・てか、全く次元が異なるので、比較する事自体が無意味・・・。って事で、この件はこれで終わり・・・。
 
そうなると、3D映画と言う点以外はほとんど観るべき箇所が無いのだが、一応、馴染みのスターをして女優の”キャメロン・ディアス”と、一昨年だっけか、ブラピ主演映画”イングロリアス・バスターズ”で一躍有名になったおっさん”クロストフ・ヴォルツ”、それに冒頭にちょこっと”スパイダーマン”の友人であり敵のグリーン・ゴブリンを演じていた兄ちゃんが、出てた事もあり、主役の二人よりも、脇役の役者さんの印象と記憶だけが残った様な映画だった。様は・・・、大した映画じゃ無いって事?かな?
 
でもやっぱ『グリーン・ホーネット』の話をすると・・・、やっぱ、もうちょっとブルース・リーの話を語らずには居られ無い・・・。
 
51JQ7NJHX1L__SL500_AA300_51V3NT3MPNL__SL500_AA300_
まずは今でもレンタル屋さんとかショップで売られている昔のTVドラマからブルース・リーを中心に編集し直して劇場公開された劇場公開版の『グリーン・ホーネット』のDVDパッケージをご紹介。特に左側のパッケージに”燃えよドラゴン”の写真が使われている辺りなんて、詐欺に近い様な気がしないでも無いのだが・・・。
 
で、ブルース・リーの大出世作である”燃えよドラゴン”が全米で劇場公開され、大ヒットした時には、既にブルース・リーはお亡くなりに・・・。その頃、未だ日本では”燃えよドラゴン”は上映されておらず、アメリカで空手映画が大ヒットしている・・・、と言うニュースだけが入って来るのみ。そんな中、何処かのTV局が、学校から帰って来た夕方の時間帯に『グリーン・ホーネット』を再放送したのだが、私と『グリーン・ホーネット』との出会い・・・。我々が幼少の頃は、夕方に学校から帰って来ると、イの一番にTVで再放送されていた昔の番組をTVで観るのが常だったよなあ・・・。何かそんな生活が懐かしい???
 
それは兎も角、その中でグリーン・ホーネットの相棒のカトーを演じていたブルース・リーに目が釘付け!!!その頃から好きだったプロレスや、キックボクシングとは明らかに違う、華麗な動きとアクション!!!、こいつがブルース・リーかあ・・・、って事で、それ以来、ブルース・リーの虜となり、その年末に漸く日本でも劇場公開された”燃えよドラゴン”を勇んで観に行った物だった・・・。
 
ま、ブルース・リーに関しては当ブログでもちょっと珍しい”かわいい女”の話を初めとして色々書いて来たので、これぐらいにして・・・、このTVドラマ『グリーン・ホーネット』を良く見ていると、ドラマの中で偶然に写るTVの中にバットマンが映っている事が偶にあった・・・。バットマンとグリーン・ホーネットは、日本で言うとウルトラマンとウルトラセブンみたいな感じで、噂ではTV版のバットマンの幾つかのエピソードの中にグリーン・ホーネットとカトー(当然ブルース・リー)が出た事があるらしいのだが、流石の私?も、その映像は未だ観た事が無い・・・。
 
最後に『グリーン・ホーネット』と言えば、オープニングのテーマ曲も印象的。今回のリメイク版の映画では本編終了間際にちょこっとだけ流れただけだったが、数年前のタランティーノ監督の大ヒット映画『キル・ビル』の中では、その『グリーン・ホーネット』のテーマ曲が使われていて、何かちょこっと感慨深げになったものだった・・・。

WordPress.com Blog.