義史のB型ワールド

2011年3月4日

またまた”大盛軒”へ行って”元祖角ふじ麺”を食べて来た!もっと大盛りかと思ったけど、割と普通だった・・・。

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 11:25 PM
 
代理人記録
 
昨年の12月の初旬に、加古川サザンプラザ内の元『らーめん処・豚まる』跡地にオープンした『大盛軒/加古川店』であるが、新聞折り込みチラシに付いていた割引券をフルに活用した!って事もあり、ほぼ目ぼしいメニューは制覇したし、割引券セールも終わってしまったし・・・、って事で暫くの間、このお店に行く事は無いかな?と思っていたのだが『大盛軒』の夜限定のメニューであり、ちょっと前に『もんどで食べたもんジロウ』ラーメンの元祖?とも言える”角ふじ麺”を未だ食べて無い事を思い出し、またまた夜の時間帯に『大盛軒/加古川店』に行って来た。
 
大盛軒加古川店
こちらがまたまた行って来た『大盛軒/加古川店』。この日は夕方から映画を観に行った後だったので、お店訪問時間は午後8時40分頃・・・、って事もあってか、店内にはほとんど客が居ない。入店時には二組ほどの客が居たのだが、私と入れ違い?で出て行ってしまったので、結局客は私一人になってしまった。この場所に出来るラーメン屋さんが、長続きしないのは、やっぱ夜の時間帯に客が集まらないって事が最大の要因では無いのかなあ・・・。やっぱ、ラーメン屋さんは飲屋さんが近くに無いとね・・・。
 
大盛軒加古川店の店内
こちらがその時の店内の様子。客がほとんど居ない状態だったので、カウンター席では無く、窓際の2人掛けのテーブル席に座らせて貰う事が出来たのが、唯一、空いている時のメリット?だったかな?
 
大盛軒加古川店つけ麺極メニュー

で、席に着くと真っ先に目に飛び込んで来た?のが、こちらの”加古川大盛軒限定つけ麺『極』”と書かれたメニュー。それを読むと、一日十食限定の、しかも加古川店限定の特別の”つけ麺”らしい。しかも国産和牛を使った”つけ麺”?って事で、ちょっと興味は持ったのだが、個人的に”つけ麺と言えば魚介風味のつけダレ”が好きなので、メニューの中の説明に書いてある”旨辛ダレ”ってのが、ちょっと冒険?みたいな気がしたのと、何よりお値段が930円!(バッテンが付いているが、元は1300円?)って所がどうも高い気がして食べる気になれなかったのだった・・・。ちなみに次回の限定ラーメンは・・・海の幸のラーメン???って書いてあったっけ・・・。と言うより、限定ラーメンって・・・・・”もんどの真似?”をしているのかいな・・・。
 
大盛軒加古川店元祖角ふじ麺のメニュー
それは兎も角として、こちらがこの夜の私のお目当てであるメガ盛系ラーメン”元祖角ふじ麺”のメニュー。以前、昼に来た時に食べた”激旨肉そば”には”厳選熟成とろみ醤油”と書いてあったが、今回の”元祖角ふじ麺”は、それにニンニクが追加されている様で”厳選熟成とろみニンニク醤油”と書いてある。やっぱ昼間はニンニクを使う訳にはいかない?って事なのかな?
 
大盛軒加古川店元祖極太馬鹿豚麺メニュー
で、その”元祖角ふじ麺”の横には、これまた”元祖極太馬鹿豚麺”と書かれたメニューがあって、その右上には”特盛”と書いてある。多分であるが、この前”もんどで食べたもんジロウ”の並盛が”元祖角ふじ麺”で、”もんジロウスペシャル盛”が、こちらの”元祖極太馬鹿豚麺”と言う事になるのだろう・・・。でもメニューの中に”馬鹿豚”と書いてあるからもしかすると、チャーシューが多いだけ?なのかも知れないが・・・。
 
大盛軒加古川店元祖角ふじ麺
そんなこんなしていると間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”大盛軒の元祖角ふじ麺”で、お値段は割引券が無いので税込価格で680円也。先に食べた”特濃極太味噌ラーメン”は780円もしたので、ちょっと割高感があったが、これだけの野菜テンコ盛で680円なので、ある意味良心的な価格かも・・・。でもふと見ると、この”元祖角ふじ麺”には”味玉”が全然入って無い・・・。そうか・・・、”味玉無料券”は”元祖角ふじ麺”を食べる時に使う物だったのかぁ・・・?!割引券の使用期限の都合もあって、無理やり最初から味玉が入っている”特濃極太味噌ラーメン”や”特濃豚骨魚介ラーメン”を食べた時に、追加トッピングしたのだが、味玉無しのラーメンもあったのね・・・。そう言えば”激旨肉そば”にも”味玉”は入って無かったっけ・・・。野菜が一杯入ってるラーメンには”味玉”が入って無いって事なのかな?
 
大盛軒加古川店元祖角ふじ麺
で、”元祖角ふじ麺”を横から見るとこんな感じ。少し前に”もんどでもんジロウ”と言う大盛りラーメンを食べた事もあって、もっと大盛りで出て来るのかな?と思っていたのだが、何と無く以前食べた”激旨肉そば”と似た様なレベルの様な印象。”もやしの量”だけを見ると、もう既にお店は無くなってしまった”姫路にあったラーメン藤”の方が遥かに大盛りだった様にも思うし・・・。具のチャーシューも”もんどのもんジロウ”の極太厚のチャーシューに比べると、”スガキヤ”並のチャーシューが2枚だけど、見た目的にはちょっと寂しい感じだ。
 
大盛軒加古川店元祖角ふじ麺の肉味噌
そしてネギの下に”元祖角ふじ麺”の味のポイント?とも思える、この様なモロミ味噌状の物が沢山入っている。これを少しずつスープの溶かしてラーメンを食べてみても、特に大きく味が変化する事は無かった様な・・・。スープ自体も”激旨肉そば”の、まったりとした豚骨醤油風味に、ニンニクが加わった感じで、悪くは無いが、ちょっと前に食べた”もんどのもんジロウ”に比べてニンニクの味が控え目。でも個人的には嫌いな味では無いかも・・・。このお店の看板メニューの”特濃豚骨魚介ラーメン”に飽きた時には、こちらの”元祖角ふじ麺”を食べるのも良いかも・・・。
 
大盛軒加古川店元祖角ふじ麺の麺
ちなみに”元祖角ふじ麺”の麺は夜限定の極太麺で、どっしりとした、もちもち感たっぷりの極太麺は、結構、私のお気に入りだったりする。そう言えば、この”極太麺のつけ麺”を一度食べてみよう・・・、と思いつつ、すっかり忘れている様な・・・。この極太麺が昼間も食べれる様になるとありがたいのだけど、麺を湯掻くのに10分ほど掛かる・・・、って事で、やっぱ忙しいランチタイムに提供するのは難しいのかな?
 
てな事で、都会で最近流行っていると言う、メガ盛系のラーメンと言われる”元祖角ふじ麺”を食べてみたのだけど、思ったほどのメガ盛では無かった。店内のあちこちに貼ってあるポスターの”超山盛り野菜のラーメン”を食べるには、何を頼めば良いのだろうか・・・。
広告

日本上陸20周年!!!って事で”ツイン・ピークス”がまたもやWOWOWで放送される!!!滅茶懐かしいやん!!!

Filed under: 趣味 — 代理人 @ 10:14 PM
 
代理人記録
 
ここ数年、ジャック・バウワーでお馴染みの『24 – TWENTY FOUR -』とか、あるいは私の大好きな『LOST』等の海外ドラマTVが話題を集め人気になっているが、今から約20年程前、BS放送のWOWOWが誕生した頃に、WOWOWで放送された『ツイン・ピークス』は、今の『24』や『LOST』以上のカルト的人気を誇っていて、私もWOWOWの48時間一挙放送をビデオテープに録画して、連日連夜、数話ずつ見た物だった・・・。
 
WOWOWツイン・ピークス特集
 
そんな超人気ドラマだった『ツイン・ピークス』が日本上陸20周年を記念して?あるいはWOWOWが行った視聴者アンケートの結果からなのか、何と20年ぶり?に『ツイン・ピークス』が放送されるとの事!!!しかもハイビジョン放送だ!!!って、素材はSD画質でしか無いはずなのに、何でハイビジョン放送が出来るのだろう・・・。
 
それは兎も角としてドラマ『ツイン・ピークス』と言えば、デビット・リンチ監督の摩訶不思議な独特の世界観と、主演のカイル・マクラクランのこれまた珍妙なセリフや行動で視聴者を一気に惹きつけたのだが、ドラマ中盤から何か面白さが半減。結果、半分打ち切りみたいな感じでシリーズが終了してしまったのだった。ただ、謎が残ったまま?って事で、後に映画化もされたのだが、それがまた内容不明で、余計に『ツイン・ピークス』を不可解な物ししてしまった?様な感じもする。
 
それに加え、当時は未だ無名だったが、後に『X-ファイル』のモルダー役で一世を風靡したデビット・ドカブニーがちょこっと出てたり映画版の方にはちょっと前に紹介した様にジャック・バウワーことキーファー・サザーランドが出てたりと、今、見直してもドラマの内容の他にも見所一杯?って事で、何か久々に見てみたい気がする。でも放映予定では字幕版のみの様で、あの個性的なクーパー捜査官の喋りが聴けないかと思うと、ちょっと残念かも・・・。

WordPress.com Blog.