義史のB型ワールド

2011年2月28日

北陸福井越前蟹ツアー、越前がにミュージアムはこんなとこ。

Filed under: 旅行 — 代理人 @ 11:49 PM
 
代理人記録
 
越前海岸”を観光しつつ”越前岬水仙ランド”をすっとばして辿り着いたのが”越前がにミュージアム”。とは言え、ココで蟹が食べれる訳では無く”越前がになどの「カニ」をテーマとした全国でも希少な博物館”との事。しかも有料なのだが、これも”越前海岸”の観光の一つ?って事で入ってみる事にした。
 
越前がにミュージアム越前がにミュージアム

こちらがその”越前がにミュージアム”。公式サイトの説明に寄ると”越前がにの生態や近海の魚たちを探る、3層吹抜けの海底300mのジオラマや海中シアターなど楽しい施設がいっぱいのミュージアム”との事。パッと見た感じではそれほど大きな建物には見えなかったのだが、入場券を買って中へ入ると直ぐにエレベータに乗って3Fへ・・・、って3Fまであったのがちょっとびっくりだが・・・。そこから3層吹抜けのジオラマを観ながら、らせん階段を降りつつ、様々な展示物を見て廻る様なシステム
 
越前がにミュージアム生まれたばかりの蟹の子供
そんな中、一番興味を持ったのは”生まれたばかりの蟹の子供?”。流石に携帯電話のカメラでは綺麗に撮る事が出来なかったが、水中と言うのか、水面近くに何やらプランクトンみたいな物が、ごにょごにょと泳いでいある。良く言えば北海道の水族園で観た”クリオネ”みたいにも見えなくも無いが、カブトガニのメッチャ小さい形をした物?にも見える。”越前がにミュージアム”の説明に寄ると”ふ化した幼生は、四本のトゲや泳ぐ器官としての遊泳脚を備えた第一期ゾエアと呼ばれる段階で、体長は約一ミリ。水槽の上部をふわふわと浮遊している”との事。この”ふ化した幼生が水槽内を漂う姿”は、この季節しか見る事が出来ないそうなので、大雪の中?福井まで来た甲斐があった?のかも・・・。
 
越前がにミュージアム蟹の生態
ちなみに、館内に”学びのゾーン”ってのがあって、先ほど見た”ふ化したばかり幼生”が蟹に成長するまでの姿が標本となって紹介されていた。要約すると”幼生はこの後、稚ガニへの飼育設備に移動。第二期ゾエア、メガロッパと脱皮を繰り返し変態の後、約三カ月後にはカニ本来の形をした約五ミリの稚ガニに成長する”って事らしい。何か、ネーミングが東宝特撮映画に出て来る怪獣の名前の様だ!
 
越前がにミュージアム海遊歩道
そしてこちらは頭の上や横がそのまま海中?になった”海遊歩道”。海沿いの観光地に行くと、実際に海中の中まで降りて行く様な観光スポットが良くあるが、こちらは地上に作られた水族園っぽいが、頭の上を魚が泳いでいたりするので中々楽しい
 
越前がにミュージアム蟹のモニュメント
そしてその”海遊歩道”を抜けると真正面にこの様な”黄金の蟹のモニュメント”が置いてあった。これが本物の金の塊なのかどうかは、特に書いて無かった様な気がするので、きっと金箔を貼っただけ?なのかな?
 
越前がにミュージアム蟹のモニュメント
更に別の処には、この様なロボットみたいな”蟹のモニュメント”も置いてあった。何か意味不明だなあ・・・、と思ってあまり真剣に見なかったのだが、どうやらこれは”カニの目と同じ「複眼」を体験できる『かにの目のファンタジー』”?だったのかな?
 
越前がにミュージアムかにしばい
そして”越前がにミュージアム”の出口近くには、この様な、おやじギャグ満載?の”かにしばい”ってのもやっていた。時間の都合もあるので、”かにしばい”の写真を撮っただけで、直ぐに出口に向かってしまったけど・・・。
 
てな事で、この他にも3Dでは無かったが”海中シアター”何かを見て廻ってた事もあり、何やかんやで1時間ぐらい越前がにミュージアム”を見て廻っていたのであった・・・。
 
 
アクティブハウス越前
で、”越前がにミュージアム”の外へ出て来ると道を挟んで真向かいには”アクティブハウス越前”が、その横には越前温泉露天風呂”漁火”と言う施設があったのだが、内容的にも時間的にも寄ってる暇は無い・・・、って事でそちらの方へは向かわず、その隣でやっていた、大きなテント張りの方へ行ってみた。
 
アクティブハウス越前
こちらがその巨大なテントの中で、廻りには屋台みたいなお店が沢山あって、真ん中にあるテーブル席では大勢のお客さんが、それぞれ何かを食べているみたいな感じ・・・。それにしても、今まで走って来た”越前海岸”ではあまり人に会う事は無かったのだが、流石にココは観光スポット?って事でか、人が一杯だったのが、ちょっと意外だったけど・・・。
 
アクティブハウス越前
そしてこちらは”越前朝市”と呼ばれる朝市の様子。”越前町で水揚げされた新鮮な魚介類をはじめ、越前がにや甘えび、干物、へしこなどドドーンと販売”しているらしい・・・。
 
アクティブハウス越前で売っていた水蟹アクティブハウス越前で売っていた水蟹
そんな中、ちょっと目に留まったのがこちらの”水蟹”。値札に1000円とあったので、1匹1000円かと思いきや、一箱5匹で1000円との事。何でそんなに安いの?って聞くと”水蟹とは、脱皮してまだ間もなく、甲羅が柔らかく、身入りが若蟹に比べても低く、姿のままでは商品にならない”とか、何とかで安いらしい・・・。それなら海に還してあげたら?と思ってしまうのだけど、これはこれで売れるのかな?
 
そんなこんなしていると、時間は既に午後1時近くに・・・。私は昨夜の越前蟹三昧や、普段はあまり食べない朝食をたっぷり食べていたので、未だそんなにお腹は空いては無かったのだが、そろそろランチタイム?って事で、この後、武生のご当地B級グルメを食べに行くのだが、その話はまた後程・・・。
広告

北陸福井越前蟹ツアー二日目の朝、まずは冬の東尋坊!!!でも寒かったから直ぐに引き返して来た!

Filed under: 旅行 — 代理人 @ 8:47 PM
 
代理人記録
 
北陸福井越前蟹ツアー二日目は、特に計画も立てて無かったので取り敢えず元同期入社の友人夫婦に連れられての越前観光!!!まず最初に向かったのは、福井に来れば必ず立ち寄る?と言うか、そこしか頭に浮かばない?とも思える”東尋坊”へ行ってみる事に。
 
三国温泉二日目朝出発

午前9時40分過ぎ、昨夜泊まった三国温泉の旅館を出発!!!早朝って事もあってか除雪されて無い?あるいは交通量が少ない為に、未だ雪が解けていないのか、昨夜の間に降った雪が道路上に残っている。とは言え、翌日ニュースにもなった福井の大雪の気配はこの時点では未だ全く感じる事は出来ない・・・。少し前にも書いたが、海岸線側は温かい?から雪が少ないから?なのかな?
 
三国温泉東尋坊
そして昨夜、越前蟹三昧をした旅館を出発して走る事約5分、”東尋坊”の入口が見えて来た。が、ご覧の様に、道路上の積雪で、道路のセンターラインは全く見えないし、入口への道も車線が良く判らん状態。ま、他にあまり車が居なかったので、危険な状況に陥る事は無かったが、観光バスとか自家用車が増えて来ると、ちょっと危ないかも・・・。
 
三国温泉東尋坊
てな事で、とりあえず”東尋坊”の駐車場に車を停車。遠くには”東尋坊タワー”が見える。本来であれば、あそこまで歩いて行かないと駄目なのだが・・・、車の外へ出ると、雪は大した事は無いのだが、海側からの強風で兎に角滅茶寒い!!!とても”東尋坊”の先端まで歩いて何て行く気が起こらない!!!
 
三国温泉東尋坊
って事で、とりあえず駐車場の先っちょから”東尋坊”の雰囲気だけを味わう事に・・・。個人的には、学生時代”富士山見学ツアー”の帰り道に”東尋坊”に寄って以来(って何で富士山を観に行った後に東尋坊に来てるんや?と言う話は置いといて)、新入社員一年目に、まさに今回、20数年ぶりに会った元同期入社の友人が幹事をした社内旅行で来た事もあるし、彼らの結婚披露宴で福井に来た時も寄ったし、バイクツーリングでも来た事があるし、数年前の一族揃っての山代温泉ホテル百万石ツアーの際にも寄ったし・・・、数えて行くと、10回前後も”東尋坊”に来ているので、十分、この辺りは知り尽くしているのだけど・・・。ただ”冬の東尋坊”は初めてだったので、ちょっと関心はあったのだが、何せ寒かったから、敢え無く私の関心は消え去ったのだった・・・。
 
三国温泉東尋坊
ちなみにこちらは”東尋坊”の未だ先にある”雄島”方面を観た様子。”東尋坊”には10回前後も来た割に”雄島”には一度も渡った事が無い様な気が・・・。って事で、次回”東尋坊”に来る事があれば?ぜひ”雄島”に渡ってみよう?と思う?かな?
 
そんなこんなで”東尋坊”滞在は約5分?過去に”東尋坊”に来た中で超最短の滞在時間だ。ま、何度も来た事があるし、何度も書いているが、兎に角ここは超寒かったので、これで十分だったのだけど・・・。
 
三国温泉東尋坊出発
てな事で”東尋坊”を離れ、再び昨夜泊まった三国温泉の旅館の前を通って、今度は越前海岸方面へと向かう。上の風景は三国港近辺の、海辺?と言うのか、九頭竜川の河口付近。九頭竜川はバイクツーリグンで来た時等に何度かお目に掛かった事があるのだが、河口がこんな処にあるのは初めて知った・・・。
 
三国みくにみなと駅
そしてこちらは”三国みくにみなと駅”の様子。電車と駅だけを撮りたかった訳では無く、その背景にあったちょっと趣と風格が漂う昔長柄の日本家屋の建物を入れて撮りたかったのだが、ちょっと位置が悪くて結局、駅舎と電車だけの写真になってしまった・・・。ま、一応、そんな駅がありました・・・、って事で・・・。
 
三国温泉越前蟹の坊の蟹の看板
そしてこちらは、先ほどの”三国港駅”から数十mの処にあった、巨大な蟹の看板。蟹の看板と言えば関西人には大阪道頓堀にある”かに道楽”の看板がお馴染みなのだが、今回発見した蟹の看板は”越前蟹の坊”と言うお店の2Fの屋根にへばりついてる処が中々ユニーク。更に、この蟹にも”三国漁港で水揚げされた事を証明する黄色のタグ”が付いている処も凝っている???
 
この後、ちょっと怪しい?”三国昭和倉庫館”(我々は昭和世代な事もありちょっと興味があったのだが、入口が何か怪しげだったので、今回はパスした。左の文字をクリックすると公式サイトに飛べるので興味にる方は見てみて頂戴!)の前を通り”越前海岸”方面へと向かう・・・。
 
越前海岸鉾島
先ほどの巨大な蟹看板のあった処から車で約40分、まず最初にやって来たのは越前海岸にある”鉾島”と言う観光地。”柱状の岩が鉾を並べたように見えるので鉾島と呼ばれるようになった”との事。
 
越前海岸鉾島
こちらは確か・・・、”鉾島”から今は車で来た方向の海岸を観た様子・・・。ずーっと遠くに見える小さな島は”亀島”だったかな?
 
越前海岸鉾島

そしてこちらがメインの”鉾島”?遊歩道もあって”鉾島”まで歩いて行けるみたいだったのだが、当然?の如く、風が吹いていて物凄く寒い!!!って事で、今回も”東尋坊”同様に?この場所から写真を撮っただけで十分満足して車へと戻ったのだった。
 
越前海岸五木ひろし「越前有情」の歌碑

その次にやって来たのは先ほどの”鉾島”から約20分程走った処にある”呼鳥門”。その駐車場直ぐ横に、この様な五木ひろしの唄である「越前有情」の歌碑が建っている。何故、こんな処に五木ひろしの歌碑が?と調べてみると、”昭和56年福井県の一市民が作詞し、弦哲也氏が作曲”した唄と言う事で福井県繋がり?あるいは、ゆかりの地?って事で建てられたのかな?
 
越前海岸呼鳥門

そしてこちらは”呼鳥門”から今来た道沿いの海岸を観た様子。波は荒々しく見えるが、日も差しているし一部に青空も見える。まさか、この夕方から北陸方面が大雪になるとは、誰が予測出来たであろうか・・・。
 
越前海岸呼鳥門越前海岸呼鳥門

それは兎も角、メインの”呼鳥門”はこちら。案内の看板を要約?すると”風と波の侵食作用によってくり抜かれて出来た天然のトンネル”で”鳥が羽をひろげて舞い下りてくるのに似ているところから、当時の福井県知事羽根盛一氏によって、鳥(観光客)を呼ぶ門、「呼鳥門 こちょうもん」と名付けられた”との事。このトンネル部分は、今は進入禁止になっているが、直ぐ横のトンネルが完成した2002年以前は、この下を通行していた?って事なので、私も学生時代に富士山見物の後に来た時とか、大阪在住の頃にバイクツーリングで北陸へ来た時に、通過したはず・・・、だが記憶が無い・・・。とは言え、ココも凄く寒かったので、数分見学した後で、またまた車に戻ったのだった。
 
越前海岸波の華
そして”越前海岸”を走っていると、時々目にするのが”花びらが中を舞っているように見える波の華”。車で走っている時は中々写真に収める事が出来ない・・・、って事で、とある海岸で見つけたのがこちらの”波の華”の元?で海岸に打ち寄せる波が白い泡状になる現象”。この泡状の波が”強風により舞い上がり花びらが中を舞っているよう”に見えるのだった。流石にこの現象は、瀬戸内海側では見る事は出来ない?のかな?
 
てな感じで、越前海岸をドライブし、この途中に”水仙ランド”に寄る?と言いつつ、通り過ぎて、次の目的地である”越前がにミュージアム”に着いてしまうのだが、その話はまた後程・・・。

WordPress.com Blog.