義史のB型ワールド

2011年2月25日

三国温泉に無事到着!!!って事で、早速お宿チェック!!!

Filed under: 旅行 — 代理人 @ 11:29 PM
 
代理人記録
 
JR福井駅を出発して海岸方面へ走る事約50分、途中、交通渋滞に出くわす事無く、また大雪に見舞われる事も無く、割りとスムーズに、この日のお宿がある三国温泉に無事到着!!!
 
三国温泉なかもと
こちらが先ほども紹介した、この日のお宿”三国温泉なかもと”。お店の公式サイトの情報に寄ると”福井県福井県・三国海岸の三国サンビーチのまん前にある旅館なかもとです。冬は三国港で水揚げされた越前ガニ、春から秋は旬の獲れたての魚介類を味わって頂きます。”との事。今回、何故このお宿に来たのか?と言うと、このお宿のご主人が、元同期入社の友人と以前仕事で関わりがあったとの事で、以前から旅館をやっているので、泊りに来いと言われていたとか?言う話。ん?お宿のご主人が知り合いって事は???ちょっとサービスがあるかも?と言う様な話は置いといて・・・。
 
三国温泉なかもと
こちらが”旅館なかもと”の玄関。ここでも、我が同期入社の友人は旅館のご主人と久々の再会。流石に私との様に20数年ぶり?と言う事は無く数年ぶりの再会だったらしい。元同期入社の友人は、過去に何度かこの旅館に来ようとした事もあったらしいのだが、中々都合が合わず、彼も今回がこの宿は初訪問との事。ま、こう言う機会でも無い限り、中々ね・・・。
 
三国温泉なかもと
で、こちらは玄関から見て真正面の一番奥の、お風呂場の前辺りから玄関側を観た処。だから何?と聞かれると、特に意味は無いのだけど・・・。
 
三国温泉なかもと
そしてこちらは上の場所から階段を上がっ我々の泊まった部屋のある方向をみた様子。この奥の棟は後から増改築した部分って事で、上の写真の真正面の扉は、エレベーターなのだ。2F建ての旅館でエレベーター完備って事で、今時のご年配の方々がやって来られても、お年寄りに優しいバリアフリー仕様の旅館になっているのだった。
 
ちなみに元同期の友人の嫁・・・、と言うのか、私の仕事仲間でもあった友人の奥さんも、こう言ったお宿の写真とか、食べ物の写真を撮るのが好きな様で、私と同じ様に、旅館内のあちこちの様子を、私と違い?ちゃんとしたデジカメで写真に収めていた。撮った写真はiPadに入れて持ち歩いても居た・・・。何か私より、今時のデジタル人間?(何か上手い表現が浮かばん!)になっている・・・、みたいな。
 
三国温泉なかもと
そしてこちらが、元同期の友人夫婦が泊まったお部屋。外から見た感じが昔長柄の日本風の旅館に見えたので、全室和室かと思いきや、この様なベッドの入った部屋もあったらしい。で、先に書いた様に、我が友人がちょっと腰を悪くしている?って事で洋室っぽい感じの部屋?と言うか、ベッドの方がエエと言う事で、この部屋を用意して貰ったとの事。
 
三国温泉なかもと
ちなみにベッドはこんな感じ。ベッドの真ん中に転がっているのは・・・、私の荷物・・・。
 
三国温泉なかもと
そしてこちらは、この日、私が泊まったお部屋で、ご覧の通りの昔長柄の純和風のお部屋。とは言え、この夜は夜中まで・・・、と言うのか、丁度、サッカーの決勝戦のあった夜なので結局、先ほどの夫婦が泊まった部屋で深夜の午前2時半過ぎまで、うだうだと昔話に盛り上がりつつ、サッカーの試合を最後まで観ていたので、私がこの部屋で過ごしたのは、まさに寝ている時だけだったのだが・・・。
 
三国温泉なかもと
で、部屋で着替えをした後、まずは何をさて置いてもお風呂!!!って事で、先ほど写真を撮った場所の直ぐ後ろにあるお風呂場へと向かう。先程から何度も紹介している様に、この久々に会う彼とは同期入社で、かつ同じ寮に住んで居たので、寮の時もずっと風呂に入る時は一緒だったし、一か月ほど缶詰になった、新入社員研修の時も、ずっと同じ部屋で過ごし、当然風呂も一緒だった・・・。しかしその後、彼は結婚して寮を出て行ったので、彼とこうして一緒にお風呂に入るのは、寮以来?か、その後の会社の慰安旅行で白浜か淡路に行った時以来かも???とは言え、変な意味は無いので悪しからず・・・。
 
三国温泉なかもと男湯
そしてこちらがお風呂場の中の様子。お宿が割とこじんまりとした旅館って事で、一度に5~6人入ると一杯になってしまいそうなキャパの浴槽だ。その奥には露天風呂への扉も見える。ちなみに、昨年の夏に機種変更?と言うのかMNPしたauの携帯は防水仕様なので、今回は気兼ね無く?お風呂場の中まで持って入る事が出来たのだった。家に居る時でも何度かお風呂場から携帯で電話をした事があるので防水携帯は、それなりに便利かも・・・。
 
三国温泉なかもと露天風呂

そしてこちらが、お風呂場の奥にあった露天風呂。連日、雪が降り続いていたはずなので、もっと情緒のある雪景色たっぷりな風景を期待していたのだが、ご覧の通り、雪の量は少ない。で、お湯に浸かろうとしたら・・・、水が冷たい・・・、と言うか水風呂状態?だった・・・。寒さで冷えた?のでは無く、沸かし忘れた?ん?でも確かここは温泉だったはず?って事は、やっぱり温度が低くて水風呂になった?の?、な、訳無いか・・・。一応、後でお宿のご主人に話をして置いたのだが、翌朝に風呂に来た時も水風呂のままだった・・・
 
三国温泉なかもとiPad
で、お風呂から上がって来た後は、またまたご夫婦の部屋に集まって?と言うか、私がお邪魔して、さっき撮った写真はどうするの?と言う話になったので、奥さんが持参してiPadを使って当ブログをご紹介・・・。流石に越前海岸三国温泉でも、SOFTBANKの通信網はしっかりしていて、iPadでも当ブログはサクサク読める・・・。反対に、私が持参したモバイルパソコンはと言えば・・・、イー・モバイル自体の電波が受信出来ず・・・、ネットにすら繋がらない有り様・・・。イー・モバイル役に立たねえ!!!それにしても、奥さん、iPadも毎月繋ぎ放題だし、携帯電話も当然、パケ放題・・・。何かそれ以外にも契約してるとかで・・・、金持ち!!!ま、このご友人の実家は中々のもんで・・・、と言う話はまた何れ・・・、って事で、この後待ってる、越前蟹三昧へと話は続くのであった・・・。

無事に福井到着!!!そこからは同期入社の友人の車に乗って一路、三国温泉へ・・・。

Filed under: 旅行 — 代理人 @ 8:08 PM
 
代理人記録
 
JR福井駅のホームでサンダーバード23号を見送った後、早速、改札口へ。”福井に着いたで・・・”と友人の嫁の携帯に電話すると、間も無くして現れたのは、某会社同期入社の友人!!!実に20数年ぶり?の再会だ!が、これから三国温泉へ行く予定になっているので、感動的なご対面の挨拶もそこそこに、急いで車の方へと向かう・・・。
 
福井駅まで迎えに来てくれた同期の仲間夫婦
福井駅の西口で待っていたのは、私の同期入社の友人の奥さんで、この奥さんも同じ部署で仕事をしていた仲間の一人。彼女に会うのも、未だ彼ら夫婦が大阪に居た頃以来なので、これまた20数年ぶりの再会だ。当然?彼らの結婚式の披露宴では、ギター弾き語りで”乾杯!”を唄わせて貰ったのだった・・・、嫌ぁ・・・、懐かしい・・・。
 
で、ご覧の様に、二人共、長靴姿で雪の状況では私も長靴が必要になるかも?って事で、私の分も用意してくれてるらしい。が、後のニュースで、次の日辺りから北陸方面は超大雪になるのだが、私が福井に着いた時点では、雪も小康状態でそんな気配は全然無く、長靴を借りる事無く、車に乗り込んだ・・・。
 
福井駅前
そしていよいよ越前蟹を食べに三国温泉方面へ出発!!!ちなみに上の写真は出発直後のJR福井駅前の様子。確かに雪は積もっているものの、福井市内の中心部って事で、除雪もされていて、それほどのドカ雪でも無い感じ。この程度の雪は、信州にスキーに行ってた頃、あるいは北海道にスキーに行ってた頃に何度もお目に掛かった雪景色と似た様な物なので、然程、大雪?と言う実感は無かったのだが・・・。
 
福井駅前
そして、こちらは出発直後の街中の風景・・・で、上の建物は”福井地方裁判所”・・・、だったかな?。で、同期入社の友人は腰を痛めている・・・、って事で、奥さんの運転で一路、三国温泉方面へ・・・。車内では昔懐かしい思い出話で、プチ同窓会状態。てか、中学校や高校生の同窓会って、結局、学生時代のあまり深い繋がりの無い、軽い話題が多い?のだが、この友人とその奥様とは、約4年ぐらい?の短い期間ではあった物の、昼は仕事で、夜は大阪ミナミで随分とご一緒した時間が長いので、思い出話は山の様にある。ちなみに、私が今の様に、お酒が飲める様になったのも、彼との出会いがあってこそ?の事なのであった。それまでは、あまりお酒は飲まなかったからねえ・・・。
 
福井から三国温泉方面
で、福井市街地を抜け、越前海岸三国温泉方面へ向かう道はこんな感じ。流石に幹線道路なので、除雪はされているが、道路上は溶けた雪の水で、びしょびしょに濡れている。気温が下がれば凍結する事も考えられる。やっぱ、マイカーで来なくて良かった?と思える瞬間でもあった。
 
福井から三国温泉方面
てな感じで、JR福井駅を出て40分ちょっとで三国港に到着。ご覧の様に家々の屋根に雪は残っては居る物の、道路は完全に除雪してあるし、市街地よりも雪自体が少ない様な印象。友人曰く、海岸線の方が海からの風の影響?で、温かいから雪が積もる量も山間部に比べると少ない?とか、何かそんな話だった・・・。
 
三国温泉なかもと
そしてJR福井駅を出てから約50分、いよいよ三国温泉にある本日のお宿に到着!!!福井と言えば、芦原温泉、山代温泉(石川県?)、山中温泉(石川県?)と日本でも屈指の温泉街がずらっとあるので三国温泉ももっと派手な温泉地?かと思いきや、割りと落ち着いた感のある温泉地なのね・・・。山陰地方で言うと、10年ちょっと前、毎年冬に蟹を食べに行っていた夕日ヶ浦・木津温泉の雰囲気に近い?感じがした。
 
何はともあれ、この日は大雪に見舞われる事無く、予定通りの時間に三国温泉に到着!!!そしてこの後、越前蟹三昧が待っているのだが、その様子はまた後程・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.