義史のB型ワールド

2011年2月15日

折角、神戸ポートアイランドまで来てる・・・、って事で、前々から気になっていた神戸学院大学でランチ!!!

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 11:34 PM
 
代理人記録
 
昨年の12月頃、月の中頃には連日の様に行っていた、神戸ポートアイランドであったが年が明けてからはその作業も落ち着いて来た・・・。そんな事もあり年明けは週一で行くか行かないかぐらいの割合となった。そしてこの日は作業予定は無く、次の段階?のちょっとした打合せで昼からの訪問となった。って事は、何処かで食事をしてから現地へ行く?と言うパターン
 
ちょうどこの前の週も昼からの訪問だったので、途中、須磨で降りて”老舗の鶏料理のお店でジャンボもも焼定食”ってのを食べたのだが、この日は、前々から気になっていた、神戸ポートアイランドの中にある『神戸学院大学の学食』?に行ってみる事にした。
 
神戸学院大学ポートアイランドキャンパス
こちらが今回訪問?した『神戸学院大学/ポートアイランドキャンパス』。何故、この大学の学食に行こうかと思ったのかと言えば、実はこの大学のキャンパスの中には”神戸ポートピアホテルがプロデュースするレストラン”があるから。しかもそのレストランは一般客も大歓迎?と言う事で、以前から何度か神戸空港やIKEAへ来た時からずっと気になっていたのであった。だが、流石の私も勝手が判らん大学のキャンパス内って事で、この一か月の間にも何度もチャンスがありながら一度も来た事が無かったのだった。
 
で、この日は時間の調整をする必要もあったので、打合せ場所に近い処が良いかな?って事で、初めて”神戸学院大学の学食”に行こうと決めたのだった。
 
てな事で、恐る恐る?『神戸学院大学/ポートアイランドキャンパス』の駐車場へ車を入れようとすると、そこには警備員さんが立っていて、”何処に行かれますか?”と尋ねられるので”学食のレストランに・・・”と告げると、レストランのある場所とか駐車場の事等を丁寧に説明してくれた。ま、私の恰好がスーツ姿のビジネスマンだったので、怪しまれる事無く、駐車場に入れてくれたのかも知れないが・・・。ちなみに、もう卒業してしまったが、我が姪は一応、神戸学院大学生だったので、私は一応、父兄?と言う立場でもあったのだけど・・・???
 
神戸学院大学ポートアイランドキャンパス
で、キャンパスの入って直ぐの駐車場に車を停めてから、歩く事約10分、漸く見えて来たのが”神戸ポートピアホテルがプロデュースするレストラン”がある校舎。流石、広大な神戸ポートアイランド内にあると言う事で、結構、だだっ広いキャンパスなのね。我が母校なんて、門くぐったら即、校舎?みたいな物凄くセマッチイ大学だったもんなあ・・・。
 
ジョリポート入り口
そして多少迷いながらも、漸く辿り着いたのが、こちらの”神戸ポートピアホテルがプロデュース”する『レストラン・ジョリポー』。一応、この手前には何と無く普通っぽい感じの学食があったのだが、こちらはやっぱ微妙に高級感がある感じの入口だ。
 
ジョリポートランチメニューボード
で、こちらはレストラン・ジョリポーの入口に置いてあったランチのメニューボード。何か一杯メニューがありそう・・・、と言うのか基本的にはランチのセットがメインメニュー?の様な感じで、普通の学食みたいに様々な一品メニューがある?と言う風では無さそうな感じ。
 
ジョリポートランチメニュー-あったかおでんセット
そして”メニューボード”の他にもメニューが貼ってあって、それがこちらの”ポートピアホテル「おでん 京和田」あったかおでんセット”で、1日限定20食のランチ。だが、今回訪問した時間は既に午後1時を廻っていたので、当然の如く?売切れ!この”あったかおでんセット”は期間限定メニューだし、ポートピアホテルで食べるとちょっと高そうなので、出来ればこの機会に一度食べてみたかったのだが・・・。
 
で、表のメニューボードと睨めっこしていても、埒があかんので取り敢えず店内に入ってみる事に。流石に神戸ポートピアホテルがプロデュースするお店?と言う事で、一歩中へ入ると、ホールスタッフの方がやって来られて席まで案内してくれた。この辺りは学食はもとより、そんじょそこらのお店でも中々ありませんで。言わば、ホテル並みのサービスがお気軽に受けれるお店?って事かな?
 
ジョリポート店内
てな事で、席に着いてからあらためて店内を見た様子がこの写真。真ん中に物凄くデカイテーブルがあり、その周辺?と言うのかテラス側とか奥の方にテーブル席が配置されていて、全体的にはかなり広い。しかし昼休みに一度に学生さんが押し掛けて来たら、捌ききれるのかな?と言う様な気がしないでも無いが・・・。
 
ジョリポート窓際の席
そしてこちらが、この日私が案内されたテラス側の一番奥の方の席。怪しいおっさん?だから奥の席に追いやられた?のでは無く、たまたま入店時は、このテラス側?の席が全部埋まっていたから。上の写真はテーブル席の様子を撮ったのだが、正面に目をやると、ちょっと建物が邪魔ではあったが、一応、海を見る事が出来て、雰囲気はそれなり。外にもテーブルが置いてあるので温かくなったら、外でも食事が出来るのかも知れない・・・。
 
てな事で、席に着いてからじっくりとメニュー表を広げてみると・・・。
 
ジョリポートランチメニュー-しおさいランチ
まず目に付いたのが、多分このレストランのランチで一番高いランチだったと思う”しおさいランチ”で、お値段は1800円。幾ら”神戸ポートピアホテルがプロデュース”しているとは言え、初めての訪問で、一番高いランチを頼むのはちょっとチャレンジャー?って事で、今回はパス。
 
ジョリポートランチメニュー-シェフズランチ洋風
続いて目に留まったのは、雰囲気的にはこのレストランの一押しメニュー?と言うのか、教授や一般の方が一番良く食べるのでは無いかな?と思ったのが、こちらの”シェフズ ランチ”の<洋風>版で、お値段は1000円。お店入口のメニューを見た時は、私もこちらのメニューでエエかな?と一度は思った物だった・・・。
 
ジョリポートランチメニュー-ジョリポーランチ
そしてここからは学生さん向け?のお手軽価格のランチメニューで、その名もストレートな”ジョリポーランチ”で、お値段は600円。先に紹介した2種類のランチは1日の限定数が決められていたが、こちらにはその様な表記が無いので、他のランチが売り切れたら、こちらを食べよ!って事なんだろう・・・。ただ・・・、一応はお肉料理とお魚料理の2種類が用意されては居る物の、思いっ切りメニューに書いて貼ってあるので、日替りで内容が変わる?事は無さそうな感じ・・・。って事は何時来ても、内容は一緒?なのかな?そうなると、毎日、此処に来る学生さんはちょっと困るよね・・・。
 
ジョリポートランチメニュー-パスタランチ
他にも600円のランチが何種類かあって、その一つが定番の”パスタランチ”。内容を見ると、確かにAコースは普通にパスタ?と言うのかスパゲティになっているのだが、Bコースを見ると”カレーうどん”との事・・・。パスタランチと名が付いて中身が”カレーうどん”ってのも、ちょっと怪しげではあるが、”ホテル味のカレーうどん”?と想像すると、個人的にはちょっとだけ”カレーうどん”の方に興味が沸いたのだった。
 
ジョリポートランチメニュー-ライトミールセット
その他、も一つ600円の”ライトミールセット”と言うメニューもあったのだが、内容を見ると”ピザトースト”って事で、これはランチと言うよりも、モーニングとかアウターティータイム等に食べるメニューなのかも知れない・・・。
 
ジョリポートランチメニュー-シェフズランチ
そんな中、私がこの日、迷いに迷った末に選んだランチは、こちらの1日限定30食の”シェフズ、ランチ”の和風<松花堂>弁当。メニュー内容の”鶏の竜田揚げ”とか”出し巻き卵”にちょっと心が惹かれたのであった。で、オーダーを取りに来たネエチャンに”松花堂ランチ頂戴!”って言うと、如何にも私が肉好き、洋食好きの顔に見えたのか、やや訝しげな顔で”松花堂は和食になりますが、よろしいですか?”と尋ねて来た。そりゃそうでしょ・・・、”松花堂”が食べたいと思ったから注文してるのにね・・・。もしかするとこのレストランで”松花堂”を頼む客がほとんど居ないからだったりして???
 
ジョリポート松花堂ランチ
てな事で、思いの他、短時間の待ち時間で運ばれて来たのが、こちらの”松花堂”弁当で、赤出汁も付いてお値段は1000円也。如何にも”松花堂”!幕の内!!って感じで、重箱風の器の中に綺麗にまとまっている。料理の内容は違いがある物の、某喫茶店の日替りランチにも似て無くも無い?様な・・・。
 
ジョリポート松花堂ランチジョリポートランチメニュー-シェフズランチ松花堂
あらためて”松花堂”の重箱?を見るとこんな感じ。コンパクトにまとまってはいるが、品数的には結構な種類の料理が入っている様には見える。でも食べたかった”鶏の竜田揚げ”も”出し巻き卵”もちょっと小さいし・・・、これで1000円は微妙なお値段かな?
 
ジョリポート松花堂ランチ
そしてこちらがメインの料理の品々でランチのメニュー表と照らし合わせてみると”出し巻き卵・塩鮭・鶏の竜田揚げ・海老のチリソース・焼きカボチャ・鶏肉団子・小松菜ゴマ和え”の7品。が、しかし!!!、実際に口に入れてみると、ほとんどの料理が冷めている。想像ではあるが、1日限定30食って事で30食分を一気に作って置いてあった様な印象。てか、基本?松花堂弁当だし、そんなもんと言えばそんなもんなのかも・・・。でも最近、この手の和食をあまり食べて無いって事もあってか、それなりに美味しかった様にも思うし・・・、ちょっと微妙な印象であった。
 
ジョリポート松花堂ランチ
そしてこちらは”松花堂”の副食である煮物で、内容はと言えばこれまたメニュー表からなぞってみると”厚揚、小芋、ふき、キンピラゴボウ、竹の子”との事。如何にも和食!!!と言う品々だ。ただこちらの料理も作り置きした感じで、味も平均的な物だったかな。
 
ジョリポート松花堂ランチ
そしてもう一升にはサラダ系の物が収められており、メニューを読むと”春雨サラダ”と”キャベツ、トマト、ポテトサラダ”との事。何か全体的には和洋中折衷?な”松花堂”弁当であった。
 
ジョリポート松花堂ランチ
最後に、”松花堂”弁当には汁物で”赤だし”も付いていたが、こちらも極々平均的な味だった・・・。
 
てな感じで、味は期待した程では無い物の、何か大学のキャンバス内って事で、あちこちに若いパワーに満ち溢れた?ねえちゃん達が歩いているし、レストラン自体も小奇麗だし、接客も良いし、何よりお値段もお手軽なので、チャンスがあればぜひまた来てみたいと思うのでった。何より一回来たから、次回からは何の躊躇いも無く、これる気がするし・・・。今度は洋食系を食べてみよっと!!!

ブームは終わった・・・、と思いつつ、またまた札幌スープカレー!!!でもちょっと何か・・・。

Filed under: カレー — 代理人 @ 9:04 PM
 
代理人記録
 
この季節・・・、に限らず、年に何回か開催されている”山陽百貨店姫路店の北海道大物産展”。毎回、この物産展に出店しているラーメン屋さんで、この近辺では滅多に食べる事が出来ないラーメンを食べる事を楽しみの一つにしているのだが、今回出店していたラーメン屋さんは確か・・・、前回と同じ・・・、って事で何かイマイチ興味が沸かなかったのだが、その隣?を見ると”札幌名物のスープカレー”のお店が出店している・・・。
 
スープカレー”は10年ほど前に大ブームになったが、最近は下火で、以前”三宮で食べたスープカレー専門店”も既に無くなっていたりするのだが、この前、長渕剛のライブを観に大阪へ行った時に、偶々”スープカレー”を食べた事もあり、今回は札幌ラーメンでは無く、札幌名物のスープカレーを食べてみる事にした。
 
札幌南家本店骨付チキンとたっぷり野菜のスープカレー
こちらが山陽百貨店姫路店の北海道大物産展”に出店していた『札幌南家本店』と言うお店の特設茶屋。10年ほど前に”スープカレー”がブームになった時に、札幌にある幾つかの有名店の名前が挙がっていたが、札幌南家本店』と言うお店を聞いたのは初めての様な気がしないでも無い・・・。
 
札幌南家本店骨付チキンとたっぷり野菜のスープカレー
てな事で、席に着いて食券を渡して暫く待って居ると、間も無くして運ばれて来たのがこちらの『札幌南家本店』の”骨付チキンとたっぷり野菜のスープカレー”で、お値段は1155円也。おぼんが、子供の食事用?みたいな色をしているし・・・、何と無く見た目が美味しそうに見えない様な気?がする・・・。
 
札幌南家本店骨付チキンとたっぷり野菜のスープカレー
で、メインの”骨付チキンとたっぷり野菜のスープカレー”はこんな感じ。メニューの名前の通り、骨付きチキンが丸ごと一本、その他、定番のジャガイモを筆頭に、レンコンやピーマン、茄子、ブロッコリー等の野菜がたっぷり!肝心のカレーの味はややスパイシーな感じはあるものの、何かも一つインパクトが無い様な・・・。普段カレーには入って無い様な野菜との相性が、私の好みにマッチして無かったからかな?
 
札幌南家本店骨付チキンとたっぷり野菜のスープカレー
そして”スープカレー”に深くスプーンを入れてみると・・・、パッと見た感じ、それほど大きいとは思わなかった”骨付チキン”のお肉部分がゴロっと出て来た。”骨付きチキン入りのスープカレー”の定番の如く、スプーンで解せる物凄く柔らかいチキンで、”骨付きチキン”自体は結構、美味しかったかな。
 
てな事で、何時もならば札幌ラーメンを食べている山陽百貨店姫路店の北海道大物産展”で、今回は”札幌名物のスープカレー”を食べたのだが、やっぱ個人的には”スープカレー”は飽いて来たかな・・・。ま、ブームも去った?事だし”スープカレー”を食べるのはこれで最後にしようかな・・・。

WordPress.com Blog.