義史のB型ワールド

2011年2月12日

年末近くに行ったら駐車場すら停めれなくて食べれ無かった”讃岐うどんや”に久々に行って来た。

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 8:18 PM
 
代理人記録
 
昨年末、年賀状を出しに行った後、その足で加古川サザンプラザ内に出来たラーメン屋『大盛軒/加古川店』に行ったら年末前の日曜日と言う事もあってか、入店待ちの客で溢れて居たので即Uターン!!!その次に向かったのが加古川市役所近くにある、個人的には結構お気に入りのセルフうどんのお店讃岐めん・うどんや』に行ったら、こちらも同様に大賑わいで、お店前と横の駐車場は当然の如く、お店の裏側にある駐車場も満車!!!って事で、結局、その日は空いてそうな『インドカレーのスパイス王国』へ行ったのだが、それ以来『讃岐めん・うどんや』が食べたくて仕方が無い!って事で、今度は留守中に届いた郵便物を受け取りに出掛けた序に久々に『讃岐めん・うどんや』に行って来た。
 
讃岐うどんや
こちらが久々に行った『讃岐めん・うどんや』。お店訪問時間は午後12時40分頃と言う事もあって、お昼の賑わいがひと段落した後の様で店内は半分程度の席しか埋まって無かった。
 
讃岐うどんや入口のメニュー
お店の入口を入った処には、以前無かった?様な気がする、この様な写真入りのメニューが沢山貼ってあった。で、この日も未だ寒い日が続いている最中?って事で、当然”ぶっかけ”系は止めて、個人的にこのお店で一番良く食べている様な気がする”肉うどん”をこの日も注文!!!
 
讃岐うどんやカルビ巻き
肉うどん”は例に寄って出来上がった後に席まで運んでくれる・・・、って事で、そのままセルフコーナーを眺めながらレジの方へ向かっている途中、今まであまり目にした事が無い”カルビ巻き”ってのが目に留まった。”讃岐うどんのお店”にしては、ちょっと変わっている?様な気もしたが、これもまたブログネタ?って事で、この日はこの”カルビ巻き”もチョイス。
 
讃岐うどんや肉うどんとカルビ巻き
てな事で”カルビ巻き”だけを席に運んだまま、手を付けずにしばし待っていると漸く私が頼んだ”肉うどん”が運ばれて来た。今から思うと、”肉うどん”に”カルビ巻き”とは、図らずも肉肉尽くし?みたいになってしまった・・・。
 
讃岐うどんや肉うどん
そしてこちらが、久々に食べる?と言うか、私がこのお店に来る時は半分以上の割合で食べている”讃岐うどんやの肉うどん”で、麺は1玉なので、お値段は600円也。ネギは、これまた何時もの様に多めにしてもらったので、肝心のお肉の姿が全然見えない・・・。
 
讃岐うどんや肉うどん
ネギをちょこっと横にどけてみると”いろはの肉屋から仕入れた国産牛?”を使っているはず?のお肉が姿を現す。で、そのお肉の味だが、肉自体はとても柔らかくてエエ感じなんだけど、最近、家で良く食べている、加ト吉の冷凍肉うどん等の物凄く甘い肉の肉うどんに毒されている為か、物凄く甘さ控えめに感じる。てか、年末からずっと食べたいぞ!と思っていたので、ちょっと期待が高まり過ぎたんだろうか・・・。
 
讃岐うどんや肉うどん
お肉は兎も角として”うどんの麺とお出汁”は、何時もの『讃岐めん/うどんや』の味で普通に美味しい。加古川市役所近辺はちょっとした、うどん屋さんの激戦区になっているが、やっぱ個人的にはこのお店が一番好きかも・・・。我が一族の間ではセルフ形式のうどん屋さんが嫌いって事で、直ぐ近くにある『手打ちうどん琴平』の方が人気があるのだけど・・・。
 
讃岐うどんやカルビ巻き
そしてこちらが今回初めて食べた”カルビ巻き”で、2個セットで120円也。カルビの他、人参とホウレン草を巻いた巻き寿司で、何と無くアジアンチック?な味。特に旨い?って言う程では無いが、まあ、そこそこ美味しかったかな?
 
讃岐うどんや国内産小麦
最後に・・・、『讃岐めん・うどんや』の壁には”国内産小麦使用”のポスターが貼ってあった。ま、それだけの事だけど・・・。
 
ちなみに、この2、3日後に、明石のI君が加古川の実家に行った際に、このお店にうどんを食べに来たとか来ないとか・・・。そう言えば、10年ぐらい前に、このお店が誕生した時に、I君とも何度か食べに来たっけ?この前、I君と一緒に”阿弥陀にあるうどん屋さん”に行った際にも話題になったが、我々にはこのお店の讃岐うどんが一番、お口に合っている様な気がする・・・。
広告

”吉牛”と”すき家”で食べたので、味比べの意味も兼ねて”松屋”にも行ってみた。でも不味くなってるやん!!!

Filed under: — 代理人 @ 7:58 AM
 
代理人記録
 
正月明け早々、牛丼値下げ価格競争勃発!!!って事で、立て続けに”吉牛”と”すき家の牛丼”を食べに行ったのだが、流石に『松屋』は加古川・高砂近辺に無い事もあり、結局行かず仕舞い・・・。そのまま数日過ぎ去ったのだが、先日偶々姫路へ出掛けた際、ふと『松屋』の前を通った時に、そう言えばこの前の牛丼値下げ価格戦争?の時に”松屋の牛めし”だけ食べず仕舞いだったなあ・・・と言う事を思い出し、それほどお腹が空いた状態では無かったのだけど値段に釣られて入ってみた
 
松屋/姫路店
てな事で、こちらがこの日、立ち寄った『松屋/姫路店』。個人的には松屋』と言えば・・・、これまた10年ぐらい前、頻繁に大阪に行っていた頃に、ランチタイムで時々利用していたのだが、昔から”牛丼食べるなら吉牛!”って事で『松屋』に行ってもカレーとか定食系を食べる事が多く、”松屋の牛めし”ってそれこそ、随分昔に食べた事があるぐらいで、数年前の”松屋の牛めしのタレが生まれ変わった”と言う時に、食べた程度でしか無いのだった・・・。
 
松屋姫路店牛めしポスター
で、こちらは『松屋』の店内に貼ってある”松屋の牛めし”の値段のポスター。来週の2月14日から16日の間、またまた牛めし値引きキャンペーン”と題して”牛めし”一杯320円が240円との事だが、前々からちょっと気になっていたのだが、姫路にある松屋のお店の前を通ると”何時でも牛めし250円”と書かれた幟が立っている。近くにお店が無い?って事や『松屋』自体にそれほど関心が無かったので、知らなかったのだが、関西2府4県?の『松屋』では”牛めし”は昨年の6月頃?から常時、お値段が250円になっているらしい。てな事で、関西の『松屋』はある意味、牛丼価格戦争の蚊帳の外?みたいな感じ。てな事で、当然、この日も通常価格の250円で”牛めし”を食べる事になったのであった。
 
松屋の牛めし
てな事で、席に着いて食券を渡すと間も無く運ばれて来たのがこちらの”松屋の牛めし”で、お値段は『松屋』定番の無料の味噌汁が付いて250円也。ただ・・・、『松屋』へ行った事がある人は知っているが・・・、この無料の味噌汁は所謂、インスタントで10円で売っている様な内容・・・。って事で、あまり有難味は無い。しかもカレーライスを食べても、この味噌汁が付いて来るのよね・・・。カレーの時には味噌汁では無く、もうちょっとあっさりしたスープの方が嬉しいよねぇ・・・、みたいな。
 
松屋の牛めし
で、こちらがメインの”松屋の牛めし”。250円と言う値段の割にはご飯の量も牛肉の量もたっぷりで、時々、具の量が減ったんじゃ無いの?と言われる”吉牛”の様な印象は無い。確かに値段だけをみると、この量でこのお値段はお得感がある様な気がする・・・。
 
松屋の牛めし
が、しかし!!!偶々かも知れないが、この日のお肉には、何かすじ肉みたいな箇所が何ヵ所かあって、肉が固く、ところどころ歯で、ガチ?っと噛む様な感じの肉質。それに加え、確か以前、一度は美味しくなったと思っていた”牛丼のタレ”が、何か昔の不味い頃の味に戻っている様な印象。値段を下げた分、味も元に戻した?のかな?みたいな・・・。
 
てな事で、年初めの”吉牛”に続いて『すき家』と『松屋』で続けて牛丼を食べてみたが、やっぱり私は値段より味!って事で”吉牛”に軍配を上げるかなっと・・・。え?『なか卯』はどうかって???『なか卯』はもう、終わってる?でしょ。その昔は『なか卯/梅田地下センター街店』に良く通っていたんだけどねえ・・・。あの頃のあの店の味の『なか卯』はもう無い・・・、と言うか、今の『なか卯』は”昔長柄の牛丼”はメニューから消えているし・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.