義史のB型ワールド

2011年2月5日

長渕剛コンサートで大阪へ向かう途中、淡路に寄ってまたまた淡路牛丼食べて来た!!!

Filed under: ステーキ, — 代理人 @ 9:36 PM
 
代理人記録
 
この日は成人式を含む3連休の真ん中の日で、長渕剛大阪城ホールコンサート初日が行われる日。昨年なら東京在住の甥っ子も未だ帰省中だったのだが、今年は日程の関係から既に東京へ帰京。当初の予定では3連休なので前日に帰って来て、この日は一緒に大阪まで行く予定だったのだが、甥っ子の飲み会?の都合もあり、当日に東京から大阪へ来る事となった。
 
それならば、私も電車に乗って大阪へ行こうかな?と思ったのだが帰りの事を考えると車の方が何かと便利。甥っ子も車の方がエエと言う・・・。てな事で、この日は大阪城ホールまで車で行く事となった
 
が、しかし!折角、車で大阪まで行くのなら・・・、ちょうど土日の1000円デーって事もあり、途中、ちょっと遠回りして明石海峡大橋を渡って淡路島に寄って、既に何度か食べに行っている”淡路牛丼”を食べに行ってみようかな?と思い、昼前に大阪へと出発!!!
 
淡路ハイウェイオアシス
てな事で、今回私がやって来たのが、こちらの『淡路ハイウェイオアシス』で、ご存じ、神戸淡路鳴門自動車道の淡路SAに隣接した観光スポットだ。私は10年程前に、今の愛車を買った時に初めて出掛けた旅行で立ち寄って以来、その後も淡路や徳島に行く度に時々利用するお馴染みの場所でもある。この場所の最大の特徴は、明石方面から明石海峡大橋を渡り、この『淡路ハイウェイオアシス』を経由してUターンすると、片道の通行料のまま、淡路から明石へ戻って来る事が出来るのだ(当然、淡路では降りる事は出来ないのだが・・・)。
 
個人的な思いでは、この日は日曜日なので一応、高速道路代の上限が1000円で行ける日。なので、淡路島に渡っても、SAに立ち寄って直ぐにUターンしてくれば1000円で収まる・・・、と言う思いがあったのだが、よくよく考えてみると、第二神明道路は高速道路上限1000円の対象外だし、更に阪神高速神戸線、大阪環状線共に、上限1000円の対象外・・・。って事は、結局、淡路島往復代が1000円プラスされただけ?って事で、何か得だったのか損だったのか、微妙な気がする・・・。1000円プラスすれば明石近辺でも美味しい牛肉が食べれた様な気がするからだ・・・。
 
淡路ハイウェイオアシス『みけ家』
で、こちらが今回”淡路牛丼”を食べに来た、『淡路ハイウェイオアシス』の2Fにあるレストラン『みけ家』。この写真はお店前から一般客が消え去るのを待って撮った写真なので、お店の外に人影は写って無いのだが、実際は年明け早々の3連休って事もあってか、このお店も大賑わい。直前に寄った明石SAほどの人混みでは無かったが、このお店も常時、入店待ちの客がお店前に溢れていたのであった。てな事で、この写真を撮る為にお店の前の10分ぐらい居た様な・・・。そこまでして写真撮るか?っちゅう気がしないでも無いが・・・。
 
それはさて置き、私は気軽な一人客?って事もあり、取り敢えず直ぐに店内に案内され、何と無く隅っこっぽい感じの席に案内されたのだった・・・。
 
みけ家淡路牛ロースのステーキ丼
で、こちらが今回の私の最大の目的?であるレストラン『みけ家』の”淡路牛ロースのステーキ丼”のメニュー。数年前から淡路で行われている”淡路島牛丼プロジェクト”の一環に、このお店も参加していて、このお店オリジナルの”淡路島牛丼”が、こちらの”淡路牛ロースのステーキ丼”なのであった。
 
ただ、ドライブ客が気軽に寄れる淡路SAの中にあると言う事もあり、数年前に私が”淡路で食べた3950円の淡玉米牛丼とは違い、お手軽価格?の1580円の牛丼?と言うか、ステーキ丼だ。ま、1580円を安いと思うのか、高いと思うのかは、ちょっと微妙な気がしないでも無いが・・・。
 
みけ家淡路牛ロースのステーキ丼
ちなみに”淡路牛ロースのステーキ丼”のメニューに書かれている説明に寄ると”淡路米、淡路牛、淡路玉ねぎ”等を使用との事・・・。この辺りは以前食べた”3950円の淡玉米牛丼”とか”2000円のあわじ玉卵(たまらん)牛ステーキ丼”とコンセプトは同じ?と言う気はするが・・・。
 
みけ家淡路牛ロースのステーキ丼
てな事で、お店が大混雑している割に短時間の待ち時間で運ばれて来たのが、こちらの”淡路牛ロースのステーキ丼”で、本来の価格は1580円だが、上でも書いた様に明石海峡大橋を往復する自動車道利用料1000円をプラスすると2580円?と言う計算になる・・・。果たしてそれだけの価値があるのかどうか・・・、って食べる前からそこまでの価格の価値は無い様な気がしてくるのだけど・・・。
 
みけ家淡路牛ロースのステーキ丼
で、こちらがメインの”淡路牛ロースのステーキ丼”。レストラン『みけ家』の説明に寄ると”肉汁じゅわ~「淡路牛ロース」日本一甘い!「淡路玉ねぎ」。ふっくら炊きたて「淡路米」。決め手は特製オニオンペッパーソース。職人が全ての食材を厳選したこだわりの一杯。”との事。ま、宣伝文句なので、単純にその言葉を鵜呑みにする事は出来ないが、一応、この謳い文句を読むと期待感が膨らんで来るみたいな・・・。
 
みけ家淡路牛ロースのステーキ丼
そしてこのステーキ丼のメインである”淡路牛ロースのステーキ”はこんな感じ。ご覧の様にステーキの上にたっぷりと”オニオンソース”が掛かっていて、お肉本来の旨味を味わうと言うよりか、どちらかと言うと”オニオンソース”で食べるステーキ?みたいな印象・・・。この辺りは、以前食べた”3950円の淡玉米牛丼”とか”2000円のあわじ玉卵(たまらん)牛ステーキ丼”の方が、下手にソースが掛かって無くて、お肉の味を楽しむにはシンプルで良かった様な気がする・・・。
 
みけ家淡路牛ロースのステーキ丼
で、その”淡路牛ロースのステーキ”のお肉はこんな感じ。お肉の中の方までかなり火は通っているが、お肉自体は結構柔らかい。が、肉の旨味的にはやっぱ値段也?と言うのか、お店也?の様な気が・・・。
 
みけ家淡路牛ロースのステーキ丼
折角なので。もう一枚”淡路牛ロースのステーキ丼”のお肉の様子をご覧あれ。やっぱお肉の味を楽しむと言うよりは”オニオンソース”を絡めて食べると言う感じのステーキだったかな?お店が大混雑じゃ無ければ、もうちょっとお肉がレアで、ソースも控え目のステーキ丼が食べれた?のだろうか・・・???
 
みけ家淡路牛ロースのステーキ丼
そしてこちらは”ステーキ丼”に添えられていた”淡路玉ねぎ”のスライスサラダ。こちらにも特製のドレッシングの様な物がかかっていたが、この”淡路玉ねぎ”は結構旨かった!玉ねぎの味だけは”3950円の淡玉米牛丼”で使われていた玉ねぎより美味しかった様な気がする。てか、今回食べた”淡路牛ロースのステーキ丼”は”淡路牛”よりも”淡路玉ねぎ”の方が強く印象に残ったのであった。
 
みけ家淡路牛ロースのステーキ丼
最後に・・・、どうでもエエが、”淡路牛ロースのステーキ丼”には一応”味噌汁”と”お漬物”が付いていたが、味的には極々普通の味であった・・・。
 
てな事で、長渕剛コンサートを観に大阪へ行く途中、明石海峡大橋を渡り『淡路ハイウェイオアシス』に寄って”淡路牛ロースのステーキ丼”を食べて来たのだが、やっぱこの手の”淡路牛丼”はそれなりのお店で食べないと美味しい物に出会えない様な気がする。淡路SAでUターンしたので明石海峡大橋代的には1000円で済んだ事には違い無いのだけど、牛丼一杯の為にそこまでする価値は無かったかな?やっぱ、淡路に渡った日は”林屋のお鮨”を食べないと満足出来ないのかも・・・。
広告

広島からの帰りに岡山で食べた”ぶたかば重”がコンビニ弁当に登場!!!値段が一緒?なのが凄い!

Filed under: — 代理人 @ 2:40 PM
 
代理人記録
 
たまたまコンビニに寄ったら、お弁当売場の上に、何か最近何処かで見た事ある様な文字?が目に入った・・・。
 
セブンイレブンぶたかば重
それは何だろう?と良く良く見ると・・・、昨年の11月の中旬頃に、中島みゆきコンサートを観に広島まで行った時、その帰りに岡山に寄って食べて来た”かばくろのぶたかば重”のポップでは無いか。どうやらコンビニのセブンイレブンで『かばくろ総本店監修ぶたかば重』なる物が発売された様だ・・・。
 
セブンイレブンぶたかば重
こちらがその『かばくろ総本店監修ぶたかば重』の商品説明。値段が498円・・・、って確か岡山の実店舗で食べた時は、お吸い物とお漬物が付いて500円だったよなあ・・・。しかも当然出来立て熱々だったのだが・・・。それに対して、コンビニの冷めた弁当の癖に498円もするとは・・・、ちょっとぼったくり?な気がしないでも無かったのだが、ま、本物と比べてみる必要がある?って事で、とりあえず買ってみた。
 
 
セブンイレブンぶたかば重
こちらが実際に買って帰ったセブンイレブンで売っていた『かばくろ総本店監修ぶたかば重』。陳列している商品を品定めしていると、微妙に豚肉に違いがあったので、パッと見て、岡山の実店舗で食べた”豚蒲重”に一番近そうな?商品を選んだのだが・・・。
 
セブンイレブンぶたかば重
で、家でチンしてパッケージを開けたのが、こちらのセブンイレブンで売っていた”ぶたかば重”。実店舗で食べた本物の”豚蒲重”と比べると、見た目はやっぱ何か微妙に違う様な・・・。でも鰻の蒲焼風の甘目のタレと豚肉やご飯との相性は良く、そこそこ美味しい・・・。商品の冠に『かばくろ総本店』と言う謳い文句?を無くして、普通に”ぶたかば重”として売った方が印象はエエ様な気がするのだが・・・。
 
それにしても、岡山の新しいB級グルメ?とも言える”ぶたかば重”なのだが、コンビニ弁当にも登場した?って事は、今後、徐々に世間に広まって行くのかな?みなさんも機会があればぜひ一度、お試しあれ・・・。

WordPress.com Blog.