義史のB型ワールド

2011年2月3日

昨年の祭りシーズンの頃にオープンした”博多一風堂姫路店”に漸く行ってみた。店内狭苦しい!!!

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 9:49 PM
 
代理人記録
 
近年のラーメンブームの立役者の中に”博多一風堂の社長である河原成美”と言うおっさんが居る。博多ラーメンのお店としては、地元福岡では比較的、後から出来たお店なのだが、関東出店等で話題となり、それ以来?TVや雑誌等に度々登場する人でもある。後に、インスタントラーメンの雄である日清食品のインスタントラーメン発明記念館近くに『麺翁百福亭』を開業プロデュースした、おっさんでもある。
 
私も当然の如く?その池田にある『麺翁百福亭』にラーメンを食べに行った事があるのだが、それ以前・・・、今から約10年ほど前に『博多一風堂』が初めて関西に進出して来た時にも、未だ高校生だった上の甥っ子を連れて大阪長堀まで食べに行ったのだった。既に当時から『博多一風堂』のラーメンと言えば全国的に有名になっていたのだが、如何せん、当時は未だ、福岡とか東京と言う限られた地域にしか『博多一風堂』のお店は無く、私も未だ食べた事が無かったのだった。
 
が、その後は徐々に大阪界隈にも店舗を拡大し、梅田や難波、それに堀江等、大阪の各所にお店を出し、数年前には神戸元町にも進出して来て、私がコンサートを見に行ったりして三宮に行った時等に時々利用しているのだった。
 
そんな全国的に超有名なラーメンチェーン店『一風堂が遂に昨年の10月に遂に姫路に進出!!!って事で、大阪一号店、あるいは梅田店、神戸元町店等、関西に新しく『一風堂』のお店が出来る度に、一度は食べに行っている馴染のラーメン屋さん!って事で、姫路へ祭り見物へ出掛けた帰りに『博多一風堂/姫路店』に行ってみたのだが、流石にオープンした直後って事で、お店前は大行列、しかも駐車場待ちの車までもが列を成していたので、素直に諦めて帰って来たのだった・・・。
 
それから約3ヶ月・・・、年も明けたこの日、時々夕飯を食べに出掛ける幼馴染がラーメンが食べたいと言うので、それならば!って事で、この夜は遥々と『博多一風堂/姫路店』に行ってみる事になった。
 
博多一風堂姫路店
こちらが昨年の10月の中旬頃に姫路に新しくオープンしたラーメン屋『博多一風堂/姫路店』。このラーメン屋の直ぐ近くには、今一番姫路で人気がある?、お店誕生以来、私がみなさんをお連れした事がある『ずんどう屋本店』とか、あるいは復活した『希望軒本店?』、その他、既に潰れたお店が何軒かある、国道2号線西向きの、ある意味、ラーメン屋激戦の一角に出来たのだった。そう言えば、もうちょっと西へ行くと『らーめん八角/姫路総本店』もあったりする・・・。高砂方面からはちょっと行き辛い場所の様な気もしないでは無いのだが・・・。
 
で、この夜も行列覚悟、それ以前に駐車場入り待ちもあり得るのでは?と思いつつお店に向かったのだが、お店到着時は午後7時半と言う、結構忙しそうな時間帯であるにも関わらず、駐車場はまだまだ空きがあるし、お店前には行列も出来てなかった。ちょっと拍子抜けして店内に入ったのだが、実際は店内は、ほぼ満席に近く、奥のカウンター席っぽい場所にどうにか案内されて席に着くことが出来たのだった。
 
それにしても、店内は何か狭苦しい雰囲気で、席と席の間の感覚も狭く、ちょっと息苦しくなる感もあった。最近オープンしたお店としては、ちょっと席のレイアウト悪過ぎるんじゃあ無いかなあ。テーブル席が少なくて、カウンター席中心の構成で、しょっちゅう店員が後ろを通るので、何か落ち着かないし、お店全体がやけに騒がしく感じるし・・・。飲食店なんだから、味だけでは無く、こう言った食べる時の雰囲気にも気を使ってお店を開いて欲しいなあ・・・、と思ってしまう瞬間でもあった。
 
博多一風堂メニュー
で、気を取り直して、目の前に置いてあった『博多一風堂/姫路店』のメニューを開くとこんな感じ。数年前に”神戸元町店で食べた事がある博多つけ麺”はメニューの中に無い。確か『一風堂』は全店共通メニュ(一時期、店舗限定の1000円前後の高級ラーメンがあった頃もあるが・・・)なのできっと”博多つけ麺”はメニューから消えてしまったのだろう・・・。”スープ割りの中に刻んだ玉ねぎ”等の具を入れてくれたりとかで、個人的には結構好きな”つけ麺”だっただけにちょっと残念な気がする・・・。
 
それと・・・、今、気が付いたのだが、これまた以前に”神戸元町店で食べた赤丸かさね味”も”赤丸新味”に戻っている???確か『博多一風堂』が10年ぐらい前に大阪に進出して来た時は”赤丸新味”って呼んでたよなあ・・・。でも一昨年?”一風堂のカップ麺も赤丸かさね味”になってると思ったら・・・、また元の名前に戻ったのかな?
 
博多一風堂からか麺メニュー
それはさて置き、この日私が選んだのは『博多一風堂』に10年以上通っていて、未だ食べた事が無い?と言うより、何時からメニューに加わったのか覚えが無い”一風堂からか麺”ってのを食べてみる事に・・・。メニューのトップには”スパイシーな’肉味噌’がたまらない、うま辛とんこつ”と書いてあって、何やら楽しそう?な感じ?
 
博多一風堂モヤシキムチ
で、この日は車に乗せて行ってもらったので、当然の如く?生ビール。ビールのあては無料の”モヤシキムチ”。以前、神戸元町店で食べた時はもっと美味しいと思ったのだが、この日の”モヤシキムチ”は何か今一つ、美味しさを感じられない味だった様な気が・・・。
 
博多一風堂博多ひとくち餃子
てな感じで”モヤシキムチ”をつまみに生ビールを飲んで待っていると間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”博多ひとくち餃子”で、お値段は10個で420円也。この写真では大きさがちょっと判り辛いが、大阪の一口餃子よりちょっと厚さがあるが、大きさは似た様な感じの”ひとくち餃子”。値段はちょっと高い気がしたが、この”ひとくち餃子”はジューシーで中々美味しい。値段がもうちょっと安ければ・・・、と思っていたら、帰り際に、この”博多ひとくち餃子”が一人前100円で食べれる券をくれた・・・。ちなみにランチタイムにも餃子がセットになったお得なセットがあった様な・・・。
 
博多一風堂からか麺
そんなこんなで”ひとくち餃子”を食べながら待っていると、漸く運ばれて来たのが、こちらの”一風堂からか麺”で、お値段は800円也。表面には黒マー油の様な物や、ニンニクチップの様な物がトッピングされている。メニューの説明に寄ると白丸ベースの豚骨ラーメンに、数種類のスパイスをブレンドした自慢のからか味噌をトッピング。食べ進めるうちに、ジワジワと甘辛い風味が広がります。”との事。上に大量に乗っている黒いマー油の様な物は”からか味噌”?らしい・・・。
 
博多一風堂からか麺の麺
で、実際に”一風堂からか麺”を食べてみると・・・、一瞬、むせる程に・・・、辛い!!!辛さは5段階の中から選べたのだが、この日は一番辛さを押さえて頼んだのだが、それでも結構辛い。白丸ベースの豚骨スープの旨味はあまみ感じられないぐらいに辛い・・・。うーん、ちょっとこのラーメンは失敗だったかな?ちなみに麺は博多ラーメン特有の超極細麺なので、食べている間にヤワヤワになると行けないので、何時もの様に麺固めで頼んだのだった。
 
博多一風堂白丸元味

ちなみにこちらは『博多一風堂』の定番ラーメンとも言える”白丸元味”。『博多一風堂』は店舗に寄って味を変えている(と言うか、地元の好みの味にしている。それは東京に初めて進出した時に地元博多の味で出したら、東京で全然受けなかったから・・・と言う噂・・・)ので、次回訪問時はこの”白丸元味”を食べてみようと思うのであった。
広告

WordPress.com Blog.