義史のB型ワールド

2011年1月21日

九州大物産展で”吉野とりめしとり天弁当”ってのを買って食べた!シンプルながら普通に旨い!!!

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 9:16 PM
 
代理人記録
 
ブログ移行記念?没ネタ?投稿第二弾・・・。ただ今、山陽百貨店姫路店では”北海道大物産展”が開催されている真っ最中であるが、今回ご紹介するのは昨年の10月頃にふと立ち寄った山陽百貨店で開かれていた”九州大物産展”で買った”吉野鶏めしとり天弁当”のお話。写真も整理して下書きも作って準備をしていたのだが、10月から年末にかけてちょっと忙しくなったので記事を書く筆?が停まっていたのだった。
 
が、最近、冷凍の”とりめし”や”とりめしおにぎり”を時々買って食べてる事が、何よりB級ご当地グルメネタなので当ブログにぴったりのネタ・・・、って事で遅まきながら紹介する事にする。
 
吉野鶏めしとり天弁当
こちらがその時の”九州大物産展”での”吉野とりめし”の売場。関西に住んでいて”吉野”って聞くと”奈良の吉野”を思い浮かべるが、”九州物産展”で売っていた!って事で容易に想像が着くが、この吉野とは、”から揚げ大国”である”大分県の吉野”の事である。”大分の唐揚げ”は結構有名で、この近辺にも大分の唐揚げ専門店が幾つか出来て、以前に管理人さん邸へ訪問した際に手土産で買って行った事がある。そんな”唐揚げ”と並んで大分で有名なのが、この”とりめし”なのであった。
 
吉野鶏めしとり天弁当
てな事で、”とりめし”か”とりめしのおにぎり”を買おうと思っていたのだが、隣に置いてある”とり天”も捨て難い。どうしたものかと思案していると何やら”とりめしのおにぎり”と”とり天”がセットになった”吉野鶏めしとり天弁当”なる物を発見!!!。値段は515円と、内容の割にちょっと高い様な気がしたが、両方味わうにはこの弁当しか無い!!!って事で、この弁当を買って帰った。
 
吉野鶏めしとり天弁当吉野鶏めしとり天弁当

こちらが実際に買って来た”吉野鶏めしとり天弁当”。包装紙の裏を見ると”吉野鶏めし保存会”なる団体のURLと”吉野鶏めしの由来”が書かれている。その公式サイトを見ると”吉野鶏めし保存会”ってのはそのまま”吉野食品有限会社”と言う会社の様で、今回買った”吉野鶏めしとり天弁当”もその会社が製造している商品の様だ。で、売っているのは・・・、また別会社っぽいのだけど・・・、それはどうでもエエか・・・。
 
吉野鶏めしとり天弁当
てな事で早速”吉野鶏めしとり天弁当”の包を開けると、中身はこんな感じで、”海苔を巻いた鶏めしのおにぎり”が2個と小さ目の”とり天”が3個セットになって515円也。ご覧の通りボリュームが無いので、このお値段が安いのか高いのかちょっと微妙な気もする。
 
吉野鶏めしとり天弁当
で、その肝心の”吉野鶏めし”のお味であるが・・・、我家の炊き込みご飯が基本的に”鶏のかしわめし”だった事もあって、中々美味しい。この時は冷めたまま食べたのだが、チンして食べるときっともっと美味しかったに違い無い。ちなみにセットになっていた”とり天”の方も普通に美味しかった。そう言えば”とり天”と”唐揚げ”の違いって・・・、話は何か前に書いた事がある様な無い様な・・・。また今度”とり天”を食べた時にでも書くとしよう!

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。