義史のB型ワールド

2011年1月1日

漸く『もんど』の”播州レプリカ”食べた!生姜と醤油味がちょっと濃い様な気もしたが、懐かしい播州ラーメンだ!

Filed under: もんど,ラーメン — 代理人 @ 10:37 PM
 
代理人記録
 
この日は土曜日だったのだがK朗君が仕事の打合せに高砂までやって来た。ちょいとした事情で私も同行・・・、その後、例に寄ってまたまた一緒にランチを食べに行く事となった。この日は偶々、私が良く行っている『新在家ラーメンもんど』から、限定ラーメンに、あの”播州レプリカ”をやる!と言う案内メールが届いていた事もあり、私の希望で『もんど』に行く事になった。
 
播州レプリカ”とは名前の如く?”播州ラーメン”を”もんど風にアレンジ?したラーメン”で今年のそうめん流し大会の日に初登場した新作ラーメンだったのだが、当然の如く私はそうめん流しに参加していたので、食べに行く事が出来ず仕舞い。その後は何故かこの”播州レプリカ”が裏メニューに登場する事は無く、悶々とした日々を過ごしていたのであった・・・。
 
がしかし!『新在家ラーメンもんど』の限定ラーメンがある日と言えば大行列が当たり前!。って事で、この日も長時間並ぶ事を覚悟しながらも、午前11時50分頃にお店に到着・・・。が、予想に反して?、何か行列が短い。小雨が降っているせいなのか、あるいは”播州レプリカ”にはそれほど魅力を感じて無いのか、何か知らんが最近私が行った『もんど』では一番短い行列だった。てな事で、運悪く駐車場は一番遠い処しか空いて無かったが、とりあえず列に加わり、この日はあまり待たされる事なく表で約10分ほど待っただけで店内に案内された。
 
で、この日の目的は上で書いた様に、前回の初登場の時に食べる事が出来なかった”播州レプリカ”を食べる事にあるのだが、何と無く”中華そば?”だけじゃあ物足りない様な気がしたので、K朗君には”もんど名物の肉めし”をお勧めし、私はと言えば、最近ラーメン屋さんに行くと良く食べる”からあげ定食”のセットを食べる事に決定!!!
 
ラーメンを注文して待つ事約10分、漸く”播州レプリカ”が運ばれて来た後、写真を撮り終え”播州レプリカ”に箸を付けたと思ったらセットで頼んだ”からあげ定食”も運ばれて来たのでカウンターの上は”播州レプリカ”と”からあげ定食”で目一杯!!!ライスは少な目ながら、”から揚げ”は大き目サイズが3個も入っていて、結構なボリュームがある。実際、これだけを完食した後お店を出たら、お腹がはち切れんばかりに苦しかった。ちなみに今回食べた私のセットで総額870円也。『もんど』にしてはちょっと安めのお値段で済んだかな?
 
新在家ラーメンもんど播州レプリカ
そしてこちらが約4ヶ月近く、何時出るか、何時出るかと楽しみに待っていた”もんどの播州レプリカ”で、お値段も播州ラーメン並?の590円。何時もの限定ラーメンに比べると、スープや具材がシンプルな為か、お値段はちょっと低めの設定になっている。パッと見た感じは、以前私が食べた”もんど謹製「中華そば」”にちょっと似ている?あるいはほとんど一緒?と言う気がしないでも無い。ま、播州ラーメン自体が、昔長柄の中華そば何で、似た様な物になるのは当たり前なのかも知れないが・・・。
 
で、マスターから届いた案内メールに寄ると”すっきりと透明感のある醤油スープは少し甘め。シンプルに鶏がら豚スネ肉で味を出しました”との事。早速、スープを一口飲んで見ると、生姜の風味がちょっとキツイ?醤油味もちょっと濃い?やや個性的な味の中華そばだ。美味しい事には違い無いのだが、私が思っていた”播州ラーメン”とはちょっと違う様な印象。少なくとも生姜風味はもうちょっと控え目の方が良かったかも知れない・・・。
 
新在家ラーメンもんど播州レプリカの麺とスープ
そしてこちらが”播州レプリカの麺”で、これまたマスターの案内メールに寄ると”麺も中華麺らしい麺でモッチリとした感じがいいです。少し柔らかめに茹で上げた方が旨いと思っていますので、固めんはお断りしています”との事。更に”子供の頃から慣れ親しんだ味わい”とも書かれている。確かに、ちょっとヤワヤワ感のある懐かしい感じがする麺。まあ、何時も書いている様に、私は麺にはそれほど拘りが無いので、こんなもんかいな?と思う程度だったけど・・・。
 

新在家ラーメンもんど唐揚げそしてこちらがセットで追加した”からあげ定食のからあげ”。ご覧の通り、結構大き目の”からあげ”が3個でこれだけでもかなりのボリューム。これに白いご飯が付いて280円プラスなので、セット価格としては割と一般的なお値段?で、これまた当然の如く、揚げ立て熱々で普通に美味しい。時々思うのだが、今の私にはこの”からあげ”と白い御飯、それにスープ程度の量のラーメンがあれば十分な様な気がするのだけど・・・。

 
 
てな感じで、心待ちにしていた”播州レプリカ”とボリューム満点の”からあげ定食”を食べ終えお店の外に出て来たのは午後12時半。何時もなら大行列が出来ていてもおかしく無いのだが、この日はご覧の通り、数人が待っているだけ。更に付け加えるならば、我々が入った後もその前後もカウンター席には空きがあったので、もうちょっと効率良く作業?すれば、外で待って居るお客さんも店内に案内出来たんじゃあ無いのかなあ・・・。ま、何れにしても”播州レプリカ”の日は客が少ない?事だけははっきりした?と思って良いのかな???

広告

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。