義史のB型ワールド

2010年12月25日

姫路駅前にある親子丼の美味しいお店で”カツ丼”食べた!やっぱオススメは親子丼か???

Filed under: — 代理人 @ 11:41 PM
 
代理人記録
 
昨年の秋祭りシーズンと今年の秋祭りシーズンに姫路まで祭り見物に出掛けた際、ランチで食べた姫路駅前近くにある焼き鳥屋さん?の”親子丼”が非常に美味しかった!ので、一度そのお店の”カツ丼”も食べてみたいと思っていたので、この日、ちょっと姫路まで行った際にちょこっとそのお店に寄って”カツ丼”を食べて来た。
 
こちらが今年の10月から二ヶ月ぶりに訪問した『薩摩を食す薩摩庵』。昨年今年と二度ばかし、このお店に来たが、両日とも祭り見物の前の腹ごしらえに訪れたって事もあり、正午前の訪問だったので比較的店内が空いた時にしか来た事が無かったのだが、この日は正午を過ぎてからの訪問だった事もあり、既に店内は大勢のお客さんで賑わっていて、何時ものカウンター席は空いておらず、壁に向かって座るカウンター席に陣取る事となった。
 
こちらは以前にも紹介した事がある『薩摩庵』の”黒豚ロースかつ丼”のメニューで、このメニューは夜の単品メニュー?なので値段はちょっと違うが、ランチタイムは”黒豚ロースかつ丼”に食べ放題の”さつま汁”と小鉢が付いて900円なのだ。
 
間も無くして運ばれて来たのがこちらの『薩摩庵』の”黒豚ロースかつ丼”で、お値段は900円也。何杯でもお替り自由の”さつま汁”が付いているとは言え、最近神戸で食べた680円のカツ丼や、荒井にある喜両由の780円のカツ丼に比べ、更にランチタイムって事も加味して考えると、ちょっとお値段が高い様な気がする。まあ、個人的には味さえ良ければ全て良し!!!と言う思いはあるのだが、果たしてそのお味は如何なもんでしょ・・・。
 
で、こちらがメインの”黒豚ロースかつ丼”。見た目は至ってシンプルな”カツ丼”で最近食べた”カツ丼”とちょっと違うのは、他の店がネギをトッピングしていたのに対して、このお店の”カツ丼”は三つ葉?が少し乗っただけで、豚カツ以外にはほとんど具が無い。値段がちょっと高いのは”鹿児島産の黒豚を使ったロースカツ”って事だからなのかな?。
 
そしてその肝心のお味であるが、丼つゆ?かえし?は、このお店の名物メニューである”親子丼”と同じ?で中々美味しいのだが、”黒豚ロースかつ”は期待を大きく持ってしまった為か、何かそれほど美味しい豚肉?豚カツ?には思えず、極々普通の豚カツの様に感じる。決して不味いわけでは無いのだが、特に秀でたと言う訳でも無い。これで値段が680円とか高くても780円までなら納得出来るのだけど・・・。
 
ちなみに”黒豚ロースかつ丼”にも、何時も食べている”名物親子丼”同様に、お替り自由の”さつま汁”と小鉢が付いている。この日の小鉢の中身は”豆をひじき煮”で、普通に美味しい。”さつま汁”も相変わらずの刻んだゴボウ、人参、大根等の具沢山な内容で、こちらも美味しくて、この日もお替りを頼んで二杯目を食べたのだった。
 
てな事で、昨年、このお店を初訪問してからずっと一度食べてみたいと思っていた”黒豚ロースかつ丼”ではあるが、何かちょっと期待外れだったかな?”名物親子丼”の方には生玉子の黄身もトッピングされているし、値段も安いし、何より名古屋コーチンの鶏肉も味わい深くて美味しいので、このお店のオススメはやっぱり”名物親子丼”である事に違い無い!!!また、来年の秋祭りのシーズンに食べに行くとしよう!!!

広告

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。