義史のB型ワールド

2010年11月28日

広島到着!!!って事で早速”みっちゃん総本店”で広島焼きを食べて来た!普通に旨い広島焼きじゃん!!!

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 10:24 PM
 
代理人記録
 
忘れしまわない間に、ちょっとずつ、この前の中島みゆきコンサート広島公演道中記をちょっとずつご紹介!!!
 
某大阪の会社でのサラリーマン時代、入社一年目の出張で、豪雪の中の東北行脚(秋田行きの飛行機が欠航したぐらいの大雪)の次に行ったのが、春の日差しに輝く広島だった。その時は広島出張と言っても、そこからバスに乗って熊本県阿蘇山への一泊二日パソコン教室へと出掛けて行ったので、広島で観光及び食事をする事は無かった。その2年後ぐらい、今度は同期入社の仲間の結婚式で広島へ行った際は、そいつの実家が広島県呉って事で、これまた広島市内は素通り、帰りにお好み焼村の前は通った物の、広島焼きを食べる事無くそのまま大阪まで帰って来たのだった。
 
その後も年に一回ほど、広島へ出張する事があったのだが、行った先が東広島だったり広島の北部だったりとかで、あまり広島の繁華街に縁が無かったのだが、その会社の最後の出張先となったのも、またまた広島だったので、その時はこれで当分の間、広島に来る事も無くなる?って事で、それまでは大阪にある広島焼きのお店で何度か食べた事があったのだが、やっぱり本場広島で一度は広島焼きを食べておかなければ!って事で、その時初めてJR広島駅の駅ビル内にあったお好み焼村で食べたのだった。
 
それから約20年・・・、久々の広島!って事と、今回は自由気ままに行動が出来るって事で20年ぶりに、本場広島で広島焼きを食べる事に決め、どうせ食べるなら広島焼き発祥のお店『みっちゃん』で食べよう!って事で、広島到着後、いの一番に向かったのだった。
 

こちらが今回行った『広島焼き・みっちゃん総本店』の中の本店?。広島焼きと言えば’みっちゃん’と言われるぐらい超有名店で、広島焼き発祥のお店としても有名だが、今や兄弟や親戚、それに暖簾分けしたお店、はたまたパチモンのお店等が随所にあって、”新天地みっちゃん”とか”みっちゃん いせや”とか、訳判らん状態になっているのだが、折角’みっちゃん’に行くのならやっぱり創業者(井畝満夫)が経営しているみっちゃん総本店』へ行かねば!!!って事で、このお店(総本店も3店あるが、その中の本店)に行って来たのであった。
 
お店到着時は平日の午後1時近かったのだが、流石に店内はその時間でも大賑わい。てな事で、店内の様子を写真に撮るなんて不可能だったので、とりあえず公式サイトから店内の様子を拝借!。広島焼きに限らず、昔ながらの小さなお店だと、巨大な鉄板を囲んで座るカウンター式のお店が多く、広島焼きが薄いクレープ状から、キャベツテンコ盛り、仕上げの玉子まで変化して行く様子を見ながら焼き上がるのを待つのが楽しいのだが、このお店は流石に大繁盛店?、あるいは完全に観光客相手の商売をしているからか、ご覧の通り、相席必至の大き目のテーブルが中心のお店で、空いている席に適当に案内されるシステム。
 
今回、私が案内された席は、焼き場の鉄板を背にする位置だったので、広島焼きを焼いている様子を観察出来なかったのだが、このお店は5~6人の焼手の兄ちゃん達が、流れ作業で次々と広島焼きを焼いている様子。おかげで混んでいる割には、そう待たずしてお好み焼が運ばれて来たのだった。
 

で、広島焼きと言えば、”そばが入っていて仕上げに玉子を使うのが定番!”って事で、今回私が頼んだのは一番オーソドックスな広島焼きとも言える”そば肉玉子”。他に広島って事で牡蠣入りとか、色んなトッピングが入った物とか色々あったのだが、他にも食べたい物があったし、何よりじっくりと味わうには余計な物が一切無い方が、判りやすいからねえ。
 
広島焼きみっちゃん総本店そば肉玉子広島焼きみっちゃん総本店そば肉玉子

間も無くして運ばれて来たのが、こちらの『広島焼き・みっちゃん総本店』の”そば肉玉子”で、お値段は一枚700円也。関西のお好み焼とは違い、生地は薄くキャベツとモヤシが主体の、ある意味シンプルなお好み焼だ。ご覧の様に、お皿に載せて提供されるし、お箸で食べやすい様に最初からカットもされている。ちなみに右下の写真は連続して撮ったのに色合いが全然違う写真が出来上がったので、序でにご紹介。どちらも写真をクリックすれば大きな写真でご覧いただける(WORDPRESS移行後はどうなるのかな?)。
 
広島焼きみっちゃん総本店そば肉玉子
で、早速『みっちゃん総本店』の”広島焼き”を食べてみる。店内に大きく貼られたポスターを見ると、そばは”いその麺”とか言う麺を使っているらしい。ソースは、今では全国的に有名になった会社オタフクソースに注文して作った『みっちゃん総本店』オリジナルソースを使用との事。”美味しさの決め手はソースにある!”と、お店が語っている通り、確かに美味しいソースで、個人的にもお好み焼や焼きそばにはたっぷりとソースを使って食べる派なので、中々美味しかった。仕上げに載せた玉子もしっかりと味があって美味しい(正確には、目玉焼きを潰してその上に広島焼きを乗せて、全体をひっくり返すのだが・・・)。20年程前に、広島駅校内のお好み焼村で食べた時は、もっとボリュームがあった様な気がしたけど、今回は一番シンプルな物にした為か、ちょっと量的には少な目な印象だったけど・・・。
 
で、テーブルの上には『みっちゃん総本店』ご自慢のオリジナルソースと、他にもマスタード入りマヨネーズが置いてある。お好み焼にマヨネーズを使うスタイルは”大阪のぼてじゅうが始めた”とも言われているが、20年程前に広島焼きを食べた時はマヨネーズなんて使って無かったし、今でも”広島焼きにマヨネーズは使わない!”とYahoo知恵袋にも書いてあるぐらいなので、今回はマヨネーズを使う事無く、完食!!!まあ、大阪や神戸でも昔ながらのお好み焼屋さんではマヨネーズを使わないと言うお店も結構あるもんなあ・・・。何と言ってもマヨネーズ使うと当たり前だけど、マヨネーズ味になっちゃうからねえ・・・。ラーメンに入れるニンニクと同様に、イマイチ美味しく無い時の最期の手段として使うべき物だと思う・・・。
 
てな事で、超有名人気店って事である程度、覚悟を決めてお店に行ったのだが、ホンマ食べて出て来るだけの凄まじい?お店だったなあ。でも流石に午後1時を回った辺りからは、若干客の入りは減ってたかな?でも”広島焼き”的には普通に美味しかった。まあ、ソースの味が私の好みにぴったり!って処が一番の要因かも知れないが、確かに市販のオタフクソースとはちょっと違う味わいだったかも知れない・・・。次に広島へ行く事があれば、今度こそ、お好み焼村へ行ってみたいと思うのであった。

広告

またまた来来亭のカップ麺が発売された!!!やっぱ前回の縦型カップは不評だったのか、丼カップに戻った!!!

Filed under: カップ麺とインスタント麺 — 代理人 @ 7:06 PM
 
代理人記録
 
先週行った広島の話も未だアップ出来て無いのだが、とりあえず軽く旬のネタ?を一発!!!
 
私の大好きなラーメン屋『来来亭』のカップ麺が、またまた発売となった。と言うか、発売になる事は知らなかったのだが、コンビニの前を通ったら”来来亭の幟”を発見!!!今年の夏に”来来亭の幟”に釣られてコンビニに入ったら、何時ものカップ麺では無く”来来亭の冷麺”だったのだが、今回は幟を見る限り、カップ麺との事。てな事で、早速買いに寄ってみた。
 
コンビニの入口を入ると、お店入口には巨大な”ラーメン来来亭のカップ麺”が、宙に浮いている・・・。何じゃこりゃあ!!!って事で、思わず写真をパチリ・・・。もう何年も”来来亭のカップ麺”を買って来たが、こんな巨大な来来亭カップ麺オブジェを観たのは初めてだった・・・。
 
で、こちらが”ラーメン来来亭カップ麺”の売り場。通常のカップ麺コーナーと、お店を入った直ぐの処にも来来亭カップ麺の特設コーナーがあるのも何時もの如く!!!てな事せ、早速、来来亭カップ麺を両手に抱えてレジへ向かうとレジのねえちゃんが”何処かのお店の方ですか???”と、のたまう。え???、何で何で?って聞き返すと、私が店内に入って来るなり、嬉しそうに写真を撮りまくっているので、何処かのお店の人が、陳列調査?に来たのかな?と思ったとの事。いえいえ、そんな大それた?事では無く”単なる来来亭オタクですわ!”と言っておきました。嫌あ、ブログに書きたいから・・・、とは何か言えなかったなあ・・・。
 
てな事で、こちらが実際に買って帰った”ラーメン来来亭のカップ麺”で、一個268円。”今年の春頃に発売された来来亭のカップ麺”は値段を下げた変り割引券も付いて無い縦型のカップ麺になっていたのだが、背脂の量も少なくなった様だったし、味も何かイマイチ・・・、と当ブログでもボロクソに書いたのだが、やはり世間一般的にも評判が悪かったのか、従来の丼ぶり型カップ麺に戻った様で、とりあえず一安心。しかもカップの蓋に付いていた”来来亭の実店舗で使える100円の割引券”も復活だ!!!この割引券の存在も大きかったからねえ。何で、前回あんなつまらん縦型カップ麺で発売したんだろうねえ・・・。発売前に一言相談してくれてたら、問答無用で発売却下してたのにねえ・・・。
 
カップ麺の中も、粉末スープ、液体スープ、乾燥かやくの他に、大き目の”後入れの背脂入りの袋”もちゃんと入っている。やっぱ”来来亭のカップ麺”はこうで無くっちゃねえ。
 
そして完成した”来来亭のカップ麺”はこんな感じ。お店で食べる背脂がふんだんに浮いており、見た目コッテリ、ただ食べると意外にあっさりな京都風醤油ラーメン”を忠実に?再現した、個人的にも大気に入りのカップ麺なのだ。味も縦型カップの時よりも、美味しくなった・・・、と言うか、以前の味に戻った様で普通に美味しかった。
 
てな事で、やっぱ前回の縦型カップ版は不評だったのか、従来の丼ぶり型に戻って一安心。100円の割引券も付いているし、暫くご無沙汰している来来亭の実店舗へ行く日も近い!!!やっぱ、カップ麺よりも本物の方が数倍美味しいからねえ・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.