義史のB型ワールド

2010年11月22日

久々に明石からK朗君がやって来たので、最近の私のお気に入りの洋食屋さんに案内した。彼にも気にいっていただいた様で・・・。

Filed under: ステーキ,焼肉、その他の肉料理 — 代理人 @ 11:38 PM
 
代理人記録
 
この日はちょっとした仕事絡みで久々にK朗君がやって来る(ん?久々でも無いか???)。そんな訳でこれまた久々にランチをご一緒する事になったので、最初は阿弥陀にある讃岐うどんのお店『池田製麺所/真心うどん本店』(『米田平津店』じゃ無い方)に案内しようと思ったのだが、曜日的に何と無く定休日の様な気がしたので、電話で確認すると案の定、定休日との事。じゃあ次にと思い浮かんだが、最近、私のお気に入りになっている高砂中島辺りにある洋食屋『kitchen「KATO」』の1000円のランチ。丁度、前回貰ったサービス券の有効期限が迫って来ていたし、K朗君も洋食でオーケーとの事なので、そちらに決定!!!
 
kitchen「KATO」
てな事で、こちらがまたまた行って来た『kitchen「KATO」』。この日のお店到着は午後12時半頃だったが、お店前の駐車場には全然車が無く、奥にお店の車と軽四が一台停まっているだけ。が、店内の掘り炬燵式の座敷席3卓のうち2卓は先客が居るしカウンターにも二人連れの客が居て、何時もの様に?それなりに流行っている。てな事で今回は空いている窓際の座敷席に鎮座。
 
kitchenKATOサービスランチメニュー
話は前後するが、こちらはお店前に立ててあった『kitchen「KATO」』のサービスランチのメニュー。基本的には私が初めてこのお店を訪れた時とあまり変わって無いのだが、当初はスープが無く、代わりにデザートでケーキとフルーツが付いていたのだが、今はデザートが無くなり、代わりにスープが付く様になった。ちなみにこれ以外にも贅沢ランチとか”かつめし”等のメニューもある。何はともあれ、今回は私の一番のオススメで定番?の”Aランチ”をK朗君に食べて貰う事となった。
 
kitchenKATOのAランチの生ハムサラダ
まず最初に運ばれて来たのは、サービス券利用でランチの”普通のサラダ”がバージョンアップした”生ハムサラダ”。このお店ご自慢の特製ドレッシングがたっぷりとかかっていて、生ハム及びスライスされた玉ねぎが中々美味しい。やっぱ”普通のサラダ”より”生ハムサラダ”の方がエエよねえ・・・。
 
kitchenKATOのAランチの自家製スープ
続いて運ばれて来たのが先月?からランチに標準で付く様になった”自家製のクリームスープ”。ちょっと甘目だが、ベーコンやコーン等の具も少し入っていて、このスープも中々旨い!やっぱ、デザートのケーキよりもこの”自家製スープ”の方が価値があると思う。
 
kitchenKATOのAランチ
そうこうしているとこの日は先客が全組とも既に食事の提供が済んでいた?って事もあって”自家製スープ”を食べ終える前に運ばれて来たのがこちらの”Aランチ”で、サラダとスープ、それに食後のコーヒーが付いて1000円ぽっきり。ライスはちょっと少な目だが、反対に今の私にはこの程度の量で充分かも。何れにしてもこの内容でこのお値段は、個人的には超オススメな気がする。
 
kitchenKATOのAランチのメイン
で、こちらが”Aランチ”のメイン料理で内容はミニステーキ、有頭エビフライ、それに野菜が少々。野菜の中にあるポテトは初めて来た時はふかしたポテトっぽかったのだが、今回のポテトも前回食べた”ハンバーグランチ”の時と同様、揚げたポテトだった。エビフライはサイズが小さい長柄、二尾付いているし、特製のタルタルソースも美味しい。この日も話題となったが、エビの御頭も食べてしまえるぐらいにカリっと揚がっていて、メインのミニステーキ同様に、このエビフライも中々美味しいのだ。
 
kitchenKATOのAランチの肉
そして”Aランチ”のメイン料理?であるミニステーキはこんな感じで焼き加減はレアに近い。そんな事もあってか、お肉は物凄く柔らかくて、ステーキソースに絡めて食べると物凄く旨い!確かに以前食べた”極上ステーキ丼”のお肉の方が肉の味がしっかりしていた様な気もするが、内容と値段を考えるとこちらの方がお得感がある様な気がするのであった!
 
Aランチの食後のコーヒー
そして食後にはコーヒーも付いるのだが、前回書いた様に、スープが標準で付く様になった変わりに、デザートのケーキとフルーツは着かなくなった。代わり?と言っちゃあなんだが、壁に食後のデザートのメニューが何種類か貼ってあった様な・・・。ま、個人的には以前からずっと書いている様に、ケーキよりもスープの方がありがたいので、この変更は大歓迎なのだが・・・。
 
てな事で、ここ最近は月イチペースで行っている『kitchen「KATO」』だが、以前紹介した先輩もこのお店を気に入って貰えたし、K朗君にも気に入って貰えたし、Hねえさんも当ブログを見て食べに行ってくれたみたいだし、私も紹介しがいがあるってもんだ!この日も帰りにサービス券を貰ったし、まだまだ食べてみたいメニューが沢山あるので、きっと来月も行く事になるだろう

昨夜放送された名画『風と共に去りぬ』は何度観ても素晴らしい!!!でも”明日は明日の風が吹く・・・”じゃ無いのね・・・。

Filed under: 趣味 — 代理人 @ 9:25 PM
 
代理人記録
 
11月の前半から中頃にかけてスティーブ・マックイーン特集をやっていたNHK-BShiで、昨夜またまた超有名映画『風と共に去りぬ』を放送していたので、オープニングを放送時に、そして今夜、ラストの方だけ速見した。『風と共に去りぬ』は確か昨年の年末ごろにもNHK-BShiで放送していて、私も録画してブルーレイに焼いて保存しているはずなんだけど、勢いでまたまた録画してしまった・・・。
 
この映画は今更、私が語るまでも無く、超有名、映画史に燦然と輝く不朽の名作で、私は中学生頃にTV初放送された(栗原小巻がが吹替え担当)のを観て以来、感動して直後に原作まで読んだ、個人的にも貴重な?作品でもある。そしてこの映画の一番有名なのが、ラストで主人公のスカーレット・オハラが語る”After all, tomorrow is another day”と言うセリフ。確か和訳された日本語の本か、あるいは映画の日本語字幕で”明日は明日の風が吹く・・・”と訳された事により、日本ではどちらかと言うと”明日は明日の風が吹く・・・”と言うセリフの方が有名になり、またこの訳も当時は名訳と評された物だった・・・。
 
が、しかし、時代は移り、今は綺麗事より本音を語る時代?って事で、この”明日は明日の風が吹く・・・”はあまりにも比喩し過ぎで、何か本当の気持ちが伝わり難い?とかで、その後、何度か観たDVD版やTV放送版では”明日は明日の風が吹く・・・”では無くて、直訳の結局、明日は別の日なのだから”に近い表現が使われる事が増えて来た。そんな訳で、昨日の放送(と言うか昨年、録画したのと同じ内容なんだけど)では、どんな字幕になっているかな?と思って、今日、ラストだけ見直したのだった。
 
で、その字幕は・・・。
 
明日に希望を託すのよ”だった・・・。何か、ちょっとしまりの無い訳の様な気がしないでも無いが・・・。まるで名作映画『シェーン』の日本語吹替え放送時の”シェーン、帰って来てよぉ~!!!”みたいな・・・。やっぱ、あそこは”シェーン、カムバーック!!!”で無いとあかんよねえ・・・。でもそれじゃあ、吹替えじゃ無いし・・・、で仕方なく”帰って来てよお~!!!”になったんだと思うけど、あの放送を観た時はTVの前でずっこけたもんなあ・・・。今、TVで吹替え版を放送したら、きっと言語のまま”シェーン、カムバーック!!!”ってすると思うけど・・・。
 
それと同じで、このスカーレットの最後のセリフもいっその事、英語のセリフのままの”tomorrow is another day”の方がしっくり来る様な気がする・・・。ま、今となってはこのラストだけは日本語字幕は無くてもエエんじゃあ無いのかなあ、と思ってしまうのであった。

WordPress.com Blog.