義史のB型ワールド

2010年11月19日

アスピア明石の中の中華料理屋さん、何時の間にか店名変わってる・・・。でも店員のレベル最低???

Filed under: グルメ,中華料理 — 代理人 @ 10:11 PM
 
代理人記録
 
大阪へ行った日の帰り、明石まで戻って来た頃、丁度夕食タイムになったって事で、明石で途中下車。明石の魚の棚の中に、ちょっと行ってみたい明石焼きのお店があるのだが、魚の棚は午後6時を回ると店じまいをお店が多く、この日も午後7時近い事もあって既にお店は閉まっていた。こうなると明石駅周辺は意外と行ってみたいと思う様なお店が無い。JRの高架下にあった尾道ラーメンのお店や、ちょっと離れた処にあったラーメン屋は既に無く、近くに残っているラーメンはイマイチだし、王将へ行くのもパッとしない・・・。って事で、以前行ったら、そこそこ印象が良かったアスピア明石の3Fにある中華料理のお店に行ってみる事にした。
 
こちらがこの日行ったアスピア明石の3Fにある中国料理『上海飯店』。実は家に帰って来てから気が着いたのだが、このお店に入った時は以前からある中華料理のお店『大龍門』だとばかりに思っていたのだが、何と店名が『上海飯店』に変わっていた。外観も内装もほとんど以前のままだし、メニュー構成も似てたし、何より店名を確認する事も無く入店したので、後でレシートを見るまで全然気が着かなかったのだった。
 
で、お店の前にはこの様な”料理長おすすめ!セット”の2種類のポスターが飾ってある。前回訪問時に食べた”大龍門セット”を今回も食べるつもりで来たのだが、残念ながらそのメニューは無かった。てな事で今回はこの2種類のどちらかを食べようと決めたのだが、雰囲気的に何か似た様なメニュー内容。どっちでもエエかな?と思いつつも、今回は”鶏肉の辛口炒め”と”五目揚げそば”に惹かれて”上海セット”の方に決定!!!ちなみにもう一つのセットメニューである”辛好セット”と言うメニューは以前からあり、その覚えがあったので、店名が変わっているとは夢にも思わなかったのだった。でも同じ名前のメニューがあるって事は・・・、やっぱ店名を変えただけで実際は何も変わって無いのでは・・・。
 
それは兎も角として、入店後、席に案内された時、セット名をうる覚えだったので注文を取りに来たおねえちゃんに”五目揚げそば”がセットに入ってた方・・・、って告げたのだが、その店員のおねちゃんも内容をきちっと把握出来て無く、表のメニューを見に行って戻って来て”上海セット”の方ですね?って感じで漸く注文が通ったのだった・・・。が、この時の料理オーダー時のすったもんだが、後の悪夢?に繋がるとは、私も店員のおねえちゃんも、全く思いもしなかったのだが・・・。
 
料理オーダー後、暇に任せてテーブル席に置いてあるメニューをめくって行くと、その中に”フカヒレラーメン”とやらを発見!!!以前食べた”大龍門セット”の印象が良かった一つの理由にセットの中に”フカヒレスープ”が付いていて、それが結構美味しかったから。てな事で、今更であったが、セットメニューでは無くて、この”フカヒレラーメン”でも良かったかな?と言う気にはなった。この時は、また食べに来たらエエかな?と思ってメニューを閉じたのだけど・・・。
 

で、まず最初に運ばれて来たのは、何はともあれの、お疲れさんの生ビールと、生ビールに無料サービスで付いている”キュウリキムチ”。カクテキや白菜キムチも好きだし、”キュウリキムチ”も結構好きなんだけど、このキムチの味が何かちょっと癖のある様な味で、何かイマイチ。これなら和風のキュウリのお漬物の方がエエかな?と言う様な代物だった。
 
そんなこんなで生ビールを飲みながら料理が来るのをひたすら待っていたのだが、この後、肝心のセット料理が待てど暮らせど、全然やって来ない・・・、と言うのか全く来る気配すら無い・・・。生ビールもキュウリのキムチもとっくの昔に空になっているのに、未だ来ない・・・。すっかり忘れられているかの如く、来ない・・・。後から入って来た客の方が先に料理が運ばれて行く始末・・・。入店してから20分が過ぎ様として、漸く料理が運ばれて来た。が、何故か運んで来た店員のねえちゃんは”お待たせしました・・・”の一言も無く、無言で、しかも何か恐る恐るな雰囲気で料理を置いて立ち去って行く・・・
 
何じゃ、あの店員のねえちゃんは???と、ちょっと訝しげにねえちゃんを睨んだ後、料理に目を向けると私が頼んだ”上海セット”とは違う方の”辛好セット”の方だ。そうか・・・、あのねえちゃんはオーダー表と実際に運んで来た料理が違う事に気付いた?ので、だまって、そおーっと置いて行ったのかな?が、しかし、じゃあ、わたしゃ、どうしたらエエの?この間違った料理をそのまま食べれば良いのか?でも気分はすっかり”揚げそば”気分だからなあ・・・。
 
しかし冷静になって考えると、長時間待たされた挙句、料理まで間違ってる!!!、しかも注文時に散々確認した癖に違う物を持って来るとは何ごとじゃあ!!!って事で、早速、店員のねえちゃんを呼びつけ、注文した料理と違うやん!!!と文句を言うと、今から作り直すとの事・・・。既に20分以上待って、ちょっと我慢も限界に来ていたので、もうこれでもエエや!と言ったのだが、この時に応対に来たねえちゃんは最初に私のオーダーを取ったねえちゃんだった事もあり、問答無用で料理を下げて行った・・・。
 
その後、厨房では何か、険悪な雰囲気で調理人の男性の様な中国語が飛び交っている。間違った事の原因の擦り合いでもしているのだろうか・・・。嫌あ、文句を言いたいのは、こっちでっせ、こっち。しかも今の時期、中国語で怒鳴る様な声を聞かされると、何かそれだけでも腹が立って来るで・・・。もう、帰えろうかと何度思った事か・・・。
 
その時、思ったのだが、もしかすると後から来た客が”辛好セット”を注文したのに、先に私がオーダーした”上海セット”を運ぶ順番を間違え、その客の処へ運んでしまい、これまたその客も注文した内容と違うのに、そのまま何も言わずに食べてしまい・・・、で、後から出来た料理が私の処へ運ばれて来た?って事なのかな???
 
ま、それは兎も角として・・・、作り直しも遅い!!!、結局、お店に入ってから30分以上経って漸く私が注文した”上海セット”が運ばれて来た・・・。最初に飲んだ生ビールの酔いもすっかり消え去り、気分も最悪・・・。まあ、この日は自分でも良く我慢したとある意味関心・・・
 
てな事で、こちらが今回私がオーダーした”上海セット”で、お値段は1344円也。下手すると、先ほど間違えて持って来た料理をちょこっと変えて運んで来るかも?と言う様な気もしたけど、一応、どの料理も温かで一から作った様ではある。が、”辛好セット”の中の一品である”海鮮三種炒め”って、この”上海セット”の中の”海鮮五目揚げそば”とか”八宝菜”にも流用出来そうなので、その疑惑が完全に拭い去った訳では無い気はする・・・。
 
まずは一番手前の料理かた食べてみる事に。が、上で書いた様に、ここまでの段階で結構、頭に血が上っていたので”上海セット”の内容をすっかり忘れさっていたので、何かちょっと変わった酢豚?だと思って食べたのだが、こちらは”鶏肉の辛口炒め”だった。一時期、餃子の王将ではまった事がある”鶏肉の辛味噌炒め”に近い感じの料理で、気分さえ良ければ普通に美味しいと思える一品だ。
 
続いてはこの日”上海セット”を選ぶ決め手の一つにもなった”海鮮五目揚げそば”。”揚げそば”と言えば大阪在住の頃に良く食べた、大阪市民御用達の”中央軒の皿うどん”とか、あるいは最近では”王将の皿うどん”(一時期の明石駅前店の皿うどんが一番旨かった)等、結構あちこちのお店で、私は”揚げそば”を食べているのだが、このお店の”海鮮五目揚げそば”は、皿うどんとは若干違う?まさに中華の王道の味とも言える”海鮮五目揚げそば”だった。こちらも気分さえ良かったら、さぞ旨かったろうに・・・。
 
そしてメイン料理の三品目は、何と無く先に紹介した”海鮮五目揚げそば”の上にかかっている海鮮炒めと似通っている様な気がする”八宝菜”。最初、料理を選ぶと時に”上海セット”に中々決断出来なかった原因の一つが、”海鮮五目揚げそば”の具と”八宝菜”の具が限り無く似てるやん!って処にあったのだった。やっぱ、ココは中華定番の餡かけ料理では無く、エビチリとかエビマヨとか、そっち系の方がエエよねえ・・・。と言いつつ、まあ味的にはそこそこ美味しい”八宝菜”だったけど・・・。
 
そしてこちらは”上海セット”に付いている”スープ”。器が大きいせいか、量がやけに少なく見える。内容的には中華料理定番の玉子スープで、あっさりながら普通に美味しかったかな。でもやっぱ、以前食べた”大龍門セット”に付いていた”フカヒレスープ”の方が遥かに美味しかった事は言うまでも無い・・・。
 
そして最後は”デザート”で、内容はこれまた中華の王道とも言える杏仁豆腐で、普通に美味しかった。
 
てな感じで、何と無く複雑な思いで料理を食べていると、一番最初に私のオーダーを取ったおねえちゃんがやって来て、料理を間違えたお詫びの印!って事で今日から使えると言う割引券を持って来た。今日食べた料理と生ビールの合計から10%引きになるのだが、生ビールなんて全然飲んだ気がしないし、それ以上に、心の中は不機嫌?ご不満?な気持ちで一杯だったので、たったの10%引きぐらいでは、全く気持ちは晴れなかったのであった。
 
もしかしてこのお店、次に行ったら、また店名が変わっているかも・・・。ん?店名どころか、中華料理のお店じゃ無くなっているかも知れない・・・・・・。
広告

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.