義史のB型ワールド

2010年11月16日

中島みゆきコンサートツアー2010新歌舞伎座公演で買って帰ったグッズと、サイン色紙等々・・・。

Filed under: 音楽 — 代理人 @ 11:18 PM
 
代理人記録
 
コンサート鑑賞道中記に続いて、中島みゆきTOUR2010、大阪新歌舞伎座公演へ行った際に買って来たグッズをご紹介!
 
まずは会場で配られていた”夜会のDVDのパンフレット”と、中島みゆきコンサート神戸&びわ湖公演の案内チラシ。”夜会のDVDのパンフレット”は、もう何年も前のコンサートや夜会の時から配られている物と同じで、セットになっている”夜会のDVD”は”Vol.10『海嘯』”までの内容で、何と無く沢山製造したけど、未だ売れ残っているから売っている?みたいな雰囲気がしてならない。ちなみに私は”『夜会1990』”から”夜会Vol.8『問う女』まではLDで、”夜会Vol.10『海嘯』”以降はDVDを持っている。先日発売された”夜会Vol.16『~夜物語~本家・今晩屋』は、ブルーレイ版を買う予定で居るのだが、内容が内容だけに、ちょっと躊躇している処なのであった・・・。
 
そしてこちらが今回の中島みゆきコンサートで買って来たコンサートグッズ(ピンズとストラップ)と、10月に発売されたばかりの新譜CD『真夜中の動物園』、及びCD購入特典で貰える先着限定(50枚か100枚)の”サイン色紙”、それにポストカードと先日CDショップでゲットして来たのと同じ”ダ・ヴィンチ別冊中島みゆき特集号”の合計6点。CDは当然の如く、定価販売だが、”サイン色紙”とポストカードと”ダ・ヴィンチ別冊中島みゆき特集号”の3点がおまけで付いて来る事を思うと、amazonやCDショップの数百円の値引きよりも、ずっとお得感?と言うのか、お金を払っても中々入手出来ないって事でお得感はある。
 
で、こちらが開場の1時間半前から並んでCDを購入して無事にゲットした”サイン色紙”。真意の程は定かでは無いが、一応、中島みゆき本人直筆の”サイン色紙”と言う事で、各会場、CDかDVD購入者に先着でプレゼントされる貴重な品。以前はコンサート会場でCDを買う事は無かったのだが、10年ぐらい前に偶々新譜をコンサート会場で買って”サイン色紙”を貰った事がきっかけで、それ以来、コンサートや夜会を観に行く度に、”サイン色紙”をゲットする様になったのであった。
 
この”サイン色紙”が何としてでも欲しかったのは、右上には最前列中央の席で見た記念の日付と、開催地である大阪新歌舞伎座の名前が入っているから。これがあると、後々に”サイン色紙”をみた時に、何時、何処の会場で観たのかと言う事が一目瞭然で、その会場での思い出が頭の中に蘇って来る様で結構便利なのだ。
 
そしてこちらは、今回買って来たコンサートグッズで、私が買ったのは”オリジナルピンズ大阪限定版”、800円と”オリジナルストラップ”、1500円の二品。ストラップは商品説明を読むと”本革のストラップに、中島みゆき本人が使用しているギターを再現したオリジナルチャームをプラス。ロゴが入ったピックもついた豪華な一品”って事で、何かちゃらちゃらしていて、実際に携帯電話に付けると言うよりも、キーホルダー的な使い方になりそうな気がする・・・。
 
グッズのもう一品は”オリジナルピンズ大阪限定版”で、商品説明を読むと”中島みゆきグッズ初の地域限定グッズです。おなじみのちびなみちゃんが都市ごとに地元ならではのデザインで登場。 TOUR2010をイメージした、ステージ上のちびなみちゃんとの2個セット”との事。コンサートが開催される各地域限定版って事で、ファンの関心も高い様で、今回販売されているグッズの中では一番人気?と言うのか、多分、どれだけ売れるのか予想が着かなかったから数的にあまり用意して無かったからか、二日目はグッズ先行販売開始30分後で売り切れ、開場してからのロビーでのグッズ販売でも15分で売り切れたらしい。まあ、私の様に甥っ子や知り合いに頼まれて、2個、3個と買うファンが結構居るのも、売切れる要因の一つだと思うけど・・・。
 
で、気になる”オリジナルピンズ大阪限定版”のデザインはこんな感じ。大阪限定のデザインは1個だけで、このデザインだけを観ると、何処が大阪なのか、ちょっと判り難い様な気がする・・・。ところで、今回は大都市を中心に全国8ヵ所の地でコンサートが開催されるのでこの”オリジナルピンズ”は全部で8種類あるのだが、このグッズだけ通販でも買えない為、8種類全部を集めるには8ヵ所の公演に参加しないと買えない。って事で、実質8種類を集めるのは不可能だ。ちなみに東京限定版は甥っ子が買ってくれるはず?なので、一応4種類は入手出来る予定なのだが・・・。
 
コンサートグッズは他にも色々あったり、また全部のグッズがセットになった”オールインセット”が1万円ぽっきりで売られていて、こちらも”オリジナルピンズ”の数が影響してか、飛ぶように売れていて”オリジナルピンズ”同様に、早々に売り切れていた。そう考えると、安いグッズ2品しか買って無い私は、それほど熱心なファンでも無いのかな?と自問自答するのであった・・・。
広告

WordPress.com Blog.