義史のB型ワールド

2010年11月13日

中島みゆきコンサートの前に腹ごしらえ!で、入ったカレー屋さんは西大橋にあるお店の支店。

Filed under: カレー — 代理人 @ 9:15 PM
 
代理人記録
 
中島みゆきTOUR2010大阪新歌舞伎座初日公演を終えた後は、直行で高砂まで帰る予定!って事で、コンサート終了後は速攻で高砂まで帰る予定なので全く時間が無い事や、コンサート中にお腹が空くのも嫌!って事で、コンサートが始まる前に腹ごしらえをする事に。
 
まずは大阪新歌舞伎座のある上本町YUFURAのレストラン街に行ってみたのだが、カフェや豚カツ屋や回転寿司のお店ばかりで、唯一、大阪うどんの名店今井がある程度で何か魅力薄。仕方ないので場所を変えて近鉄百貨店上本町店のレストラン街へとやって来たのだが、こちらも江戸前の鰻の店とか、京都の美濃吉とか奈良の日本料理のお店とかで、何か大阪っぽいお店が少ない。迷うと言うよりも、何か食べておかないといけないのに、入りたくなるお店が全然見つからない?と言う焦燥感?に似た様な気分。
 
そんな中、唯一大阪のお店?と言うのか、私が以前良く行っていた、大阪・西大橋近く、お洒落な街・北堀江にある”100時間カレー”が人気の喫茶店が、このレストラン街の一角にお店を出していたので、私のオススメ?で、このお店に入ってみる事にした。でも先に断っておいたが、このお店のカレーは人気があるのだが、私の中ではそれほど高い評価は無い・・・。ま、人それぞれ好みが違うので、もしかするとHねえさんのお口に合うかも?と言う意味も込めてのオススメなのであった・・・。
 
こちらが今回入った『カフェ・カレー「婆沙羅」』で、上で書いた様に”じっくり煮込んで寝かせた「100時間カレー」が人気のお店”だ。以前、私が良く行っていた西大橋にあるお店は喫茶店みたいなお店であったが、メニューの中にはラーメン等もあり(今は無いかも?)、私もその頃に一度ラーメンを食べた事がある。が、はっきり言ってラーメンはイマイチだった・・・。
 
で、お店の入口にはこの様な”田舎膳”なる物の献立を書いたメニューもあって、こちらにもちょっと興味が沸いたのだけど、ココはやっぱりお店ご自慢の”100時間カレー”をHねえさんにご賞味いただこう!って事で、こちらの”田舎膳”はパス。お店が近くにあったら、一度は食べてみたい様な気がするメニューなんだけどねえ・・・。
 

そしてこちらが婆沙羅名物の”100時間カレー”のメニュー。”4日間煮込んでは寝かしてを繰り返し、旨みが凝縮された最高のタイミングで提供するというこのカレー”は、長時間煮込まれている事もあり、大阪で時々見掛ける”黒カリー”に近い色をしていて、当然の如く?濃厚なルーに仕上がっている。ただ、上でも書いた様に、この日もHねえさんには先に御断りをしたのだが・・・、実は私は西大橋のお店で何度も食べているが、個人的にはそれほど美味しいとは思っていない。じゃあ、何でこのお店を紹介したかと言うと、そんな私の評価とは裏腹に西大橋にあるお店は超大人気でランチタイムは並ばないと入れ無いぐらいなので、それぐらい人気のあるカレーなので、一度は食べてみる価値はあるかな?と言う思いからなのであった。
 
が、例の如く?食いしん坊なHねえさんと、私?なので、素のカレーじゃあ満足出来ない。このお店はカレールーは一種類なのだが、様々なトッピングのカレーがあり、その種類は豊富。そんな中から二人が選んだのは”季節の揚げ野菜のせカレー”。私は”ココイチの野菜カレー”が大好きな様に、結構、あちこちのお店で野菜カレー系を食べる事が多い。それ以上に、ちょっと珍しい?”揚げ野菜のカレー”って事で、こちらをチョイスしたのであった。
 
で、更にメニューをめくって行くと最後の方の頁に”コロ助”とやらを発見!!!説明を読んでみると”手造りのホクホクじゃがいもコロッケ”との事。何か美味しそうじゃん!しかも2個で150円とリーズナブル生ビールのおつまみにもエエかな?と言う軽い気持ちで、こちらも注文!するとこの”コロ助”を一個ずつ”季節の揚げ野菜のせカレー”にトッピングしてくれるとの事。まあ、本音は先にこの”コロ助”だけを持って来てもらって、生ビールと一緒に食べたかったのだけど・・・。
 
そしてこちらが、飲むか飲まないか悩んだ挙句、開演までまだまだ時間がある!って事で、頼んでしまった生ビール・・・。時々、映画を観る前に、生ビールを飲んでしまい、映画上映中にトイレに行きたくなって後から後悔する事が多いので、この日もコンサート前だし、止めて置こうかな?と思っていたのだが、大阪まで無事に着いた?安堵の気持ちと、これから始まるコンサートへの期待感もあって、何と無く一杯やりたかったのであった。ちなみにこの日入ったお店カフェ・カレー「婆沙羅」のこちらのお店は別名で『うさぎ堂』と付いている事もあり、グラスには”うさぎの絵”が書いてあった。ちなみに西大橋のお店は『かえる堂』と言うらしい・・・。何時の間にそんな呼び名が着いたのか、定かでは無い(し、どうでもエエし・・・)。
 
で、生ビールを飲んでいるとお替り用の水の容器が運ばれて来た。ご覧の様に、二人分のお水とは言え、生ビールのグラスと比べても遥かにデカイ!!!この後出て来る”100時間カレー”を食べるには、これぐらいのお水が必要でっせ!と言わんばかり?だ。ちなみに、その向こうではHねえさんが、中島みゆきコンサートの定番コーナーである”お便りコーナー”に投稿する為のお便りを書いている。実際に読まれるのは応募?した中から3~4枚程度なので、余程に面白い事を書かないと採用され無いので・・・、案の定、Hねえさんが書いたお便りは没だった・・・。
 
そうこうして居ると、暫く運ばれて来たのがこちらの”季節の揚げ野菜のせカレー with コロ助トッピング”で、お値段は945円+α也。ご覧の通り、ちょっとお洒落なお皿に、これまた飾り付けをしたかの様に揚げ野菜が盛り付けられている。西大橋のお店でもそうだったが、店内に女性客が多いのは、こう言ったちょっとお洒落な雰囲気のある料理、カレーってところが支持されているのかも知れない。
 
で、その肝心のカレーのお味であるが・・・。100時間煮込まれているせいもあって、かなり濃厚なルーで、確かに何やら深みのある味はするのだけど、やっぱ個人的には食べた瞬間に美味しいと思える様なインパクトが無い。Hねえさんはちょっと辛いと言っていたが、私には大して辛くも無い。何か、人気がある割にはねえ・・・、って感じのカレーなのよねえ・・・。お店入る時に、私が態々Hねえさんに、お断り?としていた意味が、Hねえさんにもご理解いただけた様だった。
 
100時間カレー”のお味の方は兎も角として、御飯の上に盛り付けられている”季節の揚げ野菜”はこんな感じ(”コロ助”も乗っているが、それはまた後でご紹介)。”揚げ野菜”の種類は”獅子唐、カボチャ、玉ねぎ、茄子、トマト”等々・・・。”揚げ野菜”と聞いて、何と無く天ぷら風の物をイメージしていたのだが、雰囲気的には野菜の素揚げ?に近い様な感じ。でもこれらの野菜は、普通に美味しかったかな?
 
そして注目のもう一品が、こちらの追加トッピングした2個で150円の”コロ助”。メニューを読んだ時は美味しそうな気がして思わず追加トッピングしたのだが、実際に食べてみると期待した程の味では無く、何か普通のポテトコロッケで、味的に言うと高砂や加古川にある御肉屋さんのビーフコロッケの方が遥かに美味しい!と言う様なレベルのコロッケだった。ま、2個で150円だから値段も普通のコロッケ並みだもんね。
 
てな事で、間も無く開場・開演する中島みゆき大阪新歌舞伎座コンサート前の、ちょっとした腹ごしらえタイムの様子なのであった。
広告

WordPress.com Blog.