義史のB型ワールド

2010年11月11日

イトメンの”黄そば”って完全に”姫路名物駅そば”のパチモンのカップ麺やんけえ!!!

Filed under: カップ麺とインスタント麺 — 代理人 @ 7:39 PM
 
代理人記録
 
何時もの如く?スーパーのカップ麺売り場を散策しているとイトメンから発売されている”黄そば”ってのを発見!!!。
 
どうみても、以前に当ブログでも紹介した事がある”姫路名物まねきの駅そばのカップ麺”のパチモン商品の様だ。とは言え、この手の怪しいカップ麺を見つけてそのまま知らん顔して通り過ぎる訳には行かない・・・。って事で取り敢えず、一個だけ買ってみた。
 
まずはイトメンの公式サイトの”黄そば”の商品説明を読むと、”黄色い中華めんと、鰹、昆布の和風だしの組み合わせが癖になる不思議な旨さです。かやくは揚げ玉、エビ、ネギで和風だしにコクを醸し出します。味がピリッと締まる七味唐辛子付き。”との事。本当は、”姫路名物の駅そば”って書きたい処なんだろうけど、そう書くと問題が起きる?ので、無難な表現にしている・・・。あるいは、我々も高校生や大学生の頃、和そばと区別する為に、黄そばって言ってた様な気もする・・・。まあ我家では遂最近まで家で作る天そばは、ずっと中華麺だったからなあ・・・。
 
で、こちらが実際に買って帰った”イトメンの黄そば”で、今回買ったお値段は98円也値段が安い!!!って事で自ずとその味が想像出来てしまう?様なしない様な・・・。
 
カップの蓋をめくって中の小袋を取り出してみると、こんな感じ。パッケージを見た時、あるいは”駅そば”をイメージした時から、かやくは”天ぷら”だと思っていたのだが、実際は”揚げ玉”・・・、と言うのか、”天かす”の様だ・・・。
 
てな事で完成した”イトメンの黄そば”はこんな感じ。これまたパッケージの写真に写っていた赤い小エビさんの姿もあまり無く、雰囲気的にはシンプルな?あるいは素に近い様な”天かすそば”だ。さらにお出汁が滅茶あっさり・・・、と言うのか薄い。一瞬、お湯を入れ過ぎたかな?と思ったけど、几帳面なA型なので、内側のラインはしっかり守っているので、多分こんな味なんでしょう・・・。まあ、値段が値段だから多くの期待は出来ない事は判っていたけど、この味じゃあ、もう一回買うと言う気は起こらないよなあ・・・。”130円のたいこ弁当のえきそば”の方が数十倍、旨いで・・・。

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。