義史のB型ワールド

2010年11月10日

全品280円の焼鳥屋に行ったら、大入り満員だったので、直ぐそば喫茶店で”かつめし”食べた!

Filed under: かつめし — 代理人 @ 9:44 PM
 
代理人記録
 
今年の春頃だったか夏頃だったか、ヤマトヤシキ加古川店の向かいにあったマクドナルド加古川駅前店が閉店した。駅近の一等地なので空家にして置くのは勿体無い・・・、と思っていたら8月頃?から改装をしだして、表の看板を見ると焼鳥屋が出来るとの事。焼鳥屋なんて『とりどーる』やら『とりでん』やら腐るほどお店があるので、全然嬉しく無い?と思っていたのだが、新しく出来る焼鳥屋は全品280円均一の、今風のお店との事。メニューの中にある釜飯まで280円???って事で、興味津々。以前から気になっていたので、先日、幼馴染と夕飯を食べに出掛けた際にちょこっと行ってみる事にした。
 
こちらがJR加古川駅近くに新しくオープンした『じゃんぼ焼鳥・鳥貴族/加古川店』で、上で書いた様にその特徴は何と言っても全品280円均一と言う点。時々利用している『信州そば玄蕃庵』が同じ様に全品290円均一と言う看板を挙げながら、実はそうでは無いメニューが多数存在するのに対して、このお店は外に表示しているメニューを見る限り全品280円均一なのだ。時代は味より値段?って事で、B級グルメブログの代理人としては興味津々なのであった。
 
で、この夜は週末の午後7時直前って事で店内は大賑わい。お店入口には空席待ちの客が数人待って居る。お店の人に尋ねると、現時点で4組の客が入店待ちとの事。しかも焼鳥屋さんと言う事で、何時席が空くのか予想が着かないとの事。そこまでしてこのお店に拘る事は無いので、この日はすごすごと退散。
 
が、しかしそうなると行くお店が無い。そもそも車も有料の駐車場に入れた後なのでこのまま直ぐに車を出すのも勿体無い。かと言って駐車場から遠く離れたお店へ行くのも得策では無い・・・。駐車場へ戻る道で、ふと目に留まったのが、JR加古川駅周辺のかつめし屋さんをリストアップする時に良く出て来る喫茶ぷちとまと』が目に飛び込んで来た。ふと思うと『ぷちとまと』の話は良く聞くが、実際にこのお店で”かつめし”を食べた記憶が残って無いので、これも何かの巡り会わせ?って事で『喫茶ぷちとまと』に入る事にした。
 
てな事で急遽行く事になったのがこちらの『喫茶ぷちとまと』。店内はテーブル席が4卓ぐらいしか無い?ぐらいの手狭な雰囲気。直ぐ奥のカウンターではご主人と奥さん?が暇そうにTVを見ている最中で、他に客は無し・・・。お店自体が喫茶店って事で、閉店時間がちょっと気になったが、ま、長居するわけでは無いので、早速、メニューを見る事に・・・。
 

かつめしのメニュー”を見ると、定番の”ビーフかつめし”の他に”トンかつめし”とか”チキンかつめし”等がある。『ぷちとまと』って昔からある喫茶店なので、オーソドックスな”ビーフかつめし”だけだと思っていたのだけど、このお店も時代の流れに乗ったのか、色々と種類を増やしているのかな?それにしても、それぞれの差額が50円程度しか無いってのは”ビーフかつめし”が安いのか”豚かつめし”が高いのか、何とも微妙なところだ。で、今回は初訪問?って事で、素直に”ビーフかつめし”をオーダー。
 
何時もなら夕飯時にはビールが付き物・・・、なのだが、このお店は喫茶店なのでアルコール類は置いて無いよねえ・・・、と言う先入観があったのだが、メニューを眺めていると”バドワイザー”と言う文字を発見!!!何か、この古びた?喫茶店で”バドワイザー”ってのも似つかわしく無い様な気もしたけど”バドワイザー”があるだけでもありがたい!って事で、早速注文!!!”バドワイザー”にはあられやピーナッツがセットになったおつまみも付いて来た。この辺りのサービスは喫茶店ならでは?なのかな?
 
で、”バドワイザー”を飲みながらしばし待っていると、かつめしより一足先に運ばれて来たのが、こちらの”味噌汁”。基本的には普通の味噌汁なのだが溶き玉子が入っていて、雰囲気的には玉子スープの様な感じ。私が大阪在住の頃、会社近くの飯屋さんの味噌汁がこんな感じで溶き玉子やキャベツが入った味噌汁で中々美味しかったのだが、この味噌汁はそんな昔懐かしい味噌汁を思いださせる懐かしい味だった。
 
そうこうしていると続いて運ばれて来たのが、こちらの”ビーフかつめし”で、お値段は850円也。”かつめし”自体はオーソドックスだが、付け合せがかつめしの王道のボイルドキャベツでは無く、生野菜のサラダなのが嬉しい!!!当ブログでも何度も紹介している様に、私が高砂でかつめしが有名なお店伊保の一平へ行った時に”かつめし”では無く”ビフカツとライスがセットになったカツライス”を頼むのは、”カツライス”にすると生野菜サラダになるからなのだった。先日、この近くに出来た『かつめし専門店いろはーず』の酢漬け風のボイルドキャベツは美味しかったけど、一般的なボイルドキャベツはあまり好きじゃ無いので、絶対に生野菜の方がありがたいのだ。
 
で、こちらがメインの”ビーフかつめし”で、見た目、結構なボリュームが有りそう。かつめしのタレは甘過ぎず、かと言って酸味が強い訳でも無く、どちらかと言うとあっさり系。特に目立った個性は無い様な印象だが、老若男女、世代を超えて誰にでも合いそうな無難な味?で、まあ普通に美味しい方じゃ無いのかな?個人的には直ぐ近くにある『喫茶エデン』のかつめしの方が美味しい様な気はするけど・・・。
 
そして”ビーフかつ”のお肉はこんな感じで、かつめしの王道の如く、滅茶薄い。そのせいか、中まで完全に火は通っているのと、後、肉の味はやっぱりあっさり目?と言うのか、値段也の味だったかな?個人的な要望を書くと、お肉はもうちょっと頑張ってエエお肉を使って欲しい?様な気はする・・・。とは言え、値段が850円ならこんなもんかな?
 
で、上でも書いた様に、このお店ではかつめし定番のボイルドキャベツでは無く、普通の生野菜のサラダが付いている。ドレッシングは市販の物の様な味だったが、玉ねぎやレタス何かもたっぷりでボリュームもあり、中々美味しかった。やっぱ付け合せはボイルドキャベツでは無く、生野菜のサラダに限る!!!(後から思ったけど直ぐ近くの”エデンのかつめし”も生サラダだった・・・。)
 
てな事で、全品280円均一の焼鳥屋さんが満席だったので急遽予定を変更して『喫茶ぷちとまと』のかつめしを食べたのだが、まあ、無難な味のかつめし・・・、と言う印象だったかな。JR加古川駅周辺には先日オープンした『かつめし専門店いろはーず』を初めとして『喫茶エデン』や、昔からある『喫茶カノコ』がFC経営する『月の庵/加古川店』やら、ヤマトヤシキの1Fの喫茶店やら、兎に角、かつめしをメニューに出すお店が山の様にあるのだが、その中でも比較的美味しい方のお店に入るのでは無いかな?とは言う物の、現時点ではオープンしたばかりの『かつめし専門店いろはーず』の方が話題的にも内容的にも一歩も二歩も先を言ってる様な気はするけど・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.