義史のB型ワールド

2010年11月6日

北海道フェアで久々にスープカレーを買った!レトルト版だが値段は945円だ!

Filed under: カレー — 代理人 @ 9:52 午後
 
代理人記録
 
ネタ的には今年の春頃の話なのだが、一向に筆が進まず、とぎれとぎれで記事を書いている間に半年以上過ぎ去ってしまった・・・。しかし、半分以上は記事を書いていたので、没にするのは勿体無い・・・。って事で、ちょこっと加筆し持って適当にご紹介・・・。何か下にも似た様な事を書いているが、邪魔臭いから、そのまま残し時ましょ・・・。
 
—————————————————————————————-
 
一時期、全国的にも大ブームとなった”スープカレー”。そのブームに乗って、私も神戸大阪に出掛けて行った時に、あちこちのスープカレー専門店で食べたり、ココ壱番屋の限定メニューでも食べたり、あるいは昨年、加古川にもちょっと遅れてオープンした専門店でも食べたりした物だが、ここ最近は、そう言った機会も無く、すっかりブームも冷めた様な気がする。が、スープカレーの本場、北海道ではご当地グルメブームも手伝ってか未だ人気は残っているみたい。
 
今年の夏が始まる前、ニッケパークタウンで開催されていた北海道物産展?でも、その本場の”スープカレー”が売られていたので、思わず、懐かしさ?も手伝って買って食べたのだった。写真だけ用意して記事を書くのをすっかり忘れていたので、遅ればせながら、簡単にその”スープカレー”をご紹介!
 
こちらがニッケパークタウン内の北海道物産展のコーナーで売っていて、私が思わず買ってしまった”札幌カリーヨシミ/スープカレーじゃがいもチキン”の売場の様子と、実際に買って帰った”スープカレーじゃがいもチキン”のパッケージで、お値段は何と一食945円也!!!パッケージには1~2人前とはなっていたが、骨付きチキン等の具材が一種類ずつしか入って無いっぽいので、基本的には一人で食べる?あるいは、熱々カップルならば二人で食べる事も可能なのかな
 
で、私が買った”じゃがいもチキン”の他にも”ポークステーキやさい”とか”シーフード”とかも売っていたのだが、値段が高いし、美味しいかどうかも未だ判らない物をそんなに沢山買い込んでも仕方が無い・・・、あるいは、そこまでスープカレーも好きでは無い!って事で、もしも今回買って食べる”じゃがいもチキン”が美味しかったら、また買いに来ようと思い、今回は一種類だけ買って帰ったのだった。でも結局、実際にこのスープカレーを食べたのが遅かったので、その頃には北海道物産展も終わってしまっていたので、二度と?買う事は無いのでもあった・・・。
 
今回買ったスープカレーは北海道にある専門店札幌カリーヨシミ”と言うお店が製造販売しているスープカレー。公式サイトの紹介を読むと最近、このお店のカレーがJAL国際線の機内食に選ばれたらしい・・・。って事で、それなりに札幌カレーのお店として有名なお店らしい。
 
で、こちらは実際に買って帰った”札幌カリーヨシミ/スープカレーじゃがいもチキン”の外箱に書いてあった商品説明。ま、一言で言うと、スープにも具にも自信があります!って事かな?
 
てな事で、早速、買って来た”札幌カリーヨシミ/スープカレー”のパッケージを開けると、中からは”スープ&具材”と書かれたパックと”カリーペースト”と書かれた二つのレトルトパックが出て来た!お店の商品説明に寄ると”カリーペーストスパイスの芳潤な香りと味をお楽しみいただくために、カリーペーストを別添えにしました”との事。何かちょっと凝ってますねえ・・・。
 
てな事で、それぞれのレトルトパックを湯煎?と言うのか、熱湯で温める事、十数分?レトルトパックの中身が十分に温まったら完成!!!
 
まずは器の中に”スープ&具材”のレトルトパックを開けてみる。中からは巨大な?骨付きチキンを初め、じゃがいもやゆでたまご等の具がどっさりと出て来た。何かこれだけでもスープ料理?として食べれそう・・・。箱に書いてある商品説明に寄ると”こだわりのスープお肉やお野菜を6時間煮込んでから、寝かすこと一晩。フレンチの手法でまる一日かけて作り上げるスープ=“YOSHIMIブイヨン”は、上品かつ奥深い味わいです”との事。
 
その中に、もう一つのレトルトパックの”カリーペースト”を投入して、漸く”札幌カリーヨシミ/スープカレー”の完成!!!ちょっと酸味の強そうなスープカレーの色をしている風にも見える・・・。
 
そしてこちらが具の中でも一際存在感のある巨大な”骨付きチキン”。以前、同じ様に百貨店の九州物産展か長崎物産展かで買った”骨付きチキンカレー”にも豪快に骨付きチキンが丸ごと一本入っていたが、今回の”骨付きチキン”はその時のチキンに負けんぐらい・・・、と言うか、それ以上に大きいかも知れない。これまた商品説明を読むと”骨付きチキンやわらかチキンの秘密は、じっくりコトコト煮込んで、さらにゆっくり冷ますこと。骨付きチキンのうま味はそのままに、ホロリとくずれる食感をお楽しみください”との事。
 
確かにスプーンだけで肉が解れるぐらい、柔らかい鶏肉だ。レトルト商品でこれだけの本格的な骨付きチキンには、中々お目には掛かれまい!十分にブイヨンで煮込まれた鶏肉にカレー味がプラスされて中々美味しいかった。値段はちょっと高かったけど、この骨付きチキンを味わえるだけも元を取った様な気分にさせてくれる。
 
そしてこちらはカレーの定番の具である”じゃがいも”で、カットされている物の、”皮付きのじゃがいも”だ。これまた商品説明を読むと”じゃがいもシェフが選び抜いた、北海道産のメークインを使用。肥沃な大地で育ったイモ本来の豊かな風味を生かすため、皮付きのままブイヨンで煮ています”との事。ただ、こちらの”じゃがいも”は感動するほどの味では無かったかな・・・。
 
こちらはスープカレーの具の定番である”ゆでたまご”だが、こちらは何の変哲の無い、極々普通の”ゆでたまご”だった。そんな事は売っている方も百も承知?って事か、パッケージの商品説明にも”ゆでたまご”の事は一切触れられて無かった・・・
 

てな事で、もくもくとスープカレーを食べ進めて行ったのだが、外箱に1~2人前と書いてあった様に、あるいは具に大振りな骨付きチキンを初めとして、じゃがいももゴロゴロと入っていた事もありボリューム満点で、スープカレー単体で十二分にお腹が満腹状態になったのだが、やはり日本人としてはカレーを食べるのにライス抜きでは食べれ無い?って事で、誘惑に負け、途中からライス投入!!!やっぱカレーには白いご飯が一番良く合いますねえ。まあ、最近、食べる事が増えた、インドカレーの焼立て熱々のナンもそれなりに美味しいのだけどねえ・・・。
 
 
と言う事で世間一般的にはスープカレーブームはひと段落した様な気がするけど、本場北海道ではまだまだスープカレーは人気があるらしい・・・。今回買った”札幌カリーヨシミ/スープカレーじゃがいもチキン”はレトルト商品の割には巨大な骨付きチキンも入っていて、食べ応えも十分だったのだが、カレーの味的には、やっぱお店で食べる方が一歩も二歩も上かなあ・・・。ま、スープカレーよりも、やっぱり普通のカレーの方が美味しい?と言う話も無いでは無いのだけど・・・。
広告

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.