義史のB型ワールド

2010年10月31日

個人的に”煮干しの出汁”が好きなもんで・・・”味噌にぼしらーめん”を食べて来た!!!でもやっぱ味噌ラーメンは味噌味じゃ!

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 12:11 PM
 
代理人記録
 
灘のけんか祭りの宵宮見物を終え、再びやって来たのが姫路駅前。以前はこの時間帯に姫路駅周辺にやって来ても、飲屋さんとか焼肉屋さんぐらいしか開いて無くて食事して帰るのに困ったもんだが、ここ数年、姫路駅周辺にもラーメン屋さんが増えて来てしかも今年になって駅近に2軒もラーメン屋さんが出来て便利になった。この日はその中の一軒で、煮干しラーメンが売りのお店にまたまた行って来た。
 
こちらが今年のGWに姫路駅前みゆき通りに新しくオープンしたばかりの『麺や六三六/姫路店』で、私はこの日で三度目の訪問となる。ラーメン屋さんと言えば、私もそうであったが、一杯飲んだ後、家に帰る前に食べるってのが定番!そんな事もあり一番賑わう時間帯と言えば午後9時頃から深夜まで・・・、って事で、この日はちょっと早い時間だったのでそれほどの大賑わいでは無かったが、私が入る直前に5~6人のサラリーマンの団体客が入った事で、カウンター全席が埋まった。ま、私がラーメンを食べてる時に先客がどどーっと帰って行ったので、雰囲気的には半分くらいの席が埋まっている?と行った感じ。でもまあ、この時間帯でこれだけの客が入っていると言う点では、今の処、それなりに人気があると思っても差支え無いのかな?
 
で、お店の前にはこの様な”秋の新作!男のど根性味噌!味噌にぼしらーめん”と大きく書かれた看板が立っている。こちらは10月1日から登場した新メニューなのだが、私は事前にこのお店に味噌らーめんが登場した事は聞いていて、実際、この日はこの味噌らーめんを目当てにこのお店にやって来たのであった。それにしても、私が最近食べた味噌ラーメンと言えば”もんどの熟成味噌ラーメン”ぐらいしか頭に思い浮かば無いぐらい、私が味噌ラーメンを食べるのは久しぶりの事かも。ま、一口に味噌らーめんと言っても色々あるもので・・・。
 
てな事で、先のサラリーマンさんの団体客よりも先に運ばれて来たのが、こちらの”男のど根性味噌!味噌にぼしらーめん”、750円也。トッピングはチャーシューの他に大量のネギやモヤシ、それに春菊等の野菜の他、ナルトが一枚、それに”煮干し”の風味を出す為か、魚粉?と言うのか削り節が少し乗っている。が、私が求める、本場札幌の味噌ラーメンと言えば、味噌ラーメン誕生のお店『味の三平』や、あるいは”もんどの熟成味噌ラーメン”の様な”豚の挽肉を玉ねぎやモヤシ等と炒めてトッピングしたラーメン”なのだが、このお店も世間一般のラーメン屋に多い、スープが味噌味ベースになっただけの味噌ラーメンだ。
 
麺はスープと相性の良いとか言う中太麺だが、本場札幌で良く使われている西山製麺の様な縮れ麺では無くストレートな麺で、印象的には極々普通の麺。スープは、一応、北海道の味噌を使っているとの事だが、どちらかと言うとちょっとあっさり系の味噌味。それ以前に、”にぼし”の風味はあまり感じられず、やっぱ味噌の味が勝ってしまっていて、別に”味噌にぼし”と言う様な感じでは無かった様な気がする。
 
こちらがトッピングされていたチャーシューで結構分厚くて、しかもトッピングする前に一度、バーナーで芳ばしく焼いている。私が育てた?と言っても過言では無い?姫路の『ずんどう屋』も初期の頃は、同じ様に七輪で一度チャーシューを炙ってからトッピングしていたのだけどなあ・・・。それは兎も角、このチャーシューは昨年の秋頃に三宮で食べた、これまた煮干しラーメンに入っていた極厚のチャーシューには劣るが、それでも結構分厚いチャーシューで、食べ応えもあって中々美味しかった。
 
てな事で、このお店は”煮干しを使ったラーメンとつけ麺”が売りのお店で、メニューの種類は少ないのだが、今回は秋の新作って事で、ちょっと珍しい”味噌にぼしらーめん”ってのを食べたのだけど、味噌味って事で肝心の煮干し風味があまり感じられなかったので、やはり普通の”六三六ラーメン”を食べるのが正解だろう!ま、どちらにしても無化調を売りにした、そこそこ美味しいラーメン屋さんなので、また普通の”六三六ラーメン”を食べに行きたいと思うのであった。それにしても、このお店が出来た事や駅の南側にも『熟成細麺・宝屋』が出来たり、あるいは、フォーラスの向かい側にある『博多ラーメン虎と龍』もそこそこ評判が良い?って事で、この直ぐ近くにあった塩ラーメンが自慢のお店『ラーメン獅子歌歌』は閉店してしまっていた。ま、ちょっと前にお店前を通った時、店内はガラガラだったので、先は長く無い?と思っていたのだが、案の定・・・みたいな。個人的には色んな味のラーメン屋さんがあって結構楽しかったので、ラーメン屋が潰れるとちょっと寂しい気がする・・・。ま、ちょっと離れているが、姫路には強力なライバルとなる『博多一風堂』もオープンしたって事もあり、姫路のラーメン屋も自然淘汰が始まったのかも知れない・・・。

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。