義史のB型ワールド

2010年10月29日

以前行ったら定休日だった創作チャイナのお店に行ってみた。

Filed under: 中華料理 — 代理人 @ 9:43 PM
 
代理人記録
 
この日は某先輩の会社のパソコンの入替作業。午前中で終わる作業?と思っていたのだが、意外と手こずって午後も作業する事となった。てな事でランチタイムになったので一時中断。先輩がJR加古川駅前の銀行に用があると言う事で、その近くにある先日オープンしたばかりのかつめし専門店いろはーず』に行ってみる事にした。
 
ところがどっこい!!!『かつめし専門店いろはーず』に着くとお店は定休日?だった・・・。そう言えばこの直前、パソコンのパーツを買いにパソコン工房に寄ったら、そこも休みだった。何かこんな日って、一日中、何処へ行っても休みな場合が多いのよね。仕方が無いので”喫茶エデンのかつめし”でも食べに行く?と言う話になったのだが、ふと、加古川駅北側にある前々から行ってみたい中華料理のお店(と言うか、一回行ったらその日は定休日で入れ無かった事があった)の事を思い出し、折角なのでそちらのお店に行く事になった。
 
こちらが今回行った『創作チャイナ桜華(OUKA)』。このお店はJR加古川駅の北側のマンションの1Fにあるお店で、駅から歩いて3分ほどの場所にあるのだが、車の流れはあるものの歩行者はあまりいない様な場所なので、やや影が薄い様な印象がある(ちなみにこのビルのちょっと東には一軒屋の中華料理屋さんがあり、そちらは遠目からでも良く目立つ)。
 
で、このお店には以前一度来た事があるのだが、その時は定休日?で入れ無かったので、実質今回が初訪問となる。この日の訪問時間は午後1時に近い時間って事で店内には一組のグループ客が残っているだけで、流行っているのかどうかは微妙・・・。また機会があればランチタイムど真ん中の時間帯の様子を見に来たいと思う・・・。
 
外からは中がちょっと伺いにくいドアを開けて店内に入ると、そこにはテーブル席が何卓かと、厨房に向かってのカウンター席が5席ほど並んでいる。が、何と無く店内は薄暗い様な印象。実際、後で紹介する写真もちょっと光量不足でややピンボケ気味な写真が多かったし・・・。もうちょっと明るい方が雰囲気は良い様な気がするのだけど・・・。
 
それは兎も角、ランチタイムって事で、お得な?ランチメニューを見てみると・・・。
 
まず最初に目に着いたのはこのお店のランチメニューの中で多分一番安い?部類に入るのがこちらの”飯ランチ”、850円と、その下にある”揚げそばランチ”、800円で、共に平日のみのメニューとなっている。”飯ランチ”は”熱々鉄鍋ご飯”になっているらしく、全5種類の中から好きな一品が選べるとの事。中々楽しそうなので、何れまた機会があれば食べてみたい様な気もする内容だ。
 
こちらはワンランク上のちょっとコースっぽくなった”桜華ランチ”のメニューで、お値段は1350円也。メイン料理は10種類の中から一品、麺飯料理も三種類の中から一品、更にデザートも7種類の中から一品選べるシステムなのだが、単純にメニューを見てメイン料理を選ぶのか面倒臭さそう?と言うのか、何か色々迷ってしまって選び辛い?って事で、こちらは却下。
 
更のメニューをめくっていくと、ちょっと豪華な”お昼のサービスコース”と言うメニューがあり、上の写真は2000円のコースだが、更にお値段が高いコースが何種類かあった。が、しかし!こちらのコース料理は、基本的に”本日の揚げ物”とか”本日の肉料理”と書かれていて、ちょっと内容が不明。まあ、店員のおねえさんに聞けば内容は教えて貰えるのだろうけど、値段的にそこまでの物を食べる事も無いか・・・、って事でこちらもパス。
 
そんな中、我々が注目したのは6種類の料理が一度に楽しめ、更にミニサイズの麺や飯も食べれる”桜華スペシャルランチ”と言うメニュー。中華料理の定番である酢豚を初めとして、唐揚とか海老マヨが食べれて、更に”ミニ炒飯、ミニ揚げそば、ミニチャイニーズ粥”の中からも一品選べるって事でこちらのランチを食べる事に決定!!!
 
まず最初に運ばれて来たのは”桜華スペシャルランチ”の一品目の料理である”フレッシュ野菜サラダ”。ご覧の通り中華料理と言うイメージとはちょっと違う、何と無く洋風テイストなサラダだ。味的には上の写真を見て大体想像が着く、オーソドックスな野菜サラダだったけど・・・。
 
続いて運ばれて来たのは”桜華スペシャルランチの本日のスープ”で内容を見ると”玉子スープ”。こちらは中華料理の王道?とも言えそうなスープで、普通に美味しい。餃子の王将でも偶に定食にこの手の玉子スープが付いている事もあるのだが、やっぱ一味こちらのスープの方が旨い!みたいな。
 
サラダとスープを食べ終え暫く待っているといよいよ運ばれて来たのが”桜華スペシャルランチ”のメインである”料理六種類盛り合わせ”。ご覧の様に一つの器に綺麗に盛り付けられていて、中々楽しそうだし思いの外、ボリュームも有りそう。
 
料理の内容をご紹介すると、左上から順番に
 
 ・黒酢のヘルシー酢豚
 ・ぷりぷり海老の特製マヨネーズソース
 ・揚げ茄子のピリ辛マーボーソース
 ・チャーシューたっぷり蒸し饅頭
 ・揚げ焼売andパリパリ広東風春巻
 ・揚げ鶏の特製柚子ネギソース
 
の6種類。
 
一品ずつの料理の感想は省略するが、どの料理も出来立て熱々で、全て一から料理したっぽい。味もオーソドックスながら、どの料理も普通に美味しい。これだけの色んな味の料理がミニコース並にちょっとずつ楽しめて、まさに食いしん坊な私にはぴったりのメイン料理だった。やっぱメイン料理を一品選ぶ寄りも、この様に少しずつれも色んな味が楽しめる方がありがたいものだ!
 

六種類盛り合わせ”料理を食べていると”桜華スペシャルランチ”の飯物メニューである”ミニ炒飯”が運ばれて来た。この日食べたランチでは”ミニ炒飯、ミニ揚げそば、ミニチャイニーズ粥”の3種類の中から一品選べたのだが、私も先輩もオーソドックスに”ミニ炒飯”をチョイス。それぞれが別々の物を選択していたら料理する人も大変だろうなあ・・・と思いつつ早速頂く事に。
 
量的にはラーメン屋の半チャンセットにありがちなミニ炒飯と同程度の量で、当然の如く、炒めたばかりの熱々な炒飯で、これまた普通に美味しい。具の中身も細切れながらの焼豚も入っていて、炒飯的にもほぼ完璧だったかな。今回はどの料理もミニサイズで少しずつだったけど、品数が豊富だった事もありお腹は満腹になったのであった。
 
最後は”桜華スペシャルランチ”の選べるデザート全7種類の中から私が選んだのは”自家製カスタードプリン”。これまた中華料理屋さんには珍しい、極々普通のプリンで、中々美味しかった。
 
ちなみに先輩が選んだデザートは、こんな感じの”バニラアイスクリーム”。見た目的にも普通にアイスクリームだ。
 
てな事で、以前一度来てみたら定休日で入れ無かった創作中華料理のお店に行ってみたのだが、メイン料理6種類と我々が選んだミニ炒飯は創作中華と言うよりは、極々普通の中華料理っぽい感じで、味的にも普通に美味しかった。場所的に行き易い様なそうでも無い様な微妙な位置にお店があるので、ちょっと存在感は薄そうなんだけど個人的には十分満足出来る味だったかな。加古川近辺にこれと行った中華料理のお店が無い事もあり、また機会があればぜひ行ってみたいと思うのであった。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.