義史のB型ワールド

2010年10月25日

法事の後のお楽しみ?って事で、またまた”輝高”に行って来た!!!今回は松茸三昧???

Filed under: グルメ — 代理人 @ 8:42 PM
 
代理人記録
 
以前、法事の後に食事に行くお店と言えば高砂町内にある『魚亭やつか』とか『焼肉ぶんか』、あるいはちょっと遠出?して元同級生が営む『フレンチ料理のお店』や元ご近所さんがやっている『フレンチ料理のお店』に行く事が多かったのだが、最近は近場で歩いて行けるのでお酒も飲める!って事で、良く利用する様になったのが『生州割烹/輝高』。今回も法事の後、またまた『生州割烹/輝高』に行く事になった。
 
生州割烹輝高
こちらがまたまた行って来た『生州割烹/輝高』で、今年だけで二回目の訪問だ。私はこのお店が誕生した5年ぐらい前の頃から行っているのだが、お店が誕生した頃は知名度も低く、あまり流行っている様子は無かったのだが、口コミで徐々に評判が広がり、今は前日までの予約が無いと入れ無い完全予約制のお店へと進化して、ある意味、高砂の知る人ぞ知る、ちょっとした隠れ家的な名店にまでなっている。
 
生州割烹輝高前菜八寸料理生州割烹輝高前菜八寸

てな事で、この日は法事の後って事で、当然の如くに一か月ほど前から予約を入れていたので、個室に入るとテーブルの上には既に最初の料理である”前菜の八寸”が並んでいた。このお店の御主人は京都の和食屋さんで修行をした?とか言う事もあって、毎度の事ながら見た目が美しく盛り付けられている。内容はお魚中心の献立で、その中には私の苦手な鯖鮨もあったが、このお店の鯖はそれほどの癖も無く普通に食べれた。海老も尾頭付きなんだけど、お腹の殻はちゃんと剥いてあって食べやすくなっている。その他、栗に見立てた一品等、何時もの様に色々と楽しませてくれる前菜であった。
 
生州割烹輝高お造り
2品目は、このお店のコースの定番通りとも言える”お造り”で、内容は”中とろ?、鯛、烏賊、もずく酢”等々。このお店に来た時は必ず出て来るお造りであるが、過去の写真を振り返ると毎回毎回、盛り付け方や器が違う事にあらためて驚かされる。そしてこのお造りも、新鮮で凄く美味しい。個人的にはこう言う機会でも無い限り、滅多に食べない”お造り”だけど、このお店の”お造り”は大歓迎だ。
 
生州割烹輝高土瓶蒸し
そしていよいよ運ばれて来たのはこの日のダブルメイン?とも言える”土瓶蒸し”。この日食べたコースは通常のレギュラーメニューにあるコースでは無く、って事で事前に”松茸”と、それと我が一族の大好きな”牛肉”を料理の中に取り入れて欲しいとお願いしていたコース料理なのだ。そんな訳で、必ず”土瓶蒸し”は出て来るだろうと想像していたので、然程驚く話では無い・・・。
 
で、まずは一口、御猪口に注いで飲んでみると・・・、ちょっと薄味なお出汁な感じだったけど久々の”土瓶蒸し”って事で中々美味しい。
 
生州割烹輝高土瓶蒸しの鱧
土瓶の蓋を取ると中から大きな”鱧の身”が姿を表す。鱧と言えば、今年のGW期間中に『輝高』に来た時も小鍋料理は”鱧鍋”だったので、何か今年は『輝高』のに縁があるような・・・。それにしてもその時に食べた”鱧鍋のお出汁は滅茶旨だったけど、この日のお出汁はちょっとあっさり気味だったので、ちょっと物足りなさ?はあったけど・・・。
 
生州割烹輝高土瓶蒸しの松茸
そして鱧の下には”土瓶蒸し”のメインである松茸が潜んでいたので、箸で摘まんで取り出してみたのがこちら。国産かどうかは定かでは無いが大きさは結構デカイ!!!個人的には今年の初松茸で、噛み応えのしっかりした味わい深い松茸で中々美味しかった
 
ちなみに”土瓶蒸し”と言えば7~8年前に、年間4~5回ぐらい行っていた淡路の超有名なお寿司やさん『林屋』で、当時食べた”土瓶蒸し”は、それはもう、これでもか!と言うぐらいに魚や海老等の具が盛り沢山で、今の処、我が人生で”最高の土瓶蒸し”だった(ただ、板前の兄ちゃんが変わった後の土瓶蒸しは酷かったけど・・・)。流石にその時の”林屋土瓶蒸し”と比べると、具が少ないのとお出汁があっさり気味だったのが、ちょっと残念だったかな?
 
生州割烹輝高大根の蟹身あんかけ生州割烹輝高大根の蟹身あんかけ

土瓶蒸し”をちびりちびりと最後まで飲み干すかの様に飲んでいたら、次の料理である椀物の”大根の蟹身あんかけ”?が運ばれて来た。基本的には和食に良くある”大根のあんかけ”なのだけど、あんの中には蟹身がたっぷりと入っている。そう言えば昨年の年末に『輝高』に来た時は”蟹鍋”を食べたなあ・・・、と思いながら食す。良くある蟹の脚身を解した物だったけど中々美味しい。おっとメインの大根?も普通に美味しかった。
 
生州割烹輝高牛肉の陶板焼き生州割烹輝高牛肉の陶板焼き

そしていよいよこの日のメイン料理である”牛肉の陶板焼き”のお肉と野菜、それに携帯燃料のコンロの乗った陶板が運ばれて来た。上で書いた様に、この日は食材の中に松茸を入れてくれる様にお願いしていたので、もしかすると焼き野菜の中に焼き松茸もあるかな?と期待したのだけど、残念ながら無かった
 
生州割烹輝高牛肉の陶板焼き
そしてこちらが”牛肉の陶板焼き”のお肉でパッと見た感じはヘレ肉の様だ。このお店は基本的に和食料理のお店なのでお肉にそれほど力を注いで居る事は無いと思うのだが、我が一族が肉好きって事で、毎回お肉をリクエストする為、何時も美味しいお肉を用意してくれていて、そんじょそこらの焼肉屋さんよりは美味しいお肉を提供してくれるので楽しみの一つにもなっている。
 
生州割烹輝高牛肉の陶板焼き生州割烹輝高牛肉の陶板焼き

てな事で早速、熱っされた陶板の上にお肉と野菜を置いて焼いて食べる事に・・・。焼いたお肉や野菜を食べる用にポン酢も用意されている。で、このお肉が取っても柔らかく、肉汁もたっぷりで物凄く旨い!!!やっぱお肉はこうで無くっちゃねえ。このお肉を食べるだけでもこのお店に来る価値があるとさえ思ってしまうのであった。
 
生州割烹輝高松茸ごはん生州割烹輝高松茸ごはん

そんなこんなで大満足のメイン料理の”牛肉の陶板焼きが終わると暫くして運ばれて来たのが〆のご飯で、この日は松茸をリクエストしていた事もあり、予想通り”松茸ごはん”だ。丁度昨年の今頃にも『輝高』に来たのだが、その時は通常メニューにあるお手軽値段のコースを食べた事もあり、ふつうの炊き込みご飯だったので、その差は歴然!!!前回とその前に食べた”鯛めし”も中々美味しかったけど、やっぱこの時期に食べるのは”松茸ごはん”が良いですよねえ・・・。
 
生州割烹輝高松茸ごはん
って事で、お茶碗によそって貰った”松茸ごはん”はこんな感じで、私が”松茸!、松茸!”と言うので、結構”松茸”をテンコ盛にしてもらったのだった。味は、この日の”土瓶蒸し”が薄味だった様に、この”松茸ごはん”も若干薄味。”松茸”の風味を生かす為に薄味にしてあるのかも知れないが、我家の炊き込みご飯が結構、濃い目の味だったので、余計に薄味に思ってしまう。ただ”松茸”たっぷりで中々旨い!!!お替りは沢山あると聞いていたのでお替りをしようと思ったら、土鍋にたっぷり残っているご飯は大阪で貧しいアルバイト生活をしている下の甥っ子が夜食用?に持って帰る・・・、って事で甥っ子に譲る事にした。まあ、腹八分目ってのが健康第一だし・・・、痛風にも良い?かも?
 
生州割烹輝高赤出汁生州割烹輝高香の物

ちなみに”松茸ごはん”には何時もの様に瓢箪型の器に入った”赤出汁”と”お漬物”が付いていて、どちらも美味しかった。最近は美味しいお漬物を食べる機会が少ないと言う事もあり、余計に美味しかったのかも知れない・・・。
 
生州割烹輝高デザート
メイン料理を食べ終えると、これまた何時もの如く”デザート”が登場。この日の”デザート”は秋のフルーツである、梨と葡萄、それにパイナップルの3種盛。シンプルな内容ながら、どのフルーツも美味しかった
 
生州割烹輝高食後のコーヒー
そして最後は”食後のコーヒー”が出て本日のコース料理は終了!!!量はちょびっと少ないが、コーヒー大好きの兄も満足のいく一杯との事。
 
てな事でまたまた『生州割烹/輝高』で、この日は”松茸と牛肉”三昧をしたのだが、薄味ながら土瓶蒸しも美味しかったし、お肉も何時も以上に美味しかった。やっぱこのお店で出て来る料理は間違い無いですねえ。次回は一度、シンプルに普通のお昼の御膳を食べてみたいと思うのであった。

広告

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。