義史のB型ワールド

2010年10月16日

偶に食べたくなるらーめん2国でワンタンらーめん食べた!相変わらず常連さんで賑わっているみたい・・・。

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 9:24 PM
 
代理人記録
 
一時期は明石から姫路にかけて、十店舗以上のお店があった、播州地方ではちょっと人気のあった『らーめん2国』だが、今は加古川店伊川谷店西明石店、それに大阪の藤井寺のお店だけとなった。魚住には昔ながらの”2国ラーメンの味を守っている”と言う噂の『起歩』があるのだが、私も何年か前に一度食べに行ったのだけど、何かちょっとあっさりした感じで、やはり昔の2国らーめんとはちょっと違う?様な・・・、それでも一番近いと言われるとそんな気がしないでも無いお店だった。
 
そんな中、今でも時々行っている『らーめん2国/加古川店』ではシルバーウィーク(今年はそう呼ばないみたい?)の期間中、創業29周年祭(何と中途半端な・・・)と題して”半額券キャッシュバック”をやっていたのだが、その期間中は敬老の日があったり、管理にさんのお祝いの集いがあったりして行く事が出来なかった。そんな事もあってか次の週、無性に2国ラーメンが食べたくなって来たので、久々(でも無いか)にチャリンコに乗って行って来た
 
こちらが約2ヶ月ぶりの訪問となる『ラーメン専門店2国/加古川店』。この日の訪問時間はちょっと遅くて既に午後1時近かったのだが、未だテーブル席はほとんど埋まっているぐらいの盛況ぶり。『らーめん2国』には昔からの根強いファンが結構居る様で、相変わらずの客の入りだ。
 
で、この日は大して食べたい気分では無かったので、ラーメンのみを注文する事に。でもそれじゃあ、あまりにも物足りなさが残りそうな気がしたので、久々にワンタンをトッピングする事にした。
 
間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”ワンタンらーめん”で、お値段は740円也。普通の”2国らーめん”が650円なのでワンタンのトッピング代は90円と言う計算。他のラーメン屋さんのワンタンのトッピング代は平均すると100円ぐらいが相場なので、90円ってのはある意味、良心的な価格設定かも。
 
ちなみに昨年末、長渕剛のライブの帰りにらーめん2国/明石店で食べた”ワンタンメン”と何と無く見た目が違う?と言うのか、ちょっとワンタンの量とか大きさ、それにスープの色も違う様にも感じたけど、それは夜の照明とかの関係もあるので、単に気のせいかも知れない・・・。
 
で、この日も麺は前回と同様に太麺を指定。もっちりとした食感のある麺で、中々楽しい。やっぱラーメンも焼きそばも太麺が良いですねえ・・・。スープは何時もの変わらず、ちょっと豚骨の香りがする”2国らーめん”の味だった。ちょっとニンニクを足したかったのだけど、今回は昼間だったし、ちょっと我慢してしまった・・・。
 

で、こちらが”ワンタンらーめん”のメインとも言えるトッピングのワンタン。一つ一つが大ぶりな、つるっとしたワンタンが5~6枚入っている。が、このお店のワンタンには具は入って無い。ここ最近では”三角ラーメン土山店で食べたワンタンメン”にはかろうじて肉ミンチ?と判る程度の具は入っていたのだが、そう考えると、私の大好きな”もんどのワンタン麺”のワンタンは一個でも餃子並の大きさがある、肉ミンチがぎっしりと詰まった食べ応えが十二分のあるワンタンだし味も旨いし・・・、って事で、やっぱ”ワンタン麺でももんどが一番!”と思ってしまうのであった・・・。
 
てな事で、最近は『らーめん2国』に行っても限定ラーメンを食べる事が多かったのだが、今回は素直に”2国らーめん”にワンタンをトッピングして食べた。スープ自体は相変わらずの2国独特の豚骨っぽさのある味で、特別旨いか?って聞かれると、そんな事も無いのだが、何か偶に食べると、ホッとすると言うのか、そんなスープなのよね。このお店に来る客はみんな、そんな不思議な魅力に憑りつかれているのか、何時もそれなりの客で賑わっているのよねえ・・・。そんな訳で、昔は『2国らーめん』と言えば明石を代表するラーメン屋さんだったけど、今は完全に加古川のラーメン屋さんになって居る様な気がするのであった・・・。

ブルーレイのメディアも安くなって来ましたねえ・・・、で、バーベイタムって何処の会社???

Filed under: コンピューターとインターネット — 代理人 @ 3:09 PM
 
代理人記録
 
先に紹介した様に、我が家も遂にPC用の書込み型ブルーレイドライブを付けた。その最大の目的は撮り溜めしたフルハイビジョン映画をブルーレイに焼いたり・・・、チョメチョメする事が目的であるのだが、折角なんで、メインパソコンの中のHDDに溜まっているデータもブルーレイにバックアップして整理でもしようかと、ブルーレイのメディアを買いに行ってみた。
 
メディアの売り場に行ってみると今まで見た事が無い”バーベイタム”と言うブランドのメディアを発見!また怪しいブランドの商品が出て来たのか・・・、と思って裏返してみると三菱化学メディアと書いてある・・・。後で調べてみると”バーベイタム”は元々アメリカの会社だったが、今は三菱化学メディアに吸収されていて”バーベイタム”と言うブランドだけが残っていて、主に海外で三菱化学メディアが”バーベイタム”と言うブランドでメディアを販売しているらしい・・・。
 
てな事で基本的には三菱化学メディア製?と思えば良いみたいだが、三菱化学メディアと言えば、以前、ヤマダ電機テックブランドでDVDメディアを売っていた時、最初は日本生産だったのが途中でシンガポール生産に変わった事で、良く覚えのある会社だ。三菱化学メディアのメディアは安売りされている事が多く、時々買うのだが、ソフマップの店員曰く”国産以下で台湾製より上の品質”と言う、何と無く誰もが思う様な説明で商品を売っていた。
 
で、今回もシンガポール生産かな?と思って裏を見ると・・・、何故かBD-REの10枚組だけは原産国は日本となっており、同じBD-REでも5枚組は台湾か中国製になっていた。何で同じBD-REで10枚組だけが日本で5枚組は違うのか、謎は残るがとりあえず日本製でこのお値段ならお得?って事で試しに買ってみた。ちなみに同じ売り場で売っている”バーベイタム”製のBD-Rはこれまた原産国が違っていて、こちらは定番のシンガポール製?だったかなあ・・・。兎に角最近はブルーレイ・メディアも国産品は少なくなって来て、反対に生産地は台湾の他にシンガポール、中国、インド、そして最近ではUAEまである始末。DVDも噂では国内生産をしているのは太陽誘電のみで、各メーカーが日本製として売っているのは太陽誘電のOEMとの事だが、ブルーレイのメディアは世間一般に広まる前から、国内品は少なくなって来て、今ではPanasonicしか日本生産品しか無くなりつつある。恐ろしい?世の中だ・・・。せめてPanasonicだけでも最後まで日本産を貫いて欲しい・・・と思うのであった。
 
こちらが今回買って来た”バーベイタム製の書換型ブルーレイメディアBD-RE(DVD-RWみたいなもん)”で、上新電機での購入なので、何時もの様に7のつく日に買ったので15%引きの1938円。この時点ではBD-REとしては結構安いお値段だったのだが、後日、SONY製BD-REの5枚組が1000円(10枚価格換算で2000円)、それも15%引きで購入したので1700円って事で、このバーベイタムのメディアよりも安かった実質日本産のBD-REが1枚170円と言う計算!BD-REメディアも安くなりましたねえ・・・。何かBD-R買うより安い様な気もする・・・。
 
話は”バーベイタム製のBD-RE”に戻るが、これだけ安いと、あるいは同時に売っていた5枚組のBD-REが台湾か中国生産になっていたので、パッケージの中の表紙に書いてある原産国も確認してみると、こちらも一応、日本産と書いてあるのでまずは一安心ってとこか・・・。
 

で、今回買った”バーベイタム製のブルーレイメディア”には”世界を楽しもう!キャンペーン”と題して”人気海外ドラマCSI”のドラマ1話が収録されたDVDが付いていた。ブルーレイメディアと買ったのに付いているのはDVD???とちょっと合って無いやん!と思いつつも現時点での製造コストの差を考えると、これも致し方の無い事かな?
 
で、私はご存じの通り古くは『ツイン・ピークス』や『X-files』、最近では『24』や『LOST』等の人気海外ドラマを欠かさず観て来たが『CSI』は一話も観た事が無いので、全然興味無し!!!って事で、このメディアもゴミ箱行きかなあ・・・。今回は2パック買ったので要らんDVDメディアが2枚付いて来た事になる。せめてそれぞれ違う話が収録されていたら、未だ救いはあるのにね・・・。あるいはせめてDVD-RWなら後で、中身を消して再利用出来るのだが、何かゴミメディアが1枚増えただけ?みたいな気がしないでも無い。
 
ま、どちらにしてもブルーレイメディアがどんどんと安くなって行く事はエエ事だ!!!50GBの書込みが出来るBD-R DLも旧製品なら1枚400円以下で買える時もあるので、結構ありがたい・・・。来年の今頃は半値以下?になっている事を期待して置こう!!!

WordPress.com Blog.