義史のB型ワールド

2010年10月9日

ポイントカードが後3個で満点達成!って事で久々に”七つの壺”に行って来た。流石の土曜の夜は超大賑わい!!!

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 8:57 PM
 
代理人記録
 
この夜も時々、夜飯を一緒に食べに行く幼馴染とラーメン屋へ向かっていたのだが、ふと途中で後、数ポイントの処でほったらかし?になっているスタンプカードがある事を思い出し、何か後ちょっと・・・と言うかもう一回行くとポイントが満タンになるので、急遽、そちらのスタンプカードのお店『神戸粉もん七つの壷/加古川店』に行く事となった。
 
こちらが久々に行った『神戸粉もん七つの壷/加古川店』。この日は敬老の日の絡んだ三連休の初日の土曜の夜って事もあってか、駐車場も店内も大賑わい。ま、駐車場は隣にある”焼鳥居酒屋トリドール”と共用だし、駐車場には観光バスが停まってたりして、その団体さんが勝手に車を駐車場変わりにしている?と言う気もしないでも無いが、とりあえず店内も満席に近い客で大賑わいであった。
 
こんな日は料理を注文しても出て来るまでに時間が掛かるで・・・、と思っていた通り一杯目の生ビールがもうちょっとで空っぽになってしまいそう・・・、と思った頃、漸く一品目の料理が運ばれて来た・・・。
 

まず最初に運ばれて来たのは、おつまみ感覚で注文した”オニオンリング”、380円也。パッとみると”イカリング”の如く、大きさがほぼ均一に綺麗に統一されている。どうやら玉ねぎをそのまま揚げたのでは無く、所謂、業務向け商品によくある一旦ねり物状に加工してから揚げたオニオンリング”の様で、味も何と無く練り物チックな味わいのする”オニオンリング”であった。
 

続いて運ばれて来たのがこちらの”もつ(ホルモン)うどん”、980円也。最近はご当地B級グルメブームの影響で、”作用(津山)名物のホルモン焼きうどん”が高砂や加古川近辺のお店でも良く見掛ける様になって来て、私も時々、あちこちのお店で”ホルモン焼きうどん”を食べているので、比較の意味も込めて、このお店の”もつ(ホルモン)うどん”とやらを注文したのであった。
 
が、しかし!、何かこのお店の”もつ(ホルモン)うどん”に入っているホルモン?が実にショボイ。量も少ないし、何か全然脂身の無い、部位的に何処なの?って感じのホルモンしか入って無い。これで980円はちょっとぼったくり何じゃあ無いのかなあ・・・。もうちょっと他のお店で出て来る”ホルモン焼きうどん”を研究して欲しい物だ。ちなみにこの”もつ(ホルモン)うどん”に使われている”秘伝のタレ”とやらは、何処と無くちょっと甘目で雰囲気的には以前食べた”好き焼きうどん”のタレをあっさりにした様な感じがする味だった様な・・・。
 

そしてこの日の目玉?と言えるのが、お店の名前をメニュー名に持った”七つの壷あんかけお好みロール”、990円也。この料理を注文した時の店員の兄ちゃんの説明では”お好み焼をロール状に巻いた物”と、何と無くメニュー名から想像が着くだけの説明を受けたのだが、その時にイメージしたのは、巻物状?と言うのかロールケーキ状の、もっと丸い形をしたお好み焼を想像していたのだが、実際に運ばれて来たお好み焼を観ると、ただ単に二つ折りにしただけの様で、全然ロールっぽく無い。そう言えば、このメニューを注文した時、何と無く店員の兄ちゃんが嫌そうな?顔をした様な印象を受けたのだが、それは上でも書いた様に、この日の店内は大賑わいで、厨房の焼き場がテンヤワンヤしていて、時間の掛かりそうな料理の注文は受けたがらなかったのでは?と言う様な気がする。あくまで、私の個人的な感想だけど・・・。
 
で、この”七つの壷あんかけお好みロール”は、鉄板の上に運ばれて来た後、別に添えられていた”あん”を自分たちで上から掛けて食べるスタイルなのだが、添えられていた”あん”は塩ダレ風のあっさりした”あん”で、これがイマイチ美味しく無い。メニュー名を観て想像していたのは”中華のあん”の様な、ちょっとこってりした、甘目の”あん”だったので、その違いに戸惑った事もあるのだが、何か塩ダレの味がイマイチ。これなら普通のソースの方がエエかも?と思って、テーブルの上にあったソースを掛けて食べたら普通のお好み焼の味だった。でもお好み焼の記事のトロミ具合は、”姫路名物・南風のどろ焼き”に近い物があった様な気もする・・・。
 
で、最後はやっぱり〆のご飯物?って事で追加注文したのがこちらの”焼飯”、580円也。先に食べたお好み焼2品とは違い、こちらは見た目も内容も、シンプルな、まさに”焼飯”!って感じの一品で、ご飯の炒め具合にもバラつきも無く、具沢山で普通に美味しい焼飯”で、この日食べた料理の中でも、この”焼飯”が一番まとも?と言うか、美味しかったかな?ま、お好み焼も変化球では無く、直球勝負の料理の方が美味しい?って事かも。ただ・・・、”焼飯”なんでお好み焼じゃ無く鉄板焼き?な処がアレなんだけど・・・。
 
てな事で、久々に『神戸粉もん七つの壷/加古川店』に行って来たが、相変わらず料理の味は今一歩(その割には大勢のお客さんで賑わっていたが・・・)。まあスタンプカードの事が無ければこの日も行く事は無かったかも知れないが、とりあえず一つの目的であったスタンプカードが満タンになったので500円の金券として使える。てな事で、もう一回『神戸粉もん七つの壷/加古川店』に行って、ランチでも食べようかと思っているのだが、もしかするとそれがこのお店の最後の訪問になるかも知れない・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.