義史のB型ワールド

2010年9月26日

”かつ富士”が”かつぜん”に変わったけど、基本的に中身は一緒?みたいな・・・。

Filed under: 焼肉、その他の肉料理 — 代理人 @ 9:16 PM
 
代理人記録
 
ご存じの様に?当ブログは写真の整理の都合上、大体2週間~3週間遅れで記事を書いている(と言うか投稿している)。そんな事もあり情報が若干遅れ気味な時が多々あるのだが、久々に比較的新しいネタをご紹介!!!
 
10年ぐらい前に、キリンさんで有名だった健康ランドの筋をちょっと北へ上がって行ったちょうど別府と東加古川の中間辺り?に新しい豚カツ屋さん『かつ富士』がオープンした。当時では未だこの界隈ではちょっと珍しかったゴマを擂ってソースに入れるタイプのお店で、オープン当初は時々行っていたのだが、一通り目ぼしいメニューを制覇した後は何と無く飽きて来てここ数年は全然行かなくなっていた
 
が、しかし今年になってから時々夕飯を一緒に行く同級生と話題に上がった事や、土曜日限定で1000円ぽっきりの定食があると言う事で、数年ぶりに何回か行ってみたのだけど、流石に今となっては極々普通の豚カツ屋さん・・・、って事でやっぱ魅力に欠けるなあ・・・、と思っていたら案の定、この夏頃に急にお店を閉じてしまった・・・。
 
どうなったんだろうと、近くを通る度に気になっていたのだがお店前の張り紙を見ると9月の中旬に『かつぜん』と言う名前で再オープンとの事。って事で先日、リニューアルオープン?したばかりの豚カツ屋さん『かつぜん』の様子を伺いにちょこっと寄ってみた。
 
こちらが先日の9月17日にリニューアルオープンしたばかりの”やわらかとんかつ『かつぜん』東加古川店”。看板は確かに『かつ富士』から『かつぜん』に変わっているが、それ以外はほとんど?と言うのか、まるっきり『かつ富士』の時のマンマ。こりゃお店の名前を変えただけかいな?と思ってみたが、後で、常連さんと店員さんの会話を聞いていると、一応、経営者は変わったらしい・・・。って事で、私が推測するに、多分フランチャイズ契約でやって居たお店をフランチャイズから抜けて独立してお店をやり始めた?のかな?
 
ちなみに以前あった『かつ富士』を営業展開していたのは徳島にある会社で、一時期、大久保や伊川谷に『馬力軒』と言う徳島ラーメンのチェーン店を展開していた会社でもある。『馬力軒』も今は淡路のお店以外、全部無くなったみたいだし、この度は『かつ富士』の看板も無くなった(徳島では未だ健在?)・・・、って事でどんどんと業務縮小化の方向に向かっている様な気がする・・・。
 

で、『かつぜん/東加古川店』のお店入口には9月17日オープンのポスターが大きく貼ってあり、その中にはこの様な”良質へのあくなきこだわり”と書いた、豚カツに対してのこだわりが書いてある。でも何かこの辺りの文言の書き方が、これまた以前の『かつ富士』に似ている様な気もするのだけど・・・。
 
ちなみにチラシとかレシートに東加古川店・・・、と書いてあったのだけど、東加古川店以外にお店があるのだろうか・・・?ちょっと怪しい・・・
 
で、こちらが『かつぜん』のランチのメニュー。ん???、何かこれも『かつ富士』の時のランチメニューと似ているぞ・・・、と言うか、上の方に乗っているメニューは『かつ富士』の時のランチメニューと全く一緒だ・・・。
 
こちらは『かつぜん』のランチメニューの下半分。”かつ丼ランチ”とか”かつカレーランチ”も前からあったメニューのマンマだし・・・。ランチメニューで『かつ富士』の時と変わっているメニューを探してみると・・・”ロースと野菜フライランチ”ってのが、今回のランチメニューから消えている・・・。野菜高騰の影響もあって野菜フライは取り止めとなったのかな?健康の為、何時か”野菜フライのランチ”を食べに来ようと思っていた?ので、ちょっと残念だ。
 
で、今回は一応『かつぜん』には初訪問!って事で無難に?”三種盛りランチ”とやらを注文!何か雰囲気的に全然新しいお店と言う気が全くしないのだけど・・・。
 
間も無くして運ばれて来たのがこちらの”三種盛りランチ”でメニューの名前の通り、3種類のかつと、味噌汁とお漬物とご飯がセットで、お値段は880円(税込924円)也。ご飯は普通の白いご飯か、麦ご飯かが選べたのだが、豚カツには白いご飯の方が合うでしょう?って事で、素直に白いご飯を選択。それにしても何か、かつ類にイマイチボリューム感が欠ける様な気がする。確かに以前の『かつ富士』で”三種盛りランチ”を食べたかどうかさえ、記憶に残って無いのだが『かつ富士』って結構ボリュームがあった様な印象が残っていたので、ちょっとショボなった様な気がしてならない(単なる気のせいかも知れないけど・・・)。
 
で、気を取り直して”三種盛りランチ”の中身を見ると”ロースかつ、ヒレかつ、チキンかつ”の3種類。チキンカツは最初からカットされていて中身が見えている。ヘレかつは一口カツぐらいの大きさ。ロースかつも80gあるか無いかの大きさしか無い。キャベツは例に寄ってお替り自由なのだが、このお店?と言うか以前の『かつ富士』の時のドレッシングそのままなのだけど、ドレッシングの味はイマイチ・・・。あれ?前は洋風と和風の2種類のドレッシングがあった様な気がしたのだけど・・・、記憶違いかな?
 
で、それぞれの豚カツ、チキンかつのお味であるが・・・、何か至って普通。印象的には豚カツチェーン『かつや』レベルの豚カツの味がする・・・。こんなんだったかなあ・・・、と言うか、きっとこんなんだったんでしょうねえ・・・。だから『かつ富士』は無くなった・・・とも言える。ま、あくまで個人的な感想だけど・・・。
 
そして上でも書いた様に、ゴマを擂ってソースに入れるのも『かつ富士』の時と同じだし、そもそもソースの入っている器とかゴマ擦り棒とかも以前のマンマだ。誰が観ても同じお店に見える・・・
 
こちらは”三種盛りランチ”に付いていた”お味噌汁”で、大根、人参、ゴボウとそれなりに具沢山で内容で、豚肉の入って無い豚汁風の”お味噌汁”だ。何時もの様にお替りを頼んだら、これまた何時もの様にお替りの味噌汁の方が熱々で美味しかった。何で最初に熱々の”お味噌汁”が出せないのか・・・、ま、このお店に限らずなんだけど・・・。
 
”お味噌汁”の他にも”お漬物”も当然の如く、付いている。このお店の”お漬物”は結構旨い。量は少ないが、白菜、大根、かぶら?の3種類が入っているのも嬉しい。何と無く、白いご飯と”お味噌汁”とこの”お漬物”だけあれば十分な気もする。てな事で、この日はご飯も炊き立てに近い熱々で美味しかった事もあり、思わず小盛りご飯をお替りして、このお漬物とお味噌汁でたっぷりとご飯を食べたのであった・・・。
 
てな事で、一応、新装開店した豚カツ屋さん『かつぜん』に行ってみたのだが、以前から改装している様子も無く、看板だけ付け替えただけで、内容的には『かつ富士/加古川店』のまんまだった様な気がする。ランチメニューでは無く、通常メニューは若干値下げになっている様なメニューがあった様な気もしたけど、基本的には通常メニューも『かつ富士』のまんまだった様に思う。それでも一応、経営者は変わっている?と、お店のおねえちゃんは言ってたけど・・・、謎だ。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.