義史のB型ワールド

2010年9月25日

この夏、あちこちで食べた”つけ麺”だけど、最後はやっぱり”つけ麺播磨”で〆!相変わらずの行列だったけど・・・。

Filed under: もんど,ラーメン — 代理人 @ 11:17 午後
 
代理人記録
 
この日の一週間ほど前の日曜日に久々に登場した”播州黒ラーメン加古川ブラック”を食べに行き、更にその時の訪問をきっかけに、これまた久々に食べたくなった”もんどの冷やし麺”を食べに行ったばかりの『新在家ラーメンもんど』であるが、その週末、今度は超人気メニューであるつけ麺播磨”のしかもこれまた超人気の”~手もみ平打ち麺~”バージョンをやる!と言う案内が届いた・・・。
 
つけ麺播磨~手もみ平打ち麺”と言えば”もんどの限定ラーメン”の中でもダントツの超人気メニューで、今年の6月頃、約1年ぶりの登場!って事で食べに行ったら、何と脅威の2時間待ち!!!って事で、もう二度と”日曜日のもんど”には行くまい!と心に誓っていたのだが、何か此処最近、西二見のラーメン屋姫路のラーメン屋で続けて”つけ麺”を食べた事もあり、やっぱり”つけ麺”の〆はつけ麺播磨”やで!と言う、訳の判らん気持ちが沸いて来て・・・、大分悩んだ挙句、チャリンコに乗って食べに行ってしまったのだった・・・。
 
こちらが私が『新在家ラーメンもんど』へ到着した時の行列の様子。お店到着は、大行列を避ける為にちょっと遅めに出発したので午後1時半頃。パッと見た感じでは思いの他、行列は短い様に見えたのだけど、例に寄って、超真夏日の真昼間!って事で、直射日光を避けた客が車の中やらビルの木陰に分散していて、ざっと見た処はこの倍ぐらいの客が並んでいる感じ。それに加え”つけ麺播磨”は麺を湯掻くのに時間が掛かる!って事で、客の回転も悪そう。とりあえず、待ち客リストに名前を書いて一旦、この場所を離れる事に・・・。
 
きっと最低でも30分は順番は廻って来ないだろう!って事で、チャリンコに乗ってJR東加古川周辺の色んなお店を調査した後、約45分後にお店に戻って着たら、そこそこ順番待ちが近づいて来ている感じ。そのまま店先で待つ事約15分、最初にお店に到着してから約1時間で入店出来る運びと相成りました・・・。入店までの待ち時間1時間を長いとみるか短いとみるかは、各自それぞれ思う事があるとは思うが、この日は暑い中ではあったが、チャリンコで周辺のお店調査も出来たし、まあまあエエぐらいの待ち時間だったかな?
 
で、何時もの様にカウンター席に案内されると目の前にはこの様な張り紙がしてあって、この日の麺メニューは”つけ麺播磨のみ!”との事(但し、何時もに比べて麺は多めに用意してあるようで、案内メールでは400玉限定となっていた)。まあ、この日の客のほとんどが案内メールを見て”つけ麺播磨”を食べに来ている客?だと思うので、問題は少ないと思うけど、仮に遠くから普通の”もんどラーメン”を目当てに来ていたら、ちょっとショックな客も居るかも知れない。
 
新在家ラーメンもんどつけ麺播磨~手もみ平打ち麺
てな事で、席に着いてからも、待つ事15分!漸く目の前にこの日の限定ラーメンの”つけ麺播磨~手もみ平打ち麺”が運ばれて来た。私が頼んだのは”麺一玉のつけ麺”なのでお値段は850円也。パッと見た印象では此処最近食べた”こがね家の濃厚極太つけ麺”とか”鶴亀家の濃厚とんこつ魚介つけ麺”と比べると、つけ汁も具沢山でスープもたっぷりと入ってるし、麺もつけ麺専用の特注麺で、やっぱ”もんどのつけ麺播磨”は、その辺りの”つけ麺”とは一味も二味も違う様な感じ。
 
新在家ラーメンもんどつけ麺播磨~手もみ平打ち麺
まずは何と言っても今回”つけ麺播磨”の目玉とも言える”手もみ平打ち麺”から。以前は”極太ストレート麺”の方が多かったのだが、最近はこちらの”手もみ平打ち麺”の方が人気が高い?って事で、ここ何回かはずっとこちらの”手もみ平打ち麺”が続いている。ご覧の通り、きしめん並の太さのある平打ちのモチモチとした手もみ麺で、この近辺のラーメン屋ではほとんどお目に掛かる事が無い、まさにつけ麺の為の麺だ(ちなみにこの麺の製造元は東京カネジン製麺所)。みんなこの麺を食べる為に、糞暑い日差しの中、長時間並んでまでして食べに来るのであった。
 
新在家ラーメンもんどつけ麺播磨~手もみ平打ち麺のつけだれ
そして個人的に大好きなのが、こちらの”魚介香る豚骨Wスープ”のつけ汁。若干酸味のある濃い目のスープではあるが、この日は全体的にまろやかで酸味も控え目な感じで期待通りに美味しい。しかもちょっと前に食べた”こがね家の濃厚極太つけ麺”や”鶴亀家の濃厚とんこつ魚介つけ麺”の時の様に、途中でつけ汁が足りなくなって来る様な事は全くないぐらいの、たっぷりとした量のスープで、大量に入っているネギがこれまた旨い!濃い目の魚介スープとネギの相性が結構マッチしているのかな?
 
で、”手もみ平打ち麺”を”魚介風味たっぷりのつけ汁”に漬けて食べるとこんな感じ。ちなみに写真には写って無いが、具の中には半熟とろとろの味玉も入っていて、スープと麺の合間にアクセントで食べるとこれまた旨い!ラーメンに入っている時の味玉とは一味も二味も違う、また別の旨さが味わえるのであった。
 
そしてこちらがつけ汁の中に入っている”ゴロゴロ焼豚の角切り”。基本的には普通のラーメンに入っている焼豚を、薄切りにせずゴロゴロの角切りにしただけの物なのだが、これまた濃い目の魚介スープを相まって中々旨いのだ。一週間の間に”加古川ブラックのゴロゴロ牛すじ肉”、この日の二日前に食べたばかりの”もんどの冷やし麺の薄切りチャーシュー”と”もんどの3種類のタイプのチャーシュー”を食べたが、どれもそれぞれに個性があって、どの焼豚、牛すじ肉も美味しかった。流石『もんど』には安定した旨さがありますねえ・・・。
 
で、この日は日曜日に食べに行ったのだが、この週の後半、平日の夜限定で再び”つけ麺播磨~手もみ平打ち麺”が登場したのだが、夜の2時間限定だったし、突然の案内メールだったし、この日曜日に食べたばかりだったので流石の私も?その日は食べに行かなかったのであった。次回、”つけ麺播磨”を食べるのは何時になるだろうか・・・。きっとその前に次回は”蔵出し醤油”ラーメンを食べに行く事になると思う・・・。
 
——————————————————
 
最後に”つけ麺”ブームはひと段落したと思ったけど、姫路や二見近辺では新しいラーメン屋が数多く誕生した事もあり、何と無く”つけ麺”を出すお店が増えた様な気がする。てな事で、次回、私が食べに行く時、あるいはみなさんが食べに行く時の参考として、当ブログで紹介した”つけ麺”の中から、比較的、私がオススメする順番で、この近辺で食べれる”つけ麺”のお店を一覧で載せて置きましょう!!!
 
まずは”つけ麺”がオススメのお店から(クリックすればブログの記事が観れます)
 
・西二見にある”こがね家の濃厚極太つけ麺
・姫路みゆき通りの”麺や六三六の特製つけ麺(極太麺)
・来月(10月)に遂に姫路にやって来る”博多一風堂の博多つけ麺
一風堂はつけ麺を止めたと言う噂があるのでもしかするとメニューに無いかも)
 
・オススメだけどお店じゃ無くてお取り寄せな東京”六輪舎のつけ麺
 
普通に魚介風味のつけ麺が食べれるお店
 
・姫路市役所近くにある”光正らぁめんのつけ麺
・姫路フォーラス向いにある”らーめん鶴亀家の濃厚とんこつ魚介つけ麺
 
あんまりオススメじゃ無い、あるいは私の好きな魚介スープでは無いお店
 
・”らーめん八角の味玉醤油つけ麺”(期間限定のメニューだったので、今はもう無いはず)
・姫路の2国西向き一方通行の途中にあった”麺屋金獅子魚介とんこつつけ麺”(今はお店自体が無いはず)
・姫路みゆき通りからちょっと横に入った”ラーメン獅子歌歌のかもだし醤油つけそば
 
 
番外編
 
・”新在家ラーメンもんどのカレーつけ麺『マハラジャ』”(これまた超人気限定ラーメンなので行列必至!)
 
 
この他にも”希望軒”にも定番のつけ麺があるが、つけ汁が味噌ベースだったり、曽根の”廣島つけ麺”もピリ辛スープだったりするので、きっと今後も食べる事は無いと思う(ただ、今度広島へ行った時、本場の”廣島つけ麺”は食べて来ようと思っているが)。まだまだこの他にも”らーめん2国”等でも”つけ麺”があるのだが、魚介風味じゃ無いお店は取り敢えず却下。上で書いたオススメ度も、あくまで個人的な嗜好の範疇なので、あまり深く考え無いでね・・・。
 
さて、次回は何処のお店のつけ麺を食べに行こうか・・・。

月刊ココイチは4ヶ月めにして早、ネタ切れ?しかもこの日は前代未聞のライスの量間違いとかで・・・。

Filed under: カレー — 代理人 @ 12:54 午後
 
代理人記録
 
もう20年近く前になるが、私が京都に住んでいた頃、毎週一回は欠かさずに行っていたカレーハウス『CoCo壱番屋』。通勤途上にお店があった事や、漫画雑誌の最新号が毎週読めるって事もあり良く行っていたのだった(俗に言う喫茶店代わり?)。実際、週刊マンガ雑誌の発売日は、お店が混んでると言うか、その新刊のマンガ雑誌の奪い合い?が激しかったので私同様にマンガ目当ての客も多かったのかも・・・。
 
そんな事もあり、CoCo壱のレギュラーメニューは、偶にメニューに復活する”カレードリア”や、一度食べて懲りた”カレーきしめん”を初め基本的には全種類のメニューを食べた(嫌、私の大嫌いな納豆カレー等は食べて無いけど・・・)。そんな事もあり、最近ではCoCo壱に行ってもレギュラーメニューでは無く、期間限定メニューを食べる事が多い。そんな私の要望に呼応したのか、今までは数か月単位で登場していた期間限定メニューのカレーが、この6月から月刊ココイチとして登場し、当ブログでも6月の”手仕込キャベツメンチカツカレー”、そして7月の”グリーンカレー”と毎月食べに行っていたのだが、8月の月刊ココイチのメニューである”鉄板スタミナカレー”は、何と、夜からのメニューでしかも店舗限定との事!!!
 
じゃあ、その8月の月刊ココイチのメニューである”鉄板スタミナカレー”は何処で食べれるのかいな?と思って公式サイトを見てみたら、高砂店加古川店ではやっておらず、姫路か明石方面まで行かないとやっているお店は無い。しかも今では姫路に数多くあるCoCo壱の支店でも”鉄板スタミナカレー”を提供しているお店が少ない。
 
そんな事もあり月刊ココイチの8月のメニューである”鉄板スタミナカレー”を食べる事無く、一か月が過ぎた。じゃあ、月刊ココイチの9月のメニューは何じゃらほい?と思って心待ちにしていたのだが、これが不思議な事に中々発表されない。6月~8月までは一気に発表されていた時とは偉い違いだ!
 
そして、もう9月に入ってしまうやん!って時に漸く発表された月刊ココイチの9月のメニューは何と”手仕込ささみカツカレー”との事。え???”手仕込ささみカツカレー”って何時でもあるやん???ん???、”手仕込シリーズ”は何時でもあるけど”ささみカツ”は初めて登場するのかな?流石にそこまでCoCo壱に詳しく無い私?なので真相は判らない、てか関心も無いのだが、とりあえず月刊ココイチの9月のメニューである”手仕込ささみカツカレー”を食べに行ってみた。
 
こちらが8月の月刊ココイチである”鉄板スタミナカレー”が無かったので、二ヶ月ぶり?に行って来た『CoCo壱番屋/高砂北インター店』。訪問時間が夕飯にはちょびっと早い時間帯って事で、流石に空いてはいるものの、それなりの客数はあったかな?
 
で、上で書いた様に月刊ココイチの9月のメニューは”手仕込ささみカツカレー”なのだが、メニューの写真を見ると”ささみカツ”が2枚もカレーの上に乗っている。何か”ささみカツ”ばかり食べてもなあ・・・、直ぐに飽きるしなあ・・・、と思ってメニューを眺めていると“手仕込ささみカツカレーのミックスメニューとして、手仕込ヒレカツと手仕込ささみカツを組み合わせた手仕込ヒレ・ささみカツカレー」”ってのを発見!書いてある通り、豚ヒレカツとささみカツの2種類が乗ったカレーだ。ボリューム的にはそんなに要らない様にも思ったのだけど、色んな物が食べたいと言うよくばりな方には持って来い?みたいなメニューなので、今回はこちらを注文!!!
 
間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”手仕込ヒレ・ささみカツカレー”で、カレーのお値段880円に辛さを1辛にしたので20円追加されて総額900円也。毎度の事ながら、ココ壱のカレー気が付くとエエお値段のカレーになっているのよね。常日頃、じょっぴんやのカツカレーは高い!と書いているけど、結果的にはココ壱も大差無いお値段?みたいな処はあるよねえ・・・。でもやっぱ、じょっぴんやは高いか???
 
で、実はこの時、ちょっとした違和感?を若干感じたのだけど、特に指摘する点も無いし・・・、と思って直ぐにカレーを食べ始めたのだが、実はやっぱり違和感を感じた訳がそこにはあったのだが・・・、その話は下の方で詳しく・・・。
 

こちらがトッピングの”手仕込ヒレカツ”と”手仕込ささみカツ”。何か”手仕込”って聞くと如何にも美味しそうな響きがあるのだが、よくよく考えてみると、カツを揚げるのに手仕込な方が当たり前で、逆に考えると、普通のカツは”手仕込”じゃ無く”セントラルキッチンでパン粉まで漬け調理した冷凍カツをお店で揚げている”って事を公言している様なもんなんだけどねえ・・・。如何にもチェーン的な発想の”手仕込シリーズ”な気がする・・・。
 
それはさておき、このカレーの最大の具である”手仕込ささみカツ”はこんな感じ。ココイチの説明に寄ると国産鶏のささみを使用したココイチのささみカツは、さっぱりとした味わいでやわらかく食べやすいのが特徴です。ふわふわの生パン粉を店舗でひとつひとつ丁寧に手付けする手仕込シリーズならではのサクサクの衣もおいしさの秘訣です。”との事。
 
説明に書いてある事をそのまま鵜呑みにすると、国産鶏だし、サクサクの衣だし、さぞ美味しい事だろう!って思うのだけど、何か至って普通のささみカツ、チキンカツなんよね。そうそう、以前からあるココイチの手仕込シリーズのカレーは”チキンカツカレー”だった様な。その”チキンカツカレー”を”ささみカツカレー”と呼び名を変えただけが、月刊ココイチの9月のメニュー・・・、みたいな。
 
そしてこちらはトッピングのもう一種類の方の”手仕込ヒレカツ”。一応、豚ヒレ肉のカツなんだけど、こちらも何かパサパサした感じで、これまた至って普通のヒレ豚カツだ。カツ的にはやっぱロースカツの方が美味しい様な気がしないでも無い・・・
 
————————————————————-
 
そんなこんなで何時もの如く、携帯電話のカメラで写真を撮りながらカレーを食べていると、店員のおじさんが私の席にやって来た。以前、格安ラーメンチェーン店『幸楽苑』で同じ様に写真を撮りながらラーメンを食べていると、店長と名乗るお兄さんが席までやって来て”何かございましたか?”って聞かれた事があったので、今回もまた似た様なパターンかいな?と思って話を聞いてみると・・・。
 
”私が調理を担当したのですが、私のミスでライスの量を間違えまして、このカレーには200gのご飯しかありません
 
との事。上で書いた様に、最初パッとみた時に感じた違和感はこのライスの量だったのだ。確かにそう言われてみると、何かちょっと少ない気もしたのだけど、それはトッピングのささみカツとヘレカツが大きくてそう見えたのかな?と思ったのだけど、実際にライスの量が少なかった様だ。ま、その話を聞いて、へぇーっ???とは思ったのだけど、じゃあライスが少ない分はどうするの?お値段が安くなるの?って思って、その話の先を聞いてみると・・・。
 
”お客様さえ良ければ、残りの100gのライスと、それに伴うカレールーをお持ちしますが、如何でしょう?
 
との事。量的にはささみカツとヘレカツの2枚も食べたし、何と無く量的には十分だったのだけど、後から持って来ると言うライスとカレールーの方に興味津々!!!一番上で書いた様に、私は京都在住の約20年ほど前からCoCo壱番屋のカレー屋さんに、それこそ軽く100回以上、ココイチに通い続けて来たが、今回みたいな”ご飯の量を間違えた!”って事は未だかつて経験した事は無い!これは恰好のブログネタ!!!って事で、その追加のライスとカレーを持って来て貰う事にした。
 
 
間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”追加のカレールーとライス”で、何かパッと見た感じは具の無いスープカレーが出て来た様な感じ。へぇー、こんな小さな器もあるんや、と感心してよくよく見ると、カレールーの容器とライスの容器が似た様なサイズなんだけど、微妙に大きさと形が違う。やっぱカレールーとライスの容器は分けてあるのね?
 
それにしても、このカレーとライスはどうやって食べたらエエねん!何か別々で食べるのも変だし、邪魔臭いし・・・。
 
って事で、追加のライスをメインのお皿にそのまま移し、その上からカレールーをかけた!何かカレーライスの中に、も一つカレーライスがあるみたいな感じ。追加のライスは100gのはずだけど、何かそれ以上の量がある様にも見える・・・。嫌あ、それにしてもこんな体験初めてしたなあ・・・。ライスの量が足りない事を最後まで黙っていても、きっと私は気が着かないままお店を後にしただろうに・・・。ま、良心的にあ対応っちゃあ良心的なんだけど、単にお店のミスっちゃミスだもんなあ・・・
 
でも何か、ブログ書く様になってから、ブログネタになりそうな事が良く起こっている様な気もする・・・。今回の件も私が意図した事では無いのだけど、何か、こんな事ありました!ってブログに書いてね・・・、って誰かに言われている様だ・・・
 
ちなみに今回食べた月刊ココイチのメニューも一応は”手仕込シリーズ”のカレー!って事で”手仕込シリーズ”限定の”芳醇ソース”も一緒に用意されて来た。ソースのラベルを見ると”カレーによく合う・・・”と書いてあるので、普通のカレーを頼んでもこの”芳醇ソース”を出してもエエやん!と思うのだけど”手仕込シリーズ”以外ではこのソースは出て来ないのよね。何かちょっと不思議だ。
 
更に今回はちょっと話が長くなるが、今までは何も考えずに食べていたカレーの付け合せの定番の”福神漬け”だが、その中にちょっと形が変な物が入っているのは一体何?と言うお話をちょっと前のTVでやっていた。実はこの変な形をした物は”ナタマメ”と言う、名前の通り、豆の一種らしい。ちなみにココイチ”福神漬け”は無添加・無着色なので赤くはありません!何で一般的な”福神漬け”は赤く染められているのだろう・・・、ってか昔は赤い方が普通だったけど・・・。
 
序でにもう一つ、ココイチネタ。カレーの付け合せと言えば”福神漬け”と並んで代表的なのが”らっきょ”。実はきっと大半の人がココイチで”らっきょ”を食べた事が無いと思うが、ココイチでは有料で”らっきょ”も売られている。私はそれこそ20年近く前の京都在住の頃に何回か食べた事があるぐらいで最近ではココイチに行っても”らっきょ”は頼んだ事は無いのだが、個人的には”らっきょ”は結構好きで、お茶漬けのお供に一緒に”らっきょ”を食べるのが、私の中では一番の組合せ、取合せになっているのであった。何か”らっきょ”は健康にエエで・・・、みたいな事を書いて貼ってあったのでご紹介したのであった・・・。
 
てな事でこの日は月刊ココイチの9月メニューである”手仕込ささみカツカレー”を食べに行ったのだが、最終的にはライスの量間違いとかで”手仕込ささみカツカレー”を食べた印象よりも、追加のカレールーとライスの事しか記憶に残らない様な結果となった。お店側も色々とブログネタを供給してくれるもんだねえ・・・これって素直に喜んで置いて良いのかな???

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.