義史のB型ワールド

2010年9月18日

コンビニに入った来来亭の看板をみつけて思わず買ってしまった冷麺!でもお店で食べた事無いや・・・。

Filed under: カップ麺とインスタント麺 — 代理人 @ 10:18 PM
 
代理人記録
 
ここ最近、あまりコンビニに行って無かったのだが、この前サンクスに偶々入ったら”来来亭”の文字を発見!!!”来来亭”と言えば、今や全国に200店舗近いお店を構える巨大ラーメン屋チェーンとなったが、約7~8年前は未だ、ラーメンファンしか知らない様な滋賀が本拠地のラーメン屋さんで、その頃から”来来亭”に関心を持ち、奇しくも明石ラーメン波止場誕生と同じ日に、今は亡き『来来亭/加古川サザンプラザ店』がオープンした時は、私は初日に食べに行ったぐらい馴染みのあるお店で、それ以来の”来来亭”ファンでもあるので”来来亭”の文字を見た限り、知らんぷりして通り過ぎる訳には行かない・・・。って事で、その売り場に行ってみると・・・。
 
最初は、例の”来来亭のカップ麺”がまた再発売されたのかと思って近づいてみると、そこで売っていたのは”来来亭の冷麺”、398円だった。てな事で、躊躇う事なく、早速購入。買ってからふと思ったのだけど、考えてみると、私は今は無くなってしまった『来来亭/加古川サザンプラザ店』誕生以来、約7年間の間に、それこそもう何十回と『来来亭』に通って来たが、お店では冷麺を食べた事は一度も無い・・・。そもそも『来来亭』のラーメンの魅力が、背脂こってりの醤油スープなので、背脂も無ければ醤油スープも無い”冷麺”に関心を抱く事が無かったのだった・・・。今回はコンビニへ入った勢いで買ってしまったけど・・・。
 
で、早速”来来亭の冷麺”の封をあけると、麺と、トッピングの具材、それにつゆスープ等が別になっていて、食べる前に自分で麺の上に乗せたり、つゆスープをかけたりして食べる様になっている。
 
具材やスープが載ったトレイ?を除けるとその下には当たり前だが麺がある。コンビニの麺って事で、同じ様にコンビニで売っているざるそばやそうめんの麺と同じく、時間が経っても伸びてしまう事が無い麺?の様だ。実際のお店で食べた事が無いので、本物と比べてどうなのかは一切判らないけど・・・。
 
で、麺の上に添付の具材をトッピングしてその上からつゆスープをかけると”来来亭の冷麺”が完成!!!。コンビニの商品説明を読むと”もちもち食感の「麺」と、酸味と辛味が絶妙に効いたゴマ風味の旨みある「スープ」が特徴”で”その特徴を忠実に再現”したとの事。確かに万人好みのゴマダレだし、具も”冷やし中華”に有りがちな細切りしたハムでは無くて、ラーメンで使う本物のチャーシューなので普通に美味しい。でも、どこに”来来亭”の味があるのかな?と考えると、何か一般的な”冷やし中華”とも言える。やっぱ”来来亭”と言えば、背脂たっぷりの醤油スープのラーメンを食べるのが正解なんでしょうねえ・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.