義史のB型ワールド

2010年9月12日

恒例の???うまかっちゃんシリーズ、今回は割と定番の”博多からし高菜風味”食べた!

Filed under: カップ麺とインスタント麺 — 代理人 @ 11:12 PM
 
代理人記録
 
1か月ほど前にインスタントラーメンの”うまかっちゃんの九州シリーズ”ってのを買って食べた時に、”熊本 火の国香ばしにんにく風味”、”宮崎 鶏の炭火焼風味のとんこつしょうゆ味”、”鹿児島 黒豚とんこつ焦がしねぎ風味”と立て続けに紹介した事があるが、その後、同じスーパーへ行くと、その時は売って無かった”うまかっちゃん[博多 からし高菜風味]”を売っていたので、味比べの意味も兼ねて買ってみた。
 
まずは同じスーパーでの売り場の様子。以前は”うまかっちゃんの九州シリーズ”の3種類のラーメンを売っていたのだが、今回はノーマルの”うまかっちゃん”と今回買った”博多 からし高菜風味”の2種類しか売って無かった。この”博多 からし高菜風味”は確か、以前からこの近辺のスーパーでも普通に売っていて、ずーっと前に食べた様な記憶があるので、それほど珍しい商品では無いかも知れないが・・・。
 
で、こちらが実際に買って帰った”うまかっちゃん[博多 からし高菜風味]”。ハウス食品の説明に寄ると”博多のラーメン屋さんでおなじみのからし高菜の風味と辛さに、唐辛子の辛味を効かせ特徴づけた、すっきりした、とんこつスープのラーメン”との事。確かに”博多ラーメンのお店”に行くと、ほとんどのお店でトッピング用の”高菜”は置いてあるのだが、一口に”ラーメン屋の高菜”と言っても千差万別で美味しいお店もあれば、そうでも無いお店もあったりで、意外と奥が深いの”高菜”でもある。雰囲気的には”野沢菜の油炒め”も美味しい店と、そうで無いお店があるのと似ているかな???ちなみに”ピリ辛高菜の美味しいお店”と言えば、阿弥陀にある”長浜ラーメンのめんめん”辺りがお勧めかも・・・。
 
袋の裏に書いてある説明書きはこんな感じ。上で書いた事の繰り返しになるが、”博多のラーメン屋さんに置いてある「からし高菜」の辛みを特徴とし、高菜の味と香り、唐辛子の辛みの強い、すっきりとした、とんこつスープのラーメン”って事らしい・・・。
 
うまかっちゃん[博多 からし高菜風味]”の袋の中身は麺の他には粉末スープのみで、至ってシンプル。結局のところ、粉末スープ以外に”調味油の小袋”が付いていたのは熊本 火の国香ばしにんにく風味”のみで、ある意味、”熊本 火の国香ばしにんにく風味”は一番お買い得な商品なのかも・・・。
 
で、完成した”うまかっちゃん[博多 からし高菜風味]”はこんな感じ。具の焼き豚は、スーパーで売っているハムみたいな安物チャーシュー。で、スープ全体に高菜を刻んだ様な?と言うよりも、どちらかと言うと、唐辛子っぽい感じの物が沢山浮いていて、実際に食べてみると、全体的にピリ辛のスープだ。これまたハウス食品の説明に寄ると”豚骨白湯ベースにからし高菜の風味と辛味をきかせているので、高菜の味と香り、唐辛子の辛味を味わえるとんこつラーメン”との事。印象的にはあまり高菜の味は感じ無かったけど、”うまかっちゃんの九州シリーズ”の中では一番個性があって、私がピリ辛好きって事も手伝ってか、このシリーズの中では一番美味しいような気がする。
 
てな事で、またまた”うまかっちゃんの九州シリーズ”の中の一品である”博多 からし高菜風味”を食べたのだが、確かこのシリーズでは一番古くに発売された?商品って事もあってか、ノーマルのうまかっちゃんの次に美味しい様な気がする。それは兎も角として、これで”うまかっちゃんの九州シリーズ”の4種類目を食べたので、多分、残すところはうまかっちゃん[久留米風とんこつ]”のみ!!!”久留米風とんこつ”も確か、地域限定販売の商品なので、手に入るかどうか不明だが、ノーマル版もあわせると5種類の”うまかっちゃん”を制覇した私としては、この残る”久留米風とんこつ”もぜひ食べてみたいと思うのであった!!!

4ヶ月連続中島みゆき!!!の合間に、今年も長渕!でもカウントダウンでは無く、年末と年始!!!

Filed under: 音楽 — 代理人 @ 7:01 PM
 
代理人記録
 
7月頃から秋から始まる中島みゆきコンサートツアーのチケット(特に初日の大阪新歌舞伎座公演)の入手に悪戦苦闘?孤軍奮闘?右往左往?四苦八苦?七転八倒?していたのだが、その甲斐もあって無事に大阪初日・新歌舞伎座公演のチケットの入手が確定した!ここ数か月間、ずっと気をもんでいたのだが、ひと安心・・・。で、私が中島みゆきのチケット入手に努力している合間に長渕剛もアリーナツアー開催の発表があった。
 
長渕剛アリーナツアーと言えば、昨年の大晦日にカウントダウン・ライブを行って以来、約1年ぶりのライブであるが今回はタイトル通り、アリーナツアーって事で、巨大ホール中心の開催。しかも神戸でも2日、大阪でも2日開催予定なので、昨年のカウントダウンの時の様なチケット争奪戦は起きない?って事もあり、中島みゆきの時とは違い、誰にもお助けのお願いする事も無くWEBの先行抽選販売でチケットの申し込みをしたら、何と努力もせずに?無事にチケットがGET!出来た!(一応は当選したって事?)
 
 
今年の長渕剛のツアーは、昨年の神戸で気を良くしたんか、またまたカウントダウンライブを行うらしい。ただし今年は沖縄での開催!って事で、私は不参加。その代わり、一年ぶりの神戸ツアー(土曜日公演)と、甥っ子が行きたいと言うので大阪城ホールで行われる予定のツアー、それも1月の成人式が絡んだ三連休の真ん中の日曜日で申し込んだのだけど、あっけなく?余裕?で当選!!!昨年のカウントダウン・ライブの時や、中島みゆき大阪公演の時とは偉い違いだ。まあ、大阪城ホールとかドームツアーとかは収容人員数が多いので、基本的には開催直前で無い限り、比較的チケットは手に入り易いのだけど・・・。
 
てな事で、今年は10月の後半から始まる四か月連続、中島みゆきコンサートツアーの合間に、長渕剛のライブにも行く事となった。年末と言えば、恒例の小田和正クリスマスの約束もある季節。こちらは東京方面で経った一夜のイベント?って事もあって、未だチケットが入手出来た事は無いのだが、小田和正クリスマスの約束も一度、生で観たいもんだ。何はともあれ、コンサート三昧の秋と冬が間も無くやって来る・・・。

カップヌードルのパチモンみたいなコープヌードル!でも製造しているのは日清!そして具の中にはあの・・・。

Filed under: カップ麺とインスタント麺 — 代理人 @ 7:55 AM
 
代理人記録
 
カップヌードルに入っていた怪しいお肉の具(日清が公表している正式な名前はダイスミンチと言うらしい)が、”ジューシーな豚肉のうまみが特徴の本格的な角切りチャーシューコロ・チャー」”とやらに変わって早、1年半が経とうとしている。しかも最近は遂に日清焼そばU.F.Oの具にもコロ・チャーが使われ出するぐらい、その勢いは留まる事を知らない。
 
が、しかし、反対に昔からのカップヌードル・ファンの一部では以前のダイスミンチと言う謎の肉の具を懐かしむ声も多い。私も何か以前の肉ミンチの塊みたいな方が美味しかった?と言うか、好みにあってた様な気がする。
 
そんな一部のダイスミンチ・ファン?の間でここ最近、話題になっているのが、以前のカップヌードルに入っていた、あの懐かしい、謎の肉の具が入ったカップ麺がコープさんで売ってると耳にしていたのだが、あまりコープさんで買い物をする事が無いのですっかり忘れていたのだが、先日、ニッケのコープさんに立ち寄った際、ふと思い出してその噂のカップ麺を買ってみた
 

こちらが昔長柄の肉ミンチの塊っぽい具が入っていると言う噂の”コープヌードル/しょうゆ味”。横側から見た様子は何かメッチャ安っぽい感じがするが、上から見ると一瞬、本物?のカップヌードルかな?と思うぐらい、カップヌードルのラベルに似ている様な気がする。それもそのはずで、実はこのコープヌードルの製造元は何と日清食品その物なのだ。まあ、日清以外でここまでそっくりに作ったら、訴えられてもおかしく無いもんねえ。
 
で、”コープヌードル/しょうゆ味”の蓋を開けてみるとこんな感じ。確かに以前の怪しいお肉?ダイスミンチとやらに似た具が入っている。その他の具も普通のカップヌードルと同じような具だ。てか中身だけ見ると、コロ・チャー以外でカップヌードルかコープヌードルが判断するのは難しいかも。
 
で、お湯を注いで待つ事3分!完成した”コープヌードル/しょうゆ味”はこんな感じ。何か具の海老が偉い縮んでしまった様にも見えるのだけど気のせい?それにダイスミンチとやらも何か色が黒くなったような・・・。で、そのお味であるが・・・。もう記憶がはっきりと覚えているとは言い難いのだが、確かに懐かしいあのお肉に近い様な味がする。これぞカップヌードルの原点の味!!!みたいな気分にもなったかな?
 
てな事で、今回初めて噂のコープヌードルを食べてみたが、確かにコロ・チャーに変わる前の謎肉、ダイスミンチに限りなく近い感じの具が入っていて、味もそれに近かった。一部のカップヌードル・ファンから支持されるのも何と無く判る様な気がする。確かコープ商品って事で値段も安かったし、個人的にも今後も時々買ってみる事にしよう・・・

WordPress.com Blog.