義史のB型ワールド

2010年9月4日

偶にはタイムリーなネタ・・・、って事で今日と明日開催されている”加古川楽市”の話題。このブログでお馴染みのお店が一杯あった!!!

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 11:50 PM
 
代理人記録
 
偶にはタイムリーなネタを・・・、って事で今回は今日と明日の二日間、加古川市役所前の広場で開催されている加古川楽市』の初日の様子?の、しかも一部だけをご紹介・・・。
 
まずは『加古川楽市』のステージの様子。私が会場に着いた時はオープニングセレモニーも終わった後で、BANBAN-TVでお馴染みのスパイシー八木さんが会場の説明をしている処だった。
 
  
こちらは『加古川楽市』のメインとも言える、うまいもん横丁とかええもん物産展の会場の様子。ま、この手のイベントでお馴染みの光景ではあるが・・・。
 
そんな中、私がいの一番に向かったのは、やっぱり”ご当地グルメ”の会場。何かこの一角はメインの会場と隔離されている様な感じで、その為か、あまり客が居ない。ここにも小さなステージがあって、バンドさん達が演奏の準備をしていた。それは兎も角、私の関心は当然の如く?B級グルメの出店ブース。上の写真に写っているのは、お馴染み”加古川かつめし”と”高砂にくてん”のお店。
 
こちらは”三田餃子「サンダー」”のブース。三田産の野菜をふんだんに使った餃子?みたいな事が書いてあったけど、基本的には普通の餃子だし・・・、って事であまり関心が沸かなかった。どちらかと言うと、一緒に売っていた生ビールの方が飲みたかったけど・・・。
 
続いてはB級グルメですっかりお馴染みの”まねき食品の姫路名物駅そば”。元々ご当地グルメのエリアには客が少ない上に、この近辺のスーパーに行けば家庭で作れる、しかも本物の”まねき食品の駅そば”が売られているって事もあってか、全然客は居なかった。JR加古川駅前でも食べれるし、わざわざこの会場で食べる必要も無いもんね。
 
そして漸く、ご当地グルメ?っぽい雰囲気のある三木の”のこぎりバーガー”ってのが売っていたのだが、何か今一つインパクトを受けなかったのでこちらもパス。その隣では、明石の玉子焼きのお店もあったけど、こちらも態々、此処で食べる必要も無いからねえ・・・。
 
そんな中、私が注目?と言うか選んだのは、昨年の夏今年の春頃に淡路島まで出向いて食べに行った”淡路島牛丼”のお店。お店を出店しているのは『展望レストランうずの丘』との事。淡路島牛丼は既に二回も食べた訳だが展望レストランうずの丘はお店に行った物の、そこでは食べなかったので、ちょっと興味が沸いたのだった。
 
こちらが実際に食べた”淡路島牛丼”で、ハーフサイズっぽい量って事もあり、お値段は400円也。本物の淡路島牛を使っているのかどうかは定かでは無いが、甘目の味付けで普通に美味しい牛丼だ。肉は細切れっぽいものばかりで、何と無く端肉ばかりを使っているような気がしないでも無いが、お肉的にも、まずまずだったかな?見た目はずーっと前に食べた”まいどおおきに食堂の牛丼”に似ているような気がしたけど・・・。
 
そんな訳で”ご当地グルメ”コーナーは早々に引き揚げ、メインの”うまいもん横丁”の方に行ってみる事に。こちらには様々なお店が出展していたのだが、その中で、当ブログでお馴染みのお店も数多く出店していたので、そんなお店を幾つかご紹介。
 
まずは、当ブログの中心カテゴリであるラーメン部門から『らぁめん工房・御三家』のお店を発見!会場では”ごま味噌ラーメン”を売っていたみたいだけど『御三家』って事で何かちょっと魅力薄。加古川を代表してラーメン店を出すなら、今は『翁介』以外には考えられないと思うのだけど・・・。ちなみにこのお店の隣にはカレーうどん専門店の『玉家』もお店を出していたのだが、メニューを見ると”かき氷”だけだったような・・・。一瞬、”カレー味のかき氷”があるのかな?と思ったけど、そんな怪しい物も無かったはず・・・。
 

そしてこちらは先日、”雪姫ポークのかつめし”を食べに行ったばかりの『旨いとんかつ「きりしま」』。お店ではテイクアウト限定メニューとなっていた”加古川かつめしバーガー”を専門に売っている様子。お土産に買って帰ろうか?とも思ったけど、どうせ買うならお店へ行って買った方が料理の質的にもエエかな?と思い、今回は見送ったのだった。
 
そして私の目の中に飛び込んで来たのが、こちらの『ステーキ工房・小粋』の看板。ここ最近はご無沙汰しているが、我が一族で時々利用している西明石キャッスルプラザホテルの中にあるステーキ工房・小粋』が、何故か『加古川楽市』に出店している!!!しかも目の前で焼いたサイコロステーキがお手軽価格の500円との事!てな事で、先ほど”淡路島牛丼”を食べたばかりなのだが、またまたお肉を食べる事に・・・。
 

腕を振るっているのは『ステーキ工房・小粋』のオーナーシェフ本人自ら。西明石のお店同様に華麗な手さばきでお肉を焼いている。でもシェフが此処に居るって事は・・・、西明石のホテルのお店はどうなっているのだろう・・・
 

で、こちらが実際に買って食べた『ステーキ工房・小粋』の”サイコロステーキ”で、お値段は500円也。焼立てのサイコロステーキとモヤシ炒めに、ちょっと甘目のステーキソースをたっぷりとかけ、ニンニクチップスがトッピングされている。
 

サイコロステーキ”のお肉はこんな感じ。確かに柔らかいお肉で焼立てだし、ソースもコクがあって中々美味しい。何かお店で食べるより美味しいような気がしたのは、気分的な物が影響したのかな?ここ1年以上、お店の方には行って無いが、何か久々に行ってみたいような気になった『ステーキ工房・小粋』のブースなのであった。
 
てな事で、ちょっと糞暑い中『加古川楽市』とやらに出掛けて行ったのだが”淡路島牛丼”は兎も角として、『ステーキ工房・小粋』の”サイコロステーキ”はやっぱり美味しかったなあ・・・。みなさんも明日、ぜひ『加古川楽市』にお出掛けして『ステーキ工房・小粋』の”サイコロステーキ”を食べて来て頂戴!!!間違い無く美味しいから!!!
広告

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。