義史のB型ワールド

2010年8月22日

”つけ麺が食べたい!”と言うので久々に”光正らぁめん”に行ってみた。今やこのお店の看板メニューになっているが・・・。

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 10:08 PM
 
代理人記録
 
この日は時々、夜飯を食べに行っている昔からの幼馴染が”つけ麺が食べたい!”と言うので、久々に姫路市役所近くにある『光正らぁめん』に行って来た。ここ数年は関西でも”つけ麺ブーム”が起きた為、加古川近辺にあるラーメン屋さんでも”つけ麺”を出すお店が一気に増えたのだけど、一口に”つけ麺”と言っても様々な種類があるのだが、最近の流行りで私の大好きななのは、何と言っても極太麺を魚介風味の豚骨つけダレで食べるタイプ。そうなるとお店自体が限られて来る。そんな中でも『光正らぁめん』は比較的、早い段階から今書いたタイプの”つけ麺”をお店で提供していたので姫路界隈ではちょっとした”つけ麺”の有名店にもなっているのである。
 
こちらが久々に行って来た姫路市役所の南側の筋にある『光正らぁめん』。この日は平日の午後7時過ぎって事で、入店した時は客はまばらだったけど、我々が食事している時や、帰り際にもポツポツと客がやって来てそれなりに流行っているようだ
 

で、こちらがこのお店の人気メニューの一つである”つけ麺”のメニュー。このお店は個人経営のお店のはずなのだが、バックに何処かの会社が絡んでいるのか、ご覧の通り、結構派手なメニューになっている。元々『光正らぁめん』がオープンした頃は豚骨ベースのラーメンをメインにしていたお店だったのだが、何時しか”つけ麺”をメニューに加えた処、それが人気を呼んで『光正らぁめん』と言えば”つけ麺”!と言われるまでになったような・・・、感じである。個人的には”魚介風味のにぼしらーめん”の方が好きではあるが・・・。
 

更に前回来た時には気付かなかった?あるいは無かったのかも知れないが、この様な”つけ麺を目一杯楽しむ”と書かれた、これまた派手な説明書?まで置いてあった。このお店はラーメン屋と言うより完全に”つけ麺専門店”になりつつあるような気がする・・・。
 
で、まず最初に頼んだのは、私が何時ものように生ビールを飲んだので、おつまみが無いとちょっと寂しい?って事で頼んだこちらの”からあげ”。マスタードが付いているのがちょっと変わっているが、味的には極々普通の”からあげ”ではあるが、揚げ立て熱々で生ビールのお供には最高の”からあげ”だった。
 
そうこうしている間に運ばれて来たのが、こちらの”野菜つけ麺”で、お値段は890円也。普通の”つけ麺”は以前にも食べたし、私の好きな”にぼしらーめん”は、この糞暑い季節には不向きだし・・・、って事で、今回はメニューに大人気!と書かれた、この”野菜つけ麺”を食べる事にしたのであった。
 
こちらが”野菜つけ麺”のメインの麺の方。野菜の種類はキャベツとモヤシで(メンマも入る?)、雰囲気的には湯掻いただけの野菜がこれでもか!と言わんばかりのテンコ盛りになっている。差額計算をすると、このキャベツとモヤシの野菜盛のトッピング代は100円と言う事になる。これだけの量の野菜で100円のアップってのはある意味、良心的な方かな?
 
こちらは”つけ麺”のつけダレで、基本的には普通の”つけ麺”のつけダレと同じ。確かに魚介風味のするスープではあるが、魚粉のような物が入って無い分、味的にややあっさりしているような気がする。やっぱ”もんどのつけ麺播磨”のスープの方が数倍美味しい・・・、と言うか、私の好みは”つけ麺播磨”かな?
 
で、”つけ麺”って言うからには麺がある意味主役?なんだけど、このお店の”つけ麺”の麺は何か普通。個人的に”つけ麺”と言えば”もんどのつけ麺播磨”とか最近だと”麺や六三六のつけ麺”の様な極太麺を期待してしまうのだが、この麺は普通のラーメンで使う麺と同じじゃあ無いのかな?と。
 

そして麺を食べ終えたタイミングを見計らって、こちらから催促せずとも”スープ割り”をしてくれた。やっぱ”つけ麺”を食べた後は”スープ割り”が要るよねえ・・・。でもこのお店の”スープ割り”は、これまた普通・・・。もう”つけ麺”がメニューから消えたとか言う噂の”博多一風堂の博多つけ麺”のスープ割りは、玉ねぎのみじん切り等の具もプラスされて美味しかったのだけどなあ・・・。やっぱこのお店も何かもう一工夫して欲しいような気がする・・・。
 
てな事で、久々に『光正らぁめん』で”つけ麺”を食べて来たけど”もんどのつけ麺播磨”はもとより、今、姫路で”つけ麺”を食べるなら、今年の春頃に姫路みゆき通りに誕生した”麺や六三六のつけ麺”の方が美味しい様な気がする・・・。この日も一瞬”麺や六三六”に行ってみようかな?と思ったのだが場所的にも車じゃ行き難いしカウンターだけのお店なので、ゆっくりと食事を楽しめるような雰囲気じゃ無いと思い『光正らぁめん』の方を選んだのだった。でも私が『光正らぁめん』で”つけ麺”を食べるのはこれが最後になりそうな気がする・・・てか、姫路にはまだまだ行きたいラーメン屋が沢山あるので、このお店に行くのも最後かも・・・

久々に”元祖いろはのかつめし”で有名な『喫茶パラーディオ』に行ったら、店内撮影禁止!!!何かつまらん店になったもんだ・・・。

Filed under: かつめし — 代理人 @ 6:08 PM
 
代理人記録
 
今回もまた一族揃って食事に出掛ける事となった。当初の予定では西神そごうのレストラン街にあるお鮨屋『明石菊水』へ行くと言う話で盛り上がっていたのだが、前日になって西神は遠い・・・、って事で近場に変更。そうなると行くお店の候補が無い。まあ日頃、昼飯を食べている安っぽいお店は数多くあるのだけど、どれもパッとしない。てな事でどうせ加古川駅前へ買い物へ行くので、その近くのお店って事で、久々に”元祖いろはのかつめし”で有名な『喫茶パラーディオ』に行く事となった。このお店ならば”かつめし”の他にもボリューム満点の日替り膳もあるし、文句は無いでしょう・・・、みたいな感じのお店でもある。
 

こちらが久々に行った『喫茶パラーディオ』。このお店は人気があって、遅い時間に行くと駐車場満車で入れ無い事がしばしばあるのだが、この日は正午直前!って事で、お店到着時は未だそれほど混んでは無かったのだが、私が車を停めている間にも続々と客が集まって来て、結局、我々が入店して間も無くすると店内は満席。食事途中には入口近くて待っている、お客さんが出るほどの、相変わらずの人気ぶり。メニューは”かつめし”と”日替り膳”しか無い割に、何故か人気があるみたい。
 
で、お店に入ろうとすると入口に立て看板が立ててあって、そこには”店内撮影禁止!撮影した場合は退店していただきます”の文字が・・・。あれま、偉く厳しくなった物なのね。元々、このお店は小学生以下入店禁止のお店だったのだが、今度は写真まで禁止になったのね・・・。まあ、ブログで宣伝?して貰わなくても、それなりの客で繁盛しているからわざわざブログとかホームページで紹介して貰わなくても結構?って事なのかな?(一説には店内の静かな落ち着いた空間を大事にしたい?と言う話もあるが、それほど店内が静かで落ち着いた雰囲気?とも思えないのだけど・・・。)
 
てな事で、今回からは?撮影出来ないって事で、当ブログの以前の訪問記事から写真を拝借・・・、こちらが以前食べた”いろは食堂の牛かつめし”で基本的には今回食べた物と全く同じ。他のお店のかつめしに比べ肉厚があって美味しいお肉だが、タレはデミグラス系の酸味のある洋風テイスト。かつめしのタレはやっぱ”一平”とか”ロッキー”の方が私の好みにあっているかも。
 
そんな訳で久々に行った”元祖いろはのかつめし”で有名な『喫茶パラーディオ』であったが、写真が撮れないとなると何か楽しみが一つ減ったような気がするなあ・・・。特に日替り御膳何か品数豊富で見た目も綺麗なのでブログにアップするにはばっちりな料理のような気がするのだけど・・・。写真が撮れないとなると、個人的には訪問回数がぐっと減って来るような気がする・・・。私が良く行っている”ラーメンのもんど”だと、カウンター席の客が一斉に写真を撮り出す事が多々あるのだけど、まさに正反対の路線を進む気のようだ・・・。

「夏の牛丼祭」で牛丼並盛が270円!!!って事で、久々に吉野家・・・。

Filed under: — 代理人 @ 8:44 AM
 
代理人記録
 
最近の牛丼チェーン店の価格競争のニュースを見ていると、このまま行くと私の大好きな?吉野家潰れてしまうんじゃ無いかと危惧する毎日であるが、そんな吉野家夏の牛丼祭」って事で牛丼並盛が一杯通常価格380円が270円で食べれるって事で、またまた吉野家へ行って来た。この前吉野家に来たのは「春の牛丼祭」の時なので、その時も吉牛一杯270円だった・・・。最近、吉牛を食べに来る時は「牛丼祭」の期間中ばかりな気がする・・・。あ、その時に貰った50円引き券を使って”牛焼肉定食とか食べにも来たっけ・・・。
 
で、今回行った吉野家も『2号線加古川平野店』。明幹の尾上辺りにあるお店は自転車でも行ける距離にあるのだが、あのお店は改装してから居心地が悪い?ので最近はもっぱら『2号線加古川平野店』にばかり来ているような気がする。で、この日は土曜日の午後12時半と言う事で、ランチタイムど真ん中って事でや、「夏の牛丼祭」って事で、店内は大賑わい!!!お店入り口直ぐのレジ横のカウンター席しか空いて無い状態!!!やっぱ、このお値段ならみんな吉牛食べに来るよねえ・・・。
 
厨房もフル回転!って事もあってか何時も以上のスピード、速攻で運ばれて来たのがこちらの牛丼並盛で、お値段は「夏の牛丼祭」って事で270円也。最近ネット上でも牛丼の具が少ないと噂が広まってるせいもあってか、この日は以前と同じぐらいの量で、ご飯の量も微妙に多い様な気がする。しかしこの日は逆に牛丼のつゆが少ない最後の方は、普通の白いご飯状態。お汁一杯のつゆだくは好きじゃあ無いけど、全く無いのもチト困る。最初からつゆが少ないと判っていたらつゆだくで注文するのだけどねえ・・・。この辺りのつゆの加減が店に寄っても日に寄っても要れる人に寄っても全然違うからなあ。
 
ま、どちらにしてもご飯は温かだったし、お肉もタレの味も何時もの吉牛の味でやっぱり美味しかった。ちょっと前に食べた”すき家のうな牛”の牛丼の具が超激マズだったのとは大違いで、この日は大満足?でお店を後にしたのであった。やっぱ牛丼は吉牛に限る!!!

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.