義史のB型ワールド

2010年8月20日

今更ながら日清のGoFan食べた。昔懐かしい、カップライスの平成版?

Filed under: カップ麺とインスタント麺 — 代理人 @ 8:47 AM
 
代理人記録
 
没ネタになりかけて居たのだが”カップヌードルごはん”の話が出た序でに昨年発売された”日清GoFan”シリーズを食べた時の話をご紹介!!!”日清GoFan”シリーズは昨年の2009年の春頃に発売された”電子レンジ調理専用・即席カップライス”で、基本的には先に紹介した”カップヌードルごはん”の原型とも言える商品である。発売されてから1年半以上経つので、既に食べた事がある人も多くいるとは思うが、今更ながらのご紹介なのであった・・・。
 
で、こちらが・・・、約1年ほど前に買って食べた”日清GoFan/スパイシージャンバラヤ”。”ジャンバラヤ”と聞くと懐かしいカーペンターズの歌の歌詞が頭の中に浮かんで来るが、パッケージに書いてある説明書きに寄ると”スパイスの効いたエスニックピラフ”との事。でも何かどっかで”ジャンバラヤ”を食べたような記憶もあるのだけど、思い出せない・・・
 
日清GoFan/スパイシージャンバラヤ”のパッケージの中にはご覧の様に4つの袋が入っている。ライスの入った袋は”カップヌードルごはん”と全く同じ物?っぽい。ま、当然と言えば当然だが・・・。
 
日清GoFan”シリーズの作り方は、紹介する順序が逆になったが、先に紹介した”カップヌードルごはん”と同じく、具とライスと水を入れて掻き混ぜた後、レンジでチンするだけ。日清の説明ではお手軽調理となっているが、普段、冷凍チャーハンを愛用している私には、何か余計に手間が掛かっているような気がしないでも無いが・・・。あ、冷凍チャーハンはレンジでチンするより、ちゃんとフライパンで温め直して食べる時の方が多いけど・・・。
 
で、完成したのがこちらの”日清GoFan/スパイシージャンバラヤ”。ちなみにこの様に簡単にレンジでチンして出来るのは、日清が開発した”一度炊き上げた米を、高温高速の熱風で膨化乾燥させたパフライス”のおかげ?らしい。
 
数分ムラした後、スプーンで掻き混ぜると”日清GoFan/スパイシージャンバラヤ”の完成!!!見た目的には普通に美味しそうなピラフに見える。日清の説明に寄ると”トマト、チキン、香味野菜をベースに、クミンやオレガノなどのスパイスが特徴のエスニックピラフ”で、具には”ニンニクや唐辛子で風味づけしたチョリソー、インゲン、レッドベル、コーン”等が入っている。もう一年ぐらい前の事なので、味の記憶はすっかり消えてしまったが、普通に美味しかったような気がする
 
てな事で”カップヌードルごはん”を紹介した序でに、没ネタとなりかけていた、昨年のネタである”日清GoFan”の話をご紹介したが、実は実際に食べたのはこの一度切りなのだ。何か値段がちょっと高いような気がしたのと、その割に量が少ないような気が・・・、ってまさに30数年前に”カップライス”で感じたのと同じ様な気持ちになったのだが、ここ最近ではこの程度の量でも十分な気がするので、また他の種類の”日清GoFan”を買ってみようかな?後は、何時も半額で買っている冷凍チャーハンと価格的に勝てるかどうか・・・、そこだけが、ちょっと引っかかるのだけど・・・。
広告

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。