義史のB型ワールド

2010年8月19日

レンジでチンするご飯シリーズ、遂にカップヌードルごはんが登場!!!って事で早速いただきました。

Filed under: カップ麺とインスタント麺 — 代理人 @ 8:03 PM
 
代理人記録
 
その昔、私が高校生か大学生の頃に日清のカップヌードルのご飯版で”日清のカップライス”ってのがあった。所謂、お湯を入れて作るご飯だったのだが、そんな得体の知れぬ物を我が親が買って来る訳は無く、当時からそう言ったB級グルメや、カップ麺が大好きだった私は、仕方なく自分でアルバイトして貯めたお金で買って来て、一応、当時発売されていた全種類の”カップライス”を食べたのだった。はっきりとは覚えて無いのだが”カップライス”はお値段が高くて、当時でも一個200円か300円ぐらいはしていたと思う。(カップヌードルも結構高かった記憶があるのだが、その1.5倍か2倍ぐらいの値段だったような気がする。だから”カップライス”全種類を買うのは結構、勇気の要る事だった・・・)。今思うと、当時の”カップライス”を食べた時の様子を当ブログの様に写真入りで細かに記録を残していたら、結構、貴重な歴史的資料になったような気がする。ちなみにその”カップライス”は値段が高かった割にご飯の量が少ない?って事もあってか、カップヌードルの様な人気商品には成らず、数年で”カップライス”は世の中から消えてしまったような・・・。
 
で、時は移りあれからもはや30数年が過ぎ、昨年の春頃に日清から”平成版カップライス”とも呼べる新商品で”レンジでチンするご飯”と言うその名も”日清GoFan”シリーズが発売されたのだが、更にそれから約1年半経って遂にその進化系?と言うのかカップヌードルとカップライス?が合体したような、その名も”カップヌードルごはん”ってのが発売されたので、早々に食べてみた。
 
こちらが今回買って来た”カップヌードルごはん/カップヌードル味”。見た目は普通のカップヌードルの一瞬見間違えるかのようなデザインをしている。確か、カップの何処かに”この商品には麺は入っていません!”と書いてあったような・・・。で、日清の公式サイトの説明に寄ると”カップヌードルの味を再現した、電子レンジ調理の即席カップライス。麺の味やフライした風味を取り入れ、スクランブルエッグ、コロチャー、エビ等具材も忠実に再現”との事。
 

こちらは”カップヌードルごはん/カップヌードル味”のパッケージを上からと斜めから見た様子。”カップライス”はお湯を入れて、その後、一旦お湯を捨てるタイプだった??(はず)が、この商品は昨年発売された”日清GoFan”シリーズと同じく、水を入れてレンジでチンするだけのお手軽タイプのご飯なのだ。
 
ちなみに”カップヌードルごはん”シリーズには他にも”シーフードヌードル味”があるので、一応、そちらも買ってある。日清の説明に寄ると”「カップヌードル シーフードヌードル」の味をごはんで表現。味を忠実に再現するために、スープの味のみならず、めんの味やフライした風味を取り入れ、ポークと魚介のうまみと、紅ショウガのアクセントで特徴づけました”との事。こなって来ると残る?”カップヌードルカレー味”の”カップヌードルごはん”も発売して欲しいような気がするのだけど・・・。
 
序でにに”カップヌードルごはん/シーフードヌードル味”のパッケージを上から見た様子もご紹介。”シーフードヌードル味”って事で、具は”キャベツ、たまご、イカ、カニ風味カマボコ、ネギ、貝柱”との事。こちらも何れ食べるので、その時にあらためて紹介する???かも、しないかも???
 
で、話は”カップヌードルごはん/カップヌードル味”に戻って・・・、パッケージを開けると中からはメインの”パフライス”と”具・味付けの素”と”仕上げ香味油”ってのが入っている。お湯を入れて3分待つだけ・・・、と言うお手軽さとは微妙に違うような・・・
 
まず”具・味付けの素”の中身を見ると・・・、何処かで見た事があるような具が・・・、てか、日清カップヌードルの具がそのまま入っているような感じ。カップヌードルの麺抜き?みたいで、何か楽しそう。
 
その”具・味付けの素”をカップに入れ、そこに水を投入!!!まさに、麺の無いカップヌードル状態!!!ここで注意すべき点は、パッケージを開けた勢いで、そのままパッケージを全部開いてしまいたいような衝動に駆られるが、全部開いてしまうと水が零れるし、ライスを入れてから混ぜるのも難しくなるので、最初は上の蓋部分だけを開けるだけにとどめる事!全部開けたくなるのは・・・、私だけかな???
 
そこへ添付のライスを入れて、この後、良く掻き混ぜてから電子レンジへ入れてチンするだけ。
 
レンジでチンするのに約5分、その後、ご飯をむらした方が美味しいと書いてあったので、更に待つ事1~2分、レンジから取り出して、ここでパッケージも全部開いて漸く完成したのが、こちらの”カップヌードルごはん”。見た目の色は確かにカップヌードルのスープの色に近いような・・・。米粒も中々エエ感じにチン出来てる。日清の説明に寄ると”米一粒一粒が立った、コシのある食感が楽しめるごはん”との事。
 
出来上がった”カップヌードルごはん”は、一見すると量が少ないようも見えたが、スプーンでかき混ぜるとそこそこの量はある。パッケージに書いてある説明に寄ると”おにぎり2個分のごはんの量”あるらし。それが多いのか少ないのか何と無く微妙ではあるが。
 
で、その肝心のお味の方であるが・・・、確かにカップヌードルな感じの味で、カップヌードル大好き世代の私としては、普通に美味しい。日清の説明に寄ると”「カップヌードル」の味をごはんで表現。味を忠実に再現するために、スープの味のみならず、めんの味やフライした風味を取り入れ、ロースト醤油と、ペッパーのアクセントで特徴づけました”なんだとか。私はやった事は無いが、カップヌードルを食べた時に残ったスープ?にご飯を入れて食べるとこんな味になるのかな?と言う気がする。
 
具もカップヌードルと同じ様に”コロ・チャー (角切りチャーシュー)、たまご、エビ、ネギ”等が入っている。ただ、エビの大きさが小さいような気がするのと、全体的に具の量が少ないような気もしたけど・・・。
 
てな事で”カップライス”誕生から約35年???、遂にカップヌードルがカップライスと融合したような商品が登場したのだが、日頃、冷凍チャーハンを愛用している私には結構便利で楽しいご飯かも。まあ昨年発売された”日清GoFan”シリーズをもっとレパートリーを増やして値段も下げてくれるのが一番ありがたい事なんだけど・・・。
広告

新しい携帯電話からどうやって写真のデータをPCに移そうか悪戦苦闘中!!!防水携帯なんで蓋開けるのが嫌なんで・・・。

Filed under: 趣味 — 代理人 @ 9:01 AM
 
代理人記録
 
先日、docomoからauへMNPして無料でゲットした新しい携帯電話SH008なのだが、撮った写真をパソコンに移す方法でちょっと悩んでいる。単純に考えるとUSBケーブルで接続してそのままmicroSDメモリの内容を転送するのが速度も速いしお手軽なのだが、auのこの夏のモデルは、docomoやsoftbankでは一部しか無い防水携帯だが、auの場合は全機種とも防水モデルになっている。そんな事もあって、このUSB端子のコネクタ部分が頑丈になっていて、蓋が固いのと、何度も開けたり閉めたらしていると、そこだけ弱って来て防水効果が薄れるのでは無いかと言う不安がある。
 
かと言ってmicroSDカードを外してパソコンに読み込まそうとすると、これまた防水携帯仕様な為、microSDカードはバッテリーの更に奥にあるので、一々、バッテリーを外さないとmicroSDカードを取り外す事が出来ない。また防水仕様な為、バッテリーの蓋もロックが付いているぐらい、ピタッとはまっているので、これまた現実的では無い・・・。
 
てな事で、この携帯を選んだポイントの一つであるWi-Fi(無線LAN)での転送か、あるいは今時の携帯なのでBluetoothが付いているからそちらで転送しようかと思ったのだが・・・、折角のWi-Fiなのにインターネット接続は出来るものの、直接PCとデータを共有する機能が無いBluetooth転送は写真一枚ずつは送れる様だが、まとめて送る機能が無い。どちらも後一歩の処で使い物にならん!!!そんな訳で、ここからUSBケーブルを使わない、PCへのデータ転送実現へ向けての四苦八苦が始まるのであった。
 
まずは話は最初に戻るが、一番初めに買って来たのはとりあえず必要だと思ったUSB充電&データ転送兼用ケーブル。某Y電機でこの携帯を買う時に、サービスで充電器を付けます・・・、って言われた時に、思わずUSB接続の充電ケーブルとかデータ転送兼用ケーブルには成らんか?と尋ねたのだが、それはauの商品じゃ無いから出来ないって断られた。その後でauショップにケーブルを買いに寄ったら在庫切れ。結局、純正じゃ無いけど安いケーブルを購入・・・。本来ならこれ一本でデータ転送と携帯の充電が出来て便利な事、この上無いのだけど・・・。
 
で、USB充電&データ転送兼用ケーブルを挿すとこんな感じ。以前使っていた携帯は底の部分だったが、今回の携帯はサイドに端子が付いていて、ケーブルを挿した状態だと何かじゃま有線のヘッドホンとかイヤホンを繋いだら結構邪魔な気がする・・・。おっと、そう言えば前の機種もヘッドホンを挿す端子はサイドにあったっけ???あんまり変わらんか・・・。
 
そしてこちらが、その問題?の端子とコネクタ部分。今時の防水携帯電話仕様な為なのか、蓋が開く端子部分はここしか無くて、充電ケーブル、USBデータ転送ケーブル、それに有線のイヤホン・ヘッドホンを接続するのも全てこの端子を使う。笑うのはこの携帯電話にはFMラジオも搭載されているのだが、FMラジオのアンテナが付いて無くて、ワンセグのアンテナじゃ受信出来ず、FMラジオを聴く場合は、ここにヘッドホンかイヤホンを接続すると、その線がアンテナ代わりになって受信出来るらしい。てな事で、FMラジオを聴く時も、この蓋を開けないといけないのだ。
 
だがどう見ても頻繁にこのコネクタを開け閉めしていると、何か直ぐにへたりそうな気がするし、きちっと閉まって無いと防水効果がはっきされないし・・・。てな事であまりこのコネクタ部分を開け閉めしたく無い・・・、ってのが人情!!!
 
てな事でコネクタ部分を開けなくても充電出来る卓上ホルダーを買って来た。卓上ホルダー使うのって何年ぶりの事だろう・・・。で、docomoやsoftbankから発売されている防水携帯には卓上ホルダーが標準で付いているらしいのだが、auはコストカットの為か別売。卓上ホルダーを買ったので、au買った時に無料で貰った充電器が無駄になるやんけえ!!!と思ったら、何とこの卓上ホルダーには電源は付いて無くて、USBケーブルや充電器を繋いで使うようになっている。充電器貰っといて良かった・・・。でもやっぱりUSBケーブルの方が良かった・・・みたいな。

 
ちなみに一足先にauの防水携帯の一つであるREGZA PHONEを買った甥っ子も、この防水端子?が気になって同じ様に開け閉めしたく無いからと言う理由卓上ホルダーを買ったらしい。やっぱみんな同じような思いなのよね。あの防水端子?と言うのかコネクタ部分がもっとしっかりしたような感じだったら、誰もそこまで気にしないのにね?とは思うのだけど・・・。
 

    
後、どうでもエエけど、卓上ホルダーを使って充電している時は、今流行りの液晶フォトフレームみたいな使い方が出来たり、あるいはワンセグ視聴が出来たりもする。卓上ホルダーに挿すと丁度エエ感じの角度になるのよね。これまた以前使っていた携帯電話はホルダーを使わなくても自立して、この角度で立てて観る事が出来た所謂AV携帯のはしりでもあった・・・。やっぱ先に使ってた携帯電話は今更ながらにエエ機種だったなと・・・。
 
が、こうなって来ると、ますます接続端子のコネクタを開けたく無い!!!しかもこの機種は折角Wi-Fi(無線LAN)が標準で付いているのに、何とか成らんもんかいな・・・、と色々調べて行くと auがやっている au oneと言うサービスを発見!!!auの携帯を買うと、自分のブログを書いたり、写真を保存したり、そして携帯のデータを一時的に預けたり出来るらしい。おお!!!、これって便利じゃん!!!PCとの連携が出来るので、このau oneのマイページと言う機能を使って、データをPCに送れるんじゃ無いの?って事で早速、au oneを使ってみた。
 
ちょっと全体的なインターフェースがイマイチで目的の場所辿り着くのに四苦八苦したけど、どうにか携帯とPCでIDを取得してデータ連携が出来る状態にはなった。で、早速、携帯電話のデータお預かり機能を使ってみる事に・・・。最大容量は100MBと、今時の無料のインターネット上のストレージとしては微々たるサイズではあるが、私が撮ったブログ用の写真を保存するだけなら、これで十分!!!しかも携帯のmicroSDのホルダーを指定するだけで、多少、時間は掛かる物の簡単にアップロードが出来るこれは滅茶便利だ!!!!!
 
で、早速、au oneに保存した写真データをPCに取り込もうとしたら・・・、ダウンロード機能が無い・・・。正確に書くとデータお預かり機能なので、万が一の時に携帯に戻せるのが最大の目的?って事で、携帯電話へのダウンロード機能はあるのだが、PCへのダウンロード機能が無いのだ・・・。何じゃそりゃ・・・。PCでデータの中身・・・、と言うか写真が観れるのに、ダウンロード出来ないなんて・・・。まさに絵に描いた餅状態?(ん?違うか?、据え膳食わぬは・・・、とも違うか・・・、何かそんな気分)。
 
が、無い物は無い、出来ない物は出来ない。仕方無いので、データお預かり機能は諦めて、写真のアップロードを使ってみると・・・、やっぱ写真は一枚ずつの送信しか出来ない。まあお預かりデータから写真アルバムへの転送も出来るのだけど、最終的にダウンロードするにはやっぱり一枚ずつしか無い。一枚ずつ送るんだったら、最初の計画通りPC用のBluetoothの機械を買って来て、Bluetoothで直接、PCに転送する方が手っ取り早いで・・・
 
てな事で、折角のau one マイページサービス後一歩のとこで、使い物にならん!!!まとめてPCにダウンロード出来る機能さえ付けてくれたらなあ・・・。
 
と言う訳で結局、今の処、何枚かずつをメールに添付して送ってみたりはしているのだが、これも何かイマイチ不便・・・。やっぱ、USBケーブルで繋いでデータ転送するのが一番なのかなあ・・・。まあ便利さと速度、何よりUSBから充電も出来るって事を考えても一番良い方法と言う気はするのだけど・・・。取りあえず、au oneにPCへのダウンロード機能を追加してくれ!と言う要望だけは出して置こうっと!!!

WordPress.com Blog.