義史のB型ワールド

2010年7月31日

久々の喜両由で、土用の丑の日直前!って事で”うな重”を食べた!!!値段は安い?が味はそこそこ美味しい。

Filed under: — 代理人 @ 11:57 PM
 
代理人記録
 
叔父・叔母を連れての王将三昧!序でにもう一発似たような話をば・・・。この日は家で食事の用意が出来ないと言う事で、またまた叔父と叔母を連れて食事に出掛ける事に・・・。叔母は”一平のかつめし”が食べたい、叔父はこの前食べたばかりの”王将の冷麺”が食べたい・・・、私はそれらとは違う物がエエなあ・・・、って事で、とりあえず、”かつめし”も食べれて、”冷たい麺”も食べれて、私も丼ぶり系が食べれる?って事で久々に喜両由に行く事となった。
 
こちらが約半年ぶりに行った『喜両由』。訪問したのは日曜日の夜だったのだがお店に行ったのは未だ日が高い頃だったので、割と空いていたが我々が食事をして帰る頃には、ほとんどの席が埋まるほどの大繁盛ぶり。相変わらず荒井界隈では超人気?のお店の様だ。まあ、他に行くお店が無い!ってのが、このお店が流行る最大の理由?のような気はするのだけど・・・。
 
で、最初はカツ丼定食系のメニューでも食べようかと思っていたのだが、この日は土用の丑の日直前!って事で何と無く鰻が食べたくなったので”うな重”を食べる事に。丁度一年前の夏場に”うなぎ丼”を食べたが、今回はちょっとグレードアップして”うな重”にしたのだ。それに釣られてか、叔母も最初は”からあげ定食”を注文して居ながら、結局私と同じ”うな重”に変更!
 
間も無くして運ばれて来たのが、こちらの”喜両由のうな重”で、メインの”うな重”の他、お吸い物と小鉢とお漬物が付いて1260円也。年に一回行っている”将棋屋のうな重”の約半分のお値段だが、ボリューム的には”将棋屋のうな重に全く引けを取って無い。
 
そしてこちらがメインの”うな重”。パッと見た感じでは今年食べた将棋屋のうな重”の鰻よりもちょっと大きいようにも見える。流石に鰻の柔らかさと言うのか、ふっくら感は将棋屋”のと比べるとちょっと落ちるが、タレが美味しいので全体的にも美味しいうな重”だった。何と言っても値段が安いからねえ。将棋屋の2回分だもんねえ・・・。
 
こちらは”うな重”に付いていた”小鉢”で中身はご覧の通りの”タコ酢”。そう言えば、一年前にこのお店で”うなぎ丼”を食べた時も”タコ酢”が付いていたなあ。時期的な事も影響するのかも知れないが、このお店では鰻に蛸が付き物?って事を覚えて置こう!
 
昨年食べた”うなぎ丼”には”味噌汁”が付いていたのだが”うな重”には値段の差を付けているのか”お吸い物”だった。流石に将棋屋の上品な”肝吸い”に比べると一歩も二歩も格の違いを感じされる、庶民的な”お吸い物”のようだ。
 
が、この”お吸い物”、パッと見た時から何と無くそんな気がしたのだが、このお店のうどんの出汁をそのまま使った”お吸い物”で、具にワカメと豆腐とネギが少し入っただけの物で、これにうどんを要れるとまさに普通のうどんになりそうな味だった。個人的にはこのお店のうどんの出汁は結構好きなので、昨年の”うなぎ丼”に付いていた”味噌汁”より良かったかも・・・。
 
最後は、御飯のお供の定番である”お漬物”も付いていて、内容は”瓜と蕪”かな。こちらもありきたりな”お漬物”ではあるが、普通に美味しかったかな。
 
てな事で、久々に手打ちうどんが自慢のお店『喜両由』に行って来たのだが、またまた、うどんを食べずに他の物を食べてしまった・・・。最近、うどんと言えば『池田製麺所/真心うどん』ばかりになってるので、次回『喜両由』に行った時は久々に、うどん系、特にぶっかけうどん系を食べてみようと思うのであった!!!

叔父と叔母を連れて王将に行ったら・・・、マンゴーにアイスコーヒー・・・。何か王将と違うみたい・・・。

Filed under: 中華料理 — 代理人 @ 8:49 PM
 
代理人記録
 
叔父と叔母が唐突に”王将の餃子が食べたい!”と叫ぶので叔父と叔母を連れて『餃子の王将』に行って来た・・・。叔父・叔母と食事と来れば、ステーキお鮨に決まってそうなもんだったので、何か今回はちょっと寂しい気分・・・。
 
で、こちらがこの日、訪れた『王将/東加古川店』。入店時間はちょうど正午に差し掛かる頃って事もあってか、既に店内は大賑わいでテーブル席は全席埋まっている年寄り連れなので座敷席は無理!って事でテーブル席が空くまでのしばしの間、入り口で待たされる事に。その間も続々と客が入って来る・・・。相変わらず大賑わいな『王将』だ。で、約5分ほどするとテーブル席に空きが出来たので、漸く案内された。
 
まずは何を差し置いてでも、真っ先に注文したのが、こちらの”王将の餃子”、3人前。”王将の餃子”と言えば店にも寄るが、変なタイミングで入ると焼き置きした餃子や二度焼きした餃子が出て来る場合もあるのだが、この日はランチタイムど真ん中!って事で注文の有無に関わらずフルに餃子を焼き続けているようで、ほとんど待ち時間無く運ばれて来たし、焼き立て熱々ジューシーな餃子で、まさに美味しい時の”王将の餃子”であった。
 
続いて運ばれて来たのは叔母が大好きと言う”春巻”。でもやっぱ”本格的な中華料理屋さんで食べる春巻”とは一味も二味も違う・・・、って事で結局、叔母が一本、私が一本食べただけで残りの一本はお持ち帰りと相成ったのであった・・・。
 

次に運ばれて来たのは、私が頼んだ夏の定番?の”豚肉と茄子の味噌炒め”。相変わらず、如何にも王将!と言う濃い味付けであるが、この特製味噌の味が結構好きで、こちらは期待通り美味しかった。個人的にはこの”豚肉と茄子の味噌炒め”と餃子一人前とそれに小ライスがあれば、それで十分なんだけど・・・。
 
その次に運ばれて来たのは叔父が頼んだ”肉ミソ冷やし中華”。”肉ミソ冷やし中華”は以前に私は食べた事があり、あまりお勧めじゃ無かったのだけど、叔父が冷麺を食べたい!と言うので仕方無く?頼んだのだった・・・。でも叔父も叔母も滅多に食べない冷麺!って事でそれなりに満足はしている様子だったので、まあ良かったかな・・・。
 
てな感じで、ここまでは時々、私が王将へ行って食べてるメニューに近いので、どうって事無いのだが、ここからが叔父&叔母の最強コンビ?の出番!!!何と王将の期間限定メニューの中から”マンゴハット”なるメニューを発見!!!叔父と叔母が数日前に5000円のマンゴーを貰ったと言う話もしていた事もあり、二人とも食べてみたいと言う。まあ、今書いたように、此処までの料理じゃブログネタには成らんけど、王将でマンゴ?ならネタになるかも?それにマンゴーと言えども王将価格だから5000円どころか1/10程度のお値段!って事で、早速”マンゴハット”を注文!!!
 

店内が満席で厨房がてんやわんやしている時に”マンゴハット”を注文した事もあって、ちょっと出て来るまで時間が掛かったが、漸く運ばれて来たのがこちらの”マンゴハット”でお値段は480円也!マンゴーを食べやすいように一口サイズにカットはされているのだが、皮にぴったりとくっついた状態なので、片手だけでフォークで実を解そうとしても中々取れない。左手でマンゴを押さえつつ、何とかフォークで刺して口の中へ入れると、そこそこ美味しい・・・。私は5000円のマンゴは食べて無いのだけど480円のマンゴとしては十分に美味しいマンゴだったんじゃ無いのかな。
 
で、”王将でマンゴやで・・・”と笑っていたら?、今度は叔父が”アイスコーヒーが飲みたい!”と仰る・・・。王将でアイスコーヒー?????ってのも、これまたマニアックな要求であるが、しっかりとアイスコーヒー単独のメニューが用意されている。しかもランチタイムは157円との事。雰囲気的には世間一般のファミレスのドリンクバーに対抗したお得な値段設定?みたいな。それでもマクドよりも高い?気もしたけど、きっと王将でアイスコーヒーを飲むのもこれが最後?って事で一応注文。
 
間も無くして運ばれて来たのがこちらのアイスコーヒー。コーヒーの入れ物がメニューに載っている写真のコップとは違い、何か見た目がすごく安っぽいコップだ。しかもコップはデカイのだが、コーヒーは半分ちょっとしか入って無いみたいな。味も市販されているペットボトルか紙パックのアイスコーヒーのようなお味。まあ実際そうなんでしょうけど・・・。きっと王将でアイスコーヒーを飲むのは、これが最初で最後になる事でしょう・・・・・。
 
てな事で、この日は叔父と叔母を連れて王将に行って来たのだが、普段の王将ではきっと食べる事は無い”マンゴ”と”アイスコーヒー”を食べたり飲んだりして中々ユニークなひと時であった。でもやっぱ叔父と叔母と一緒に食事に行く時は、もうちょっと豪華な中華屋さんに行ってみたいと思うのであった・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.