義史のB型ワールド

2010年7月28日

流石、学生さん達が夏休み?って事もあってか、平日のもんどで100食限定の鶏塩ラーメンが昼で売り切れ!!!

Filed under: もんど,ラーメン — 代理人 @ 10:14 PM
 
代理人記録
 
何か映画とか色んな事を書いている間に何時もの食べ物の記事が溜まって来たので、ちょっくら紹介・・・。
 
 
播州レプリカ”の話は置いといて・・・、まだその前のお話。その週の初めの日曜日に”塩ラーメン”を食べに行ったばかりの『もんど』から、久々に平日に限定ラーメンの案内が届いた。この日のメニューは”鶏塩ラーメン 梅の香”で限定100食との事。『もんど』誕生の2日後ぐらいから通い始め、ここ最近になってからも”限定ラーメン”を7割方は食べている私であるが、”鶏塩ラーメン 梅の香”はお店の案内チラシの中の写真入りメニューで見た事はあるものの、未だ食べた事が無い。それって、これだけ『もんど』の記事を書いているブロガーとしては問題じゃん!!!てな事で食べに行く事に決定!!!今回は平日なので日曜日ほどの大行列は無いはず・・・。でも限定100食だから昼の部に行かないとちょっと危ないかも?って事で、またまた『もんど』に向かって車を走らせた。
 
こちらがこの日、私が到着した時の『新在家ラーメンもんど』の様子。開店前の列に並ぶのが嫌だったので、過去の経験上、すんなりと店内に入れる可能性が高い午前11時40分頃を目処にお店に向かったのだが、途中、交通渋滞に巻き込まれてお店到着は午前11時50分過ぎ。車は何とか一台だけ空きスペースがあったので停めれたのだが、残念ながらお店前には平日であるにも関わらず、行列が出来ている。しかも何故か女の子3人組のグループが二組・・・。これもあっさり味の”鶏塩ラーメン 梅の香”の成せる技か???はたまた、夏休み突入で暇を持て余した女子学生さん達なのか???何れにしても何時もの『もんど』にはちょっと珍しい客層・・・のような・・・。
 
で、待つ事約15分、女子のグループ二組が店内に吸い込まれ、その後、私の前の兄ちゃんの順番になったのだが、その兄ちゃんは客待ちリストに名前を書いて無かったらしい・・・。直ぐ後ろに並んでいた私なので、その兄ちゃんが私が来た時からずっと並んでいた事は知っていたのだが、あの接客のスバラシイお店のスタッフのおねえさんに・・・、書いて並んで下さい・・・、と言われて渋々、また行列の最後尾に廻されてしまった・・・。この日は行列が短かったから良いけど、これが1時間待ちの時だったら、気が変になりませっせ・・・、みたいな。それは兎も角、不運な兄ちゃんを尻目?に、と言うか、そのお兄ちゃんの変わりに店内のカウンター席に案内されたのだった・・・。でもそれ以前からカウンター席の奥の方は空いていたようで、その気になれば店内に案内出来たんじゃ無いの?と思ってしまったのだけど・・・。
 
鶏塩ラーメン梅の香メニュー
ちなみにお店が配布している”もんどの裏ラーメン”の紹介メニューに載っている”鶏塩ラーメン 梅の香”の説明はこんな感じ。基本的には”もんどの塩ラーメン”がベースで、トッピングが更に和風?テイストになったような感じのラーメンらしい。
 
新在家ラーメンもんど鶏塩ラーメン梅の香
そして今回は運良く、先に入った女子グループと同じタイミングで運ばれて来たのが、私にとって初ご対面の”鶏塩ラーメン 梅の香”、750円也。マスターからの案内メールに寄ると”あっさりのWスープに極細麺。前回の塩ラーメンと同じテイストですが、コチラはトッピングに蒸し鶏やシャキシャキのレタスと胡瓜、レモン皮など爽やかな風味。清涼感ある熱いラーメン。面白いですよ。蒸し暑さに疲れた方にはピッタリ。”との事。ラーメンの具に白菜キャベツが入っているのは最近では珍しく無くなって来たが、流石にレタスが入っているラーメンは珍しいのでは???
 
で、”鶏塩ラーメン 梅の香”のお味であるが、スープ自体は確かにこの前食べた”塩ラーメン”と同じであるが胡椒系のスパイスは一切入って無く、反対にレモンの酸味があるちょっと風変わりだけれど、さっぱりとした如何にも和風のスープ?みたいなお味。レタスの触感も中々楽しい。具の蒸し鶏は何と無く中華料理のオードブルに出て来るような蒸し鶏に似ていたが、こちらもあっさりスープと相性も良く、中々美味しかった。良く食べている”もんどの塩ラーメン”でもトッピングやスープに加える物をちょっと変えるだけで全然違うラーメンになるもんだなあ・・・、と改めて感心!!!中々楽しい一杯でした。
 
健康に悪い?と思いつつも、何時も長柄にスープを最後まで飲み干そうと頑張っていたら、何やら口に堅い物が飛び込んで来た。何だろうと口の中から出してみると、それは梅干しの種ならぬ、レモンの種だった・・・。ラーメンのスープの中からレモンの種が出て来るのもちょっと珍しいよね。
 
てな事で、今回はあまり待たされる事も無く、久々に初めて食べる限定ラーメンを食べる事が出来て大満足して家に帰ったのだが、午後2時半頃に『もんど』からまたまたメールが届いた。こんな時間に何かいな?とメールを読んでみると”平日なのに、凄い勢いで売り切れました・・・”との事。まあ限定100食って事で早い時間に売り切れる事はある程度予想は出来ていたが、それにしても平日に関わらず、沢山のお客さんがやって来るものなのねえ・・・平日とて『もんど』は侮れ無い・・・。そしてこの”売切れメール”の最後の方に”播州レプリカ”の話が予告されていたのだが・・・。

今夜は”ドラゴン危機一発”だ!!!でもこちらも劇場公開オリジナル版じゃ無いのよね・・・。

Filed under: 趣味 — 代理人 @ 8:32 PM
 
代理人記録
 
ブルース・リー特集二日目の夜は、実質ブルース・リーの主演第一作である”ドラゴン危機一発”。この映画が最初に公開された香港ではそれまでの興行成績を塗り替え、ダントツの大ヒット映画で一躍ブルース・リーを香港の大スターに押し上げた記念すべき作品ではあるが、その時は日本では公開されておらず、”燃えよドラゴン”が大ヒットした次の年辺りに日本で公開されたので、世代的には逆になっているので、何と無く初々しいブルース・リーを観る事が出来る。
 
またこの映画がブルース・リーの主演第一作って事で、まだブルース・リーの役者としての形?が出来上がって無いので、あの有名なアチョーッ!と言う雄叫び(通称・怪鳥音)は無い・・・。ところがビデオ化?あるいはDVD化された辺りから、ソフト会社が勝ってに?編集して、他のブルース・リーの作品からその怪鳥音を取って来て、挿入している。私は以前、BANBAN-TV(と言うかスカパー系のチャンネル)で放送された時に観て、何じゃこれは!!!と驚いた物だ!。てな事で、今夜放送されるバージョンも間違い無く、この怪鳥音入りのバージョンになるはずだ(てか、怪鳥音の無い、本当のオリジナル版はソフト化されて無いから観る事は出来ないのかも・・・)。
 
何かねえ・・・、”ドラゴン危機一発”をリアルタイムで映画館で観た世代としては、ある意味、怪鳥音の無いブルース・リーってのが新鮮で(当時は不満を垂れたかも)それがこの作品の一つの魅力でもあるのよねえ。後から無理やり入れてるので、声と口とあって無いしねえ。何かこう言う改変は嫌いだなあ・・・。まあ、ブルース・リー=怪鳥音と言うイメージもあるから一般の観客にはあった方が喜ぶのかも知れないけど・・・。
 
ちなみにブルース・リー主演の映画はこれが初めての作品だが、ブルース・リーがアメリカに滞在していた頃に、弟子であるジェームズ・ガーナー(映画”大脱走”で飛行機に乗って逃げるパイロット役の人)の主演映画”かわいい女”に、ちょこっとだけ師匠のよしみでゲスト出演?しているのだが・・・、何か、そのシーンを何年も前に、メールでみなさんに紹介した事があるような気がして来た・・・。もしもみつかったら、このブログに乗せる事にしよう・・・。それにしても映画”かわいい女”ってDVD化されてるのかなあ・・・。モノクロ映画だし、もう地上波では放送される事が決して無いような映画な気がする・・・。

遂に東芝から、まともな?ブルーレイレコーダーが発表となった・・・、でも発売は11月下旬???って何時の話や!!!

Filed under: 趣味 — 代理人 @ 5:20 PM
99
代理人記録
 
遂にと言うか、漸くと言うか、HD DVDとブルーレイの戦いに敗れてから沈黙していた東芝から遂に東芝製のRD型番のブルーレイ・レコーダーが発表された!その中でも当然、東芝ファンが注目するのはXシリーズ。東芝のレコーダーと言えばXシリーズで、我が家もRD-X3と言う名機を長年に渡って愛用して来た(今は下の甥っ子が引き続き愛用している)。そしてDVDレコーダーの最後のモデルとなったRD-X9を最後にこのシリーズも新製品が出る事は無かったのだが、遂にその後継機がブルーレイ・レコーダーとして登場したのであった!!!
 
こちらが東芝の新製品であるRD-X10。DVDレコーダー愛用者の間では、じいちゃん・ばあちゃん向けが松下製!画質&編集に拘るのが東芝製!って事で、所謂AV・オーディオファンからは長年支持され続けて来たシリーズなのだ。当然、私もPT2を買うまでは待ち望んでいた製品なのだが・・・。
 
ざっと仕様を観た限り、AVCRECのW録画が出来ない等、パナソニックの最新機種に比べるとブルーレイ空白時代が長すぎた?と言うような印象も受けるが、基本的にはRD-X9の編集機能等をそのまま継承、また東芝お得意のUSB外付けHDDへの録画やダビング、それにREGZAのHDDからもダビングが出来る管理人さん邸の液晶TVからもダビングが可能!)って事で、東芝らしさは万全!そして当然の如く???、iLinkも付いているし・・・。規格的はD-VHS時代の代物なので、パナソニック以外のメーカーからは廃止されて行っているiLinkであるが、対応デジタル機器を持っている、AVファンには重宝される端子なのだ。これでパナソニックのDIGAとの連携もバッチし!みたいな。まあ、何故か我が家にある液晶テレビ全て(パソコン用のAQUOSでさえ)にiLink端子が付いているし、そもそもiLinkでしか接続出来ないHDDレコーダーも現役で使っているし、我が家には必須の端子でもある!!!
 
最終的にはコピー10(ダビング10)と足かせはあるので、私が買うかどうか微妙だが、もしもPT2で録画した映像をiLinkかLAN経由でRD-X10に転送が出来て、ブルーレイに焼く事が出来たのなら・・・、絶対に買うのだけど、それを確かめるには11月下旬まで待つしか無い???。うーん、この糞暑い、夏まっさかりの中、年末の話をするのも何かこの時代としては、ちょっと遅れてるようなあ・・・、東芝さん!!!

WordPress.com Blog.