義史のB型ワールド

2010年7月26日

今年も”すき家”で”うな牛”を食べた!!!。うな丼は兎も角として、牛丼の具が激マズ!!!

Filed under: — 代理人 @ 10:59 PM
 
代理人記録
 
今日は土用の丑の日!!!って事で、偶然だけどちょっと前に食べた”すき家のうな牛”のお話を一つ・・・。
 
関西には一番後から進出して来た上に、味も吉牛より劣ると思うのだが、扱うメニューの豊富さから、はたまた牛丼チェーンと言うよりも”丼ぶり屋”さんのような豊富なメニューのおかげか、今や『吉野家』より店舗数が増えた『すき家』であるが、今年も定番の”うな牛”の季節がやって来たので、一応、慣例行事?と言う気分で”うな牛”を食べに行って来た。
 
こちらがこの日行った『すき家/東神吉店』。管理人さんの家への行き帰りに必ずと言って良いほどお店の前を通過しているのだが、実際にこのお店に入るのは初めて。偶々、ロックタウン加古川へ行っていたので、そのまま西へ行ったら入り易い?って事で、今回初めてこの『東神吉店』に行ったのだった。
 
間も無くして運ばれて来たのがこちらの”すき家のうな牛”、710円也。ご存じの通り、鰻丼も牛丼も両方食べたい!と言うよくばりな方向けのここ数年夏の限定のメニューになっているのだが、実際に運ばれて来た”うな牛”はメニューの写真と比べ、何か牛丼の具も少ないし、全体的な量も少な目な感じだし、それ以上に牛丼の具の盛り付け方が雑で凄くみすぼらしく見えて、全然美味しそうな気がしない・・・。
 
そしてこちらが”すき家のうな牛”の鰻。メニューに寄ると”ふっくらやわらか甘辛ダレの『うな丼』”との事。夏初めに食べた”吉野家のうな丼の鰻”の様に、最初からばらけたような鰻では無く、一応、一枚ものの鰻のようだ。更に吉野家は何処の鰻を使っているのか公表してない(はず?)なのに対し『すき家』は堂々と中国産と書いている。でも何か『すき家』がしっかり管理していて、中国産でも安全な鰻???とか言う話。まあ、味的には甘辛ダレのせいもあって、スーパーで買って来た鰻並に普通に美味しい。間違っても『将棋屋の鰻』とは比べられないけど・・・。
 
が、しかし鰻は兎も角として牛丼の具盛り方が滅茶適当で雑!。見た目の悪さもさる事ながら、牛丼の具の味が、長時間煮込まれた過ぎて物凄く醤油辛くなったような味で超激不味!!!。私は”すき家”が、十数年前に横浜から関西に進出して来て、播州地方に初めて出来た姫路店で”すき家の牛丼”を食べて以来、大阪天満店、加古川店、東加古川店、イトーヨーカドー店等と、あちこちの”すき家”で彼是20杯以上の”すき家の牛丼”を食べて来たが、今まで食べた”すき家の牛丼”の具のとしては最低最悪の不味さ!!!はっきり言って、スーパーて売っている”冷凍すき家の牛丼の具”の方が数倍旨い!!!『すき家史上、稀にみる?不味さだった。
 
流石にチェーン店なので『神吉店』が何時もこんな酷い味の牛丼を出しているとは思えないが、何せ今回の具は不味かったなあ。まあ、長年に渡って牛丼チェーンに通っていると、玉葱投入直後の生煮え状態のシャリシャリした玉葱や、反対に超煮込み過ぎてほとんど溶けたような玉葱なんかは食べて来た経験はあるが、タレがこんなに不味かったのは吉野家なか卯松屋すき家を全て合わせても初めての事だ!まあ、元々”すき家の牛丼のタレ”は一番レベルが落ちると思っていたが、ホンマこの日のは、酷かったなあ・・・。お口直しに”冷凍すき家の牛丼の具”でも買って来て食べる事にしよっと!!!

日本一こだわり卵で、玉子焼きと玉子かけ御飯を御馳走になった!どちらも文句無しに美味しかった!!!

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 9:16 PM
 
代理人記録
 
そうめん流し大会の話題に関してもう一点ご紹介。そうめん流しの前日の買出しに集まった際に私が持参した『吉兆六』のから揚げを満喫した後、それだけで昼御飯を済ませるのは物足り無いでしょ・・・、って事で奥様が玉子焼きを作ってくれる事となった。何か特別に美味しい?卵と、たまご焼の素があるらしい・・・。
 
まずは結構なお値段がする?と言う”日本一こだわり卵”。残りわずか2個!って事で、最後の卵だったらしい・・・。
 
こちらは”日本一こだわり卵”に付いていた説明書き。上の写真をクリックすると拡大して見る事が出来るので、各自、拡大して読んで頂戴!
 
そしてこちらが、これまたちょっと珍しい?”ふっくらたまご焼の素”。玉子焼きの味付けはこれだけで出来るらしい・・・。
 
で、”日本一こだわり卵”を”ふっくらたまご焼の素”を入れて焼いて出来た”玉子焼き”はこんな感じ。この時にもお話したが・・・、焼き立て熱々の玉子焼を食べるのが久々(数年ぶり?)だったので、”日本一こだわり卵”かどうか一切関係無く、単純に熱々の玉子焼!って事だけで物凄く美味しかった。でも味付けは”ふっくらたまご焼の素”のみ?って事なので、もしかするとこの”ふっくらたまご焼の素”があれば、私でも同じ味の玉子焼きが作れるかも???今度チャレンジしてみようかな???
 
—————————————————————————–
 
続いてはそうめん流し大会当日のお話。この日は竹取は当然の事、某関係者のお墓参りとか追加の買出し、そしてその前に管理人さん邸のパソコンのHDDの取付作業の予定もあって管理人さん邸に午前8時半には到着!!!ちょうど管理人さん邸が朝食タイムだったので、ご一緒させていただく事に。とは言え、普段、私はあまり朝食を食べないので、量は必要無い。そうめん流し大会準備が出来る体力が付けば十分!って事で、今回は炊き立て御飯で”玉子かけ御飯”を作って貰う事となった。
 
こちらが実際に御馳走になった”玉子かけ御飯”。前日に玉子焼きを焼いてもらった”日本一こだわり卵”のとは違う卵らしいのだが、一応こちらも貴重な新鮮玉子との事。それより何より、管理人さん邸の”玉子かけ御飯”の流儀も御飯に要れるのは黄身だけ!ってのが嬉しかった。以前紹介した但東町にある卵かけご飯専門のお店『但熊へ行った時、回りの客は白身ごと御飯に要れて、じゅるじゅるになった”玉子かけ御飯”を食べている中、私一人?白身を除いて黄身だけ要れた”玉子かけ御飯”を食べて顰蹙を買ったのだけど、”玉子かけ御飯”って絶対に白身を入れちゃあ駄目だよねえ・・・、黄身だけで食べないと駄目だよねえ・・・。って事で、管理人さん邸も黄身だけ派ってのが、意外な一致点?があって結構嬉しかったのだった。(ちなみに姫路にある”たまごかけご飯専門店『たまごや』”へ行った時は、お店の雰囲気に飲まれ、1個目だけ黄身のみで食べたけど2個目は白身も要れてしまった・・・、ちょっと気の弱い私でもある・・・。)
 
で、ちょこっと醤油を垂らし、黄身をあまり掻き混ぜ無いでご飯に混ぜていただくと・・・、卵の黄身もええ感じで中々旨い!!!。この時は他に管理人さん自家製のラー油ってのがあって、お勧めって事で少し要れて食べてみたけど、ラー油の味が強くて折角の玉子の味が台無しになりそうだったので直ぐに却下。ラー油も悪くは無いが、それは”玉子かけ御飯”じゃ無い時にまた食べてみようかな?と言うような印象だった。ま、どっちにしても”玉子かけ御飯”も美味しかったし、やっぱ”玉子かけ御飯”には黄身だけを要れる!ってのが正解ですよねえ・・・。
 
てな事でそうめん流し大会とは全然関係無い話題ではあるが、たまたま二日間に渡り美味しい玉子を御馳走になったので思わず紹介せずには居られなかったのであった。きっとその内に、私の自家製の玉子焼きが当ブログに載る日も近い?かも???

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.