義史のB型ワールド

2010年7月25日

九州中津と言えば”からあげ”ですよねえ・・・。でも買ったのは東加古川?の方だけど・・・。

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 8:54 PM
 
代理人記録
 
話は前後するが、そうめん流し大会の前日、買出しをする!って事で管理人さん邸に集まる事となった。久々の訪問?って事で何か手土産を持参しよう!って事で、以前から気になっていた”九州中津のからあげ”ってのを買いに東加古川の高畑まで行って来た。お店がオープンしたのは一年ほど前だが、当時結構話題になっていたので一度食べたいと思っていたのだが、場所的にちょっと遠い?って事もあって、買いに行く事は無かったのだが、その間に別府のグリーンマートの中に2号店もオープンして・・・買い易くなったと思っていたら・・・、もう閉店しまった・・・。って事でやっぱ高畑まで行くしか無い?みたいな・・・。
 
  

こちらがその時、から揚げを買いに行ったお店”九州中津からあげ本家『吉兆六』”。から揚げって別に家でも出来るじゃん!とお思いかも知れないが、昨今のB級グルメブームや、秘密のケンミンショー等でも時々話題になっているように、大分県のご当地グルメ?が、から揚げなのだ!『吉兆六』の説明に寄ると、”大分県中津は、全国まれに見る唐揚げ専門店の密集激戦地です。その結果、中津の唐揚げは、風味、部位のバラエティ、肉の大きさ等、他地域の唐揚げとは一線を画するものとなっています。吉兆六では中津の唐揚げで育った店主とスタッフが、九州から取り寄せた材料から独自のタレを調合し、本場中津の伝統を守る独特の味に仕上げました。”との事。
 
店内はこんな感じで、このお店は”からあげの持ち帰り専門店”なので食べる場所は無い。レジで注文した後、から揚げを揚げるので10分ほど待って欲しい・・・、との事。お店の説明では”揚げたてアツアツ、衣のサクサク感をご賞味いただくためとご理解ください”との事。しかも噂に聞く、昨年のオープン当初の賑わいは無く、土曜日の正午と言う書き入れ時の時間帯?にも関わらず、店員さんは一人だけ。私の注文を聞いた後、厨房に入って行って一人でから揚げを揚げている・・・。まあタイマーをセットして揚げるだけなので、特に手がかかるような事は無さそうなんだけど、お客がどーっと押しかけて来たらどうなるのかな?と心配していたのだけど、結局、この時私が滞在していた約20分ほどの間、私の他に客はやって来なかった・・・。別府のお店が無くなったのも、何と無くうなずける・・・ような・・・。
 
  

ちなみにこのお店のメニューはこんな感じ。普段、テイクアウトのから揚げを買う事が無いので安いのか高いのか、イマイチ私んは良く判らない・・・。今回は面倒だったので、モモと手羽先と手羽元がセットになった物を購入!約10分ほど待って、漸く揚がったからあげを車に乗せ、一目散で管理人さん邸に向かう。お店の人が揚げたての味は格別”とか言っていたので、車の中でつまんでみたい衝動に駆られながらもじっと我慢の子であった・・・
 
そしてこちらが管理人さん邸へ持って行った“吉兆六セット”。写真を撮った時点で若干数が減っているのは、ちょうど管理人さん邸に着いたと同時に、誰よりも先にやって来たのが、鶏の匂いに引き寄せられたのか?管理人さんの娘婿。折角なんで、何個か持って帰り!って事で、手土産に包んで上げたので、数が減ってしまったのであった。
 
で、これまた一個ずつの写真を撮り忘れたけど、内容は骨なしモモ肉と、手羽先、それに手羽元。手羽先は名古屋風の甘辛のタレのタイプが多いが、このお店の手羽先は普通にから揚げにした手羽先で、ちょっと珍しいかも。で、”吉兆六では冷めてもおいしく食べられるよう、タレや衣に独自の工夫を施しています”って事もあってか、若干冷め気味のから揚げだったけど、どの部位も中々美味しかった。遥々、東加古川高畑まで買いに行った甲斐がある!ってもんだ。次回、機会があれば揚げ立て直後のから揚げを食べてみたいと思う・・・。

そうめん流し大会2010!いよいよ本番開始!!ハプニング?もあったけど、何とか無事終了!!!今年は賑やかだったですね???

Filed under: さりげない我家の風景 — 代理人 @ 8:36 AM
 
代理人記録
 
てな事で、そうめん流しの竹も無事設置!会場の準備も整ったので早速”そうめん流し大会2010”の始まり始まり・・・。
 
  

今回のそうめん流しには長男グループが8人、次男の小学生グループが6人ほどが参加するって事で、前日の買出しで買って来たそうめんだけでは足りないでしょ!って事で、この日の朝も追加でそうめんを買い足し。更に、そうめんつゆの薬味に椎茸とか干し海老も要れよう!って事で買って来ていたのだけど、椎茸は時間の都合?で却下・・・、干し海老はお嬢の家に置いたままでこの場に無し、金糸玉子は・・・、今朝の買出しで買って来るのを忘れていた・・・、って事もあり、例年の如く、ネギと生姜のみとなりました・・・。
 
まず最初にお腹を空かせた子供達から。そもそもそうめん流しは初体験?って事で中々好評!だったかな?まあ、そうめんを食べるより、流れて来るそうめんを途中で堰き止めたりやらして、半分遊んでいるようでもあったけど・・・。
 
お腹が満たされて来るとじっとして居られ無いのが子供!って事で、何か途中からは水遊びの方が楽しそう?この日はそうめんの他にゼリーも流していたのだけど、ゼリーが箸で掴めず最後まで流れてしまうと、そうめんの中でグチャグチャになってしまいイマイチだった。ちなみに子供達が途中でファンタなんかを流してたのは内緒の話???
 
で、そうめん流しでそれなりに盛り上がったいたので、そのまま外で遊ぶのかと思いきや、すぐさま家の中にこもってゲーム大会・・・。やっぱ今時の子供たちですねえ・・・、みたいな。
 
そしてこの後は管理人さんの長男グループ8人組がそうめん流しをする予定で、そうめんを湯掻いていたのだが・・・、若者達は変なおっさん連中と顔を合わすのが嫌なのか、こちらも家の2Fにこもった切りで降りて来ない。大量にそうめんを買って来たし、湯掻いたのに勿体無い!!!
 
 
それは兎も角、ここからはいよいよ本番?となった大人達のそうめん流しの様子をご紹介!!!
 
まずは時間的には前後するが、ひとしきりそうめん流しを満喫してくつろいでるみなさんの様子。偶然にも?早朝からの参加者ばかりが写っているような・・・。
 
こちらは子供達と混じってそうめん流しを満喫中の奥様方!!!食べる方に夢中?でカメラの方に見向きもしません!!!
 
続いての写真は、最近実家に入りびたり?と言うか家が隣な事もあって、常に実家の方に居るような気がするお嬢様と、この日も30万円の自転車に乗って荒井から駆け付けたT郎君
 
  

K朗君は、何年か前のそうめん流しの時、竹取の後、死んだようになってたけど、この日は何故か絶好調!!!忘年会や新年会にはあまり参加して無いけど、そうめん流しには割と参加してる???かな???
 
そしてそうめん流し大会の終盤、お嬢の婿殿が仕事を終えて?漸く参加。でも他の人はすっかりお腹満腹状態なので、夫婦二人だけで、向かい合わせでそうめん流しをしている・・・、何か変・・・・。婿殿曰く、何時も家で二人で食事してるのと一緒や!
 
そんなこんなで今年のそうめん流し大会も無事終了!その後は囲炉裏の部屋に集まって座談会。この後、Hねえさんがシュークリームの手土産何かを持って来てくれたのだけど、何だかんだと早目の解散!今年のそうめん流し大会も終焉を迎えたのであった!!!
 
 
 

ちなみに、こちらはK朗君が手土産で持って来てくれた、先日私も紹介したばかりの、明石で話題の商品”もかむす”。ほとんどの人が初めて食べる!って事で、それぞれを二等分にしてみんなで味見をしたのだけど・・・、どちらかと言うとあまり評判は良く無かったような感じ。まあ、私もこのブログで散々書いたように、外の皮?はあんまり美味しく無いのよね。中の御飯だけえ十分なんだけど、それじゃあ、普通のおにぎりになってしまうし・・・。ま、一回食べたらそれで十分でしょ。
 
  

そしてこちらは今年のそうめん流し大会の目玉?でもある”そうめんかぼちゃ”。T郎君自家製のお野菜だ。かぼちゃと言うより、どちらかと言うと瓜に近いような色と形なのだが、何で”そうめんかぼちゃ”なの?と言う素朴な疑問に対して、茹でてみたら判る・・・との事。
 
で、途中どうなったのか良く知らないのだが、茹で上がった”そうめんかぼちゃ”はこんな感じ。色は黄色いが、遠目で見ると確かにそうめんの麺のように見える。どんな味がするのか、恐る恐る口に入れてみると、かすかにカボチャ系の甘さがあるが、食感はシャキシャキして、刺身に付いている”大根のけん”みたいな感じ。大して美味しいもんじゃあ無い。来年はもう要らんかな・・・。
 
てな事で、昨年はやらなかったので二年ぶりとなったそうめん流し大会ではあったが、子供達の参加もあり、例年以上に盛り上がったそうめん流し大会であった。来年も出来ると良いね!!!

WordPress.com Blog.