義史のB型ワールド

2010年7月3日

美味しいカレーを求めて姫路の塩町へ行ってみた。でも味的には辛いだけでちょっと期待外れ。

Filed under: カレー — 代理人 @ 9:03 PM
 
代理人記録
 
最近、カレーと言えばインドカレーばかり偶には欧風、あるいは日本風の美味しいカレーが食べたあーい!!!と時々思うのだが、あまりこの近辺に美味しいカレーが食べれるお店が無い。高砂と言えば超有名&超人気の『じょっぴんや』があるが、値段は高いし夜は営業して無いし、そもそも私の評価はそれほど高く無い。だが『じょっぴんや』の他は・・・と言うと私が京都在住時代に毎週の如く行っていたカレーチェーン店の『ココ壱』ぐらいしか思い当たらない。姫路まで行くと、パソコンショップアプライドの直ぐそばにある『インディアン』とか、姫路の街中に行くと横浜カレーミュージアム初代名誉館長お勧めの『BAOBAB』等があるのだが、どちらのお店も既に何度も行っているので、イマイチ新鮮味に欠ける
 
そんな中、私が良くチェックしている?ホットペッパーの中で”有機野菜や産地直送の素材をふんだんに使った料理とおいしいカレーが食べられるお店♪”と言うのを発見!場所は姫路の魚町・塩町の一角なので行くチャンスは無いかな?と思っていたのだが、先日、幼馴染みと食事に行く話になった時にちょっと遠いが行ってみる事にした。
 
こちらが今回行った姫路の繁華街の中にある『空ん。(くうん)』と言う名のお店。場所的には魚町のメインの通りの一本南側の筋で近くには私の大好きな?かに料理で有名な『西村屋』の姫路店があったり、昨年、おでんを食べに来たお店があったりする。あるいは30番さんがちょっと前にこの近辺でラーメンを食べた・・・処を東へ進んで行った場所辺り???かも・・・。
 
個人的に姫路でお酒を飲んだのは数年前の中学校の同窓会の時を除くと、10数年前に姫路出身の大学時代のクラスメイトとスナック?に行った時か、あるいは某???さんと映画を観た後に食事をした後ぐらいしか覚えが無いのだが(おっと、今は淡路に帰った某T君と昨年何回か飲みに来たっけ?すっかり忘れていた)、この近辺は姫路に祭り見物に来た時とか用事に来た時に、時々飯を食べに来る場所なので、飲み屋さん系は良く知らないが、カツ丼のお店豚丼のお店、あるいは姫路で超有名なしゅうまいのお店?『東来春等もあったりして、意外とお食事処には詳しかったりする・・・。ま、そんな事もありまだまだこの一帯には興味のあるお店が何店かあるのだが、車では着辛い場所なので、そう言ったお店に来るのは、数か月後の祭りの頃かも知れない・・・。
 

で、どう見てもカレー専門店には見え無い、このお店『空ん。』のメニューはこんな感じ。ま、お店に来る前にホットペッパーを読んでいたので、基本的なメニューの内容は知っていたのだが、ホットペッパーのトップに載っていた”かつめし”がメニューには載って無い。しかも店内にある黒板のメニューを探しても”かつめし”はメニューに書かれて無い。何でやあ~!?
 
とは言いつつ、今回の訪問の目的はカレーを食べる事なので”かつめし”はどうでも良いのだがカレーを頼もうとすると、何か5時頃に持ち帰りか何かで大量に売れて、今はご飯が全く無いらしい。でも20分程でご飯が炊けるって事だし、どうせカレーを食べる前にビールのつまみに何か一品料理を食べてみようと思っていたので、全く問題無し。って事で、まずはお手軽な”コロッケ”と”から揚げ”を注文!!!
 
まず最初に運ばれて来たのは、こちらの“北海道のじゃがいもで作ったホクホクなポテトコロッケ”、790円也。以前、物産展で一個500円もする”ジャンボ本タラバかにコロッケ”とか、一個420円の”和牛ミートクリームコロッケ”ってのを買って食べた事があるが、値段的にはそれに匹敵するぐらいのコロッケだ。でも”ジャンボ本タラバかにコロッケ”はその名の通り、ジャンボだしタラバ蟹が入っているし値段が高いのは納得出来るが、単なるポテトコロッケで一個345円とはねえ・・・。まるでスナックで出て来るコロッケ並みのお値段だ(てか、お店のママさんが如何にもスナックのママ風だったのだけど、後でHPを見たら、エステの先生らしい?でもきっとその前はスナックをやっていたに違いない・・・、想像だけど・・・)。
 
で、単純計算で一個395円するコロッケのお味は・・・、と言うと・・・、何か極々普通のポテトコロッケだ。ポテトも完全に磨り潰してあるので、ポテト感が全然無い。このレベルならば”伊保の旭屋ミートの神戸ビーフプレミアコロッケ”の方が何倍も美味しいぞ!みたいな。これで値段が安けりゃ文句は無いのだけどねえ・・・。やっぱスナック価格???みたいな。
 
続いて運ばれて来たのはこちらの“揚げたてジューシーから揚げ”、860円也。こちらも先に食べたコロッケ同様、結構なお値段だ。確かに”から揚げ”の量は違うが『らーめん八角』の”から揚げ定食ならラーメンとご飯が付いていて700円(ランチタイム)だから何か物凄く高い様な気がするよねえ。ま、味的には揚げ立ての熱々で普通に美味しかったけど、やっぱ値段ほどの価値は無いよなあ。
 
こちらは”揚げたてジューシーから揚げ”に付いていた”塩ダレキャベツ”。何かママさんが自慢げに運んで来たので、さぞや美味しい塩ダレのキャベツなのかな?と思って食べてみたけど、塩ダレはそんなに美味しい?と思える程では無いし、キャベツも心に近い部分が多くて歯応えたっぷりな感じ。まあ、これも”唐揚げ代”に含まれてる?って事で残さず食べたけど・・・。
 
そんなこんなで揚げ物オンパレードって事で二杯目の生ビールを飲みながら、うだうだ喋っていると、ママさん?がやって来て”ご飯が炊上りましたので、そろそろカレーを入れましょうか?”と言うので、二つ返事でオーケー。でも揚げ物たっぷりと食べたし生ビールも二杯目だし、ご飯の量はメニューにあったカレー小でも十分かな?と思ったのだが、ママさんが速攻で厨房に帰ってしまったので、結局、レギュラーサイズになってしまった・・・。
 
てな感じで、すぐさま運ばれて来たのが本日のメイン料理とも言えるこちらの”カレー”でお値段は1000円也。HPの説明に寄ると”三日間じっくり煮込んだコラーゲンたっぷりのスパイシーカレー。鶏ガラ、すじ、すね肉、テールからのスープに7種類のお野菜と21種類の空ん特製スパイスをブレンド”との事。辛さを得に指定した記憶が無いのだが、一口目から辛さを感じる一般的な欧風カレーだ。肉や野菜は、じっくりと煮込まれた事もあってか、ほとんど溶け込んでいて具の感触はあまり無い。1000円と言う値段を考えると、少しでも良いからゴロっとしたお肉の塊が欲しかったかも。カレー自体も、一口目に食べた時の味の印象のまま、最後まで変わる事の無い、まあ、普通のカレーって感じだったかな?
 
で、先に食べた”鶏の唐揚げ”が未だ残っていたので”カレー”に入れてみた。私が京都在住の頃、毎週のように通っていたカレーショップ『ココ壱番屋』で、私が一番良く食べたのが”フライドチキンと野菜のカレー”で、個人的にはココ壱ではカツカレーよりもフライドチキンカレーの方が大好きなのであった。そんな懐かしさを期待しながら、鶏唐カレーにしてみたのだけど、カレーの味も鶏唐の味も違うので、期待したほどの味わいは無かったかな・・・。何か普通にココ壱でフライドチキンカレーを食べた方が美味しいような気がする・・・。
 
ちなみにこちらはカレーに付いて来たの”らっきょ”。”らっきょ”と言えば、今年のGW期間中に神戸で食べたカレー屋さんの”唐辛子らっきょう”はみじん切り?されたピリ辛い味のらっきょだったけど、凄く美味しかったのだが、このお店のらっきょは、見た目も味も極々普通のらっきょだった。
 
てな事で、美味しいカレーを求めて遥々と姫路の繁華街まで行って来たのだが、カレーの味自体は極々普通な割に、場所柄な事もあってか、お値段は全体的にちょっと高め。今回はHPのクーポン利用で10%引きにはなったけど、それって最初から割引前提の価格設定?なような気がする。姫路で有名なカレー屋さんと言えば上でも書いた『BAOBAB』があるが、あのお店もどちらかと言うとインドカレー系だし、やっぱ姫路でカレーを食べるのはアプライドの近くにある『インディアン』が一番無難かなあ・・・。
 
そんな事もあって、今回行ったこのお店に来るのは今回限りのような気がするが、この界隈にはまだまだ楽しそうなお店がいっぱいあるので、また祭りのシーズンになったら探索しに来ようと思うのであった。
 

空ん。(くうん)

WordPress.com Blog.