義史のB型ワールド

2010年6月23日

叔父さんのお誕生祝い?で、またまたマペットに行って、今回は素直に牛ヘレステーキを食べた!

Filed under: グルメ — 代理人 @ 8:41 PM
 
代理人記録
 
この日は我が叔父のお誕生祝いを兼ねてお食事に出掛ける事となった。厳密に言うと叔母は我が一族の出なので、叔父とは血は繋がっては無い。が、しかし!我が一族の一員?って事もあってか、叔父も大の肉好き!(家では魚を食べるのだが、何故か外食では魚をほとんど食べようとしない。まあ『与多呂』と『林屋』のお鮨はお気に入りのようだけど)。肉料理って事で、個人的には久々に『本家かもめ家』に行きたいような気がしたのだが、高齢の叔父にはちょっと遠いのと、叔父自身が伊保にある『マペット』に行きたい!と言うので、結局、またまた『マペット』に行く事となった。
 
こちらが今年だけでもう2回目の訪問となるフレンチのお店『マペット』。この日は日曜日の正午前の到着であったが、我々の入店と前後して既に食事を終えてお店を後にする客の姿が・・・。一体何時からお店に来ていたのだろう???。それは兎も角、我々の入店後も続々と客がやって来て、この日はそれなりの賑わいを見せていた。オーナー夫婦が元ご近所さん?の私もちょっとホッとする賑わいだったかな?
 
まずはお店の入り口に掲げられた”ランチメニュー”をご紹介・・・、って『マペット』のお店の前に置いてあるボードのメニューは基本的にあまり変わらない一番安いランチセットの内容も今年の3月に来た時と同じようだし、その他のコースメニューも基本的には変わりは無い。後はその日の肉料理と魚料理の内容が変わるだけなのだが、それは店内のメニュー、あるいはお店の方に確認するまで内容は判らない。で、この日は何時もの様に?”季節のコースランチ”をオーダー。メイン料理は肉料理とか魚料理とかの中から選べるのだが、今回はお誕生祝い?で来た事もあり、ちょっと豪華に”牛ヘレステーキ”を選択したので+525円されて最終的には3150円のコース料理となった。
 
まず最初に運ばれて来たのがこちらの”シェフおまかせ3種オードブル”。このお店のオードブルは3種出て来る時と4種出て来る時とあるので、何故かなあ、その時のコストの関係かなあ・・・、と思っていたのだが、翌々考えてみると、基本的にランチタイムのオードブルは3種で、ディナータイムの場合は4種のような気がする。で、この日は未だ前回の訪問から三ヶ月も経って無いって事で、見た目的には前回食べた”シェフおまかせ3種オードブル”と内容が似ているように見える。
 
シェフおまかせ3種オードブル”の一番左は、このお店のオードブルの定番の一品とも言える”天然鯛の燻製”。私は彼是とこの数年の間に、このお店に10回近く来ている事もあってか、既に何度も口にした事があるお馴染みの料理だ。ま、燻製なんで特に美味いとかどうとかは、あまり思わないのだけど・・・。
 
続いて”シェフおまかせ3種オードブル”の真ん中にあるのは”海老と魚のテリーヌ”との事。上でも書いたように、私は長年に渡って『マペット』に来ているので、今までにも色んなオードブルを食べて来たがテリーヌが出て来たのは初めてかも。目新しさもあってか、このテリーヌは中々美味しかった。
 

そして”シェフおまかせ3種オードブル”の3種目は”明石の穴子と平飼い卵のゆで玉子”。ここ最近、毎度の如く”平飼い卵のゆで玉子”を使ったオードブルが出て来るが、この日のトッピング?は”明石産の穴子”との事。上に乗っている筍とそら豆をどけると、その下から”明石産の穴子”が姿を表す。私は”穴子”好きの高砂市民って事もありこの”焼き穴子”も美味しかったし”平飼い卵のゆで玉子”との相性もバッチしだったかな。
 

オードブルに続いて運ばれて来たのはこちらのスープで、その内容は”有機野菜と比内鶏のスープ”との事。ここ最近の『マペット』で出て来るスープは白い色をしたクリームスープ系が多かったので、何と無く久々に『マペット』で食べるコンソメ系のスープだ。
 
で、このスープは”有機野菜と比内鶏のスープ”と言うだけの事はあって、比内鶏や玉葱、人参等の具がたっぷり入っている。そしてこの比内鶏が中々旨い!!!スープと言うよりも鶏の煮込み料理を食べている様な気にさせる中々楽しいスープだったかな。
 
そしてメイン料理の前に運ばれて来たのがこちらの”サラダ”。ま、こちらは至って普通の”サラダ”だけど。
 
で、”サラダ”に続いて運ばれて来たのが、この日のメイン料理である”牛ヘレステーキ和風ソース”と”ライス”。私は『マペット』に限らず、フレンチのお店に行った時は、何時もは”ライス”では無く、食べる量が加減出来るし、残ったソースを浸けて食べる事が出来るので”パン”を食べる事が多いのだが、ここ最近、あまり白いご飯を食べて無い?、あるいはお肉とライスのコンビネーションも偶にはエエかも?と思って、この日は”ライス”をチョイスしたのであった。
 
それは兎も角としてメイン料理の”牛ヘレステーキ和風ソース”をあらためて紹介するとこんな感じ。ご覧の通り、ステーキの他に付け合せとして、大根、ブロッコリー、人参、ジャガイモ等の温野菜、そしてステーキの上には椎茸、アスパラ、玉葱、シメジ等の焼野菜がトッピングされていて、野菜の種類も豊富で健康にも良さそう!?みたいな・・・。
 
で、メインの”牛ヘレステーキ”はこんな感じ。ステーキハウスへ行くと肉汁を封じ込めるって事で最初にお肉をサイコロ状にカットして焼いて出て来る事が多いが、やっぱ偶にはフォークとナイフを使って自分でカットしてステーキを食べるのも楽しいよねえ。まあ、ちょっと前に食べた『ステーキ・けん』のお肉はカットするのに力が要ったけど・・・。
 
ちなみに自分のステーキを未だ全然カットして無いのに、右端にカットされたお肉が写っているのは、叔母から廻って来たお肉。まあ、最初からお肉が廻って来る事は予想出来ていたので、それならばやっぱりみんな同じヘレステーキでは無く、但馬牛のロースステーキ頼んでおけば良かったかな?みたいな・・・。
 
  

てな事で、早速”牛ヘレステーキ”を食べてみる事に。確かお肉の焼き加減はシェフまかせだったのだが、私好みのミディアムレア風で中々エエ具合。お肉も柔らかくてナイフの通りも良い。上でも書いた『ステーキ・けん』のお肉の時とは雲泥の差がある。ただお肉自体の味はヘレって事もあってか、ややあっさりしていて肉本来の旨味は薄いような。それに加え”和風ソース”ってのが、醤油ベースなのか、甘さ控えめでこちらも何と無く物足りなさを感じるような印象。個人的にはソースは洋風な方がエエかな・・・。
 
そしてメインのステーキ料理を食べ終えた後の『マペット』のもう一つのお楽しみと言えば”選べる食後のデザート”。こちらがこの日の”マペットの自家製デザート”を書いたメニュー。この日は種類が多くて7種類あるようだが、4番のメニューが紙を貼って隠してある。そこには何が書いてあったのか、滅茶気になるところではあるが、7番目にある”マンゴームースのデザートパフェ仕立て”ってのも今までに食べた事が無いデザートだ。食事中にマンゴーが話題になった事もあり、今回は迷う事無く、この”マンゴームースのデザートパフェ仕立て”をチョイス!
 

こちらが実際に運ばれて来た、今回初お目見えの”マンゴームースのデザートパフェ仕立て”。この歳になってから?は、ほとんど口にする事が無い、フルーツパフェっぽくて中々楽しそう
 
上の方はフルーツとクリームで中々”マンゴームース”の姿が見え無かったが、スプーンで掘り進んで行くと、漸くその”マンゴームース”が見えて来た。確かにマンゴーの風味があって、私好みの甘さを抑えたムースで中々美味しい。今まで『マペット』に10回近く来てデザートを食べた中で、一番美味しい?と言うか、一番私の好みのデザートかも知れない。
 
ちなみに食後にはドリンクも付いていて、この日は久々にミルクティーを選択!ま、ドリンクの方は料理と違い、極々普通のミルクティーではあるが・・・。
 
てな事で前回訪問から経った三ヶ月しか経って無い『マペット』への訪問であったが、やはり間が短いとオードブルは似たような料理しか出て来ない・・・。が、今回は”海老と魚のテリーヌ”とか”比内鶏のスープ”とか”マンゴームース”等、今まで『マペット』で口にした事が無いような料理やデザートが数品出て来たので、中々楽しかったかな。このお店、メイン料理は変わり映えしないが、オードブルとデザートだけは、色々と趣向を凝らした物が出て来るのよね。後は、メイン料理ももうちょっと凝って欲しいような気がするのだけど・・・。ま、どちらにしても次回、ステーキを食べに行くのは久々に『本家かもめ家』かな?

久々のガストでビーフステーキカツ食べた!ご飯の上に乗せたら”かつめし”になる???

Filed under: 焼肉、その他の肉料理 — 代理人 @ 8:20 PM
 
代理人記録
 
この日はちょっとした用事で高砂郵便局へ行った。郵便局を出ると時間は思いっ切りランチタイムのど真ん中!高砂郵便局でランチタイム?と言えば直ぐ近く?と言うか道を挟んで隣にある『ガスト高砂店』!!!2年程前、頻繁に高砂郵便局に来ていた頃に時々利用していたが、最近はご無沙汰していたので久々に『ガスト高砂店』に行ってみる事に。
 
こちらが約2年ぶりに行った『ガスト高砂店』。ランチタイムど真ん中!って事もあり、相変わらずオバタリアン客を中心に大賑わい。既に食べ終えて帰る客も大勢居たので、何とか席に着く事は出来たが、後から入って来た客の様子を観察していると、タイミング的には満席で待たされる事もあるようだ。
 
で、この日、私の目に留まったのがこちらの”ビーフステーキカツ”のメニュー。そう言えば『ガスト』と言えばちょっと前は”はみ出すビーフステーキ”とかが話題になっていたなあ・・・。一時期は売り切れ続出とかで話題になっていたし、ブログネタに一度は食べてみようかな?と思いつつガスト』だしなあ・・・、と思っている間にもう”はみ出すビーフステーキ”は終わってしまったのね。ま、それに代わるメニューがこの”ビーフステーキカツ”なのかな?って事で、今回はこの料理を注文。
 
で、”ビーフステーキカツ”は通常価格は899円(税込943円)なのだがランチタイムは100円引きで799円(税込838円)との事。安いっちゃあ、安いのだろうけど『ガスト』で800円前後のメニューって高いよねえ。確か『ガスト』って『すかいらーく』のフルサービスの形態をセルフ中心にして水も自分で取って来て、注文も客が呼ばないと店員が来ない・・・、その代わりに値段が安い・・、ってのがお店のコンセプトだったはず・・・、と思って調べたら、何時の間にやらすかいらーく』って全店消滅していて今は『ガスト』とか『チャイナガスト』とかに変わっているのね・・・、知らなかった・・・。で、『チャイナガスト』って同じ『ガスト』系列の『バーミヤン』と何がどう違うのだろう???何かブログネタ的に『チャイナガスト』に一回行ってみたい気がするのだけど・・・。
 
完全に話はそれてしまったが、セルフサービスの水とランチに付いている”日替りスープ”を取りにセルフコーナーへ。この日はランチタイムを大きく過ぎてからの訪問だった事もあり、スープの鍋の中は、底から数cmだけしか残って無い状態で、当然、具も残りかすのような物が、底にちょこっとあるだけ。まだまだ後から客も入って来てる中で、全く補充された様子の無い、残りかすのようなスープはあかんじゃろ。500円のランチを食べてる分にゃあ、気にならんかも知れんが、今回は800円も払ってのランチだからねえ・・・。もうちょっと何とかして貰いたい。
 
そんな事もあって、ちょっとでも具をすくおうと、お玉で底を擦るようにしてカップに入れてたら、カップの中はスープで溢れんばかりのてんこ盛り状態になってしまった・・・。
 
てな事で”日替りスープ”を飲みながら待つこと数分、漸く運ばれて来たのがこちらの”ビーフステーキカツ”のセットで、お値段はランチタイム価格799円也(税込838円)。メインの”ビーフステーキカツ”にサラダとライスが付いているし”ビーフステーキカツ”も想像していた以上に大きい。鉄板は好評を博した?とか言う”はみ出るステーキ”の鉄板皿を同じなのかな?
 
そしてメインの”ビーフステーキカツ”はこんな感じで、見た目は中々デカくてインパクトはある。ソースは”イタリアントマトソース”か”とんかつソース”が選べたのだが、とんかつに”トマトソース”ってのがイマイチイメージ出来なかったので素直に”とんかつソース”を選択。付け合せは、一見するとホタテのフライ?に見えなくも無いが、ガストでそんなコストをかけた副食が出るわけは無く、普通にハッシュポテトで、その他はブロッコリーとコーンと至ってシンプルな内容。
 
早速”ビーフステーキカツ”をカットして中のお肉を見てみると、肉厚は”かつめし”のビフカツに近いような薄さで中までしっかりと火が通っている。『ガスト』の公式サイトの説明では”衣がしっかり肉汁を閉じ込めるので、噛むほどに肉の味わいが口の中に広がります”との事。ええーっと、ここに書いてある肉汁って一体、どこにあるのだろう???みたいな感じで、肉質的にはちょっと前に食べた『ステーキ・けん』の噛み噛みお肉ってほどでは無いが、はっきり言って柔らかくは無い。肉の味も淡白。”とんかつソース”無しでは、全く味はしませんで、みたいな感じでたっぷりと”とんかつソース”を浸けて食べたので、”とんかつソース”の方がすっかり空っぽになってしまったのだった。まあ、やっぱ『ガスト』!!!みたいな味だったって事かな・・・。
 
こちらは付け合せの”ハッシュポテト”。ま普通に”ハッシュポテト”だけど、マクドのモーニングに付いて来る”ハッシュポテト”よりはマシだったかな???
 
サラダ”はほとんど千切りキャベツだけのシンプルな内容。これでドレッシングが美味しければそれなりに食べれるのだけど、何かドレッシングの味も安っぽい。これなら昔ながらにキャベツに”とんかつソース”をかけて食べた方が美味しかったかも。
 
てな事で久々に『ガスト』へ行ったけど、やっぱ味も内容も如何にも『ガスト』!って感じの代物だったよなあ・・・。今や『ガスト』と言えども全然安いような印象は無い割に、相変わらず水とかはセルフサービスだし・・・、そう言えば『すかいらーく』系列の『バーミヤン』も加古川・高砂近辺一時期は3店舗もあったのに一気に消滅したし・・・『ガスト』もそろそろ末期状態に近づきつつあるのかな?でも、この日のランチタイムの賑わいを見ていると『ガスト高砂店』はまだまだ安泰のような気もするが・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.